• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

立ち上がり基礎施工

ベタ基礎ベースコンクリートの打設でかぶり厚不足が発見されました。 (これは私が発見し売主に報告いたしました) かぶり厚不足の是正後の立ち上がり基礎打設が近々行われる予定です。 しかしながら仕事の関係上立会いはできないため心配になって皆様の ご意見を聞ければと思い投稿させて頂きます。 立ち上がり打設した後に判断できる施工ミス、判断できない施工ミスはどの ようなものがあるのでしょうか? インターネット等で調べてみると 1)打設中バイブレーターを行わないとコンクリートの表面に窪みがいっぱいあるので打設後判断できる。 2)吸殻(たばこを吸いながら、コンクリート打設作業をしている業者)を打設中のコンクリートの中に捨てる可能性がある。これは打設後だと判断つかないのでは 自分で立会いに行けないので事前に何かしらの手を打ちたいので宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

一度そういう事があると心配ですよね。お察しします。 公共工事の様に業者に施工写真を撮ってもらったらどうでしょうか? 1.出設前の鉄筋と配筋の検測 2.打設中の写真 3.打設後のコンクリート検測 出来たら生コン伝票(配合と納入時刻が載っています)のコピーも貰ってはどうでしょうか? 業者さんには煙たがられるかもしれませんが・・・ 立ち会うことが出来ないのでお願いしますと言えば、心良く(??)引き受けてくれないでしょうか? ちなみに、タバコを吸いながら打設するのは忙しいので(短時間で打設したほうが良いので)難しいかと思いますし、 生コンの中にわざわざ捨てる事は、よっぽどの業者さんでない限りしないと思います。(そう願いたいです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • xvs
  • ベストアンサー率21% (47/222)

自信がないようでしたら、その部分に関して知り合いにみてもらう事、また、毎回写真はとって整理していますか? 私は、節目ごとに写真にとり、現場で確認、再度写真にてチェックします。また、変な部分があった際に職人さんに、注意はもちろん、「○○ さんならもと綺麗にきちんとできますよね!できるんだからやって下さい!期待してますよっとか、厳しく、そしておだてて良い仕事してもらってますよ! また、うち現場では、業者の方に、喫煙場所以外ではたばこを吸わないようにしてもらっています。現場のゴミも持ち帰り、現場は綺麗につかうようにしてもらっています。そういった現場の環境をきちんとしておく事で、職人さんの気も引き締まり、安全にかついい仕事をしてもらえると思います。 また一度いって良い仕事をしてくれないと判断した場合、業者を変えます。私ならば。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

工務店の人に聞きました。 注文住宅と、建売の違いは、大工が住む人の顔を思い浮かべるかどうかだそうです。 どんな人が住むかを知っていれば、おのずと手が抜けなくなるそうです。 ということは、よく現場に足を運び、実際に施工する人と会話をし、コミュニケーションを深めることがいいのではないでしょうか? #逆に一番面倒かもしれませんけど....(^_^;)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ikumaru
  • ベストアンサー率14% (10/71)

施主が監視しなければ、いい加減な仕事をするような 建築屋になぜ仕事をさせるのか不思議です。 施主の言い分は絶対です、いい仕事をしてもらって 下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それは売り建てだからです。

  • 回答No.3

 現実的な話をすると、質問者様が気にされるような事はありえます。  とりあえず施工者に気になる部分の打設状況の写真を必要枚数要求されてはいかがでしょうか。要求に関係なくカメラは首から提げているでしょうから、多少余分な撮影は無理な要求ではないと考えます。(特に打設前の状況、打設中、打設完了の写真をいづれも同一箇所の写真)  それと、素人が見て被り厚不足を発見できたということは、容易に見つけられる場所にあったと考えますので、施工管理ができていない可能性があります  私なりに考えてみましたが以下のような注意事項があります。 1.雨天時の打設は注意です。雨がいけないのではなく(大雨は当然まずいですが)、打設場所への泥の混入が考えられます。 2.現場は整理されていますか?ナイロン等が現場に落ちていませんか?これらのゴミが風で型枠内に入り込む場合もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一度施工ミスを発見したのでかなりナーバスになっているのは事実です。また残念ながら現場はきれいとは言えないです。私個人では知識不足なので第三者機関の方にお願いしたほうは良いのではと思っております。 ご回答大変ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

打設時の立ち会いはあまり必要ではありません。 打設前に、鉄筋や型枠の検査をすべきです。 気になるなら、今後、工程が複雑化しますので、第三者に工事監理を依頼した方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 個人的にやるには知識もありませんので第三者機関に管理依頼したほうが良いかもと思っています。

