• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

型枠について教えてください 

敷地と道路の境界に塀を作ろうとしています。 塀の基礎はL字型で、現在鉄筋を組んでコンクリを流し込み、ベース部分まで完成しています。 次は立ち上りの型枠を組む段階ですが、堰板の継ぎ目の隙間はどのように処理したらよいのでしょうか。 テープやコーキングを使うのでしょうか。 また、根入れ部の型枠は敷地側から堰板、セパ、側溝のコンクリートとなりますが、セパの一端を側溝のコンクリートに差すにはアンカーボルトを用いるのでしょうか。 根入れは40cmあります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3102
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんばんは。 立ち上がりが500ならば、間隔を狭くすれば大丈夫でしょう。 根入れ部ですがセパを使えない場合、思い切って型枠のまま200程度埋め戻してください。これで、はらむのを防ぐ事ができます。 サポートを持っていれば別ですが。 注意点は埋め戻す際、枠が土圧で押されて寄ってしまうので、必ず枠とベースをコンクリ釘で固定してください。 埋め戻すときも枠の際を余り踏み固めないこと。 また、型枠をばらす際にまた際を掘る必要があります。 0.5mmの隙間との事ですが、そのままで大丈夫です。 逆に紙テープを内側に貼ると生コンにテープが貼りついてしまいますし、テープの筋ができてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 忙しくて、なかなか進みませんが、なんとかがんばれそうです。 また、分からないことがあれば教えてください。

質問者からの補足

毎回丁寧にありがとうございます。 明日、tamao-chiさんの回答通りやってみようと思います。 もうしばらく、お付き合いできたらと思っております。

関連するQ&A

  • モルタルはコンクリート並みに強度ありますか?

    モルタルで塀を作りたく考えています。型枠を作って鉄筋を入れコンクリートを流せば強固なものができましが、時間や金を掛けたくないので、モルタルに鉄筋を入れながら徐々に塗り固める考えでいますが、強度はコンクリー(型枠作り)と比べてだいぶ落ちますか?

  • 型枠について質問です。

    1100×600×360程の型枠を組みます。 下は既存のコンクリートで1100の面は既存の壁に接触させ、アンカーを打ち鉄筋を組みます。 この場合セパ無しで大丈夫でしょうか? コンクリート高さが360ほどなのでコンパネの間にサン木は必要ないでしょうか? 下の既存のコンクリートにコンクリートネジを打ち、控えも既存のコンクリートに打ちこむのでいいでしょうか? 質問ばかりですいません。。 皆様の御力をお貸しください。。

  • 田植え後のアンカーボルトはなぜあんなに曲がってる?

    どこの住宅基礎工事をみても田植え後のアンカーボルトは あっち向いたりこっち向いたりとまっすぐ刺さっていません。 なぜですか? 鉄筋に干渉するため仕方ないのでしょうか? 鉄筋と言っても主筋を避けるだけなので まっすぐにしようと思えばできそうなもんだと思うのですが。 それによくアンカーボルトはコンクリ打設後に後からセットするのは難しい とか解説してあるものも見ますが 図面通りの位置にただまっすぐに差すだけなのになぜ難しいのでしょうか? 一発勝負ならわかりますがコンクリート打ちたての時に刺すわけですから いくらでも調整きくはずなのに。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

