• ベストアンサー
  • 困ってます

理論値と実験値の誤差

溶媒抽出実験(液液平衡(酢酸+ベンゼン+水))を行いました。 水相のみ採取し、抽残相には水を加える操作を3回行い、3種類の抽出液と1つの抽残液を手にしました。そこから、水酸化ナトリウムで滴定し、酢酸の質量分率を算出しました。 このとき、理論値と実験値のズレが大きかった場合、どのような原因がありますか?滴定の失敗など物理的(?)原因ではなく、化学的原因があれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3887
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>補足へ 私はそこまで厳密なことやったことないですが。 まず、No.1, No.2でも書いたように、振り混ぜの操作が十分に行えているか? 分液時に、液もれ、ロートの足に液が残る、などの液のロスは無いか? 濃度で考えているとして、理論を適用するのに必要な、水相、有機層の液量や、有機層における初期濃度など、計算に必要な条件は守られているか? 用いた水およびベンゼンはピュアか?水がどっちかのpHに傾いてたりしないか?ベンゼンの中に他の有機溶媒が混じってないか? だんだんこじつけになってきました。 やはり最大の原因はふりまぜの操作でしょう。 それから、濃度や溶媒量比がちゃんと守られているか? 後、根本的なことですが、理論値とどこまで一致するものなのですか? 私も詳しくないのですが、分配比も結局は実験的に求めたデータなわけですよね? 実験手法が異なれば、それぞれの手法固有の誤差が生じますし。 分配比を、滴定で求めたのか?スペクトル的手法で出したのか?あるいは実重量でやっているのか? どのくらいのずれを質問者さんが気にされているのかな?と疑問に感じました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学工学 抽出の問題

    化学工学で抽出の問題が出されました。何を聞かれているのかはわかりますがどう解いていったらいいのかわかりません。どなたか教えてもらえないでしょうか? 純原溶媒100kmolと抽質5kmolからなる抽料から40kmolの純抽剤を用いて抽質の80%を抽出する。抽出は向流多段式を用い、抽残相における抽質と純原溶媒のモル比、xおよび抽出相における抽質と純抽剤のモル比、yの関係は、y=0.48x / (0.15+x)で表わされる。このときの理論段数と、各段出口における抽残相における抽残相中の抽質量(kmol)はいくらになりますか。

  • 緩衝液の実験

    先日、塩酸、酢酸、リン酸を使って中和滴定を行いました。すべて水酸化ナトリウム使用です。実験の題名は「緩衝液とpH」です。 緩衝液とはどういうものか知っています。普通に滴定をし、緩衝作用がどうのこうのではなく普通の中和滴定って感じで滴定曲線も描けました。 酢酸とリン酸には緩衝作用があると思うのですがこの実験でどのような緩衝液の性質が分かったのでしょう‥。どこらへんで緩衝作用が出てるんだかイマイチ分からなくて↓ なんだか質問の意味も分かりにくいと思うのですが分かる方お願いします!

  • 酢酸緩衝液はpH6~11で用いるとよい???

    水酸化ナトリウムで酢酸緩衝液の中和を行いました。また水酸化ナトリウムと水の中和滴定も行いました。この結果はどちらもpH6~11ほどのところで中和されていました。このことから酢酸緩衝液はpH6~11で用いるとよいと考えられるのはなぜですか???実験テキストに書いてあったのですが、なぜかわからず困っています。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

NO.1ではちょっとあいまいなことを書いてしまいました。 静置のほうよりも、普通は振り混ぜの操作が十分に行えているかということの方を疑います。 これを否定される根拠はなんでしょうか? 水と有機溶媒は混じりませんから、そのまま両者を接触させておいたのでは有機層(ベンゼン)の中の酢酸はなかなか水に移動しません。これは、界面でしか両者が接触していないため、接触面積(表現あってるか不安ですが)が少ないからです。 一方、振り混ぜてやると、水とベンゼンはより小さな粒々のようになりますから、水ー有機溶媒の接触面積がはるかに増大し、酢酸は移動しやすくなります。 水ー有機層の二相系反応で、激しくかくはんしたり、超音波照射するのも同じ理由です。 なお、普通どれくらいおいてから分液しますか?とのことですが、界面が見えたらすぐに分けちゃうのが普通では? 上にも書いたように、静置しておいても酢酸の移動が促進されるということはありませんから、そのままおいといても時間の無駄です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 もうひとつ聞いてよろしいでしょうか? 普通に水相とベンゼン相を天秤で質量を計った結果と、三角線図・分配曲線をしようした、理論値(計算値)がずれていた場合の原因は思いつきますか?

