• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

古いSF映画を探しています!?

おそらく、アメリカ映画だと思います。 内容は、大きなモニター画面を通して、タイムマシーンみたいな研究をしているグループが、偶然、未来の地球と繋がってしまう内容です。 そこでは、人類はとっても衰弱し、アンドロイドが人間に代わって色々と世話をしている世界。 が、そこへ、人類から進化した地底人みたいなとっても凶暴な連中が襲ってくる。 で、ラストは、元の世界へと帰ってくるが、そこは、時間の止まった元の世界。 超ゆっくりと時間が流れているが、次第に時間が元にも取ってくる。 が、再び、偶然にもモニター画面が未来の世界へと繋がり・・・・・・ つまり、ラストが延々とリープし続ける、終わりなき映画。 確か、SF映画だったと思います。 何方か、過去の古いアメリカSF映画について詳しい方はいませんか。 見たくて、題名を思い出そうとしていますが、思いだせずに困っています。 よろしくお願いします。 もしかすると、内容は少し違うかもしれません。

noname#187863
noname#187863

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数421
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • fine_day
  • ベストアンサー率70% (6285/8867)

1964年の「タイム・トラベラーズ」かもしれません。 テレビ放映された時の邦題「原始怪人対未来怪人」で調べてみてください。 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13842 http://blogs.yahoo.co.jp/tomoko_more/8317235.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そう!!これです。間違いありません。 正直言って、そんな題名だったとは。当初、タイムマシーンに何とかの題名が付くと思っていました。 しかも、テレビでも放映されていたんですか。 自分が見たのは、今は海外へと仕事の関係でいなくなってしまった、知り合いから見させられた映画でした。 ラストが印象的で、長年見たくてうずいていた作品です。 超、嬉しいです。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 古いSF映画のタイトル

    1970年代にテレビでみたSF映画なのですが、洋画で、主人公の男性が、何かもしくは誰かに追われて(間のシチュエーションがまったく覚えていないのですが。。。)ラストにとてつもなく遠い地底の海辺にたどりつき、そこがさがしていた遺跡で、ピラミッドや巨大な建造物がある、といった内容なのですが、どなたかご存知ないですか?

  • 昔、NHK教育でしていた子供向け番組のタイトル

    私が幼稚園児だった頃(15年以上前)に見ていまだに印象に残っている番組があるのですが、タイトルと大まかな内容がどうしても思い出せません。もう一度見てみたいので、ご存知の方ぜひぜひ教えて下さい! <覚えていること> ・ロッキングチェアに座ったおじいさんの住む家のねずみの穴のようなものから、小さい地底人が住む世界につながっている。 ・おじいさんの家には犬がいて、地底人に吠えつく。 ・地底人はさらに小さい地底人をいじめたりする。 ・さらに小さい地底人は透明なポールでなにか塔のようなものを一生懸命作っていたりする。 ・地底人は何かお決まりの歌を歌っていたような気がする。 ・一度きりの番組ではなく、定期的なシリーズものだった。 これだけしか覚えていません。よろしくお願いします。

  • 20~30年くらい前に見たSF映画のタイトル

    20~30年くらい前に見たSF映画のタイトルを教えてください。 ・その世界で人々は働かなくていい ・その世界に住む人々は手の甲に年齢を表す石が埋め込まれていて、一定の年齢になったらその世界から去らなければいけない ・主人公はその世界から脱出しようとして、その世界が大きな戦争の後の地底世界だったと知る というような内容だったと思います

  • 古いSF映画に詳しい方、教えて下さい。

    昭和40年代だったか(?)にテレビで見たSF映画なのですが、タイトルがわかりません。 内容は、タイムマシンで未来へ行く話です。 数人の研究者(?)たちが、研究室でスクリーン画面に未来の情景を映し出せる機械で実験をしています。 スクリーンに未来の荒野の様な情景が映り、試しにスクリーンの中に入ろうとすると、何と中に入れてしまいます。 興味本位で全員がスクリーンを通り抜け未来の世界に入ってしまった時にスクリーンが消え、戻れなくなってしまいます。 それから未来の世界での生活が始まります。 未来人の社会があり、アンドロイドがたくさん働いています。 何とか過去に戻ろうと努力して、やっと戻れたのですが、元いた研究室に行ってみると、何とそこにはその時の自分たちがいます。 しかも時間が止まっています。 というか、良く見ると非常にゆっくり進んでいるのがわかります。 スクリーンは真っ暗な状態です。 どうする事もできず、またその真っ暗なスクリーンに入って行きます。 一方、研究室にいる方の研究者たちが動きだし、今までのストーリーをまた繰り返していくというエンディングです。 ハッピーエンドではありません。 大した映画ではないかも知れませんが、とても印象に残っています。 今でもDVDなどで見る事は可能でしょうか? ご存じの方、どうぞ教えて下さい。

