• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

映画を見ていて疑問が

アメリカ映画を観ていつも疑問に思うシーンがあります。 それは電話を切るときなんですけど話し終わったら何にも言わずに切ってますよね? 日本だったらドラマや日常生活においても切る前に言う言葉ってありますよね?じゃあ、またね、バイバイなどなど。 でも映画では話終わったらそのまま切るシーンを多く見かけます。これは映画の設定上そうしているのかそれともアメリカでは親しい間柄だと話し終わったらそのまま切っちゃうんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数130
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これはだんだんと普通になってきていると言っても良いかもしれません。 私ですら、おいおいおい、と言いたくなるときもあります。 これは、また、路上でも同じことが起こっています。 一緒に歩いていて別れるときに何もいわずに違う方向へ言ってしまう、と言う事が普通とまで言わなくとも違和感を感じないところまで来ています。 もちろん、別れの挨拶、それが"C'ya (see youの意味)”であってもする人は昔どおりしていますので、何も言わないことが普通とまではいえないと思います。  言葉とは生きているものです。 そして、その生きていると言うことは、毎日の「ほかの人の真似」「一般社会の移り変わりを無意識に感じる」と言うことに過ぎません。 日本語ですらこれは起こっていますね。 全然、など明治ごろは肯定でも否定でも使われていたのが、否定だけに使われるように鳴り(たぶん肯定には使わないことが普通と感じてきたのでしょう」 昭和の後半では否定だけにしか使っては「いけない」とまで言われるようになりました。 しかし、若い人たちが肯定でも使うようになり、かなりの反撃を食いましたね。 しかし今ではどうでしょうか。 違和感を感じることなしに使われていますね。 別れる時の、電話であろうと路上であろうと、挨拶を必要としないと感じればしなくなるわけです。 これを果たして国民性と読んでいいものかは私には疑問に思えます。 バブルがはじける前の「日本人のイメージ」はもうありませんね。 儒教的感覚もかなり少なくなってきていますね。 その儒教的感覚に基づいた言葉の表現や「人間関係」の基準も変わってきています。 国民性でしょうか。 私は、そうとは思わない、と思うわけです。 余談も踏まえて書かせてもらいました。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

映画の中だけでなくやはり日常で起こっていることなんですね。37年あちらで生活されている方でさえ「おいおい」と言いたくなるということは同じアメリカ人でも同じように感じる人も少なからずいるのかもしれませんね。 路上での別れの挨拶がそっけないとはかなり意外です。でも出会ったときの挨拶は親しい間柄の人以外でも例えばお店の店員さんなんかにも気軽にあいさつしたりするのでその点は見ていてさりげなくできるのは羨ましいなと思います。(映画でしか観たことないので実際の所どうなのかはわかりませんが…) 日本で例えばレストランや特にコンビニの店員さんに「こんにちは」なんて言ったら逆に警戒されてしまいそうです(苦笑) 日本語も随分と変わってきましたね。 「彼氏」のイントネーションがおかしくなってきた頃タモリがよく批判していましたが今ではそれが当たり前になってしまいました。普通「彼氏」という時は「か」から「し」までのイントネーションが下がっていきますよね? でも棒読みのような感じで言うんですよ。「彼女」と言うときもしかり。「とりあえず」と言うときもかなり変です。言葉は生きていると言うのは正にその通りだと思います。ある芸人さんが「全然おいしい」と言ったところ、ピーコがその使い方間違ってる!と突っ込んでいましたが明治頃は肯定・否定の時でも使われていたんですね。 そう考えると言葉と同じく挨拶のしかたも変化していって当然ですね。 回答有難うございました。

関連するQ&A

  • アメリカの中学生の生活がわかる映画・ドラマ・本はありませんか?