  • 回答No.1

この実験で求める理論値というのは、三つの抽出液それぞれの濃度から求めた、酢酸の全体量のことですか? それとも、1回の抽出で水相に移動する酢酸の量はいくらか?という分配平衡の問題なのでしょうか? どちらにせよ、この操作で一番効いてくるのは抽出のやり方でしょう。 よく振りまぜた後に静置し、液ー液分配平衡を完全に実現できたかどうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

一回のほうです。 原因は静置だと思います。普通どの程度時間をあけ抽出を行うべきなのでしょか?

関連するQ&A

  • 分配比

    実験で、安息香酸の水-ベンゼン分配平衡係数と会合平衡係数をもとめました。水相の安息香酸濃度と分配比のグラフから求めたのですが、分配平衡定数がマイナスになってしまいました。 原因を考えたいのですが、探しても文献値が見つかりません。 分配比の文献値の載った文献やURLあったら教えてください。お願いします。

  • 水酸化ナトリウムについて

    水酸化ナトリウムを使い、食酢内の酢酸の濃度を滴定法で調べる実験をしました。しかしその前にシュウ酸を用いて、水酸化ナトリウムで滴定を行いました。なぜ、シュウ酸と水酸化ナトリウムで滴定する必要があるのですか?教えてください。

  • 安息香酸の抽出

    安息香酸を抽出する時の溶媒についての質問です。 実験の時はベンゼンを用いて抽出しましたが、ベンゼンよりも効果的に抽出できる 溶媒はあるのでしょうか? (有機化合物は有機溶媒に溶けるからトルエンなどでも良いのだろうか?) ベンゼンよりも効果的に、という部分が良く分かりません。

  • 中和滴定

    中和滴定の時に必ず酸性の溶液に塩基性の溶液を滴定しなければならないと聞いたんですが、それはなぜですか? 実験ではシュウ酸と水酸化ナトリウム、酢酸と水酸化ナトリウムで行いました。 また、実験後すぐにビュレットを洗浄しなければいけないのはなぜですか?

  • 弱酸と強塩基の中和滴定

     あの、基本的なことですいません。  酢酸と水酸化ナトリウムとの中和滴定で酢酸は弱酸ですべて電離はしませんよね。ということは水酸化ナトリウムで滴定できる酢酸の濃度は溶液中に存在する酢酸から電離した水素イオンですね。  どうにも、久々計算するもので電離平衡の部分と頭の中でごちゃごちゃになっています。  もしかして、酢酸は水酸化ナトリウムと反応していってすべて電離してしまうのでしょうか?  一応、大学の試験に通った大学生なのですが少し勉強しないうちに頭から抜けてしまいました。どうかご教授ください。お願いいたします。

  • 液体抽出操作の分配曲線について

    液体抽出操作の分配曲線についての質問です。 参考書を見ていて、ある3成分の分配(平衡)曲線【x軸:抽残相中の抽質濃度、y軸:抽出相中の抽質濃度】が与えられていたので、そのグラフから簡単に分配係数を求めることができました。 ただ、この分配曲線を利用して、ある量及び組成比の原料にある量の抽剤を加えて抽出操作を行った場合の抽残相及び抽出相の量及び相中の抽質組成は、計算で求めることができるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 中和滴定の実験で・・・

     こんにちは。中和滴定の実験で、気になったことが2つほどあるのですが・・・ 1つ目は、ホールピペットとビュレットは使用する液で洗ってから使い、 メスフラスコや三角フラスコは蒸留水で洗ったまま使うのは、 なぜかということです。 2つ目は、食酢の希釈の時です。メスフラスコに蒸留水を加えて100mlにして、 よく混ぜたあとで液面が下がっていたことです。 実験では、食酢(酢酸)と水酸化ナトリウムを使いました。 多いのですが、ご回答のほどお願いします。

  • 炭酸水素ナトリウムと水酸化ナトリウム

    有機実験でフェノールを水酸化ナトリウムのアルカリ性下でクロロ酢酸からフェノキシ酢酸を合成する実験なのですが、 酢酸エチル層と水層間においてフェノキシ酢酸をナトリウム塩として抽出する際に炭酸水素ナトリウムを使用しました。 もしこれを水酸化ナトリウムを利用して行ったらどんな弊害があるでしょうか? どなたか回答お願いします。

  • 有機溶媒について

    有機溶媒と言ってもいろいろありますが、溶媒抽出を行なう際、どういう理由で溶媒の種類を選択すれば、いいのかわかりません。  今現在は、クロロホルムとベンゼンを1:1で混ぜたものを使って実験しています。 よろしくお願いします。

  • 薄層クロマトグラフィーの脂質実験

    卵黄に含まれる脂質を有機溶媒で抽出し、それらの種類を薄層クロマトグラフィーで調べました。消化酵素にはリパーゼとホスホリパーゼ溶液を用い、展開溶媒は、リン脂質用はクロロホルム-メチルアルコール-水を、中世脂質用には石油エーテル-エーテル-酢酸を用いました。 なぜ2種類の展開溶媒を用いたのか知りたいです。