  • 物凄くレアで古いSF作品の題名を

    現在、探しています。 内容は、記憶があやふやですが、簡単にイメージ的なシーンをお伝えします。 ある科学者が、偶然、異次元空間を結ぶトンネルの様なタイムマシーンを偶然作ってしまいます。 ある巨大なモニター画面見たいなモニターから、次々とエイリアンらしい怪物が現れますが、片方は取っても友好的なエイリアンで、もう一つの方は、凶暴で侵略にやってきます。 博士は、そのタイムマシーンを破壊しようとするのですが、良いほうのエイリアンが帰れなくなるために、モニターを破壊できずに、仕方なく、モニターに映し出されているトンネルの映像みたいな物を変更しようとします。 でも、チャンネル変更できず、映像はそのまま悪いほうのエイリアンを次々とこちらの世界へ送り出してしまい、ついに、良いほうのエイリアンと激しい死闘が繰り広げられることに。 相当昔に、12チャンネルの昼の13時ぐらいからやっていた映画です。 当然、B級クラスのSFだと思います。 普通、タイムマシーンというと何らかの装置的な物が多いですが、この映画のタイムマシーンは、地球の過去や未来ではなく、どこか別の次元世界の過去と未来につながるちょっと変わったタイムマシーンでした。 しかも、壁に埋め込まれているモニター画面がタイムマシーンに。 そのモニター画面に、映し出されたエイリアンが、時空を超えてそのモニター画面から飛び出てくる。 そんな、少し変な映画でした。 内容的に、違っている可能性もあります。 SF好きな方で何方か、覚えがある。 あるいは、これかな? と、言うのがありましたらよろしくお願いします。

  • 古いSF映画の題名を教えてください!!

    相当古いSF映画で、しかも、B級クラスの映画です。カラーである事は間違いありませんので、年代的には70年代位のSF映画だと思います。 内容は、 エイリアンの宇宙船から放射されるスペクトル光線で、植物。木が突如人化して人間を襲い始めるという設定です。 ラストは、主人公の男性と女性が燈台に立てこもり助けを待ち続けます。 そこへ、大量の食人木が襲い掛かり、二人は燈台の屋上へと逃げます。 徐々に上へと上がってくる食人木に対し、女性が近くにあった消防放水で応戦します。 すると、食人木が次々と溶けだし、追い払うことに成功。 その理由は、その消防放水は燈台の真下にある海水をポンプでくみ上げているために、水の中に塩分が含まれていることに男性のほうが気付きます。 すぐに、無線を利用して世界各地にその事を伝えます。 世界各地で、そのれを聞いた人達が塩水を食人木に吹きかけ撃退していきます。 その頃、地球の軌道上を漂っているエイリアンの宇宙船は、地球侵略に失敗し地球から離れていくというラストで締めくくられています。 とても斬新なストーリーで面白かったので、もう一度見てみたいので題名が分かる方。何卒、回答のほどよろしくお願いします。

  • SF映画(60~70年代)タイトルを教えて下さい

    次のような内容のタイムマシンものです。 ・アメリカ映画っぽい雰囲気。 ・何かの研究所で、始めは別の時代?の映像をモニターするつもりが、そこへ移動できるようになる。 ・発光鍵盤による”剣の舞”の演奏シーン。 ・反乱軍?によるロケットの破壊。 ・もとの研究所に研究員たち?はなんとか帰還するが、あたりのもの全てが静止している。 ・ラストは研究員が手をつないで、真っ黒なモニターの中へ入ってゆく。 小さいときに見たので断片的な記憶なのですが、お分かりになる方、よろしくお願いします。