はて?フォームタイを使用しないとすると、型枠はどのように固定するのですか? 立ち上がりの高さにもよりますが、最低300mmピッチで縦パイプを並べ、それを押さえる横パイプをフォームタイで締め付けないとパンクの元ですし、もし生コンを打てたとしても、はらんでしまって仕上がりが醜いです。 ちなみにPコンは使いますか?見える場所はPコンを使って、仕上げに穴埋めをしないとセパが出っ張って切断する破目になりますし、そこからサビが浮いてきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 >もし生コンを打てたとしても、はらんでしまって仕上がりが醜いです。 やはりそうですか。 実は、あるセルフビルドについて書かれたメルマガで、「C型のセパに座金をねじ込んで固定すれば、フォームタイも、単管パイプや角材も使わずに型枠を組むことができ、生コンを流し込んでも、型枠が壊れることはまずない。」という内容が紹介されていました。 私の場合は、C型でなくB型のセパでtamao-chiさんの言うようにPコンを使うこと、またセパのピッチを出来るだけ小さくすることを考えていました。ちなみに、立ち上りの天端からベースまでが50センチ、GLまでが27センチです。実際のところ、どうでしょう。 これとは別に、堰板の継ぎ目が0.5ミリ程度開いている場合は、まずいのでしょうか。素人的発想で、紙テープ等で塞ぎたくなるのですが。そんなことやってるプロはいませんよね。

  • 回答No.1

素人の方ですか? 何処まで解るかわかりませんが、、、 擁壁の型枠は通常三辺に桟木を打ちます。 ベース、隣同士の型枠に接する部分です。 その桟木同士を釘で止めますので、通常、継ぎ目はそのままです。 根入れ部分の話ですが、ベースを打つときにセパを曲げて差し込んだり、差し筋してセパと溶接しますが、高さ、壁幅がそんなになければサポートで方押しでも大丈夫でしょう。 セパを使うのですからフォームタイを使ってパイプで固めるのですよね? U字側溝はそんなに強くありませんし、厚さも余りありませんのでハンマードリルの振動で壊れてしまいます。 立ち上がりのコンクリートを打つ際、バイブレータが必要ですし、知識も必要です。 止めが悪ければ打設中にパンクする可能性もありますし、打ち方が悪くて地震で倒れるような弱い擁壁になる可能性もあります。 それらの事を承知した上で自己責任で施工してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 私は素人ですが、良く解かりました。 ベースを打つ時にやっておかなくてはならなかったのですね。 今の時点では、フォームタイやパイプはなしでやろうかと考えています。

関連するQ&A

  • ベースコンクリート打設後

    毎度お世話になります。 基礎のベースコンクリートを打ち終わり、現在立ち上がり部の型枠を設置している状況です。 そこで、ベース部天端のほとんどは押さえ・ならした結果非常にきれいな仕上がりなのですが、 立ち上り部の鉄筋が入っている箇所は砂利石が浮き出ている状態です。 ●通常、このような状態になるのでしょうか? ●この後、立ち上り部のコンクリートを打設するので  わざと(固着しやすいよう?)、このようにしている。 ●本当は、つるつるに一旦仕上げ、その後立ち上がり部を打設する 気になったので、質問させていただきました 宜しくお願いいたします。

  • 擁壁工事の欠陥について

    現在、家を建築の為にもともとあった石垣を壊してL型擁壁をたてていますが、 先日鉄筋を組んでコンクリートを流し込んだのですが、 型枠をはずすと数カ所に鉄筋が見えるくらいの空洞が出来ていました。 業者に聞いたところちゃんと埋めるから問題無いと言われました 高さが6メートルで2面の敷地なので丈夫でないと不安です。 実際どうなんでしょうか?少しくらいの空洞なら埋めれば問題無いのでしょうか? もし問題なら、どう対応したら良いのでしょうか、 一応証拠にと思い写真も撮ってあります。 教えてください、お願いします。

  • 建て方工事・土台のアンカーボルトについて(その2)

