• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

終身保険が10万円って不足だと思うのですが

以下の生命保険に加入しています。 保険に疎いので率直なご意見をお願いします。 ・私、38歳のサラリーマン。妻36歳、子供3人、それぞれ小5、小2、幼稚園。 ・住宅ローンは会社の社内貸付。団信には加入。 約15年前に、日生のおばちゃんに勧められ、そこからスタート。35歳になった時、契約内容を更新した方がいいとのことで、言われるがまま契約更新。 以下、現在の保障内容。 ・終身保険の保険金は10万円。 ・同、がん入院特約日額1万円。 ・定期保険として、生活保障特約、10年間240万円。 ・死亡一時金1,790万円。 ・リビングニーズ特約、最高3,000万円。 その他、色々な特約が付いていて、保険料は毎月23,000円払っています。 定期保険は50歳満期となっていますので、更新後の保険料は49,000円と倍増する内容です。 前置きが長くなってしまいましたが、ご教授いただきたいのは以下の点です。 1.終身保険の保険金が10万円というのは、あまりにも少なすぎないでしょうか。保険に詳しいある人に聞いたら最低でも100万円が相場だと言っていました。 2.定期保険は15年満期となっていますが、同内容で50歳時に更新すると保険料が倍増するって、結局は日生のおばちゃんにいいようにやられちゃったということだと思うのですが。50歳だとまだサラリーマンやってますよね。子供もまだ独立してませんので、当然更新せざるを得ないのですが、そこで保険料が毎月約5万円ってのは大きな出費だと思います。 現在の保険料23,000円の内訳を診てみると、肝心の終身保険にかかる分はたったの260円。もちろん最低限の特約付加は必要だと思いますが、それにしても終身保険の保険金が10万円ってことは、葬式代も出ないってことだと思うのですが、違うでしょうか。 解約して別の保険に乗り換えようと考えていますが、適切なアドバイスをお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数94
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • haruh3
  • ベストアンサー率65% (31/47)

回答が遅くなりました。 あまり終身の保障額ばかりに気を取られない方が良いと思います。 まず子供達が社会人になるまでに質問者が亡くなった場合は、学費や生活のため、かなり大きな額が必要です。第一子卒業までは5000万、第二子卒業まで4000万、その後は3000万くらいが目安でしょうか。質問者の死亡保障を見ると、生活保障と死亡保障で4190万あります。これに終身を加えた4200万が現役時代の保障額です。現役で死亡すると、他に会社の一時金や遺族年金も出ます。 第一子卒業までは少し不足気味ですので、他の掛け捨て保険などで補うと良いと思います。会社で有利な条件があればそれを利用しましょう。 子供が巣立った後に質問者が亡くなった時は、基本的に年金受給開始までの奥様の生活費を考えれば良いです。この頃には退職金も貯まっていますし、大きな保障は不要です。さらに質問者が退職した後の死亡保障は「葬式代が出ればいい」と割り切って考える事もできます。 一方で、これらの死亡保障と医療保障とはまったく違う考え方が必要です。現役時代は家族の生活ため、引退後は純粋にご自分のための保障です。大病をした際の経済的負担に対する保障ですので、そのリスクを回避する必要性を感じて入るものです。従って質問者の保険にある「終身の医療保障」も、人によっては大きな意味があります。 長くなりましたが、これだけの情報だけでは今の「生きるチカラ」が質問者のニーズに合うどうかは判りません。アドバイスできるのは次のような内容です。 * 家族構成や年齢で必要な保障額はどんどん変化します。 子供の卒業などのイベント毎に見直すべきです。 * 1本の保険だけで全てを賄う必要はありません。 見直し時に、加えたり、減らしたりできるように複数の保険を組み合わせるのも良いです。 また今後学費も増えてきますので、保障を充実させすぎて保険料が負担になるかもしれません。 ご自分のライフプランや将来のニーズの計画を作成して、よく検討してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろなアドバイスありがとうございました。 誰のために、何のために掛けるのかと考えると、これまでどれほど無駄な保険料を払ってきたかと思います。 今回、良く考えて保険の見直しをする決心がつきました。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • haruh3
  • ベストアンサー率65% (31/47)

