• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

スイッチング電源の誤差について

一つ教えて頂けないでしょうか。 AC→DCに変換するスイッチング電源で出力値22Vにたいしオシロスコープで確認すると最大値23.6V、最小値21.4V、P-P値で2.2Vの誤差があります。 この誤差は許容範囲なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数535
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

まあオシロスコープで見ればどんな電源でも悩ましい波形が見えたりしますが・・・ デジタルテスターとかの応答性の今ひとつ(時定数有り)な測定器で計った場合はどうでしょうか? オシロを使う場合、用途によってはノイズを見てるのか信号を見てるのか訳判らなくなる場合もありますので注意が必要です。 スイッチング電源が対象なら、とりたてて不具合が無いのならテスターでの測定で充分かと思います。 テスターで常時そのくらい振れるのなら私には許容範囲とは思えませんがオシロ使用時ならそのくらい振れてるかもしれないなとは思います。 まあ実際に見てみる事はできますので、今日測定のついでにどのくらい振ってるのか確認してみます。 今かなり悩ましいノイズへの対策で色々測定しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • スイッチング電源

    市販のスイッチング電源の出力を、2つ直列につないで使用してもいいのでしょうか? 例えば、入力AC100V、出力DC48Vの基盤形スイッチング電源を2つ(全く同じもの)買ってきて、その出力を直列につなぎ、DC96Vの電源として使用できますか? よろしくお願いします。

  • 変圧器(スイッチング電源)について

    スイッチング電源の入力電流と出力電圧の関係がわかりません。 使用するスイッチング電源は入力電流:0.7typ AC100Vとあり、出力は5V 10Aです。 使用するときは電源についている電圧の可変ボリュームをしぼり、5V→4Vに落して使用するのですが、 その時の、入力電流が知りたいです。 出力電圧5Vのとき、入力電流は0.7Aであれば、出力電圧4Vであれば0.7Aより下がるのですか? さがるのであればどのぐらいのアンペア数になるのでしょうか? 電気に詳しい方よろしくお願いいたします。

  • スイッチング電源の選定方法

    消費電流180mAの機器を6個使用する場合、何Wのスイッチング電源を選定すればよろしいでしょうか? 入力電圧はAC100VでACアダプタを使用し、DC6V入力です。 負荷の消費電力が電源の容量以下であれば良いと思うのですが、その計算方法は P = V × I で  100 × 0.18 = 18W であっているのでしょうか 消費電力を計算する場合、AC100VをDC6に変換していても、消費電流に100を乗じて計算すればよろしいのでしょうか? 申し訳ありませんが、ご教授お願い致します。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

#4です。 昨晩測定のついでに見てみましたが、デジタルテスターで振れは10mV前後オシロでは400mV程度の振れでした。 測定したのは制御信号用途の24Vスイッチング電源です。 使用環境は、良いとはいえない環境です。 他に安定化電源で周りからのノイズがそこそこ有る物で10V程度の出力に対してテスターで5mV程度オシロで4V以上のノイズが乗ってる物もありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

#4です。 今日は予定作業延期となった為に調べられませんでした。 (オシロの出番がありませんでした) 見る余裕があれば、アースと出力の間の電圧(ノイズ)を別のチャンネルに繋いで出力電圧の振れと一致するかを比較するのも良いでしょうね。 使用する装置にもよりますが、負荷の絶縁状態によっては別の供給電源からの影響を被ってこちらからの電圧で動作不安定や回路破壊を招く場合があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

もしかして、無負荷でオシロスコープだけ繋いで観測していませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

私は、これを見て何を言っているのか解りません。 精度、誤差は、負荷電流や温度に対してどう変化するかで こういう測定とは思われない。 これは、リップルの事を言っていると思われる。 リップルは測定が難しい。 オシロのGND の取り方で変わる。 GND線の長さで変わってくる。出来るだけ短くする。 負荷でも変わる。 測定条件と測定方法で メーカの仕様と付き合わせる。 それでも、リップルの測定は難しい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