    今日、上棟を負えました。前回、アンカーボルトの位置がかなり端に寄っているのが多いことについて、色々ご助言頂きました。 対策として、1,アンカーボルトの台直し、2.基礎増コンクリート、3.土台の補強、4.金具で基礎と土台を別途補強する。(地震対策で施工する方法)などを教えて頂きました。  結局、建築家の先生にご相談しましたが、確認のお返事を頂く前に私から「欠陥住宅を作らない施工会社を見つける方法」という本にある「お願いシート」のアンカーボルトのページ(15mmまでのズレは許容範囲と記載)をお送りし、お返事を頂きました。その答えは、 3. ボルトの位置について 土台芯と基礎芯は同じですが基礎の鉄筋(φ13mm)が基礎の芯にありますので、鉄筋が芯にあればそれに沿わせるアンカーボルトは芯からは鉄筋とボルトの径の分ずれます。逆にほぼ芯に入っているアンカーボルトもありますが、ここは鉄筋が多少左右に振れているということになります。鉄筋は型枠に引っ付かないように間隔を確保していますが、何メートルの長さの中では多少の振れはあります。鉄筋が型枠に引っ付かないことが大事なのは鉄筋コンクリートがその性能を発揮するには適正なコンクリートのかぶり寸法(鉄筋の外にあるコンクリートの厚さ)が必要だからです。そのために床の鉄筋は下に落ちないようにブロックをかませてかぶりを確保しますし、立ち上がりの鉄筋はスペーサーなどを かませてかぶりを確保します。木造住宅の基礎の鉄筋コンクリートは高さも低く一番シンプルな鉄筋コンクリートですから、かぶりが無いような施工は論外です。また現場では鉄筋の間隔についても200mmですが、現場での割付で多少広がったところは、その間に鉄筋を増やしています。土台アンカーを芯から計ると0mm~15mmのずれで、鉄筋の位置との兼ね合い、土台幅(120mm)から見ても許容範囲だと思います。図面でのアンカーボルトの確認、現場でのセッティングの立会いから、適当にやっていることはありません。  基本的に建築家の先生を信頼していることは今も変わりませんが、今日自分の目で確認、またメジャーで測ったところ、2cmからズレていると思われるところもたくさんあったように思われました。(個数を数えたわけではないですが・・・。)  まぁ、もう神経質になりすぎず、これからのことをきっちりして頂ければ・・・と考えておりますが、念のために写真をアップさせて頂きますので、ご意見を頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • コンクリ工事の排水について

    コンクリ工事の排水について 素朴な疑問ですが、聞かれて即答できずに困っています。 工場敷地内でコンクリート工事を実施した時に液状のコンクリートはph12-13あり、それがたまたま 側溝に流れでると、その異常水が河川に流れこむので大騒ぎしました。  だけど、よく考えると公共工事などのコンクリ工事では、雨の日とかでもコンクリートを流し込んで いたり、河川敷のなどのコンクリ工事などは、もろにアルカリ水が河川に流出しているのではを 思うのですが(間違っていたらすいません)、工場排水はNGで公共事業での排水はOKなのでしょうか? かなり極端な事例かもしれませんが、この辺りに詳しい方いましたら、教えて下さい。

  • 側溝の端が敷地内に・・

    マイホーム建築中です。家は殆ど完成し、外構工事に取りかかっているのですが、問題が発生しました。文章で上手く表現できるか分かりませんが、外構を工事で道路側にブロック塀を建てる予定なのですが、昔、水害が多かった地域で、20年ほど前に区画整理を行ったさい敷地の隅に石積みを施してあります。石積みは一段です。塀を作るに当たり、その石がじゃまになるのですが、それが道路側の側溝の端のコンクリートとつっくいているのです。業者の話では、側溝と石積みは同時に作られていて、別々に動かすことは出来ないと言われました。つまり石を動かすと側溝のコンクリートが割れるとのことで、側溝を管理している市の方に問い合わせてみました。市は壊れた側溝の部分に関してはこちら側で修理してくれと言うのですが、納得がいきません。側溝の端のコンクリートの部分の半分までは私たちの敷地内にあります。自分の敷地内に手がつけられない部分があるというのが納得いかないのです。数日後に市と話し合いをする予定ですが、私たちの気持ちとしては、市が関わらないと言うのであれば、敷地内にかからないよう側溝を移動してくれと言うつもりです。ただ、実際に私たちの主張は間違っているのかどうか確認がしたくて質問させて頂きました。上手く表現できず、伝わらない部分も多いとは思いますが、どなたか助言お願いします。ちなみに、その側溝は企画も古く、現在蓋も疎らですが、その蓋も、企画が古いので特注しなくてはならないようです。

