• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

憲法の保障する権利と公共の福祉について

大峯山の女人結界区域に、女人禁制開放を求める女性活動家3人が 強制的に踏み込んだというニュースを見ました。 うちの地域には、祭りの中で女性の行動が制限されるものがあるので、 こういうトラブルは人事ではない感じです。 憲法第14条で、男女の平等が謳われており、 これを根拠に文化や昔からの風習の中の性差解消を求める声がありますが、 同時に憲法には第12条13条で、「権利の乱用はしてならないこと」 「権利は公共の福祉にのみ利用すること」とあります。 「公共の福祉」の定義がよくわからないので少し調べてみたのですが、 「権利は他人の権利を侵害しない程度に制限される」ということでいいのでしょうか? 例えばうちの地区の祭りの女性の制限をとっぱらうとすると、 祭りのやり方を変えていかなければいけません。 そうしていくと、祭りの質そのものが変わってしまいます。 それを嫌がる人の権利は、憲法では守られるのでしょうか?

noname#15456

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数621
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

NO1の方が言われるように、憲法と言うものは「国家対一般私人」間に適用されるのが原則です。しかし、一般私人間に適用される場合もあります。例えば、一般企業が定年の年令を男性と女性で区別していて、女性の方が早く定年させられるような社内規定がある場合、最高裁の判例では、これを違憲としています。一方で、同じく一般企業への就職希望者が「共産党員」と言う事だけで不採用とされたことについて、「憲法違反」であると訴えた裁判では、「思想の自由がある一方で、一般企業も一私人であり、営業の自由があるので、ある思想の持ち主を採用しない、とする自由がある」として訴えを棄却した最高裁の判例もあります。 ご質問の「地区のお祭り」と言うものの主体が何かにもよると思いますが、主体が「市町村」等の地方公共団体である場合には、「国家に対するもの」としての考えが準用される可能性が高く、「男女差別はダメだ」とされる可能性も出てきますが、これが「自治会」とか「有志」のように「一般私人」と判断できるレベルだと、その人たちにも「誰をどのように制限するか」の自由があるため、「女性を制限する」としても「憲法違反」とはならない方向になっていきます。女性の行動を一定限度制限している理由は、他に何かないのでしょうか?「女性だと危険だから」等という他の理由があれば、その制限は止むを得ないものとされる可能性もあります。ただ、大相撲の土俵上は女人禁制である等、昔からの伝統ではあるが、現在の価値観からはあまり納得がいかない風習等が、現状では堂々と残っている事も事実ではあります。 「公共の福祉」については、例えば、「幸福追求権」と言う権利が憲法で保障されていますが、あるXという人が「Aと言う奴を殺せば俺は幸せになれる」と思っていても、その幸福追求のために、Aさんを殺せるかと言えば、それは当たり前ですが、許されません。なぜならXに「幸福追求権」が保障されているのと同様に、Aさんにも「幸福追求権等の人権」が保障されているからです。つまり、この場合、AとXの人権同士のぶつかり合いになります。このときに判断基準とされるのが、「公共の福祉」なのです。つまり、「幸福追求権」を行使するのにも、「公共の福祉」にしたがって権利行使しなければならないので、「殺人」を犯してまで「幸福追求権」を行使することは、「公共の福祉」に反し許されない、と言う事になるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい説明をありがとうございます。 >女性の行動を一定限度制限している理由は、他に何かないのでしょうか? こちらの祭りは、いわば「男の祭り」といえばいいでしょうか。 パフォーマンスに力もいるし荒々しいし、もちろん危険も大きいです。 だから「危険から守るため」というのはもともとの理由にもあるんでしょうけれど、長い歴史の中で形作らてきた決め事なのだろうし、今更そういうことを明文化するのも野暮な感じです。 女だからといって何も仕事がないわけではないのですが、要するに裏方だったり男の後ろに付いていくことだったりで、封建的に映り、気に入らない人がいるかもしれません。 近隣の市で同じような祭りに実際に抗議があって、女性にも一部をやってもらうようにしたそうですが、なかなか対応に困るような要求も多かったそうで、「そのうちこっちの方にもくるのかなぁ」と少し憂鬱です。 最初の共産党員の就職希望者が訴えた例の判決は、 「思想の自由」という権利を追求したとき、 「営業の自由から特定の思想持ち主を雇用しない自由」とがぶつかっているので、 「公共の福祉」に反している、ということなのでしょうか?