その電源のメーカ公表の規格はどうなっているでしょうか 規格は、第三者が決めるものでは無く、製造側が決めるものです 買手・使用者はその規格が気に入らなければ、購入しないだけのことです それ以前に、問題なのは、質問者の測定器の精度です 測定器の精度を掌握し、適正に校正されていることが証明されていない測定器での測定結果を基に議論することは無意味です またメーカにクレームを付ける場合も、言いがかりになってしまう(受け取られてしまう)可能性があります オシロスコープで測定するくらいの方ですから、かなりの技術・知識をお持ちの方と思いますが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

電圧の許容誤差は、電源を使う人が決めるものです。 どのような回路の電源に使うかで許容誤差も変わってくるので、この質問には答えようがありませんね。 市販の電源なら、カタログに電圧の精度について書かれているはずです。それを満たしていないのなら、不良品で返品交換と言うことになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • オシロスコープの許容誤差の読み取り方について

    オシロスコープを使用した際許容誤差を考えますよね。 その許容誤差についてなんですが、 例:20[mv/DIV]で測定した際結果は0[v]であった。 この場合の結果に書き方は、 0.0000±0.0004[v] (=0.4[mv]) でいいのでしょうか? 許容誤差は最小目盛りの1/10と習ったのですが、 先生にこの書き方は違うと言われ、 正しくは0.004[v] (=4[mv])だと言われました。 しかし20[mv/DIV]の場合最小目盛りは4[mv]なのでその1/10の0.4[mv]ではないのでしょうか? 教えてください。

  • スイッチング電源の出力制御について

    通常のスイッチング電源はAC入力でDC出力が発生します。 一方近頃の電気製品はタクトスイッチで電源のオンオフができます。 例えば、パソコンやプリンタなどです。 この場合、スイッチング電源をスタンバイ状態にしておいてタクトスイッチでトリガーをかけるようなイメージですが、実際どのような回路を組んでいるのか教えてください。

  • スイッチング電源の熱損失について

    こんにちは。 筐体の内部温度がどうなるかの簡単なシミュレーションを 行いたいのですが、筐体の中に配置するスイッチング電源の が出す熱量を何Wに設定すれば、いいのかわかりません。 たとえばDC出力24V 10A 最大出力電力240Wの場合、 このうちの何%の電力が熱としてロスするのでしょうか? 教えて下さい。

  • ACアダプタが壊れてしまいました

    PC周辺機器ではないのですが、子供のミニゲーム機のACアダプタが壊れてしまいました。修理または取り寄せですと結構金額がはります。ジャンクショップにでもさがしにいきたいのですが、まったく同じ出力のものが見つかれば、問題ないのですが、どれぐらいの違いだったら許容されるのか、一般論でかまいませんので教えていただけませんか? 壊れたACアダプタは、 I/P: 100-120V 50/60Hz 0.3A O/P: DC4V 2A 100V,22VA,50-60Hz,4V,2A とかいてあります。 それから、半田ゴテとテスターは何とかつかえます。

  • RC直列回路の入力電圧と出力電圧の誤差

    RC直列回路の入力電圧と出力電圧の誤差 RC直列回路に2Vの方形波を入力したのですが、出力波形は1.2V程度までしかあがりませんでした。 オシロスコープで波形を確認したのですが、どうやらオシロスコープの入力インピーダンスに関係があるようです。 入力インピーダンスを1MΩとして入力波形と出力波形に差が出た事を考察しなければならないのですが、いまいちよくわかりません。 どうやって考えていったらよいのでしょうか?

  • 電流センサの検出誤差によってベクトル制御はどれだ…

    電流センサの検出誤差によってベクトル制御はどれだけ影響を受けるか? 私は、AC三相モータを制御するインバータを設計・開発しています。 インバータには、電流センサがあり、U相、V相の電流を検出して、電圧値をCPUに送り、AD変換した値を使って、ベクトル制御を行っています。 質問1 この電流センサからの出力電圧誤差によって、ベクトル制御がどれほど影響を受けるかの計算式を教えてもらえないでしょうか? 質問2 使用用途にもよりますが、電流センサからの出力電圧誤差の許容範囲は、どのように設定すればよろしいでしょうか?ベクトル制御するための必要最低限の許容範囲をどのように考えればよいでしょうか? 質問3 ノイズが発生した場合、当然ながら電流センサの出力電圧は揺られるかと思います。 こちらも使用用途によるかとは思いますし、受けるノイズ量にもよるかとは 思いますが、「ノイズを受けてもベクトル制御が正常でなければならない」のか?、「ノイズを受けて、多少支障があるが安全上問題なく、ノイズが去った時点で再び動作する」のか?こういったところでのノウハウをいただけませんでしょうか?