  • 隣地との間に2.0mのブロック塀設置

    隣地との地盤の落差が0.4mあり、隣には、既存のブロック塀(7段+基礎部)h=1.6mがありますが、高さが低いため(こちらからは、h=1.2m)目隠しの役割を成さないので、ブロック塀(8段+基礎部)h=2.0mの塀を隣地との境界敷地内に設置しようと思っています。 このサイトなどの書き込みでも2.0mという高さがネックになっているようですが、こちらからは、h=2.0mで、隣側からは、h=2.4mとなり、間に隣の塀があるのでこの辺りがどうなのか。 このような場合、法律的な問題は、あるのでしょうか。よろしくお願いいたします。 新設予定の塀 1 ブロック15cm 8段 2 ブロック部鉄筋 縦D13 40cmピッチ 横D10 20cmピッチ 3 基礎 鉄筋コンクリート 幅15cm 高さ1.20m(内根入れ部0.80m)鉄筋は、ブロック部分と同じ。 4 延長3.0m 両端に控壁を設ける。 5 隣の塀から1~2センチ離して設ける。 隣の既設塀 1 ブロック10cm 7段 2 ブロック部鉄筋は、不明 3 基礎 コンクリート h=0.6m程度(内根入れ部0.40m) 鉄筋は、不明 4 延長24.0m程度 控壁がある。

  • 新設地下車庫に合板が埋め込まれ、鉄筋の錆が浮き出しています。

    こんにちは、どうぞ宜しくお願いいたします。 新築の地下車庫ですが、不審な点が3点ございますのでご意見をお聞かせください。 1.地下車庫の壁と壁の継ぎ目に10mmの合板のような板が埋まっています。  http://image.blog.livedoor.jp/dgg964sd/imgs/9/5/953e1c49.JPG  http://image.blog.livedoor.jp/dgg964sd/imgs/8/1/81500c16.JPG  恐らくコンクリート用型枠合板だと思います。  壁と天井の継ぎ目にも全てこの合板が埋まってむき出しになっており、  この合板が腐って朽ちれば、天井が落ちたり強度に支障がでるのでは  ないですか?このような構造は違法建築物ではないですか? 2.地下車庫内の壁に50箇所くらい鉄筋を断面で切ったような跡が残っており、赤錆が浮いています。  http://image.blog.livedoor.jp/dgg964sd/imgs/b/3/b3c261f7.JPG  鉄筋の太さはだいたい7mmで、鉄筋が盛り上がってその上から無理やりコンクリを  薄く塗って誤魔化している部分もあります。  鉄筋断面がほとんどむき出しで赤錆がうっすらと浮いていると、どんどん錆が広がり  強度が不足するのではないですか? 3.地下車庫の外壁コンクリと家のよう壁コンクリの継ぎ目に黒く柔らかい繊維質状のものが  はさまっています。  http://image.blog.livedoor.jp/dgg964sd/imgs/c/7/c7ac1b9e.JPG  厚さは約1.5cmで、触るとふにゃふにゃしたり、ボロボロ落ちたりします。  この黒い繊維質はどんどん劣化して崩れ落ちていっています。止水板でもなさそうですし、  このような柔らかい朽ちる物が地下車庫とよう壁の継ぎ目にあるのは違法ではないですか?  ちなみに家のよう壁の中には土が入っています。  これらの不審な点について、非常にまずい欠陥なのか、何か対策や施工を建築会社にさせれば  問題は無いのか、また解決方法について具体的な解決方法があればご教授ください。