  • モノクロのSF映画の題名を教えて下さい

    数年前にテレビで放映していたのをちらりと見て覚えている映画なのですが、タイトルが分からなくて気になっています。 モノクロのSF映画で舞台は未来、デストピア的な世界です。人は番号で呼ばれ、管理されているようでした。 主人公の男は思想犯的な立場にいて、管理者(?)は主人公を排除しようと主人公そっくりな人物(クローン?)を送り込みます。 その人物は主人公になりかわり、周りの人たちも偽主人公を主人公として扱います。 それは皆が偽物を主人公として扱うことでアイデンティティを喪失させ、主人公を発狂させようという策略なのですが……。 と、言うようなストーリーでした。 主人公と偽物は同じ俳優が演じていたと思います。 吹き替えだったのでよく分かりませんが、たぶんアメリカ映画ではないかと思っています。少なくとも主人公は白人でした。 情報はこれだけですが、分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 古い洋画の詳細を知りたい(こればっか)

    1970年ごろTVで観たSF映画の詳細を知りたいです。 ストーリーはタイムパラドックスものです。 科学者集団が未来を画像で見ることができる装置を発明しますが、それは画像ではなく本物の別世界に通じるタイムトンネルでした。 未来の世界へ踏み込んだ科学者たちは、装置の故障により帰れなくなり、未来人と接触します。 しかしその未来での人類は、間もなく滅んでしまう地球から脱出する準備をほぼ終えている状態でした。 科学者たちは宇宙船への乗船を拒否され、ここで再びタイムマシンを作って元の世界へ帰ろうとします。 しかし時間軸のずれにより、帰り着いた元の世界では時間の流れが非常に遅く、実験装置に向かっている過去の自分たちはマネキンのように静止しています。 この世界で生きていけないことを悟った科学者たちは、誤操作によってはるか未来に通じていることを計器が示す真っ暗のタイムトンネルへ入ってゆきます。 一瞬、明るく豊かな自然の中へ踏み込んでいく科学者たちの後姿が見えたあと、場面は科学者たちが出発する前の状態に戻ります。 科学者たちは未来へ行き、滅亡する人類に会い、タイムマシンを作り戻ってくる。 その繰り返しが猛スピードで現れて、最後は砂嵐の画面になってジ・エンド。 最初の旅立ちの寸前、研究室内を黒い影がサーッと横切り、後でそれが、未来から戻ってきた本人たちだとわかります。 また未来の世界で、地球脱出の準備を進める様子を覚えています。 何かの機械部品を製造しているつもりなのでしょうが、四角い枠をささっと振って丸くするという子供向けマジックを、未来の技術者がまじめな顔でやっていました。 タイムパラドックスの輪廻を実感した最初の映画だったので、とても印象的でした。 どなたか情報をお願いします。

  • STEINS;GATE ラストについて

    つい数日前に、「シュタインズ・ゲート」と言われるタイム・トラベルを題材とした作品を見ました。 とてもその内容に引かれ、一気に、最後まで見たのですが、そのラストが少し私にとっては理解できないので、是非とも、回答頂きたいのですが。 ネタばれがあるので、今回は、この作品をすでに見られた方からの回答をお待ちします。 なので、見ていないのに回答された方や、予測、自分なりの解釈など、的を得ていない回答には、誠に申し訳ありませんが、お礼は控えさせていただきます。 それでは、私があのラストを見て疑問に感じたことをお話しすると、過去を改ざんすることなく、未来と世界を騙せというもう一人の主人公。 おそらく、別の次元の、別の世界の主人公であろう主人公が、彼に伝えた驚愕のエンディング。 しかし、主人公本人を騙したとしたら、その騙された主人公と、それを知る主人公が同じ世界に存在することは不可能では? だとしたら、結果的に、主人公を騙したとしても、過去は変えられた。改ざんされたことになるのでは? そして、わからないのは、騙すことに成功したのなら、未来は変わるはずだから、あの別の世界から送られてきた主人公のメールはなくなるのでは? あのラストで、出だしのオープニング一話での不可解な叫び声の謎はわかりましたが、あのタイムマシーンを捜査していた女の子が消える理由は何でなんですか? いま一つ、ラストが告げている意味が理解できず、この作品のよさが、いまひとつピンときません。 何卒、回答のほど、よろしくお願いします。 また、あのタイムマシーンに乗ってやってきた女の子、阿万音鈴羽の母親は誰なんでしょうか。 自分的には、主人公の岡部は牧瀬と、なるから、椎名のような気がするのですが。間違いでしょうか。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう