-PR-
解決済み

文壇について

  • 困ってます
  • 質問No.17354
  • 閲覧数104
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 32% (29/90)

「文壇」という言葉は明治30年ごろ、頻繁に使われていますがいつ頃から出てきたものなのでしょうか?当時の雑誌「新声」(明治29年刊行)にはすでに「文壇」が使われています。もし、この年より古い雑誌や新聞で「文壇」という言葉を見つけられた方は教えてください。また、それに関する参考書なども教えてください。よろしく、お願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

1886(明治19)年の坪内逍遥の「小説神髄」諸言に「是あにおのれが幸福のみかは我文壇の幸なるべし」との例があります。それより古い例は、間情偶奇-詞曲部(内容不明)の漢文中にその語があります。中国では、宋の「玉堂遺事」に「文壇(現代の意味と同じ)之元帥」の語が見えます。明治時代以前の知識人にとって漢文はごく日常接していましたので、その語を自分の著作の中で使ったとしても不思議ではありません。、
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