• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

DVD/CDのメリットデメリットと講師選択

  • 質問No.2286706
  • 閲覧数464
  • ありがとう数8
  • 回答数3
簿記学習と2級取得を検討しています。
知り合いの知り合いが受講していたというそれだけの理由で大原、
大原の中で経理実務講座 or 簿記講座で簿記講座、
簿記講座の中で通信 or 通学で通信、までは決めました。

◆通信の中で映像(DVD) or 音声(CD)でかなり迷っています。
・経験者の方で、双方のメリットとデメリットを率直に教えて頂けませんか。
・講師選択は可能なのでしょうか。
・講義メモはないでしょうか。
 (授業を受ける時に生徒がメモを取るようなテキスト以外の講義付録のようなモノ)

実は音声に決めかけていたのですが、
このサイトでも音声では図案化を自分でしないといけない為
集中力が2倍必要との投稿を見つけ、う~んと悩んでいます。

それと、ほとんど同時期に大原よりTACが多少費用が安い事も見つけ、
大原かTACかも少しですが迷っています。
(大原のCD料金に数千円プラスするとTACのDVD講座が可能なので)
ただ、大原は基礎(最初の方)をゆっくりしてくれて、TACは本当に受験向けで本当にハイペースだとの投稿も見て、
内容は大原、料金はTAC、と決めかねています。
大原しか研究していないので、時間的な事もありTACについてもできればお願いしたいです。
映像か音声かはかわらず迷っています。

2級取得は最悪11月は諦め、内容理解を重視しようと決めかけています。
当初は11月目標だったのですが求職活動等を並行しており、
就職>知識吸収>資格取得と考えている為です。

音声では視覚で確認できる資料がテキストのみというのは難しいのか、
双方とも講師は選択できるのか、
経験談を聞かせて頂ければと思います。
最終的には自分の性格と基礎能力次第とは十分承知しているのですが
どなたかどうかお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 75% (3/4)

初めまして。どちらの予備校にするかの悩みは、よく理解できますよ。私も経験者ですから・・・
私は通学者だったのですが、DVDも利用できたので質問にお答えしてみますね。
>メリットとデメリット
向き不向きがありますが、DVDだと講師の顔と黒板に書いてるものをみながらなので、すごく有意義だと思います。あなたのおっしゃるように、簿記って図案作成、その図案の理解がものすごく重要です。だから音声のみのCDよりはいいと思います。CDの方が時間かかると思います。

>講師選択は可能なのでしょうか。
多分できないと思います。一応問い合わせてみて。

>講義メモはないでしょうか
これは配布されますから大丈夫。でも、だからといって音声のみのCDにすると、講師がどこを指して説明してるのかわからなくなってしまう可能性もあります。。

■TACと迷ってらっしゃるとのことですが、私はTACにもいたことがありますが、なんていうか、TACって大手だからか生徒にすごく冷たい気がします。講師は非常勤がほとんどだから大抵職員室にいないので質問はロクにできないし、若い講師が多いから態度が横柄だし・・・。
でも、そういう冷めた空気のほうがいいという人は、TACがお薦めだと思います。
■大原は、専任講師制なので質問もすぐに沢山できるのが最大のメリットだし、基礎固めには最適だと思います。私的には、お金は多少かかっても大原の方が近道だと思います。

■蛇足ですが、簿記の試験は長期的視野に立ってやらないほうがいいと思います。簿記は手が自然に動くまで勉強して「馴れ」ることが合格への最短の道だと思います。ようするに、イキオイ、です。私は会社勤めしながら2ヶ月で独学で簿記2級に合格しましたが、毎日問題集をやりこんでひたすら問題に「馴れ」ました。
だから就職活動しながらでも11月の試験まで、全然間に合うと思いますよ!頑張って!
お礼コメント
noname#19076
今から納得いくまでTACも研究して…は時間の無駄ですし、よく考えてみると、
大原のDVDにしろCDにしろ、TACのそれとの差額は1,000円に満たないんです。
先日TACに電話して聞いてみたんですが、対応も大原の方が丁寧で親切な印象を受けました。
なので、一時気が散ってしまいましたが大原決定は揺るがないと思います。
気が散ってしまっていたというのも、
無料受講相談を受けに実際大原の学校へ行った時、
11月目標で間に合うかを電話で相談した時と違う事を言われたので、営業言葉にのせられたかと思ってしまったのですが、
通学者向けの相談会に通信の相談をした為、少し冷たくされたのかと思い直しました。反省です。

基礎固めには最適というアドバイスにも背中を押されたというか、
自分の選択に自信をもてた感じです。

先日再度、悩み続けている事を率直に飾らず大原に相談してみました。
とっても親身なアドバイスをいただき、その資料が届き次第今度こそコースも決める事が出来そうです。

短期集中がいいですよね・・・
勤めながらそれも2ケ月それも独学で合格って凄すぎます。
私は元々テストも算数も苦手で、なりゆき(?)で経理を経験し、
それがキッカケで経理で腹くくるしかないと危機感に迫られ…という感じなので、
経理にも簿記にも不安一杯です。
でも、これだけ必死に検討した事もないし、今しか自分優先で時間を作れる事もこの先あるかないかなので、頑張ろうと思います。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/21 16:04

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 48% (20/41)

TACのビデオ通信やカセット通信は授業風景を撮っただけのものですが、DVD講義は通信用に編集されたものです。

DVD通信と同じテキスト・問題集・講義DVDは「TAC出版書籍販売サイト CyberBookStore」で購入することも出来ます。(通信講座と違い質問や添削問題、直前講義や答練はありません)