  • 【タニタの体重計はプラスマイナス1kgまでの誤差は

    【タニタの体重計はプラスマイナス1kgまでの誤差は許容する体重計なんですか?】 それなのに0.1kgの100gの単位表示があるのはなぜ? 現在の法律ではハカリは0.5kg単位で測れるハカリは0.1kg単位で計測出来る性能が必要ってどこの法律ですか? タニタは0.1kg単位で計測表示しているのでタニタの体重計の誤差は0.5kg単位ってことで最大で500gの誤差までは許容範囲ってことでは? なんで1kgの誤差まで許容範囲ってことになるの? タニタの体重計の誤差は1kgなのか0.5kgなのか教えてください。 私は0.5kgの誤差が出る体重計だと信じてます!!!

  • オシロスコープでの突入電流測定方法

    あるメーカーのスイッチング電源の突入電流を測定したいのですが、どのようにすればよいか教えて下さい。 入力はAC200Vで出力はDC24Vのタイプです。 今までオシロスコープで測定したのは直流しかなく、交流での取扱いがよくわかりません。 電流プローブでもあればよいのですが・・

  • アナログテスターでの誤差率が出る理由を教えてください

    学校の実験で西澤電機計器製作所の『モデル5220 キットテスタ』を作りました。そして許容差の測定をしました。 具体的には、最大メモリ値(M)標準機の読み値(T)、誤差値[(ε)=M-T]、誤差率[(ε%)=ε/T*100]として。 DC300Vのレンジで M=300 T=297.8 ε=2.2 ε%=0.73 という具合ですべてのレンジを計りました。 レポートの『課題がなぜ誤差が生まれるか?』 という内容で私は抵抗器の許容誤差が±1%であると説明書にあったのでこれだと思い仕上げて提出しましたが、『抵抗器の許容差が±1%になる理論を書きなさい』と返却されました。 ので、抵抗器の許容差が±1%になる理由教えてください。またテスターの誤差が出る最大の理由が抵抗器でない場合はご指摘、ご指導願います。また関連するページなどあればよろしくお願いします。 私は21年間文系でいましたので、よく分かっていません。上記の説明もできるだけ詳しく書いたつもりですが、重要なことが抜けているかもしれませんがよろしくお願いします。

  • AC100VとAC50Vを判別したい

    とある商品の出力部からAC100Vが出力されています。その状態で商品に条件が加わるとその出力がAC50Vに下がります。それを検知できるように、回路を作ってみたのですが、回路としては 出力をダイオードブリッジに入力し、+と-間に電解コンデンサ400V330μFをつなぎ、 100kΩと6.2kΩの抵抗で100Vの時は約8Vに50Vの時は約4Vになるように分圧し、コンパレータ(BA10393F)の+入力に。 コンパレータの-入力はしきい値として24Vスイッチング電源から16kΩと5.6kΩで分圧し約6Vを入力しています。 電解コンデンサを大体で決めたのですが、結局、100V→50Vに切り替わったときにコンパレータの出力が3秒ぐらい遅れます。 この遅れを出来るだけなくしたいのですが、(希望としては0.3秒以内) 分圧している抵抗を小さくするか、電解コンデンサの容量を小さくするかですが、どれくらいにすれば良いのかが分かりません。実験しようにも部材は通販で買わなければいけませんし、オシロスコープもありません。 なので、どれくらいの電解コンデンサを使えばいいのか、もしくは、抵抗値を下げれば良いのかアドバイスいただけないでしょうか? よろしくお願いします。