  • 回答No.1
  • JOBE
  • ベストアンサー率9% (48/482)

立会いが無理なら完璧には無理でしょうね。 ビデオやカメラで収めるくらいしか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 基礎の爆裂を防ぐ塗料ありますか

    新築中です。 基礎が出来上がりました。 将来、爆裂が不安です。というのも、 ・立ち上り120mm、しかも表面には気泡が無数にあります。 ・コンクリート打設時は見ていませんが、施工途中も鉄筋が枠の中心からずれていました。かぶり厚不足の可能性があります。 基礎の表面を塗装して、爆裂を防ぐ方法はあるのでしょうか。

  • 基礎の鉄筋に詳しい方、お力をおかしください

    新築中のものです。 現在、基礎工事中で、ベースコン打設は済みました。 次は立ち上がり基礎のコンクリートの打設となります。 立ち上がりコン打設前に、鉄筋の状況を確認したところ、 立ち上がり基礎の鉄筋が、型枠の一方に片寄ってかぶり厚が 不足している箇所があったため、HMに昨日その旨を連絡した ところ、是正しますとのことで、本日、作業を実施した様です。 是正状況を確認のため、仕事終わりに先ほど現場を見てきたの ですが、昨日指摘した箇所の鉄筋は、根本(ベースコン付近) から曲げられ、2cmほど鉄筋を全体的に型枠の中央まで 寄せられていました。 確かに、鉄筋は型枠の中央にあり、かぶり厚さは鉄筋を挟んで 両側共に十分あるのですが、このような処置(鉄筋を折り曲げる) は、品質上問題ないのでしょうか? 明日には立ち上がりコンクリートの打設となり、このまま 工事を進めて良いものか非常に不安です。 どなたか、コンクリート構造物に詳しい方が居られましたら 大変恐縮ですが、大至急御助言頂きたく、何卒宜しくお願い 致します。

  • 基礎の施工について教えてください

    木造2階建ての家を建築予定です。先日、基礎ベース部のコンクリート打設を行ったのですが、施工をした方が、深基礎の一部にバイブレーターを、かけ忘れてしまいました。深基礎は、高さ85cmで3~4回に分けて打設を行い最後の厚み20cm.幅380cm.奥行き100cmの部分がバイブレーター無しです。                                 ホームメーカーの方は、強度に問題は無いので工事を続行させて下さいと言うのですが・・・強度試験も検討してくれてますが、丁度ベース配筋の部分なので心配です。                                               どなたか、建築に詳しい方、今後の対応についてアドバイスお願いします。 

  • 基礎工事で施工ミスが発覚

    はじめまして 現在新築を建て始めたところです。タイトルのように ベタ基礎が終わったところで重大な施工ミスを発見しました。何点かかぶり厚不足の箇所があり、さらに不足では無くまったくコンクリートがかぶっていない箇所を発見しました。(鉄筋が半分丸見えになっている状態)現在は工事はストップしていて業者は間違えを認めて手直しをするとの回答がきました。 ここで質問です。 1)基礎部分を手直し後に立ち上がりの工事までかなり時間があいてしまいます。この場合基礎部分と立ち上がり部分のコンクリの接合という観点で強度的に問題ないのでしょうか? 2)正直この基礎工事を行っている業者に対して不信感が あり、(素人にでもわかる間違いを起こし、悪びれもしない対応であった)違う業者で基礎のやり直しをしてもらいたいと思うのですが、弁護士を通してのやり取りになるのでしょうか。何か良い案がありましたら教えてください。

  • 基礎工事について

    7月完成予定の売りたてを購入いたしました。 ベタ基礎ベースコンクリートの打設が終わり次に立ち上がり部の打設を行う予定でしたが、かぶり厚不足、ジャンカ発生などの問題が発生しましたので現在工事は中断しております。 そこで質問なのですが近々工事が再開する予定なのですが、4月7日に工事が中断しているので鉄筋が雨で錆びています。またベースコンクリートと立ち上がりコンクリートの接合が強度的に大丈夫なのか心配になっています。 施工会社に聞くと大丈夫、大丈夫と言うばかりなので何か資料等ありましたら教えて下さい。

