• ベストアンサー
  • 困ってます

原子力発電所の…

冷却系の配管で二次系配管というものの役割が わからないので教えてください 多分制御関係だとおもうのですがよくわかりませんでした

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • uranas
  • ベストアンサー率77% (7/9)

二次冷却系配管とは、関西電力など主に西日本の 電力会社が採用している加圧水型(PWR)原子炉 で用いられている配管のことです。 東京電力などで採用している沸騰水型(BWR)原子炉 では、原子炉で加熱された蒸気で直接タービンを まわして発電しています。これですと機構は簡単 ですが、放射能が含まれた水がタービンまで来て しまいます。 一方、加圧水型では、原子炉から出た水(一次系) に圧力を加えて100℃以上の高温にし、蒸気発生器 と呼ばれる熱交換器を介してタービンに蒸気(二次 系)を供給しています。これですとタービンに放射 能を含んだ水が行かないので、管理が簡単になります が、系統がやや複雑になります。もともと原子力 潜水艦用に開発された経緯があったと思います。 従って、制御関係ではありません。 参考に電気事業連合会のHPの原子力発電のページの URLを添付します。

参考URL:
http://www.fepc.or.jp/genshi/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • YUZURU
  • ベストアンサー率25% (37/146)

二次系との事ですので、原子炉の熱をそのまま受け取るのが1次系で、それを2次系で受け取ってタービンをまわします、1次系のままタービンを回しますと、タービンが放射能に汚染されてしまいますので、原子炉を隔離して、そこから、1次系のパイプを出して、2次系に熱交換してやり、タービンを回したあと、さらに冷却して、再度、熱交換を行うといった、循環をしています、したがって、冷却系の2次系配管を言葉どうり受け取れば、それは、タービンを回した後の冷却過程の配管ということになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます

  • 回答No.1

二次冷却水の配管の事ですか? だとすれば制御用じゃありません。 一次冷却水というのは核燃料の集合体に直接ふれているので原子炉内部から出す事は出来ません。 しかし、原子炉内部から熱を取り出さなきゃそもそも意味がありません。 原子炉内から熱を取り出すのは、隔壁内で循環している一次冷却水と外部に繋がっている二次冷却水を直接接触させる事無く熱交換器で取り出します。 その二次冷却系統の事でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます

関連するQ&A

  • 原子力発電所って

    福島で被災した原子力発電所について 教えて頂きたいのですが。 使用済み燃料棒でも 冷却していないと加熱していくのは なぜなんですか? そもそも、こういう表現というか 受け取り方が正しいのかも はっきり解らないのですが。 原発って一旦始動すると 例えば、燃料の特性上とかで 止める事が困難なんですか? それとも、停電させられないから 無理に動かしているのでしょうか? はたまた、機械的なトラブルで 止めるに止められないのでしょうか? 被爆や、更なる現場での人的被害を 避ける為に止められないのか? 小学高学年くらいに教えるつもりで 教えて貰えないでしょうか?

  • 原子力発電所の冷却塔

    原子力発電所の象徴と言えば冷却塔ですが、日本は採用していません。 諸外国はなぜ河川や海水による冷却ではなく冷却塔を選ぶのでしょうか? 内陸国は除き、何か意図があって内陸に原発を作っているのでしょうか? あと冷却塔と海水による冷却でどの程度効率に差があるのでしょうか?

  • 原子力発電の制御室

    何をする場所なんですか どんな事がおきても, 制御しなければ, いけないんじゃないですか 宜しくお願いします。

  • 原子力発電所を火力発電に出来ますか

     原子力発電所も蒸気発電だと思いますが、蒸気を火力に変更し配管を変更すれば 発電に出来るのでは、原発事故の後処理の費用と、CO2回収費用・燃料費では どちらが、かかるのでしょうか。よろしくお教えください!

  • 原子力発電って実際のところ、

    核燃料棒一本から、発電出来る「電力量×年数」を1とした場合、 使用済み核燃棒一本が、安全なレベルに低下するまで必要となる「冷却電力量×年数」は幾つになりますか? 原子力発電は、以下の式が成立するのでしょうか? 「電力量×年数」-「冷却電力量×年数」 > 0

  • 原子力発電所の系統について

    沸騰水型原子力(BWR)の発電所で働いています。(1F、2F) 配管系統の勉強をしたいのですが 専門的なことをわかりやすく解説してあるサイトはありませんか? (主にタービン系、原子力系) 宜しくお願いします。

  • 浮上型原子力発電所はできませんか?

    現在の原子力発電所は地上建築物か型が主流ですが、電源立地の公民館、体育館まで作らなくてはならず、また幾ら金をばら撒いても反対されるイデオロギー論争的様相を示してきており、発電の化石燃料依存が緩和しません。 軍事大国が原子力空母を建造していることから思いついたのですが、日本の造船技術と原子力発電所設計技術を融合して、1ギガワット程度の加圧型の商用原子力発電所を浮上型で建造することはできるでしょうか? 造船所で浮上型原子力発電所を建造し、それを東京湾など電力消費地近傍の海上、または河川上に曳航し、その場に錨をおろし(固定し)発電をします。消費地の近くで送電損失が最小ですし、海上、河川上は個人の使用権が及ばないために立地問題が軽減するメリットがあります。 それ以外のメリットとして、 1.造船所での繰り返し生産で、建造費に占める設計費の低下が可能。 2.炉心冷却に必要な水を海水からの濾過水で調達可能。 3.水中浮揚型なので耐震性が高い。 4.炉心溶融事故に際しても周辺水の潜熱で冷却可能。 5.廃炉の際には造船所に曳き戻してから集中処理。 6.途上国に輸出する場合でも、国内雇用が最大限活用される。 など、など、いくつでもあげられます。 炉心隔壁内部だけを作成し、原子炉周年の建屋で実施されている制御・管理などは遠隔で集中監視・集中制御するようにするとよいですね。途上国に輸出したり、ODA供与して世界のCO2削減に貢献しながら、その国が核ミサイルを日本に照準してきた場合には、電力供給を一時的に中止するなどの抑止力になもなるでしょう。 今までの加圧水型の原子力発電所が陸上に建設されてきた理由、そして、今後海上浮揚型原子力発電所が建造される可能性に関して、科学的見地でのアドバイスをいただけれたら幸いです。

  • 沸騰水型原子炉からの放射性物質の拡散・・。

    沸騰水型原子炉で、燃料に触れて熱くなった水に含まれる放射性物質が、熱水を冷却する海水の配管から海に拡散することはないのでしょうか?放射線は建屋の厚いコンクリートは通過できなくても、冷却用配管くらいは通り抜けるのかな・・と素人の素朴な疑問です。

  • 一級小型船舶の問題の答えを教えてください。

    間接冷却式エンジンの冷却水系統に設けられている、サーモスタットの役割として適当なものは次のうちどれですか? 1、エンジンの温度に応じて、冷却清水と冷却海水との混合割合を制御  する。 2、冷却清水の温度に応じて、冷却清水の熱交換器への流量を制御す   る。 3、エンジンの温度に応じて、冷却海水の船外への排出量を制御する。 4、冷却清水の温度に応じて、冷却海水の船内取り入れ量を制御する。 以上です。この答えが分かる方、お願いします。

  • 原子力発電の注水冷却について

    福島の原発は停止しても注水しつづけないと核燃料が溶解する危険があるということですが、多数ある原発もそうだとすれば、もし、すぐに停止しても、冷却中に震災におそわれて、冷却が継続できなくなるととても危険ということですか?だとすると、早め早めに停止しておく必要があるということでしょうか?