関連するQ&A

  • 女人禁制

    和歌山県の高野山はかって女人禁制でしたが、いつごろ、どのような理由で女人禁制にしたのでしょうか。 また、撤廃したのはいつごろ、どのような理由なのでしょうか。 女人禁制は、建前では空海の開山以来からかもしれませんが、女人堂を建てて女性はここまでと規制したからには、山上の寺院まで参詣する女性がいたからではないか、と思ったからです。 江戸末期の紀行文(現代語訳)を読んでみますと、下男を連れた女性が、女人堂で案内人を頼んで堂々と山上巡りをして宿坊に泊まった例があります。 女性向けの「御守り」が山上で売られていることから、女性も普通に高野山参りができたと推測しています。 よろしくお願いします。

  • 女性が女人禁制の山に登れば?

    奈良県に現在も女人禁制の山があります もしこれを破って女性が登った場合に 罪とかに問われるのでしょうか?

  • ジェンダー論

    日本における女人禁制の場の具体的な例と、そこに何故女性が入れないか教えてください!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

「公共の福祉」については、前述した「Aさんを殺せば幸せになる云々・・」の事例で示したとおりであり、「思想・信条により就職が不採用になった事例」は、「公共の福祉」とは直接関係が無く、就職希望者側の「思想・信条の自由」と企業側の「営業に自由」(どのような考えをもつ者を採用するかどうかは、営業するその企業の自由である)という「人権同士」の対立であると考えられます。 そして、その判断基準は、「どちらの人権を保護した方が、公平か」であるところ、「個人々々が、どのような思想を持つかは自由である」一方で、そもそも常識的に考えれば、どのような人物を採用するかは、その企業の自由であることは明らかであり、不採用とされたからと言って、「その思想自体を持つな」と言っているわけでは当然無いため、その就職希望者の「思想の自由」を侵害したとは言えず、逆に、もしどのような思想の持ち主でも採用しなければならないとすると、返ってその企業の「営業の自由」を著しく侵害してしまう事が明らかだからだ、と考えられます。 この判断基準の「どちらの人権を保護(優先)させたほうが公平か」という事自体が、「公共の福祉」の一つと考えられなくもありませんが、そうではなくて、この判断基準で判断する時には「公共の福祉に反しないように判断しなければならない」と言う事なのではないかと考えられます。つまり、現在の一般人の通常の価値観の中で、「どのように判断したら公平か?・妥当か?」という事が「公共の福祉」ではないか、と私は考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 どこかのサイトの、「公共の福祉とはぶつかり合う権利を調整するもの」 と書いてあった意味が、ようやく呑み込めてきました。 詳しい解説を本当にありがとうございます。 とてもためになりました。

  • 回答No.3
  • jyuzou
  • ベストアンサー率41% (97/231)

#2ではありませんが、直接回答がないようなので、勝手に補足です。 まず#2さんが挙げている例の事案名 (有名な事件なので、検索をかけるとたくさんヒットします。ご参考までに) ・男女の定年の年齢が問題になった事案:「女子若年定年制事件」 ・思想・信条によって就職不採用になった事案:たぶん「三菱樹脂事件」  (原告が共産党員かどうかは知らないですが、たぶんこれ) #2のお礼のところで質問されていた判例についてですが、質問者さんの理解であっていると思います。 ただし、あくまでも民事間の争いなので、基本的人権のぶつかりあいであっても、民事には直接憲法を適用することなく、憲法の趣旨を汲んで、民法条文を解釈するにとどまります。 よって、もし憲法の趣旨に反しているとしても「違憲」という判決にはならず、「違法」という判決になります。 三菱樹脂事件について言えば、最高裁は「違法」ではないと判決しています(つまり三菱樹脂(株)会社の行動は合法であると判決)。 しかし、この判決には批判もあります。 #2さんも触れているように、民事には憲法が適用されないのが原則ですが、公権力に順ずるような力をもった私人(大企業など)には憲法の趣旨を間接的に適用するという考え方が一般的にあります。 そして、侵害される権利も思想の自由という重要な権利である以上、憲法の趣旨をもっと積極的に及ぼしていくべきだとの考えです。 このように考えれば、憲法の趣旨を積極的に及ぼしたとはいえないこの判決は、憲法の人権保障機能を実質的に失わせるものだという批判です。 ※この批判文は私がわかり易いように適当に書いたもので、正確ではない言い回しです。 Wikipediaの三菱樹脂事件の解説ページ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E6%A8%B9%E8%84%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6 質問者さんは「公共の福祉」の話をいろいろ考えたかったのだと思いますが、憲法の話は全体的には理想論な部分があります。 実社会、かつ私人同士の話ともなれば、憲法のでる余地はかなり限定されているはずです。 また、人権のうちで最重要なのは自由権(国家からの自由。対になる概念は社会権)ですが、これを強調すれば、私人同士の対立に国家が口を出さない方がよいということです。 つまり、憲法なんて大上段のものを持ち出しても、あまり物事の解決にはつながらないということです。 もちろん、憲法の理念はとても大切で、長い歴史をかけて国民が手にした成果なので、いろいろ考える分には有意だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答、ありがとうございます。 >質問者さんは「公共の福祉」の話をいろいろ考えたかったのだと思いますが そうですね。この言葉から自分がイメージするものと、 実際の意味にかなり隔たりがあり、理解がうまくできずに悩んでいました。 ご丁寧に解説してくださったおかげで、だいぶ感覚的にわかってきたと思います。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • jyuzou
  • ベストアンサー率41% (97/231)

