• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

憲法29条と公共の福祉について

憲法29条は「公共の福祉」の範囲内での財産権の保障を定めているが、これは経済的自由を考える上で何を意味するのか。 上記について説明して頂きたいのですが、例えば、具体的にどうゆうことなのか、ということも含めて説明してくださると理解しやすいのでとても助かります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1210
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#58429

憲法29条は財産権を憲法上の権利として保証しながら、同時に社会全体の利益のために相当程度の制約を受けることを明文化しています。 財産権も他の権利と同様に憲法13条にいう「公共の福祉」の観点から制約を受けます。個人はその所有物を自由に使用、収益、処分することができますが、他人に損害を与えるような行為は制約を受けます。例えば、自己所有の土地であってもため池の破損、決壊の原因になるような行為は「憲法でも民法でも適法な財産権の行使として認められないもの」であり、こうした行為を禁止処分するにしても憲法に違反しないと解されます(⇒最高裁判S38・6・26) 次に財産権はこうした一般的な制約に加えて政策的な制約を受けます。その理由は、憲法が福祉国家の理念から生存権などの社会権的基本権を保障していること及び憲法第29条2項が、憲法第13条とは別に、財産権は公共の福祉による制限を受けると改めて定めていることが挙げられます。 もっとも政策的な理由からの財産権の制約も、一定の場合には憲法29条2項に違反すると解されます。 すなわち、財産権を規制する目的が公共の福祉に合致しない場合、または規制目的が公共の福祉に合致するものであっても、その手段が目的達成のために必要かつ合理的なものでない場合には、その規制は憲法29条2項に違反することになります⇒最高裁判例S62・4・22森林法違憲判決

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

質問者からの補足

読みやすく分かりやすい説明をしてくださってありがとうございます。 よろしければ、政策的な制約についての具体例も教えてください。よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 「公共の福祉」について教えて下さい。

    先日、ここで質問させて頂き、「公共の福祉」と言う、日本国憲法第12条、13条があることを知りました。そして、「民法第1条(1)私権の行使は、公共の福祉に適合しなければならない。」と言う民法で定められています。 隣地に建つ家に対して、近隣たちが住みやすい街区を作るため、自分たちの財産権を守るために、施主に話し合いを求めたところ、話し合いには応じず近隣たちに誹謗中傷する手紙を送り付けるなどの嫌がらせをし、施主は近隣たちの迷惑も考えず、自分の思い通りの家を建てました。家が完成した後に、近隣たちを訴えて来ました。訴えの内容は、「財産権の行使を妨害した」と言うものでした。訴えられたので、弁護士に依頼し争いますが、こちらからも反訴できますでしょうか? 弁護士に聞けば解るでしょうけれど、弁護士に聞く前に、自分たちでも少しは知識を得たいので、ここで質問させて頂いています。法律に詳しい方の回答をお願い致します。 http://okwave.jp/qa/q8883023.html

  • 公共の福祉について

    大学で教職を学んでいて憲法をやっているのですが法学部ではないので単語がよくわかりません・・  今経済的自由権についてやっているのですが22条で13条に出てくる公共の福祉を再確認していて経済的自由の行き過ぎを抑止していると言うところまではわかりました。 教科書などで公共の福祉を調べると 外在的制約説で公共的福祉を人権の外にあって人権を一般的に制限する原理と捉えるということなんですが。。。。 もう少し噛み砕いていただける方いらっしゃりませんか?

  • よくわからない文の解釈よろしくお願いします。

    よくわからない文の解釈よろしくお願いします。 日本国憲法では人権に対する「公共の福祉」による制約が4ヵ所に規定されてる。 このうち12.13条の規定する公共の福祉はあらゆる人権に共通する内在的制約を意味する。 これに対して他の2ヵ条は公共の福祉による制約が特定の人権について規定されている。 その2ヵ条の組み合わせは、 22条の居住、移転及び職業選択の自由と29条の財産権である。 これはどういうことか教えて頂けないでしょうか。。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • alpha123
  • ベストアンサー率35% (1721/4875)

ほとんど適用されたことのない項目です。 公共?名目に私有財産没収で脅した例はいまは廃止された食管法の「農民から米取り上げて都市住民に安く供給する」あるくらい。これは言葉で脅しただけで農協など組織と農民がびびったので都市住民は大もうけ!(実際には強制徴発はなかった) 土地代が都市で高騰したときもそこの地主は大もうけしましたが、土地を徴収されることはなかった。戦後の農民がこのくらいの扱いうけていれば農村が貧しいのは解決できたね。 土地の収用は成田空港予定地で「農民の土地収容、他人の家屋取り壊す」ありました。他人の家なら勝手に壊しても恥じない千葉県土地収用委員でしたが、自分の家が燃やされるとぶつぶつ文句言ったり、辞任したりしました。確か今は全員空席のはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 憲法29条の財産権の制度的保証説と権利保障説の違いがわかりません

    制度的保証説は、私有財産制を保証し、権利保障説は個人の具体的財産権を保証すると、ありますがこの違いがよくわかりません。 制度を保証するのと、具体的財産を保証するのと何が違うのでしょうか?

