• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

年金の掛け金を経費で落とす

「税金で取られるよりは経費で落としたほうがましだから、年金でも払うか」という言葉を聞きました 自営業者が年金の掛け金を経費で落とすのは、どのような名目で落とすのか教えて下さい

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数850
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

1.個人事業主の場合 公的年金であれば全額社会保険料控除として所得控除に入れることが出来ます。 経費ではなく所得控除です。 私的年金の場合には一定額まで(最大5万)所得控除できます。(生命保険料控除) 2.法人の場合 社会保険を導入している法人であれば、従業員の保険料の半分を負担しています。 これは人件費として経費で落とせます。 支払われた従業員の給与でも、やはり1番と同じく従業員が負担した保険料については社会保険料控除が出来ます。 「経費」としておとせるを文字通りであるとすれば2番の会社負担分の話しになりますけど、恐らくは「所得控除」の間違いではないかと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自営業者がよく使う言葉「経費」について

    どうもこんばんは! 身内に自営業者がいるのですが、 よく「経費で落とすから」「経費で落とせなかった」「今年は落とすものがないから車でも買うか」と言っています。 大きな会社組織の経費はなんとなくわからないでもないですが、個人の小さな自営業者の方々が言う経費が未だに理解できません。 経費で落とすというのは、言い換えれば税金で取られるはずのお金を物に変えたという事なのでしょうか。 必要でないものを税金で取られるよりはマシだから何かを買う・・・・。これが本当ならすごい考えですね。 仕事に何も関係ないもの、たとえば楽器なども経費で落とそうとしているのを聞きました。 減価償却として扱われない高級なものはローンで払い、そのローンの金利分だけでも経費扱いされるというような事も聞きました。 とりあえず、自営業者が言っている「経費」についてわかりやすく簡単に教えてください。

  • 会社員の経費落とし

    自営業者は私用のものを経費で落としても税金減額されるだけですよね。 でも会社員が同じことしたら脱税どころかただで遊べたり物買ったりできませんか?

  • 自営業者の年金

    年金問題が今、国会でさまざまに論議されていますね。今さら恥ずかしいのですが、ちょっと聞いてもいいでしょうか??あくまで自営業者とその妻の場合、という前提で質問します。 1. 自営業者で妻が専業主婦の場合、サラリーマンのような税金が助かる制度はないの? 2. 自営業者で妻が専業主婦の場合、健康保険料などはどうなるの?  (夫の扶養家族に入ることはできるのか、それともあくまで個人で払うのでしょうか?) 3. 育児休業中は保険料や税金の免除などはあるの? また、サラリーマンの妻の年収が103万円を超える場合云々が取りざたされていますが、これは自営業者の妻にはまったく関係ない話なのでしょうか?また、パートでも毎日働くというような場合、社会保険に加入することが義務づけられているそうですが、これはどれくらい実行されているものなのですか?夫が自営業者で妻がパートにでる場合、将来を考えても長く働くのなら社会保険に入った方がいいとか、あるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

#4です。 掛け金の大幅な増額は、制度が変更になり、 使えなくなったのかもしれません(月額上限7万)。 大変失礼しました。 今は、「前納」を利用するしかなさそうですね。 これを利用しても節税になりますし、割引もあります。 ただし前納しても「掛け金を充当する年」の節税効果となります。 また、コレを利用できるのは「自営業者」などです。 以下、加入資格URL参照。 http://www.smrj.go.jp/skyosai/qa/sikaku/000306.html

参考URL:
http://www.smrj.go.jp/skyosai/qa/nofu/000338.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>自営業者が年金の掛け金を経費で落とす~ 一般的には#3の方の回答の通りです。 さらに、「小規模企業共済」というのがあります。 以下参考URL参照。 掛け金が「小規模企業共済等掛金控除」という名目で、全額控除されます。 さらに、年末に利益が出ると分かったら(予想ですが)、 その月(例えば12月)だけ掛け金を大幅アップさせて、 翌月(翌年1月)には元に戻す、ということも可能です。 某マネー雑誌に載っていたウラ技ですが、脱税ではなく合法な節税です。 一般的には「自営業者の退職金」のような制度ですが、 これを高齢になってから「年金形式(分割)」で受け取ると、 税法上は「公的年金等の雑所得」となります。 つまり、 >税金で取られるより~経費~年金でも~ というわけです。 他に「国民年金基金」という制度もあります。 http://www.npfa.or.jp/about/faq/kakekin.html

参考URL:
http://www.smrj.go.jp/skyosai/qa/tax/000345.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

自分の年金保険料は経費になりませんが、社会保険料控除で合計所得から差し引けます 従業員の年金保険料の雇用主負担分は、福利厚生費といったところでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yosa03
  • ベストアンサー率33% (115/347)

経費ではなく、社会保険料控除ですね。 全額控除対象になるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害者年金について教えてください

    父の妹がストレスが原因で片方の目が見えなくなってしまいました。 元旦那が自営業者で年金や税金など全く納めてこなかったようです。 障害者年金をもらうのは無理ですか?