私は素人で、雑談参加気分で書き込んでいます。 書いてる内容は話半分で読んで下さい。 法律は 私人対私人 私人と国家 の場合をわけて考えなければなりません。 基本的には(例外あり)憲法は私人と国家の関係を規定したものです。 大峯山の女人結界区域の所有者が国なのか私人(お寺など)なのかでかわってきます。 私は所有者が誰なのか知りません。 質問者さんの意図が憲法問題を知りたいようなので、仮に国所有のものとして考えます。 (お寺などの個人所有の可能性の方が高いと思いますが、今回はあえて) このように国所有のものだと考えると、国が男女差別をしていることになります。 すると憲法14条違反の可能性が出てきます。 この14条の平等とはなんでしょうか。 もちろん平等は実質的平等(形式的ではない)を指します。 では、この実質的とは何でしょうか? 実質的の意味にはかなりの解釈の幅があると思いますが、差別によって生じる損失、差別される側が少数者か、歴史的背景、等々を総合的に考慮して決められるべきものだと思います。 総合的に考えて、個人的には平等違反にはならないような気はしますが、微妙なところだと思います。 (重ねて書きますが、禁制区間の所有者が国家の場合です。あとこの場合の政教分離の話は置いときます) ご質問の「公共の福祉」ですが、平等原則の場合、実質的平等・形式的平等の話になるので、あまり公共の福祉の話にはなりません。 公共の福祉として問題となるのは、例えば 男が大峯山に入ろうとしたら、伝染病患者であることを理由に入山を断られた場合、これは公共の福祉による制約となります。 また、質問内容の、地区の祭りの女性の制限の方ですが、これは完全に私人間の話です。 私人間の話なので、基本的にはどんな制約をつけてもかまいません(憲法はあまり関係ありません)。 あまりにその制約が理不尽で、少数者迫害につながるものであれば、憲法の趣旨を民事に適用させることもありますが、お祭りの女性制限はこれにはあたらないと思います。 最後に公共の福祉の意味ですが、「権利は他人の権利を侵害しない程度に制限される」との理解のようですが、大雑把にはそんな感じでいいと思います。 ただ、人間は生きていれば必ず他人の人権を侵害しています。 例えば、夜中に音楽を聴きたい人の権利と夜中には静かに本を読みたい人の権利は両立しません(アパートで部屋が隣同士の場合)。 結果、音楽を聴きたい人は我慢します。 つまり、静かに本を読みたい人は隣人の権利を侵害しているといえます。 もちろん、これが昼間であれば、本を読みたい人は隣人のある程度の騒音に耐えなければいけません。 これを国家が「夜は静かにしましょう法」として成立させた場合、夜もうるさくしたい人にとっては人権侵害ですが、公共の福祉による制約として受け入れなければいけないということです。 よって、「公共の福祉」とは「人権は矛盾や衝突するものなので、妥協・調整をしてみんなが同程度我慢しましょう」ということだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

雑談参加でも、詳しい解説をどうもありがとうございます。 とてもわかりやすくて引き込まれて読んでしまいました。 法律も、単なる規制の集合じゃなくて、おもしろいものなんですね。 祭りに関しては、憲法はあまり関係がないとのこと。 こういうことも知っておくのと知らないのとでは全然違います。 とても参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 女性がけがれている理由について

    女性がけがれている理由について 女人禁制の山や大相撲では、女性は けがれているという理由で女性は 入れません。なぜでしょうか? 是非、教えて下さい。

  • 昨日の大相撲で

    女性が土俵に上がろうとしたという事件がありましたよね。土俵上は女人禁制ですが(それがいいのか悪いのかはここでは別問題として)、昨日のケースは、セーフなんでしょうか? 非常に気になってます。 教えてください。個人的な見解でもけっこうです。

  • 浮世絵師について教えてください

    浮世絵師について調べていたら、女性がいないように思えました。  江戸時代前期、女性の浮世絵師はいないのでしょうか?  そして、浮世絵師は女人禁制なのでしょうか?  ご回答よろしくお願いします。

  • 通勤電車を女人禁制にしてしまったほうが良いのでは?

