• 締切済み
  • すぐに回答を!

欠損データがある場合の有意差検定について

統計に関して初心者です。 動物の血液検査を行いましたが、1個体のみ血液が凝固しデータが欠損している箇所があります。 3標本なので、欠損がなければRepeated Measures ANOVAで有意差検定を行い、その後ダネット検定をと思ったのですが、上記の場合はどのようにしたらよいのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数580
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • sismoon
  • ベストアンサー率22% (22/97)

どの統計処理を行うかというのはデータの欠損に関係なく, データの関連性によって変わります. SPSSを使用して統計処理を行うのであれば,欠損値に対する処理がオプションで設定可能です. 私なら,ケース毎に無視で行っています. 個体数が多ければ,そのデータごと除外しても有効な結果が得られると思いますが, 多くなければ,ケースごとに除外かと思います. 標本ごとの自由度が同一でなくなるだけです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございました。 統計に関してかなり初心者ですので、質問させていただきますが、SPSSとは何でしょうか。ネットで調べるとソフトのようなのですが。 ちなみに私は、CD-ROM付きの本が会社にあったので、そのCD-ROMで計算(といっても値を代入するだけで、勝手に計算をして、*で有意差をだしてくれるのですが)しています。これを使った場合、欠損があると空欄になってしまうのです。

関連するQ&A

  • 3群の有意差検定について

    初めて質問致します。 統計学については素人ですので、的外れな質問でしたらすみません。 現在、A・B・Cの3群についてある値を算出し、その値によって3群が分類できるかどうかを検討しております。 A・B・Cはそれぞれ標本数が異なっており、対応はありません。 等分散性の検定→分散分析→多重比較という手順で以下のように行いました。 Levene検定(有意差なし)→一元配置分析(有意差あり)→Bonferroni検定 Levene検定(有意差あり)→kraskull- wallis検定(有意差あり)→Bonferroni検定 この検定方法(特にBonferroni検定の採用)は正しいのでしょうか。色々調べてみたのですが結論が出ないので質問させていただきました。 ご教授よろしくお願いします。

  • 糖負荷試験などの有意差検定

    統計処理についてご質問がございます。 ラットやマウスを用いて糖負荷試験を行った結果の有意差検定をしたいと考えております。 動物に砂糖水を飲ませ、数分ごとに採血し、血糖値を測ったりする実験です。 例えば、3群間の有意差を出したいとすると、各時間ごとの血糖値の有意差はTurkey-Kramer法などで有意差検定できると思います。しかし、各時間ごとの有意差検定ではなくて、結局、すべての時間を考慮して群間で差があったのかどうかの有意差検定をしたいと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 棄却検定と有意点tについて

    現在、統計作業でスミルノフの棄却検定を使って外れ値の可能性のあるデータの除外作業を行なっております。 で、 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/Grubbs/Grubbs.html​ と http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/Grubbs/Grubbs-table.html​ を参考に棄却可能か棄却不可かどうかを算出するExcelシートは用意できたのですが、標本の数が例えば792といったスミルノフ・グラッブス検定の有意点の表にはない標本数においてのスミルノフ・グラッブス検定の有意点tをExcelで算出する方法を教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします

  • Excelでスミルノフ・グラッブス検定の有意点を求める方法

    現在、統計作業でスミルノフの棄却検定を使って外れ値の可能性のあるデータの除外作業を行なっております。 で、 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/Grubbs/Grubbs.html と http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/Grubbs/Grubbs-table.html を参考に棄却可能か棄却不可かどうかを算出するExcelシートは用意できたのですが、標本の数が例えば792といったスミルノフ・グラッブス検定の有意点の表にはない標本数においてのスミルノフ・グラッブス検定の有意点tの求め方がうまくわからないところです。 どなたか教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 統計的検定の標本数

    統計について学び始めたばかりの初心者です。 統計的検定では標本数が多くなればなるほど、有意になりやすくなる、ということを学んだのですが、理由がいまいちよくわかりません。 わかりやすく説明してくださる方をお待ちしております。

  • ANOVAの使い方?

    例えば、同一条件の母集団(各30人ずつ)A,B,Cに対して、薬なし、薬1、薬2を投与するとします。その後に血液検査を行い、その平均が50、80、100とします。 3群間比較を行う場合ますANOVAを行いますが、有意差が出ない場合はそこで終了(その後の検定は意味がない)だと理解してます。ここで、薬1が何らかの都合で不適切となった場合は、薬なしのA群(検査結果50)と薬2のC群(検査結果100)で検定します。すると有意差ありと結果が出ます。 <3群だと有意差なし、何らかの都合で2群比較となった場合は有意差あり>となりますが、こう考えるのは変でしょうか?

  • 時系列データの検定

    あだむと申します。統計学の勉強を始めた所なんですが、わからない所があり質問させて頂きます。 ある規制を行った結果、ターゲットに絞った品目の使用量が減りました。規制前、後1年分ずつのデータがあるのですが、t検定やノンパラメトリック検定で有意差を検討しても良いものなのでしょうか? 母集団がどこにあるか、良くわからないので、検定していいものかどうか迷っています。一施設のみのデータなので、それ自体が母集団なのではないのか。でも、データを抽出している以上、手元にあるデータは誤差を含んでおり、標本なので、検定をしても良いのか。 知恵をおかし下さい。

  • 有意差検定

    統計の初心者です。groupA(n=22)とB(n=17)の2群においてある血液検査で各々数値(数値には0やマイナスはなく20~70程度にばらついています)が出ました。この両群間のデータ結果に有意差が有るか否か検定したいのですが、いろんな検定法がありますがどの検定法を用いたらいいのでしょうか?(ちなみにJMPを使用しています)ご教授宜しくお願いします。

  • 有意差検定について。

    有意差検定について。 はじめまして。 今度職場で研究発表をすることになり、統計の有意差を求める方法を調べているのですが、正直ちんぷんかんぷんな状態です。 一応有意差検定でt検定やF検定などがあるのはわかったのですが、どれを用いたらいいのかわかりません。 内容は人間ドックの便潜血検査で1日(一回)のみ検査した場合と、2日(二回)検査した場合では、2日(二回)検査したほうが陽性(+)率が高いデータが出ました。そのデータはほんとうに有意差があるかどうか?を調べています。 情けないですがほんとうにわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか。 宜しくお願いいたします。

  • 回帰係数の有意性の検定

    線形回帰式 y=b0+Σ[i=1~p]bi・xi y:被説明変数 xi:説明変数 bi:係数 があり、N組のデータからbiの最尤推定量 bi~ を求めるとします。 この bi~ の有意性を検定する場合、bi~ が最尤推定量の漸近正規性から、以下の正規分布に従っているとみなします。 N(bi★,σ^2) (bi★は真のパラメータ、分散σ^2は未知) 次に以下の仮説検定を行います。 帰無仮説 H0:bi★=0 対立仮説 H1:bi★≠0 ここでは bi~ の分散が未知なので、bi~ の標本分散 s^2 を用いて 以下のt統計量により検定を行います。 t=bi~/(s/√N) ~ 自由度N-1のt分布 以上のような解説を聞いたのですが 最尤推定量 bi~ はN個のデータから1回推定を行っただけなので 標本は1個しかありませんよね? だったら、標本分散s^2って計算できない気がするのですが… 私の理解のどこがおかしいでしょうか?