• 締切済み
  • すぐに回答を!

中国人の在留ビザ更新について

教えていただきたいことがあります。 私の会社で契約している中国人技術者(個人事業主)が、在留期間更新を申請したのですが却下され、「在留資格変更許可」により在留資格が「特定活動」になり、出国準備期間として猶予を与えられている状態…という結果になってしまいました。 技術者として必要な人材なので再度就労ビザを取れるようにしたいのですが、どのような手続・段取りをすればいいのでしょうか? 個人事業主としての契約が問題ならば、社員として受け入れる準備はあります。 ご回答、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1107
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

まず、何が問題だったのか明確に把握する必要があります。 御社が在留資格伸長の代行取次ぎをしましたか? Noもしくは、取次ぎって何?という状況であれば、その中国人技術者本人が申請しているか、取次ぎ行政書士が代行申請しているはずです。 申請者本人もしくは取次ぎ者が入管に出向いて、特定活動(出国準備期間)となった理由を聞いてこなければなりません。 特定活動(出国準備期間)となる理由は様々です。社員でないことだけが直接の理由になっているとは思えません。他の原因、複合原因であった場合には、その問題の解消が可能であるか、十分な経験のある入管取次ぎ行政書士と相談して対処してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 申請は本人がしていますので、再度入管に確認するように伝えてみます。 まずは理由をきちんと把握する必要がある…ということですね。

関連するQ&A

  • 個人事業主(外国人)の在留資格期間更新についてなんですが

    今韓国人で個人事業主として日本の会社と契約を結んで働いています。 以前の就労ビザの期間更新が迫ってきて在留期間更新申請をしようと していますが、 個人事業主では在留資格期間更新ができないという話をきいて色々悩 んでいることろです。詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。 もしできるのなら、今契約している会社側にだしてもらう書類は何が あるでしょうか?

  • 在留資格変更した場合、在留期限はどうなるのでしょうか?

    在留資格変更した場合、在留期限はどうなるのでしょうか? 外国人が「技術」から「人文知識・国際業務」へ転職した場合: 1.在留資格変更許可申請書は、どのタイミングで提出すべきでしょうか?現在の在留期限が切れるまでに提出すればよいのでしょうか?それとも、内定が決まったタイミングで提出すべきでしょうか? 2.新しい在留資格に切り替わった場合は、在留期限は新しく付与されるのでしょうか?それとも、別途「在留期間更新」を申請しなければならないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 韓国人の短期滞在について

    日本人の配偶者等の在留資格で日本に来ていましたが、離婚しました。 その後の在留資格のこともあり、カフェをはじまました。 そして今年6月配偶者等の在留資格の期限がきました。 もちろん更新はできないので、投資経営の在留資格を申請しましたが不許可でした。 現在、出国準備のための特定活動で在留しています。 7月下旬に出国しますが、すぐに日本に戻りたいのです。 韓国から日本に来るのはノービザで90日間滞在できると思うのですが?入国審査で問題なく90日間日本で滞在できるでしょうか?

  • 回答No.3
noname#43614

こにちは・中国人の在留ビザ更新について 日本で一定の活動を行うための在留資格 http://www7.plala.or.jp/daikou/visa/shikaku.htm 在留資格変更許可申請 http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-2.html http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/syuurou.html 参考にして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.2

ご質問の場合、より確実を期すのであればビザの資格関係を専門としている行政書士に相談することです。 基本的は正社員雇用はビザ取得に大いに役立ちます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 困った時は専門家に…ということですね。

  • 回答No.1
  • Sikabu
  • ベストアンサー率20% (24/116)

個人事業主としての契約が問題と思います。正社員として、採用すれば、在留ビザ更新の可能性大。(採用会社の規模、給与面の条件、採用理由書等いろいろ書類の提出も要求されると思います)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 可能性大、ということですので再申請の方向でがんばってみます。

関連するQ&A

  • 外国(カナダ)ビザ取得のための、日本の入管における在留期間更新許可申請について

    私ども夫婦(夫:日本人、妻:ウクライナ国籍))は6月頃からカナダでの就労、居住を予定しております。最終的にはカナダへ定住したく考えています。昨年11月に日本の入管から発行された一年間有効の在留資格認定証をもとに妻は日本で生活しています。昨年12月に私はカナダでビザ取得をサポートしてくれるカナダの雇用主を見つけ、このあとその雇用主からのLMO通知書(現在カナダのHRSDCに雇用主さんがLMOを申請中)を もとに、3月か4月頃にカナダへの就労ビザを申請する予定です。(私の就労ビザはビザ有効期間2年・雇用主/限定) カナダ大使館へのビザ申請は妻も一緒に申請しに行きます。 妻は、日本国籍ではないので、(1)ビジタービザ というものを申請します。そして、(2)就労ビザも申請します。私と同じ職場で働くためです。 (1)について、妻のビジタービザはあくまでも日本の法務省が発行する「在留資格」の有効期限に立脚して発給されるものなので、その期限は私と同じく2年間という訳にはいきません。妻のそれは在留資格の一年間有効期限の12月までがリミットです。ですので来年の1月以降も引き続きカナダの生活を続けるためには、いったん日本へ二人で帰って、入管への在留資格認定証の更新申請、と、カナダ政府への妻のビザの申請をしなければなりません。私どもはカナダでの生活のために日本の法務省に、妻の日本の在留期間の更新を申請しようとしているわけですが、日本の入管は私共のようなケースについて、在留期間の更新を許可してくれるでしょうか。日本の法務省・入国管理局が発給する在留資格認定の意味は「日本に在留するからこそ、在留を許可する」ということだと分かっております。私がカナダで就労するとなったら、私は住民票をカナダへ移し(?)、日本での収入や年金や健康保険などは存在しなくなる・・その場合、妻のための在留資格の更新申請時に必要な要件を満たせなくなると思われます。妻が来年の1月以降も再びカナダで私と合流し一緒にいるためには、日本での在留資格更新申請が不可欠となる・・ とりあえず私たちは初回はカナダへ行くことができますが、妻のカナダ滞在を2年間継続させるためには、いずれにしても妻の日本での在留期間更新の問題がネックとなってくる・・ 妻が私と共に2年間カナダで働きたい場合は、何か他の方策はないのか、どのようにすればいいのかわからず 困っています。

  • 在留資格の手続きについて

    来日7年、結婚して5年になるアメリカ人です。 ビザのことで質問させてください。 現在、在留資格が「技術」なのですが、6月までに更新を行います。 このとき、在留資格の更新と在留資格の変更(「技術」から「日本人の配偶者」へ)、永住権(「日本人の配偶者」として)の申請を同時に行うことはできるのでしょうか。

  • 在留資格「技術」で個人事業主できるの?

    はじめまして。 今年3月に在留資格「技術」5年間更新しました。有効期間は2018年3月までです。 日本に住み始めて10年間。現在IT会社で正社員として7年目です。 ところで、4月に今の会社を辞めて個人事業主で契約社員として働こうと思っています。 もちろんIT系の仕事。 法律知識不足なのでそいう事をやって良いのかどうかは分かりません。これから「永住権」の申請も考えていますが、何か問題があるのでしょうか? 教えてください!

  • 外国人の在留資格変更について

    外国人の在留資格の変更で留学から就労ビザに変更するとき、申請してからまだ許可が下りる前にはたき始めるのでしょうか?

  • 外国(カナダ)ビザのための在留資格認定証について 

    私ども夫婦(夫の私(日本人)と妻(ウクライナ国籍))は6月頃からカナダでの就労、居住を予定しております。最終的にはカナダへの移民申請をし、定住する予定です。昨年11月に日本の入管から発行された一年間有効の在留資格認定証をもとに妻は日本で生活しています。昨年12月に私はカナダでビザ取得をサポートしてくれるカナダの雇用主を見つけ、このあとその雇用主からのLMO通知書(現在カナダのHRSDCに雇用主さんがLMOを申請中)を もとに、3月か4月頃にカナダへの就労ビザを申請する予定です。(私の就労ビザはビザ有効期間2年・雇用主/限定)  カナダ大使館へのビザ申請は妻も一緒に申請しに行きます。  妻は、日本国籍ではないので、(1)ビジタービザ というものを申請します。そして、(2)就労ビザも申請します。私と同じ職場で働くためです。(2)については妻は、就労ビザ取得者である私の- 配偶者なので、カナダでの就労選択肢が自由(オープン)なビザです。しかし(1)について、妻のビジタービザはあくまでも日本の法務省が発行する「在留資格認定書」の有効期限に立脚して発給されるものなので、その期限は私のように2年間という訳にはいきません。妻のそれは12月がリミットです。ですので来年の1月以降も引き続きカナダの生活を続けるためには、いったん日本へ二人で帰って、入管への在留資格認定証の更新申請、と、カナダ政府への妻のビザの申請をしなければなりません。しかし、そのとき、これらの申請のために日本で長時間待たされて、カナダの雇用主さん(カナダでの仕事)に迷惑をかけることもできませんので、できるだけこれらの日本での手続きを「速やか」に「確実」に行わなければなりません。私どもはカナダでの生活のために日本の法務省に、妻の日本の在留資格認定の更新を申請しようとしているわけですが、日本の入管は私共のようなケースについて、在留資格認定証の更新を速やかに許可してくれるでしょうか。日本の法務省・入国管理局が発給する在留資格認定の意味は「日本に在留するからこそ、在留を許可する」ということだと分かっております。

  • 在留資格

     友人のフィリピン人が「技術」で来日していたのですが、昨年9月からフィリピンに帰国しており、先月の在留期限更新を忘れたまま期限を過ぎてしまいました。日本での勤務先を継続して雇用してくれるということもあり、在留資格を取り直したいということです。    主にPC作業が多いので母国で仕事をこなしていたようなんですが、新たに在留資格を取得するときにありのまま母国で仕事をしていたと申告すると、「在留資格をとらなくても母国で仕事をすれば?」という話になるのでしょうか。  ご教授よろしくお願い致します。

  • 再婚相手の子供の在留資格

    Aさん(世帯主)とBさん(配偶者)が結婚したとします。 二人とも外国人。 Aさんは就労ビザを持っています。 Bさんの在留資格は家族滞在です。 Bさんが短期滞在(90日間)で前婚の子供2人も招待しました。 身元保証人はAさんです。 Bさんの前婚の子供達はAさんによって養子縁組されていません。 課題: Bさんの子供達の在留資格を長期滞在へ変更したい。 調べたところ、唯一の方法は1年間の特定活動在留資格へ変更することですが、可能性はありますか。 変更の理由: Bさんの前婚の相手も再婚され、子供達を経済的にサポートしていない。 子供達はBさんのお母さんと暮らしていましたが、日本の一緒に滞在したいです。 ご意見、お願い致します。

  • 在留資格更新の際の源泉徴収票

    韓国人の友人が、日本のIT技術者の派遣会社に採用され、来日しました。IT分野では人手が足りないようで、とりあえず観光ビザで来日するように言われ、ビザが出る前から仕事をさせられました。 日本の大手企業のITプロジェクトの一員として働いていましたが、派遣会社は在留資格の申請を怠っていて、友人は一度韓国に帰って戻るなどして、半年近く短期滞在の資格で仕事をしていました。 去年の8月に在留資格「技術」は取得できたのですが、友人はその会社がもはや我慢できないらしく、転職を考えています。今年の8月に現在の在留資格を更新しなければならないのですが、その時源泉徴収票を提出しなければなりません。しかし源泉徴収票は、彼の在留資格が発給された8月からではなく、2月からの所得が明記されていました。 彼が転職をし、8月に在留資格を更新する時、去年8月に在留資格をとったはずなのに、2月から働いたことになっていることが入管にばれるとまずいのではないかと彼は心配していました。 私は彼を助けたくてもこういうものはまったく知識がないので行政書士に聞いてみた方が良いとしかいえませんでした。 入管は彼が在留資格をもらう前から働いたことまで源泉徴収票をチェックするんでしょうか。そもそも不法就労の時期だった時まで遡って源泉徴収票を出す会社も理解できません。

  • 外国人の在留資格について。

    外国人の在留資格について。 近所に単純労働にて働いてるブラジルから来た方が住んでいるんですが、その仕事内容で永住、定住って出来るのでしょうか? 自分なりに調べてみましたが就労ビザとか複雑でよくわかりませんので教えて欲しいです。 就労ビザでも一度祖国に帰って手続きすれば何度でも戻ってこれるんですか? また、よくわかるHPなどがあれば教えていただきたいです。

  • 在留資格変更:「短期滞在」→「日本人の配偶者等」

    日本人の配偶者の在留資格に関する質問はいくつもあるようですが、なかなか自分のケースに似たものはないので、質問させてください。 以下のような状況の外国籍配偶者について、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は容易・迅速に可能でしょうか? 私は日本人で、妻は外国人(アジア圏)。交際開始は10年以上前、結婚は5年以上前、3歳の実子(日本国籍あり)が一人います。ここ5年ほどアメリカに一家で滞在しており(私の留学)、妻はこれまで日本で生活したことはありません(短期滞在を除く)。 このたび私の留学生活が終わり、日本に家族で帰国します。そこで妻の在留許可を得る必要があるのですが、ビザ免除の「短期滞在(90日)」で入国し、「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をするつもりです。 (在留資格認定証明書を取得する方法も知っていますが、時間的な制約により、ビザなし入国後の在留資格変更を第一に考えています。) 私は日本帰国後に求職活動をするので、しばらくの間は無職です。ただ、家族3人が当面生活するのに十分な資産はあります(1000万円超)。 また、アメリカ在住だったため、日本の住民票や納税証明などはありません。 結婚歴は長く、実子もいるので、偽装結婚でないことは明白だと思います。 質問: 1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか? また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? (出国により変更申請は無効になるでしょうが、それを承知の上でなら出国可能なのか? また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) よろしくお願いいたします。