  • 真冬のべた基礎施工

    べた基礎施工方法について質問です。 先日べた基礎のベースを打設して、約中三日後に立ち上がりの打設を実施。夕方に打設し、一晩経過後、雪が降り始め、そのまま丸一日降り続けました。 基礎養生はブルーシートをかぶせてあるだけで、ところどころ基礎上面がおおわれていなく、積雪したいた状態でした。 業者に確認したところ、寒中コンクリート 27Nを使用しており、また、気温がそこまで低くならない(北陸や北海道のように)ので問題ないといわれました。 施工後二日目に業者に基礎を確認いただいたところ、やはり問題ないといわれました。 自分たちで確認する限り、素人なので何とも言えませんが、アンカーボルト周辺には立ち上がりと同じ水平方向にうっすらクラックのようなものがあり、また、コンクリートの表面は少し爪で擦ると若干コンクリートがぽろぽろと取れてきました。 また、立ち上がり部分の型枠も中二日で外すといわれました。 このような状況ですが、基礎強度は問題ないのでしょうか。 表面のみ硬化して、基礎中央部分はまだ硬化していたいと言ったことはないでしょうか。 ご意見いただければ幸いです。

  • ベタ基礎 立ち上がりのひび割れについて

    ベタ基礎 立ち上がりのひび割れについて 現在、新築建設中なのですが、 今日様子を見に行ったら予定よりも早くコンクリート打設が行われていました。 立ち上げ部分もすでに終わっていたのですが、立ち上がり部分の天面にひび割れが発生していました。 結構な数(ひび割れ箇所)と幅/長さがあったのですが、強度を含め、施工に問題はないのでしょうか? 一生に一度の買い物であり、何十年ともっていただかないと困るのでご意見いただければと思います。

  • 基礎立ち上がり部分の雨の日の打設について

    基礎立ち上がり部分の雨の日の打設について 本日の午後基礎の立ち上がり部分のコンクリートの打設が行われました。 小雨とは言いがたい状態で、私が確認したところ、コンクリートの上にはかなり水がたまっていました。 作業中最初から最後まで雨はずっと降っている状態でしたのでとても心配に思っています。 私がみたときはたぶんコンクリートを流してそんなに時間が経ってない状態でしたので、 養生シートはかけてありませんでした。 業者に確認したところ、立ち上がり部分の上部数十センチはひびわれの原因になるので 流さなかったとのことでした。 後日流すようです。 打設工事は途中でやめてはいけないといろいろ調べて読みましたが、立ち上がり部分を二度にわけて 打設するのは通常ではおかしいことではないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 住宅の基礎:底盤と立ち上がり部の一体打設の特徴・現状

    前スレ(QNo.3535192)で、住宅基礎の施工において、底盤打設後どのくらいの期間養生してから立ち上がり部の型枠設置作業に入るべきかという質問をさせていただいたところ、打ち継ぎ部の接着力の問題などまで話題が広がり、大変良い勉強になりました。 そのスレで底盤と立ち上がり部の一体打設について議論が及びましたので、スレを変えてあらためて広く質問させていただこうと思います。 一般住宅の基礎施工における、底盤と立ち上がり部の一体打設(底盤と立ち上がり部の両方の型枠をあらかじめ設置してから、底盤と立ち上がり部のコンクリートを一度に打設してしまうこと)について質問いたします。 ・一体打設は一般の基礎屋さんにも可能な方法でしょうか。 ・一体打設は現在の日本でどの程度普及しているでしょうか。 ・一体打設の施工で難しいのはどんなところでしょうか。うまく施工できない場合、どんな問題点が生じる可能性があるでしょうか。 ・一体打設で基礎を一体化した場合、二段階打設(底盤打設後に立ち上がり部の型枠を組み立てて立ち上がり部を打設すること)と比較して、構造上問題となるようなクラックが生じる可能性は高まるでしょうか。 ・二段階打設と比較して、一体打設では、手間やコストはどの程度増え、工期はどの程度延長するでしょうか。 以上、ご意見をお願いいたします。

  • コンクリート基礎の立ち上がり部と床束

    建築は素人ですが、建築について勉強中なので、質問します。 (1)コンクリート基礎の立ち上がり部とは、通常は、「建物の周囲の土台の下側を支える部分だけ」を言うのでしょうか? (2)建物の床を支える「大引き」の下側を支えるために地盤面から打設されたコンクリートの立ち上がり部(建物の1階の間取りの形に沿ってコンクリートが地盤面から立ち上がっている部分)がありますが、これは「コンクリート基礎の立ち上がり部」とは呼ばないのでしょうか? (3)従来は、建物の床を支える「大引き」の下側を支えるためには「床束」を設置していたと思いますが、最近は、「床束」の代わりに「コンクリート立ち上がり部」を打設することが多くなっているのでしょうか?