  • 障害者年金について教えてください

    父の妹がストレスが原因で片方の目が見えなくなってしまいました。 元旦那が自営業者で年金や税金など全く納めてこなかったようです。 障害者年金をもらうのは無理ですか?

  • 自営業者、家族への給与も必要経費はどうなった?

    2010年末頃に、税法改正で自営業者、家族への給与も必要経費になるというような記事がありました ・自営業者、家族への給与も必要経費…税法改正へ 政府は28日、自営業者が従業員である家族に支払った給与を、必要経費として認める方向で調整に入った。所得税の減税につながり、中小・零細の自営業者の負担を軽くする狙いがある。政府は2011年度税制改正で所得税改革を進める方針で、こうした減税措置に加え、扶養控除の見直しなどによる増税も合わせて検討している。早ければ来年の通常国会で所得税法の改正を目指す。現行の所得税法では、自営業者が生計を共にする親族に支払った給与や、親族の不動産を借りて事業を行った際の賃借料などを、所得税の計算上、必要経費と認めていない。所得税法56条の規定として定められている。例えば、自営業者の夫が、妻に対して勤務実態に見合わない高額な給与を支払い、それを人件費などの経費に計上すれば、夫は所得税の課税対象となる事業収入(所得)の一部を減らすことができ、税金が少なくてすむ。こうした課税逃れを防ぐために設けられている。政府は28日、自営業者が従業員である家族に支払った給与を、必要経費として認める方向で調整に入った。(読売新聞) あの後何も聞きませんが、結局流れたのでしょうか?

  • 自営業者の税金、保険、年金について教えてください。

    こんにちは。お世話になります。今、転職活動中なんですが、 転職先の候補に、自営業者があるのですが、そこでは保険や 年金については一切ないのです。 それは別にこだわってないというか、仕方が無いと思っているのですが、 恥ずかしながら、今まで、お金に関しては親任せにしていたので、 健康保険や年金、税金についての事が全然解りません。 もし、そこの自営業者さんに就職するにしても、給料からやりくり できるかどうか等も考えなければならないですし、給与の交渉の参考にも したいので、是非教えて下さい。 独身で両親と同居、両親は働いていません。

  • 国民年金

    自営業は国民年金と聞いたのですが 自営業者に雇われている社員も その自営業の店が株式会社化していなければ 厚生年金じゃなくて国民年金なのでしょうか?

  • 住民票は経費に計上できる?

    個人自営業者です。 仕事で使う車を買う時に住民票を取ってきました。 レシートもありませんが、経費で計上できますか? 出来る場合仕訳はどのようになりますか?

  • 自営業者が加入する年金についての疑問

    自営業者が加入する年金についての疑問 近々自営業を始める予定なんですが、自営業者が加入する年金は国民年金のみなんでしょうか? 会社員の場合は厚生年金と国民年金だと思うのですが。 もしそうだとすると年金をもらう年齢になると国民年金しか支払われないのでしょうか? 現在私は30代半ばですが、この10年近くかけてきた厚生年金は帳消しになるのでしょうか? 自営業を始めるにあたって年金のことが心配になってきました。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 母親の国民年金について

     私の母親は1941年うまれで今年60歳になりました。自営業者の妻です。  経済的理由から現在に至るまで国民年金の掛け金を払っていませんでした。最近になり多少経済的余裕(実際は無いに等しいが・・・)ができたので年金無いのは辛いというような趣旨のことを言うようになりました。  20代前半まで会社勤めをしていたので、多分、厚生年金には加入していたと思われるので、この厚生年金についてはどのような扱いになるのかお教え願えればと思います(ちなみに、この勤めていた会社は現在では無くなっていると思われます)。  仮に、年金受給はどう考えても無理というなら、その旨はっきりと言って頂けたらと・・・。

  • 共済年金と自営業

    61歳の自営業者です。  昔公務員だったので共済年金をもらいだしました。  年金は年間140万円位うけとつていますが自営業のほうが 年間利益800万円位になりそうです。  来年の確定申告ですが合計940万円から扶養控除や基礎控除引いた金額から税金かかるのでしょうか? それとも年金は考えず800万円から税金かかるのでしょうか?    もっとややこしい計算があるのでしょうか?   来年あわてないようにお金を置いておきたいので早めに知りたいんです  よろしくお願いします

  • 無年金者の生活について

    私の両親(自営業者とその妻)は経済的理由から国民年金の掛け金を払っていませんでした。そのため受給資格が二人とも全くありません。 父は病気のためまったく働けません(60代半ば、身体障害者2級&要介護度2)。母はまだ何とか働けますが、今後のことを考えると不安でたまりません。 財産といえるものは持ち家(住居兼店舗、東京都心)しかありません。処分して現金に換え、年金代わりにするしかないのでしょうか? 無年金者をご存知の方は、その暮らし振り等についてお教え願いたいと思います。