私は去年8月からDVD通信(講義のみ)を受講し、11月の試験に合格しました。講義の視聴を平日約30分+問題集を解く、平均1時間を3ヶ月。
11月は毎日2時間~3時間を別途購入した過去問題集と模擬問題集を解くというスケジュールでした。
直前講義や答練は時間が無く受けませんでしたが無事合格する事が出来ました。
最初に学習した範囲を忘れかけていましたので、試験対策はもう少し余裕をもって始めたほうが良かったかなと思いました。

尚、質問が必要な講義は無かったですが、問題集をこなさないと身につきにくく、過去問題集を繰り返し解く事はとても重要だと思いました。

CyberBookStore
http://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/5235/
(8月4日まで2級のテキストと問題集は20%引きキャンペーン中。)

http://bookstore.tac-school.co.jp/book/category/1369/
(TACの講師がTACと同じカリキュラムで講義している講義DVD。電子黒板の内容のレジュメもついてます。)

http://bookstore.tac-school.co.jp/exp/exp_dvd/exp_dvd-1779.html
http://bookstore.tac-school.co.jp/exp/exp_dvd/exp_dvd-1486.html
(DVDの視聴コーナーです。)
お礼コメント
noname#19076
TACのDVDは専用収録なんですか・・・
そういえば…URLで思い出したんですが、電子黒板を使っていると言っていました。
でも、せっかくですが、大原で頑張ろうと思います。すみません。
ただ、TACは確かに「講義付録」として板書の内容のポケットメモがついているみたいですね。
これに魅力を感じ迷った部分もあるのですが・・・

>講義の視聴を平日約30分+問題集を解く、平均1時間を3ヶ月。
11月は毎日2時間~3時間を別途購入した過去問題集と模擬問題集を解くというスケジュールでした。
直前講義や答練は時間が無く受けませんでしたが無事合格する事が出来ました。

週休2日で1時間学習が3ケ月、試験月は毎日問題練習3時間、で一発合格だったのですか。すごい。

自分の能力も考えて、学習スケジュールやペース配分を考える上でとっても参考になりました。
11月受験か2月受験かはまだ決めかねているので、参考にさせて頂きます。

URLも見させていただきました。やはり質問対応がないと不安なので、受講しようと思います。

本当にありがとうございました。
投稿日時:2006/07/23 18:53
  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (10/26)

大原簿記専門学校の通信DVDで、今年6月に日商簿記2級に合格した者です。
経験者として助言致します。

まず音声のみと映像付きでは、映像付きの方が良いでしょう。
理由として、音声のみでも映像付きでもテキストは変わりません。
つまり、音声だけでは、テキストで何が起こっているのか・どうしてそうなるのかが理解し難い面が多く出てくると思います。
(もちろん、十分理解し易い音声教材にはなっていると思いますが)
映像があれば、何が起こっているのかを見て理解できますので、理解に苦しむ回数が随分減ります。
(私はDVDでも何十回と質問しましたが・・・)

次に、大原簿記専門学校では、一般授業をビデオで撮っただけのDVDと、
NHKのテレビでやっている英会話レッスンのように、画面に専用の文字やイラストが出てくるDVDがあります。(パンフに載ってます)
私は後者を選択しましたが、良かったです。
図を大きく全面に繰り出して説明されることで、理解しやすかったです。
ただし、一般授業を撮っただけのものが悪いわけではありません。
一般授業を撮ったものは、どこが重要か・どう覚えれば良いかの説明が上手です。
ただ、黒板が見にくいことがありますが・・・。
TACやLECなどの通信は、授業風景を撮っただけのものしか準備していませんが、
大原は、通信用に講座を作っていますので、自分に向いている方を選択できます。

大原は、質問に対しても、電話で即答してもらえ分かるまで教えてもらえる、FAXや郵送での質問も可能など、料金が高い分、充実しています。

ちなみに、講師の選択はできません。


他方、無理に11月に資格取得する必要はありませんが、通信である以上、ある程度の目安は決めておいた方が良いでしょう。
また、勉強途中であっても、経験的に11月の試験を受けてみるのも良いと思います。
場の雰囲気に慣れますので。
お礼コメント
noname#19076
確かに!
質問と並行して電話でTACに問い合わせた時、通信の音声・映像共に通学の授業をそのまま撮っただけだと言っていましたし、これは大原の専用に収録しているものの方がいいと直感していたところです。

>大原簿記専門学校では、一般授業をビデオで撮っただけのDVDと、
NHKのテレビでやっている英会話レッスンのように、画面に専用の文字やイラストが出てくるDVDがあります。(パンフに載ってます)
私は後者を選択しましたが、良かったです。

大原のDVD講座にも複数あるのですか。
パンフレットでは、通信のDVD講座はそれ専用に収録していますと案内があったので、全てそれだと思っていたのですが。
最終的に申し込み間違いしないように確認してからにしたいと思います。

講師の選択については…そうですよね。少し選択できるという声を聞いた事があり、通信でそんなこともできるんだ、なら分かりやすくて親切な先生に教えてもらいたいと思ったんですが、よくよく考えてみれば物理的にも難しいですよね。

経験者の方のアドバイスでかなり参考になりました。
講師選択は無理だけど、その分それなりの先生の収録がされていると信じようと思います。

申込みの時点で受験月を選択しなければならないので、受験月には迷います。
でも、まとめや答練の発送前に連絡すれば、手数料が500円かかるようですが2月受験に変更も出来るそうなので・・・あ~でも11月受験は自信ないなぁ。
この辺はじっくり考えますね。

DVDに決めました。
試験に合格してからでも、見たい時に復習や確認の意味で何度も見れますしね。
この講座でよかったのかな等と不安を抱えずに安心してDVD講座を受講していけそうです。
私も何回も巻き戻して、一時停止して、質問して…となりそうです^^;

本当にありがとうございました。
投稿日時:2006/07/23 18:22
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