• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

強調構文??

It is when he discovers that he has begun to take action.これは強調構文なんでしょうか? 「彼が発見する時こそ、行動をとり始めた」 そうすると時制がおかしくないですか? 分かりやすく説明できるかた教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数189
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 これだけでは強調構文にはならないと思います。  discover という動詞は通常,目的語を取ります。ここでは,that he has begun to take action という that 節がその目的語であるというのが自然な解釈でしょう。  It is (at the time) when he discovers that he has begun to take action. と考えれば,「それは,彼が行動を取り始めたと気づく時にである」となるでしょう。it はその前に出てきたものを受けています。It is when he discovers that he has begun to take action that ... のようにすれば,強調構文になり,「...する時にこそ,彼が行動を取り始めたと気づく」となるでしょう。  It is (the time) when he discovers that he has begun to take action. と考えれば,「(今は)彼が行動をとり始めたと気づく時期だ」となるでしょう。it はいわゆる時を表す非人称の it となります。  前後の文がないと断定できません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • これは強調構文ですか?

    「It is ten days ago that she moved to San Francisco.」 強調構文と形式主語構文の見分け方として、 強調構文:that 以後が不完全な文または、「It is ~ that」 を取り除いて文章が成立する場合 と覚えました。私は、上記の文は形式主語構文のように思うのですが、 (It is) ten days ago (that) she moved to San Francisco. は完全な文だから強調構文だと言われ、混乱しています。 上記の文はどちらなのでしょうか?

  • 強調構文(分裂文)

    It was not until he spoke that I knew he was there. 上記の英文は、普通の強調構文ですが、これを It was not until he spoke I knew he was there. という風に、強調構文のIt is~that..のthatを省略できるのでしょうか?(It is not until...that~以外の普通の強調構文だったら省略できることは知っています)

  • 英文和訳演習(中級編)伊藤氏よりパート3

    It may be said that the Englishman never really makes a decision. He broods; and when he has been brooding for a certain time, he suddenly realizes, not that he has decided something, but that something has been decided. How does he realize this? It is when he discovers that he has begun to take action. It may be that an event has suddenly happened which has forced him to take action immediately. In any case, once he has made the discovery, he hesitates no longer. He has been committed by the action which he has taken rapidly and instinctively. He follows it out to the end, without asking where it is going to lead him, without a plan, but without turning to the right or the left and without letting go. Later on, he finds reasons to explain his action, but it is not as the result of reasoning that he takes action at the beginning. (質問1)It may be that an event has suddenly...とありますが、具体的にどんなeventだと思われますか。 (質問2)he finds reasons to explain his actionとはどういうことでしょうか?(文字通りには訳せます) (質問3)最終文のit is not as the result of reasoning that he takes action...は問題集によると強調構文だとのことですが、これを生徒にやらせたところ、(1)it=that以下、(2)that以下はreasonの目的語、(3)強調構文といろいろに別れ、説明に困りました。皆さんならどのように納得のいく説明をされるでしょうか? (質問4)reasoningとは何ですか?(単語の意味は分かります)これは最初の文のmakes a decisionと関係があるのでしょうか? (質問5)he takes action at the beginning(最初に行動に移る)何のことかよく分かりません。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#20688
noname#20688

#1、#2さんの回答とも間違ってはいないと思いますが、私はthatの再読用法だと思います。つまり、It~thatの強調構文でありながら、that節が discoversの目的語になっているのです。訳すと「彼は行動を起こしている時こそ、初めてそのことに気付く。」となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

It is when he discovers that he has begun to take action. 強調構文です。この条件は、It is that を除いて、分が成立することです。   When he discovers, he has begun to take action. となり、成立します。 「彼が(それを)発見するときには、すでに行動を開始している(はずだ)。」と言った感じでしょう。 時間軸のある一点を指定して、その時点で、ある行動がすでにされている と言うことなのかと感じます。 多分ですが、he has begun よりも、he would/might have begun のほうが、時制としては適切だったのかもしれません。ただ、こう言ってもまちがえとは、言えないと感じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 仮主語構文、強調構文について

    この2つの構文をふと思い出し、考えてみました。 いずれもIt is ~ thatといった形を取ると思いますが、 おそらく、訳し方は共に変わらなかった気がします。 言うなら、仮主語構文のほうは、It is thatを外して文を並べ替えたら、文が成立不可で、強調構文(cleft sentenceでしたっけ?) も同様にIt is thatを外して文を並べ替えたら、こちらは文が成立可といった具合だったと思います。 ただ、結局言いたいのはそれだけなんですか? 訳し方が共にそこまで変わらないなら、この2つをそこまで 並べて強調する必要はないのでは…と、ふと思ってしまいました。 何か他に、大事なことがあれば教えてください。