    日々、女子層の下らない我侭の所為で、時として殺人的な断罪感情をも禁じ得ない場合がある自分であり、どうせであれば女性専用車を全廃した上で【平日朝限定】で大都市圏の通勤電車を【女人禁制】にしてしまったほうがいいのではないかと思えてなりません。性被害が嫌ならばマイカー通勤で行けばいいだけの事であり、私が女子として生まれていればそれを毎日実践するところです。そうだと思いませんか? 女人禁制時間帯(男性専用時間帯)ですが、平日の午前4時半から朝7時29分までとします(午前7時半で指定解除)。

  • 大日本帝国憲法と日本国憲法の違いの特徴

    大日本帝国憲法では、第二十九条に「臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ…」とあるように自由権は認められながらも、臣民の権利は簡単に法律で制限されてしまうということ(法律の留保)はよくわかるのですが、現行の日本国憲法でも自由権はある程度で制限されていませんか? 表現の自由(日本国憲法二十一条)は公共の福祉の名の下(日本国憲法十三条)に制限されています。(例えば1957年のチャタレー事件) ということは、大日本帝国憲法と日本国憲法の相違点の一つとして 大日本帝国憲法では上位法優位の原理が存在せず、法律で人権を制限することができるが、日本国憲法は憲法で人権を制限している、と言うことができますよね?

  • ウイーンフィルの女性団員

    昨日元旦、ウイーンフィルのニューイヤーコンサートの衛星中継放送を視聴していたらビオラ(だったと思う)に女性がいるのに気がつきました。私の古い知識ではウイーンフィルはソリストは別として女人禁制と思っていたのですが、いつから女性団員が入ったのでしょうか。また、現在はどのパートに何人いるのでしょうか、ご存知の方教えてください。

  • 相撲 「女人禁制の壁」

    今日の朝日新聞15ページにあったタイトルです。 相撲の形を今後、どのようにするかと考えた場合、2つほどあるような気がします。 1)国技として女人禁制を継続する、その際、市長 ~ 総理大臣などのあいさつの場は「土俵に作らない」。 一般的な町や県など実施の相撲はその限りではない。(女性参加も可など) 2)ギリシャから発生した「オリンピック」も元は「女人禁制」 だったと本で読んだことがあります。(男性が全裸で競技をしていて、女性の見物も駄目だった) でも、現在は知らない人が無いほど有名で、女性の参加を誰も疑問に思っていいないですね。 相撲もこのオリンピックの歴史的な経緯を参考に何らかの変化をすればいいかなと思います。 ここでは質問の形をとっていますが、正解を求めているわけではありません。 色々と参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

  • フェミニズムの問題

    女性の地位向上や平等は次第に進んでいると思うのですが、まだまだ日本国内また世界において女性が男性と同等でない事柄はあると思います。例えば女人禁制の問題や夫婦別姓の問題などです。そこでお聞きしたいのですが、日本あるいは世界各地で現在も存在する女性差別、女性蔑視の事柄を過剰書きで結構なので教えて頂きたいです。

  • ニューハーフは土俵に上がれるのか?

    ニューハーフは土俵に上がれるのか? 相撲の土俵は女人禁制ですが、例えばはるな愛さんみたいなニューハーフは上がれるのでしょうか? 断髪式をする力士の交遊関係によっては有りうる事だと思います。 戸籍上の性別は男でも女性化している、性転換はしてないが外見は女装している、男性の格好だけど心は女性、様々なパターンが考えられますが。

  • 女性の登山

    昔は多くの山が修験僧の修行の場とされて、修行の邪魔となるため女人禁制が多く存在しました。 今もごく一部残っています。 また、山の神様は女性なので同性を嫌うとか、 女性は不浄だから山に入ることは良しとされないとか、 そういう宗教的な理由も耳にした事があります。 しかし今の時代、ほとんどのあらゆる山に多くの女性は登っていますし、女性の大集団登山も目にします。 このまえ細木和子さんが、今の時代においてもなお、「女性は山に登ってはならない。」と言われていましたが、 実際にどのような弊害があるのでしょうか? どういうことが根拠となっているのでしょうか?