一般の方が入る生命保険の多くは「定期付終身保険」と呼ばれるものです。これは掛け捨てに当たる「定期」部分と、掛け捨てではない「終身」部を組み合わせたものです。多くは100万程の終身と、3000万程の定期を組み合わせて60歳までの死亡保障を充実させています。この定期部分が15年満期に設定されています。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~kawaji/newpage24.htm 質問者が入っておられる保険は、日本生命の「生きるチカラ」かと予想します。これは終身の医療保険をウリとするもので、逆に死亡保障はかなり低く絞られているようですね。 http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0576.htm 質問者の考え方次第ですが、少なくともこれは死亡保障よりも医療保証重視の保険です。子供が3名だと、末っ子が成人するまでは大きな額(数千万)の死亡保障が必要でしょう。一方で、定年後は死亡保障よりは医療保障の方が必要になるかもしれません。 自分や子供の年齢をグラフにして、今後の何歳の時にいくらの死亡保障がいるのか、また医療保障が欲しいのかを検討すると良いと思います。 また下記のサイト等をよく読んで勉強したり、プロのファイナルシャルプランナーに相談するもの良いと思います。35歳からの払い込み保険料だけで1000万を超えるのです。それだけ高額の買い物をするのに勉強しないのは危険ですよ。 http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9016.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 おっしゃる通り加入している保険は日生の「生きるチカラ」です。 補足させていただきますが、私の勤めている会社には団体扱いの傷害保険があり、医療保障の部分は相当有利な条件で加入できるみたいです。 今日も会社の同僚と話をしましたが、そいつは死亡保障は5,000万円の保険に加入しているとのことでした。 私の契約内容は、単刀直入に言うと、私のライフプランというか、年齢を考慮した場合の「無難な契約内容」ということから判断すると、全くかけ離れているような気がします。 もし「こんな程度でいいでしょう」みたいなアドバイスを頂けたら有難く存じます。もちろん一般論としてです。

関連するQ&A

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 高血圧でも加入できる終身保険

    主人が定期保険特約付終身保険に加入していますが、保険料を払い終った65才時点に終身保険が200万円に減ります。自営業で国民年金になるので1000万円程度の終身保険を考えています。更新時になったので定期保険部分を減らして別の終身保険に加入したいと思いますが、50才で高血圧の薬(朝1/2錠のみ)を服用しています。高血圧の薬を服用しても入れる終身保険を探していますが、おすすめのものがあったら教えていただけませんでしょうか。また、新たに終身保険に入るより現在の終身保険を増額したほうがいいのか悩んでいます。どうぞ宜しくお願いします。

  • 54歳、男性、掛け金の安い終身保険を教えて下さい。

    宜しくお願いします。 54歳、男性です。 現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。 主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。 定期保険特約、500万円で、2021年更新 三大疾病特約、300万円で、2021年更新 あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新 がん入院特約、日額10,000円 終身 という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。 終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。 そして、新たに、終身保険に入りたいのですが、54歳ということもあり、なかなか掛け金の安い終身保険が見つかりません。 そこで、死亡保険は、500万円で、NKSJひまわり生命の「低解約返戻金型終身保険」というのが、1ヶ月の掛け金、13,370円であったのですが、どうなのでしょうか? 多分、解約することないと思うので、普通の終身保険でいいのですが、普通の終身保険で掛け金の安い保険会社の終身保険はどこでしょうか? なお、医療保険とがん保険は、別に入りますので、終身保険のみについて、宜しくお願いします。

  • ニッセイ終身保険 終身保険だけ残したい

    こんにちは。ruhabunoと言います。 保険に詳しい方に質問したいのですが、 今私が40歳でニッセイの終身保険(重点保障プラン)と言うのに 加入しているのですが、私が45歳になる時に更新時期が来ると その時には、今の保険料の倍近くの保険料になってしまいます。 なので、終身保険だけを残して他の特約をやめたいとコールセンターに 電話したところ保険金?1000万ないと終身だけ残酢と言う事は出来ない と言われました。 これはどういった意味でしょう? 終身だけ残して他の特約はやめる事は本当にできないのでしょうか? どうにかして終身だ残す方法はないでしょうか? お願いします。

  • 残したい終身保険があるのですが…

    結婚4ヶ月。33歳。子どもなしの妻です。 以前母が加入してくれていた保険を解約し、あらたに自分たちに合った保険に加入しようと考えています。 母が加入してくれていた保険というのは、 平成5年12月加入、日本生命の終身保険(重点保障プラン)というものです。 母は保険のおばちゃんにいわれるままに入ってしまったもので、独身の私に… 定期保険特約2880万(20年更新型)/終身保険120万(63歳払込満了)/新傷害特約 500万(20年更新型)/通院特約・日額3000円(20年更新型)/新災害入院特約・日額5000円(20年更新型)/新入院医療特約・日額5000円(20年更新型) かけていました…。 内容は明らかにお馬鹿な加入ですが、終身保険の部分だけみると、 『月額878円・63歳払込満了で120万』って、いわゆるお宝保険じゃないかと思い、保険の担当さんに、「終身だけ残して他を解約したい」とメールで連絡しました。 が、「終身のみを残すお取り扱いはできません」との答え。みなさんの質問・回答を拝見していると、「終身保険だけを残して他を解約…」というお話をいくつか見かけたので、私もぜひ!と思っていたのです。 私のプランだと終身保険だけ残すことは無理なんですか? 保険屋さんに言いくるめられたりしていませんか、わたし。 みなさん、教えてください。

  • 保険の見直し 医療保険と終身保険について(長文)

