• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中和滴定の実験をしたのですが…。

酢酸を水酸化ナトリウムで滴定して滴定曲線を作成したのですが、塩酸を水酸化ナトリウムで滴定した時のものと比べると始めの方で少し、pHが急激に増加しているところがあります。塩酸の方は始めからほぼ直線的になっていたのにどうしてでしょうか。 あと、ふつうの蒸留水のpHが5~6なのはなぜですか。教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数947
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

 『ふつうの蒸留水のpHが5~6なのはなぜですか』については既に回答(二酸化炭素の溶解による炭酸の生成)がある様ですので,前半部分についての回答です。 > 始めの方で少し、pHが急激に増加しているところがあります。  参考 URL の様になったのでしょうか? 参考 URL には pH の計算の仕方も出ていますので参考にして下さい。 > 塩酸の方は始めからほぼ直線的になっていたのに > どうしてでしょうか。  水酸化ナトリウムは強塩基ですから,強酸の滴定曲線は中和点付近を除いて直線的になります。これは,酸性側では残っている塩酸のみが [H+] に寄与し,塩基性側では過剰の水酸化ナトリウムが [H+] に寄与すると出きるからです。  しかし弱酸である酢酸の滴定の場合,水酸化ナトリウムの滴下に伴って弱酸の塩の酢酸ナトリウムが生じ,「酢酸-酢酸ナトリウム」の緩衝液ができてきます。そのため,この緩衝作用によって pH 変化が押さえられて滴定曲線が横にねます。  つまり,『始めの方で少し、pHが急激に増加している』のではなく,「途中で pH の増加がゆるくなっている」のです。  「緩衝作用」については,こちらが参考になるかと思います。 ◎ http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/kansyo.htm  緩衝溶液

参考URL:
http://www-sci.yamagata-u.ac.jp/~unoura/html/class/problem/bun5.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すっごくよくわかりました!!ありがとうございます!!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#21649
noname#21649

>つうの蒸留水のpHが5~6なのはなぜですか 多分.脱炭酸をしてないのでしょう。大気中の二酸化炭素が飽和すると.この程度のpHになります。 前半はさん平衡定数を計算すれば.分かるでしょう(私が計算すると必ず間違えるので.しません)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そういえば実験の時にもそれに気をつけてやりました!どうもありがとうございます。

  • 回答No.1

どのような実験をしたのか、 細かく書いていただけると分かりやすいのですが (試薬の量とか測定機器とか) お答えしにくいのが現状です。 実験は誤差があるので 何回かやって見ることをお勧めします。 普通の蒸留水はpH7です。 pH5~6は普通ではないです。 器具が汚れていた、もしくは測定器械自体がおかしい と考えるのが普通ではないでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問がわかりにくくてすみません…。参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中和滴定をしました

    同じ濃度の酢酸と、塩酸を水酸化ナトリウムで滴定したところ、添付図のようにきれいに重なりませんでした。つまり、pHジャンプの位置がずれているのです。 重ならなかった理由はなぜでしょうか?逆に、なぜ重なるのでしょうか? 同じ濃度の酢酸と塩酸を、同じ水酸化ナトリウムで中和したからでしょうか。 価数は皆1ですが、価数も関係しますか?

  • 中和滴定曲線

    こんにちは。多段階滴定曲線についてお聞きします。 酢酸と塩酸を含む水溶液を水酸化バリウムで滴定した すると電離度の大きい順に滴定するというので 第一中和点では塩酸が、第2中和点では酢酸が滴定されます では次に水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムを塩酸で中和滴定します 第1中和点では NaOH+HCl → NaCl+ H2O Na2CO3 +HCl →NaCl+ NaHCO3 続いて第2中和点では NaHCO3が中和されます。 なぜ二つ目の滴定は第一点でふたつのものが中和されるのですか?この違いはなんですか?回答お願いします。 またはじめの滴定の化学式を教えていただけるとありがたいです・。

  • 中和滴定の実験で・・・

     こんにちは。中和滴定の実験で、気になったことが2つほどあるのですが・・・ 1つ目は、ホールピペットとビュレットは使用する液で洗ってから使い、 メスフラスコや三角フラスコは蒸留水で洗ったまま使うのは、 なぜかということです。 2つ目は、食酢の希釈の時です。メスフラスコに蒸留水を加えて100mlにして、 よく混ぜたあとで液面が下がっていたことです。 実験では、食酢(酢酸)と水酸化ナトリウムを使いました。 多いのですが、ご回答のほどお願いします。