  • 強調構文と形式主語構文

    強調構文と形式主語構文について確認させてください。 どちらもIt is~that ...「…は~だ」ですが, It is[was] と that を取り除いて文が成り立つときは強調構文。成り立たないときは形式主語構文。例として, It is ten days ago that she moved to San Francisco.  ten days ago she moved to San Francisco 成り立つ→強調構文 It is easy that she speaks English.  easy she speakes English 成り立たない→形式主語構文 文法書には強調構文の~の部分には,主語・目的語・補語になっている名詞,代名詞,または副詞の働きをする語句が入るとありますが,形容詞は入らないと考えてよいでしょうか。もしあり得るなら例文をいただければ助かります。 もしそうなら,It is~that ...の~の部分が形容詞なら,それは無条件に形式主語構文だと判断してよいでしょうか。

  • 強調構文について。

    強調構文[it is - that ]について質問があります。 It is - that とit was - that は訳す場合どのように意味合いが変わるのでしょうか。 前者はthat以下は-だ。というのはわかります。では後者はthat以下はだった。と訳すのでしょうか? わかりにくい質問ですみません。

  • 強調構文

    「It is ~ that」の強調構文は、that以下の文が過去形であれば、It was になることが多い(原則はそうなる)と参考書にありました。 そこで疑問なのですが、そうならない場合とは(つまり、that以下が過去形でもIt is のままとは)どういう場合なのでしょうか?  参考書をいろいろ調べてみましたが、例が見当たりませんでした。 わかる方いらっしゃいましたら、是非教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 構文把握 教えてください。

    強調構文の考え方です。It is~thatと言う文章でこれらを省略しても文章が成り立っているのなら強調構文である。と書いてありました。 It is a fact that he wants to know.→a fact he wants to know→He wants to know a fact.となり、たとえば、It is a fact that he has won the game.は同じようにやるとa factの役割が不明になり、前とは違って成り立たない。よってこれは強調構文ではない。ここまでは理解できます。 しかしこの考え方が次の文章では分かりません。この文章ではどうやって上のような考え方を当てはめればいいのでしょうか。 It is not the fact virtue wins out at the end which promotes morality ,but that the hero is the most attractive to the child,who identifies with the hero in all his struggles. よろしくお願いします。

  • 強調構文

    下記の文章は強調構文でしょうか? It is not the fact that virtue wins out at the end which promotes morality, but that the hero is most attractive to the child, who identifies with the hero in all his struggles. that以下の文型が成立しているように思えるので、形式主語の構文かとも思うのですが、自信がありません。 どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • It is(was) ~thatの強調構文

    以下の強調構文について質問があります。 (   )部分を強調しなさいという文です。 (1)He first met her (in Paris). (2)I will take my sister (to the bus station) tonight. それぞれ (1)It was in Paris that he first met her. (2)It is to the bus station that I will take my sister tonight. でしょうか。 それとも (1)It was Paris that he first met her. (2)It is the bus station that I will take my sister tonight. でしょうか。 日本語で考えると 「(1)彼が最初に彼女に会ったのは、パリでした。」 「(2)私が今晩妹を連れて行くのはバス停です」 ですよね。 でもそうすると、細かいのですが「in」と「to」を訳してないことになりますよね。 私が最初に考えた答えは、問題の指示通りにちゃんと「in」と「to」を残して(最初のほうの答えです)、日本語訳にするならば、上記のような感じで訳するのかなーと思ったのですが。。。。 どなたかお力を貸してください。 よろしくお願いいたします。

  • 強調構文について

    It is A that...の強調構文についてなのですが、 (1)thatの代わりにwhoseも使うことがある、とあったのですが、具体的にはどのように使うのでしょうか?また、本当にthatとwhoseは交換可能なんでしょうか? (2)thatの代わりにwh-のついた語も使う、と文法書には書いてあったのですが、which,who,whom,whoseが使えるのはわかるのですが、その他のwhere,whenも使えるのでしょうか。ちなみにwhyは駄目だとどこかで見たことがあります。 以上について、どなたかご回答願います。

  • 強調構文と関係副詞

    「私が訪れたいのはオーストラリアです。」を 強調構文(It is~that…)で It is Australia that I want to visit. と書きますが、 関係副詞(where)を使って It is Australia where I want to visit. と書き換えることはできますか?

  • 強調構文について質問です。

    受験参考書に、強調構文の例として It was to George that he gave this ticket. (彼がこの切符をやったのはジョージだった。) という例文が載っていました。 この文を It was George that he gave this ticket to. と変えても間違いではなく、文意も変わらないでしょうか?

専門家に質問してみよう