    保険の見直しで悩んでいます。調べていると、何がいいのか分からなくなってきました。宜しくお願いします。 ●31歳の主婦(パート) 子供なし(いずれは欲しい) ●現在の保険 第一生命 テンダーU→22歳の時に契約 [主契約]5年ごと利差配当付終身保険 保障額120万 保険料1,050 [死亡・高度障害の特約補償]定期保険特約 保障額3080万 保険料4,738、特定疾病保障定期保険特約 保障額300万 保険料795 [傷害・入院等の特約補償]傷害特約 保障額100万 災害入院特約 保障額5,000/日、疾病特約 保障額5,000/日、女性特定疾病入院特約 保障額5,000/日 →保険料計1,744 ※入院特約は5日以上の入院で5千円 ※主契約は払込期間が50歳で、37歳の時に保険料の改定があり、1,570円になる予定 ※傷害・入院特約は払込期間は終身で、37歳で保険料の改定があり、3,244円になる予定 ※主契約以外は更新型 ●比較中の保険 ソニー生命 [終身保険]変動終身型オプションA 保険期間:終身 保険金200万 保険料2900、傷害特約 保険期間:80歳 保険金200万 保険料159 [医療保険]総合医療保険120日型 保険期間:終身 保険金6,000/日、入院初期給付特約 保険期間:終身 保険金6,000円/日、女性医療特約120日型 保険期間:80歳 保険金4,000/日→保険料5,342 払込期間60歳 ●悩んでいる点 [医療保険]現在の保険は更新型で、保険期間も80歳までだが、37歳までの保険料は安い。37歳まで第一の医療保険で、37歳になってからの変更も考えたが、37歳になって加入する医療保険の金額を考えると不安。 [終身保険]現在の終身保険は、内容は悪くないと思うので残しておきたいと思うが、そうなるとソニーの終身保険に加入する必要があるのか。お葬式代程度の保障額を考えてるので、第一の終身保険+貯蓄にしたほうがいいのか。 [死亡~の特約]必要ないとは思うがセールスの方は、この保険料でこの保障額がある保険はないというので、どうすべきか。

  • ニッセイの終身保険(重点保障プラン)について

    ニッセイの保険について、ご存知の方がおられれば教えてください。 現在ニッセイ終身保険(重点保障プラン)に入っています。 もうすぐ更新を迎え、保険料がかなりアップするにあたり、ニッセイの担当者から 現在入っている保険を下取りし、新たにみらいのカタチというものに入るよう勧められています。 そこで質問なのですが、現在入っている終身保険(重点保障プラン)の主契約の終身保険が 55歳で満期を迎えたら定期保険特約と、入院医療特約はその時点でなくなってしまうのでしょうか? 入院医療特約は80歳まで更新できるようなことを説明されてたような気もするのですが、定期保険 特約はどうだったかわからなくて。 現在の保険では55歳で主契約の終身保険部分は満期を迎えるのに、勧められてるみらいのカタチ では64歳満期になっており、またもらえる金額も100万円少なくなっています。 毎月の保険料を少なくするためにそうなってるのかもしれませんが、ちょっと新しい保険に 入りなおすのは損なような気がして...。 もし定期保険特約が主契約の満期日移行も更新できればいいのですが、満期日でなくなってしまうなら、みらいのカタチに入りなおして 64歳まで定期保険特約をつけれた方がいいのだろうかと悩んでいます。 アドバイスお願いします。

  • 定特付終身保険の見直しをしたい。

    はじめまして。 自分なりにいろいろ考えてはいるのですが、 なかなか自信を持って結論を出すことができません。 アドバイスよろしくお願いします。 <内容> 現在36歳、専業主婦、持ち家あり(夫:ローン、団信加入) ニッセイ終身保険 1994.6加入 15年更新型 現在の保険料は約11,000円/月 終身保険:30年払込満了、100万円 特約:定期保険、1800万円    生存給付金、100万円    傷害保険、100万円    災害・入院、5000円/日(5日目から)    通院、3000円/日 見直しをしたいのは定期保険特約の部分です。 15年更新型ということもあり、このまま更新を迎えると 月々の保険料がかなり上がってしまうので、この先払っていけません。 ただ終身の部分と入院特約の保障は今後も欲しいのですが こういう場合はどうしたら良いのでしょうか。 またこの保険では入院・医療保険が終身では無いので これも終身に変えたいと思っています。 この場合は終身部分のみ残すか払い済みにして、 新たに終身医療保険に加入するのがベストでしょうか? それとも定期部分を減額してでも残した方がいいのでしょうか?

  • 終身保険と定期保険

    終身保険1000万と入院特約5日目から一日7000円で、月35000円程払っています。最終的に1000万円返ってくると考えると、終身保険とは貯金と考えて良いのでしょうか? 定期保険の掛け捨てで死亡保障を多くするべきかどうしようか迷っているのですが、終身保険は解約するともったいないような気もします。 加入して7年目で60歳で払い込み終了です。 段々保険料が安くなる、定減保険で一番安い保険料をご存じの方がおられたら、会社名を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 定期保険特約付終身保険

    定期保険特約付終身保険ですが、60歳で払い済みになります。 その後、80歳まで特約を続ける場合、20年一括か年払いで特約保険料を支払うわけですが、これは、全期前納払いとなるのでしょうか、 それとも一時払いとなるのでしょうか? 全期前納なら、払った保険料は死亡した場合、戻ってくるはずですが、 一時払いの場合は戻らないですよね。 又、どうして、月払いはできないのでしょうか? よろしくお願いします。