    アメリカ(なるべくならNYがいいのですが)の中学生の日常生活がわかる映画、ドラマ、本がありましたら、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 映画とかのキャミソールについて

    はじめまして 海外の映画やドラマ(ヒーローズ等)を見ていると、かなり胸元が開いたキャミソール一枚で外に出たりしているシーンがよくありますが、DVDを観てて「日本ではあのような格好で街中にいる人はあんまりいないよな?」と思うのですが。 アメリカとかでは普通なのでしょうか?

  • 日米の文化の違いがコミカルに描かれている映画

    小中学生ぐらいでも楽しめて、日本とアメリカの文化の違いが描かれている ような映画はないでしょうか。 「ダーリンは外国人」という映画を観てみたのですが、ちょっとイメージしている ものとは違いました。 よくアメリカ映画に出てくる、「いかにも日本」というような、偏った先入観に基づく ものではなく、日常の生活や考え方、しきたりの違いなどが多く取り込まれていて それからくる誤解とかトラブルなどがあるといいなと思います。 なお、子供が見ても飽きずに楽しめるもので、キワドイ場面などがない、コメディー系 でいいものがあればぜひ紹介していただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。 洋画邦画問いません。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

おはようございます。 まさに、私が疑問に思ってることが質問されていたので、回答ではないのですが、書き込みたくなりました。 私はたまにアメリカの人に電話することがあるのですが、話が終わると、「OK.」ガチャン! はじめは、ずいぶん無愛想だなあと思いました。 デリカシーがないなあとも思いました。 でも、だんだんわかってきました。アメリカ人にとっては、電話は用件を伝える道具であるにすぎないと。 日本人は電話を切るとき、すごく気をつかいますよね。切るタイミングを失って、もじもじ。何度も「では」を繰り返したり、電話の前でおじぎをしたり。(^^♪ その点、あちらの人はドライです。 「バ~イ」と言って切る人もいるのですが、切り方は、日本人よりあっさりしています。これは国民性かな。 電話というものを、日本人より、軽く考えているのかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

用件を伝えるだけの道具というのには何だか納得してしまいました。 親しい間柄だと切る合図のようなものを送らないと駄目なのでは?と思い込んでましたがアメリカでは違うようですね。 日本人の私からすればせめてバーイぐらいは言ってほしいな(笑) 回答有難うござました。

関連するQ&A

  • 家族、日常生活を描いた映画

    アメリカ、ヨーロッパ地域の家族や夫婦生活、日常生活を描いた映画を教えてください。コメディはなしで

  • アメリカの日常生活がよく分かるような映画を教えてください。

    こんにちは。 タイトルにもあるように、アメリカの日常生活が、 随所に見られるような映画を探しています。 洗濯をする場面、料理、入浴、トイレ、スーパーへの買い物、 朝、新聞を取りにいくシーンや、荷物の受け取り、買い物の 料金支払シーンなどを、是非見てみたいです。 できれば2000年以降の作品でお願いします。 回答お待ちしております。

  • ドラマや映画のセリフ

    前から思っていたのですが、ドラマや映画のセリフって明らかに「セリフ」って感じがしすぎませんか? 誰かが喋ったあとに、きちんと次の人が「セリフ」を喋るような…。 喋ってるときに会話している相手が、(例)「うんうん」とか(例)「あーそれ私もそんな感じがする」とか話してる途中に喋ったりしたほうが自然に聞こえませんか? 説明しずらいのですが、もっと私たちが日常生活で話すような「自然な会話」っぽくドラマや映画もすればいいのに、と個人的に思いました。 どう思いますか? あと、私がいってるような「自然な会話」っぽさが出ているドラマや映画ってありますか? 説明が下手ですみません。

  • 映画「亀は意外と早く泳ぐ」を観て、とても面白かったのですが、この映画の

    映画「亀は意外と早く泳ぐ」を観て、とても面白かったのですが、この映画のような日常生活が舞台のコメディみたいな映画はありますか? オススメの映画等ありましたら是非教えて下さい。