  • これが×になる理由を教えて下さい。

    これが×になる理由を教えて下さい。 解説読んでもさっぱりです。憲法です。よろしくお願いします。 ウ. すべての人権に論理必然的に内在する「公共の福祉」は,人権相互間に生じる矛盾・衝突の 調節を図るための実質的公平の原理であり,例えば,社会権を実質的に保障するために自由権 を制約する場合には必要な限度の規制が認められるという見解がある しかし この見解では 。, , 憲法第22条,第29条の「公共の福祉」が,結局,国の経済的・社会的政策という意味でと らえられることになり,広汎な裁量論の下で経済的自由権と社会権の保障が不十分になるおそ れがある。[No.7] 平成20年 3問目

  • 共産党と憲法第二十九条

    以前から疑問だったのですが、 「憲法第二十九条【財産権の保障】  財産権は、これを侵してはならない。」 という、日本が資本主義国であることを宣言している条文を、共産党などの、護憲と共産主義を同時に主張している政党はどのように解釈しているのでしょうか。 公式なコメントでなくてもかまいませんので、議員の方とかがこう行っていたとかがあれば教えてください。

  • 財産権の制限について

       日本国憲法は、「財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。」として、公共の福祉のために財産権が制限されることがありうると述べている。どのような場合がこれにあてはまると考えられるか。具体例を1つ書きなさい。    という社会の宿題なんですが、さっぱり分かりません。教えてください。

  • 財産権の保障

    日本国憲法の基本的人権の尊重の中の 自由権の経済活動の自由の 財産権の保障 と あるのですが、これは税金ではどうなるのでしょうか?? 分からなかったので 教えてください!!

  • 予防接種禍事件

    私の読んだ本にはこう説明が書いてありました。「国賠を認めました。生命身体はいかにお金を払っても公共のために用いることはできないからです。」 この説明が納得できません。本件では憲法29条3項が類推適用されたはずですが、この説明通りならば、「これを公共のためにもちひることができる」とする財産権と類推することができないのではないでしょうか?

  • 財産権について

    とある問題集の正誤問題で、「必要な財産については国は強制収用を行い、制限することが出来るがそれに見合う相当な保障が必要とされる」というものがあり、回答は『正』でした。 特にこれまで法律等々の勉強をしたことがないので、個人の感覚として思ったことなのですが、この問題の文章中の「強制収用」という言葉がどうも引っかかり、わたしは『誤』なのではと思い、間違えてしまいました。 この問題文の内容は、憲法29条の財産権に関する条文により示されているという解釈でいいのでしょうか?

  • 人権の公共の福祉と法律の留保についえ

    私は人権は法律と公共の福祉の範囲内で認められていると思っており、法律に違反したり他者に危害を加えたりする人権行使は戒められるものと思っておりました。 しかしどうやらこの考えはまちがっているようで、 ある人権の解説では 大日本帝国憲法では多くの人権が法律の範囲内で認められるとされていたが、日本国憲法ではそうした法律の留保は認められていないとのことでした。 ちょっと私にはこの解説が理解できなくて、 法律の留保という言葉もwikiで調べたのですが、 よくわかりませんでした。 お詳しい方解説していただきたいです。

  • 憲法について質問です

    憲法は大多数の人と意見の異なる少数派の人の最低限の人権(自然権?)を守るためにあるってかいてあったんですけど、ただし公共の福祉のためなら人権は侵害されるっていうようなことを書いてあったように記憶してます。 今、豚インフルエンザで隔離されているひとがいますよね、隔離されている当事者の人たちの人権は、公共の福祉のために侵害されてもいいってことでしょ? でも憲法の基本設計として少数派の人権を守るってかいてあったんで、公共の福祉ってどの程度まで人権を制限できるのか疑問なのです。具体例をあげて説明してもらえるとありがたいです。 今の問題についていえば、豚インフルエンザが広まってしまいもう手のつけようのない状態になったら、隔離している意味がなくなるので、たぶん病院に隔離されることはなくなるとおもいますが。よくわからないんで、説明よろしくお願いします。

  • 市道のために、土地の寄付を求められています。

      市役所の局長と生家の土建屋さんと地区長の不正が発覚しました。 市は私の畑の所だけ、土地を残して、「世間がどう思うか考えろ!」 「黙って判子もってこい!」と無条件寄付を強要し。  地区の行事参加自粛を求めてきたいます。   どんなときも、私有財産には補償が有るべきであると考えるのですが、  稚拙な方法だと思うのですが、皆さんはどう思いますか? ちなみに地区長の飲み屋は、休業中であったのに廃業補償で 莫大な補償金を貰ったと聞いています。 また、地区長の土地と同じ単価で購入して貰う要求は理不尽なのでしょうか? 第29条 財産権は、これを侵してはならない。 2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。 3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。