• 締切
  • 暇なときにでも

SF世界と現実世界での、技術進歩のペースの違い

  • 質問No.2082128
  • 閲覧数99
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 89% (178/200)

今テレビでタイムマシンを見ていて、
以前気になった事を思い出したので質問させて頂きます。

昔、何かのマンガで読んだのですが
「SF等(ドラえもんでも良いです)の世界では技術はとても進化しており、
いつかこんな世界になるのか」と思っていても、
実際現実では思ったよりも技術の進歩が遅いと感じる事がある。

このような思想と言うか法則について、”●●の法則”みたいな
用語があった気がします。

何か心当たりのある方がいましたら回答をお願い致します。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (8/24)

法則名は知らないですが、SFが早くて実際が遅いのはなぜかということについて考えてみました。
 ・・・時計なんか、たくさんの歯車が入っていて、大きい車、小さい車が噛み合って動いています。技術や、人間社会と言うのは小さい歯車で、一見速いスピードで動いているように見えるけれど、実にはそれほど進んでいない、秒針のようなものではないのかなと。
 秒針だけ見れば、「お~、はえぇ~。」と思うけれど、全体の進み具合を見れば、「ぜんぜん進んでねぇじゃん。」となるのではないでしょうか。
 僕らの体内時計に比べれば、人間社会という尺度は、せわしく、小さい、歯車なのだろうと思います。よわっちいがんばり屋と言うか。

 あと思いついたのは、30人31脚です。テレビの。技術と言うのはその中の一人であり、後の29人と一緒に走ってる、と言えるかな。
お礼コメント
yuichikun

お礼率 89% (178/200)

回答ありがとうございました。(^-^)
投稿日時:2006/05/13 11:56
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