  • コンクリートブロックの積み方

    コンクリートブロック5段積みの方法を教えてください。 家の周りにフェンス(ブロック5段積みでアルミフェンス)があるのですが、家を建てた時に何かしようと思い途中で止めてもらいました。 しかし、現在は特に使用方法がない為、フェンスを延長しようと考えています。 既存の基礎にブロックを5段積みしアルミフェンスを立てようと思っています。 既存の基礎は元からある側溝なので強度は強いと思います。 まず、基礎に穴を開けその穴に縦筋の鉄筋を入れようと思っているのですが、そんなんで大丈夫でしょうか?穴の深さは300mmは掘る予定です。 穴には専用の接着剤を入れて固めるのがいいかと。 塀部分の寸法は縦1000mm(5個)横3600mm(9個)なので縦筋の鉄筋は8本、横筋の鉄筋は2段目と4段目にと考えています。 色々と調べた結果、このような方法がいいかと考えているのですが、一番分からないのが既存の基礎に穴を開けて縦筋を入れるだけで、5段積まれた塀がもつのかが心配です。 鉄筋アンカーも考えたのですが、短すぎるのと繋ぐのはダメみたいなので止めます。 穴開けて縦筋の鉄筋を入れるだけで大丈夫でしょうか? ちなみに、縦筋の鉄筋は10mm横筋の鉄筋は10mmと考えています。 道具は全て揃っています。後は、ブロック・鉄鋼・モルタル等の材料だけです。 詳しい方、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 水はけが悪い土地・DIYで対策したい。

    水はけの悪い土地の水処理について悩んでいます。 家は、北から南に下がる傾斜地で、高いほうを基準に盛り土して建てています。 家の北側及び西側には土留めのための基礎というかコンクリートの塀が北と西合わせて40メートルくらいあります。 屋根の雨水については、雨樋から浸透升に入っておりますが浸透升から地中への浸透が悪く浸透升には常に水が貯まっています。 家の4隅の浸透升同士は、塩ビ管で一筆書きのように接続されていて最終的には敷地外の側溝に流れています。 しかし、家の周りは土が露出しており雨が降るとドロドロになってしまい、一度そうなると水溜りがなかなか消えずいつも湿っているような状況です。 この状況をDIYで対策したいと思うのですが、何かよい方法はご存じないでしょうか? 私が思いついたのは、 土留めの基礎・塀に沿って側溝を入れていくことだったのですが、傾斜地に建ててるとはいえ、家の周りの地面は平になっています。 1メートルの距離に対して0.01メートル下がる勾配(1%勾配というのでしょうか?)を付けていくと、スタートの高い場所は地面と同じ高さですが、40メートル先のゴールの低い地点では、0.4メートルも地面の中に側溝が入ってしまうと思います。 徐々に深さがある側溝にしていけばいいのかもしれませんが、そんな側溝ないですよね? 私の知識ではこんな感じですが、側溝に傾斜ぎ必要かも分かってません(水平になっていれば、少しでも雨がたまると最終地点の敷地外の側溝に落としこめるはず?) それなりの費用と手間は必要と考えていますので、側溝以外でも何か良い案がありましたら、アドバイスお願いします。

  • コンクリート打ちっぱなしの仕上がり

    一戸建ての門柱と塀をコンクリート打ちっぱなしで施工してもらい、 本日、完成しました。型枠は二週間ほど前に外れ、その後、木枠の 灰汁、継ぎ目等を消すために専門業者に処理をしてもらったとのこと でした。そして、今日確認したところ、確かに灰汁のシミは綺麗に なっていたのですが、1~5mmくらいの穴(気泡の残り?)が表面に無数 にあり、遠くからはわからないのですが、近くで見ると気になります。 打ちっぱなしでは一般的にどの程度までが許容範囲なのでしょうか? また、耐久性に問題があるのでしょうか?業者に修復を依頼する前に、 どこまで強く言えるものなのか把握しておきたいので質問させて頂き ました。よろしくお願いいたします。