  • 中和滴定について

    レポートの課題で、なぜ水酸化ナトリウム(塩基)はビュレットに入れ、酢酸・塩酸など(酸)はホールピペットで扱うのか。その理由を述べよ。 あと、塩酸・酢酸溶液を滴定するときに使用する指示薬として適当なものは何か。その理由を述べよ。 という課題が出ているので教えて下さい。

  • 中和滴定の・・・

    酢酸を水酸化ナトリウムで中和滴定した時に(実際何でもいいと思います)中和点より前の部分の中間らへんで、pH変化が前後に比べて小さくなる現象がありますよね? それは何と言うのでしょうか・・・

  • 中和滴定曲線を微分する為の式を教えてください!

    例えば中和滴定で0.1mol/l酢酸10mlを0.1mol/l水酸化ナトリウムで滴定した場合に画像のような曲線になりますが、この曲線を微分したら当量点が分かりやすい気がして試してみたいのですが、そもそも微分する式が思い浮かびません。 pHを求める式を微分することになるのでしょうか?だとすると、なんだかすごくややこしくなりそうな気がします。 実際に値が与えられていてpHを求めるならば、例えば0.1mol/l酢酸25mLを0.1mol/l水酸化ナトリウム5mlでしたら、 体積=25ml+5ml=30ml で酢酸のモル=(25/1000)x0.1なので2.5x10⁻³mol、水酸化ナトリウムのモルは、(5/1000)x0.1=0.0005mol モル濃度は酢酸(2.5x10⁻³ー0.0005)/0.03=0.0666 mol/L 水酸化ナトリウムは、0.0005/0.03=0.01666 (酢酸の)Ka=1.8x10⁻⁵=[H+][CH3COO-]/[CH3COOH]=[H+]x(0.0.1666)/(0.0666)なので、 [H+]=7.2x10⁻⁵ pH=-log(7.2x10⁻⁵)=4.14 ぐらいは分かるのですが、この一連の流れを微分するために中和滴定曲線を一つの式まとめるとどうなるのかちょっと混乱しています。 おそらく微分したら酢酸&水酸化ナトリム10mlずつの当量点で傾きがすごいことになる曲線を描く式ができるのだと思うのですが、微分する前の式が導き出せずにいます。 よろしくお願いします。

  • 強酸と強塩基の中和滴定でpHが低くなる理由

    先日,塩酸を水酸化ナトリウムで滴定する実験を行いました.NaOH滴下量とそのときのpHから示差曲線を作成しました. これより当量点および,その時のpHを求めたのですが,当量点は約13.91ml,pH=5.54でした.どうして理想値であるpH=7よりもこんなに低くなってしまったのでしょうか?用いた塩酸の濃度が0.0990mol/L,水酸化ナトリウムの濃度が0.1438mol/Lであったために,pHが低くなった理由がますます分かりません・・・.考えられる理由がわかる方がいましたらご回答お願いします(m´・ω・`)m ちなみに,実験日の温度は22.8度,気圧は1002hPaでした.

  • 中和反応の滴定曲線【化学基礎】

    濃度不明の酢酸(CH3COOH)10mLを0.020mol/Lの水酸化ナトリウム(NaOH)8.0mLで中和点に達した。 この時の中和反応の滴定曲線の概略を示せ。 という問い で、滴定曲線の図にpH3~pH13まで変化している理由を教えて下さい! ちなみに酢酸の濃度は0.016mol/Lと求めることができました! 明日が試験なので早めによろしくお願いします!

  • 中和滴定

    中和滴定の時に必ず酸性の溶液に塩基性の溶液を滴定しなければならないと聞いたんですが、それはなぜですか? 実験ではシュウ酸と水酸化ナトリウム、酢酸と水酸化ナトリウムで行いました。 また、実験後すぐにビュレットを洗浄しなければいけないのはなぜですか?

  • フェノールフタレインを使った滴定

    フェノールフタレインはphが8.2で無色になります これはアルカリです なので、たとえば、塩酸を水酸化ナトリウムで滴定する場合 塩酸:水酸化ナトリウムが1:1で滴定が終わるのではなく じゃっかん水酸化ナトリウムが多くなるときに、滴定が終わるのですか? 教えてください!