  • アメリカの映画館では字幕付きでしょうか

    日本の映画館に行くと、たいていのアメリカ映画は日本語の字幕が 付いていて、日本語の吹替なんていうものもたまにある様ですが 俳優の方々の声(英語)を聞くことになります。 アメリカに行ったら、当然アメリカ映画には字幕なんてないと 思うのですが、逆にアメリカの映画館で日本の映画や英語でない 映画を上映している場合は、英語の字幕が付くことが多いのでしょうか? それとも英語に吹替られて上映されるのでしょうか? 御存知の方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

  • ドーナツを食べる刑事の出てくる映画

    砂糖のたっぷりかかったドーナツを食べるとき、アメリカ映画の刑事みたいだ、と、常々思っていたのですが、ふと考えたらドーナツを食べている刑事の出てくる映画(もしくばドラマ)がぜんぜん思い浮かばないことに気づきました。 そこで、皆さんがご存知の刑事がドーナツを食べている日本以外の映画を教えてください。 ドラマでも構いません。 屋外で張り込みとかのときで、コーヒーと一緒に・・・とかだとなお嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 映画館でポップコーンや飲み物買いますか?

    アメリカ映画でよく見かける光景だと思いますが、片手にポップコーン、反対の手にジュース。 ●皆さんは映画館でポップコーンや飲み物を買って映画を観ますか? 実際、アメリカで映画を観た時カルチャーショックを受けました。 日本では、マナーよく静かに観るのが基本ですが アメリカでは、映画館でも皆で盛り上がり、とあるシーンになると ヒューと口笛をふき、笑い、拍手がおき、 ときたまポップコーンが空中にまいます。 公共の場で映画を観にきている人皆で共感しているんだなと感じる光景でした。 日本はマナー重視で静かに観る事が定着していて ポップコーンも映画館で食べられるのは音がうるさく感じるから苦手という方もいますよね。 その一方で私はポップコーンも飲み物も買って映画を楽しんでいますという人達がどれくらいいるのか知りたいと思いました。

  • 着物の映画

    最近、着物に興味があって雑誌などを読んだりします。 でも、実際に日常生活でどんな風に着物の柄と帯など合わせるのか 日頃着物を全く着ないのでよくつかめません。 そこで、きものを着ている女優さんがたくさん出てくる映画をみたいのですが、 着物がたくさん出てくる映画で良い映画はないでしょうか? (映画でなければ、ドラマでも構いません) 大奥とか時代劇の映画ではなく、できたら明治以降の時代や現代の映画がいいです。 (遊廓など特殊な設定の物以外) 綺麗な京友禅などが出てくるのがいいです。

  • アメリカの家庭生活の様子がわかる映画

    アメリカでホームステイを楽しんだ経験を今でも忘れられず、時々思い出に浸っています。 もちろん、地域や家族構成等によってさまざまな家庭があるわけですが「これぞアメリカの家または家庭!」といった、アメリカの何気ない日常生活の様子や家の作りなどがわかる映画には、どんなものがあるでしょうか。 個人的にはホームアローンが、典型的?(非日常かもしれませんし、豪邸にも見えますが…)な映画の1つかな、と思い、楽しんでいますが、他に何かおすすめのものがあったら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 「いざという時」ってどんな時?

    おはようございます。カテゴリの選択に迷いましたが、こちらにしてみました。 以前ダンナと話したことあるんですが、女性が男性の好みで「いざという時頼りになる人」って言うことありますよね。この「いざという時」って一体いつなんだろうと思いまして。 ドラマや映画なら「危ないっ!」ってシーンがあって、そんな時すかさず男性が女性をかばい助けますよね。でも日常生活において、そんなシーンめったに、いや私は一度も体験したことがありません。 「いざという時」を体験したことがある方、それか「こういう時なんじゃないの」っていうのがある方、良かったら教えて下さい。くだらなくてスイマセン・・・。