• ベストアンサー
  • 困ってます

電池の容量について

こんにちは。 バッテリーなどについて教えてください。 車などで、バッテリーが上がる・・と言いますが、これを計る時に、電圧計と電流計どちらを使えば良いのでしょうか?バッテリーが上がる時には電圧が下がっているなら、電圧計の方が良いだろうし、電流が下がっているのなら電流計が良いと思いますが、もし詳しい方がいたら教えて頂けたらとても助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数143
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • shippo
  • ベストアンサー率38% (1216/3175)

電圧と電流の考え方が根本的に違うような・・・。 回答としてはバッテリーがあがったかどうか見るには電圧計で確認できます。 バッテリーの電圧を測定して12.5~7V程度あれば正常です。12Vを下回るようだと充電不足かバッテリーが弱っている可能性があります。 他にも比重が見られるものであれば、比重計で確認するのが確実だと思います。 電流計はバッテリーや発電機から流れる電気を測定するものです。接続している電気製品や機器により電流は上下しますし、電圧により変動もします。 バッテリーがあがってしまった場合、電流が少なくなることは考えられますが、少なくなっている原因が他にある場合もありますので電流計だけではバッテリーの調子を見ることはできません。 ちなみに、車に取り付ける電流計ですと発電機からの電流と消費している電流を正負表示で見られるものがあり、大量に電気を消費していないかなどを確認する目的で使用するものがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#22689
noname#22689

バッテリーを計る時に、電圧計と電流計のどちらが良いかと言えば電圧計ですが(電流計では測定に不向き) --------- 電気の仕事は「電圧×電流」←但し(力率とか効率はこの際考えないで) 電圧が下がれば当然取り出せる電流も減って仕舞うので電流計で計測しても意味が無い。 --------- バッテリーから電流が取り出せにくく成るのは「バッテリーの」内部抵抗が増大する為でが、バッテリーに繋ぐ機器類は、(負荷は)抵抗と見なせます。←従って、内部抵抗が無限に低ければ、負荷に流れる電流は、電圧に比例します。所が内部抵抗が、負荷抵抗と同等の値に成ると、負荷に与えられる電圧は半分に成って仕舞います。所が、負荷を無しで、電圧計を+-端子へ当てて計ると電圧計の内部抵抗は、バッテリーの内部抵抗より遥かに高い(見方に依っては無限大に近い)のでバッテリーの能力は落ちて居るのに、電圧計ではそれほど下がりません。 ----------- 内部抵抗を知るには、ANo.3 氏が言われるように、比重を計るのが一番良い方法なのですが、私達が手に入る程度の比重計では、精度が低く、又、温度などにも大きく影響されるので、目安程度なのですが、電圧計で測るよりは、実態を表示して居るように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 みなさんご回答ありがとうございます。知らなかったことだらけで、皆様全員にポイントを差し上げたいのですが、2人にしかできません。  電圧計を設置することに決めました。これまでバッテリーを限界近くまで使うことが多く、ケーブルでのお助けをいただくこともありました。今後は目安ですが、電圧計でチェックしていこうと思います(電装品も数多く設置していますので) またわからないことがあればどうぞよろしくお願い致します。

  • 回答No.2
noname#13299
noname#13299

バッテリーに直接つなぐなら電圧計じゃないでしょうか? バッテリーの電圧を調べるだけなら、それがいいと思います 他の部分に流れてる電流を調べるなら電流計を使えばいいことです 電流計を使う場合はそのままバッテリーにつながないように注意してください 電圧計は回路にバッテリー以外何もない状態で計測することになると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

バッテリーの電圧には無負荷電圧と負荷電圧の2つがあります。 バッテリーが消耗したり劣化したりすると、 無負荷電圧も下がりますが、負荷電圧が急激に下がります。 この両方で判断します。 負荷電圧というのは相当な量の電流を消費しているときの電圧です。 バッテリー液の比重を計る方法もありますが密閉式では無理ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バッテリ-残量計

     バッテリ-残量計を作りたいんですが、どのような仕組みになっているのでしょうか。電流計や電圧計の仕組みとどう違うのでしょうか。 電圧計もしくは電流計から残量計を作ることはできますか?

  • 電圧計、電流計のレンジ

    電圧計、電流計の内部抵抗を調べる実験を行いました。 はじめに、電圧計と電流計による抵抗値をだし、その後に電圧計電流計の内部抵抗を出したのですが、電圧計電流計の測定レンジを実験の途中で変更するのはなぜいけないのでしょうか?教えてください。

  • 電気計測について

    電気計測で電圧計と電流計をつかいますが、接続するところ(電流計を先につなぐか、電圧計を先につなぐか)によって測定値がどう変わるか教えて下さい。 V-A法とA-V法のちがいを教えて下さい。 お願いします。

  • モータをPWM駆動した際の電流について

    ┌── 電池 ── 電流計1 ── モータ ─ 電流計2 ────── FET ─┐ │ └ 電圧計 ┘        └←← ダイオード ←←┘           │ │                                            │ └──────────────────────────────┘ となるシンプルな回路でPWM制御によるモータ駆動のテストしています。 周期は24kHzで、モータは安いDCモータです。 ※実際にはHブリッジでかつゲートドライバが入っていますが省略しています。   また、Hブリッジの駆動にはデッドタイムを500nsほど入れています。 この回路における電流計1と電流計2で計測される値の意味が、分からなくて困っています。 任意のPWM比でFETをドライブした際に、電流計1 & モータ & 電流計2には、 ほぼ電圧計*PWM比の平均電圧が加わる考えており、 電流計1と電流計2の抵抗値と、FETによる抵抗値が十分小さければ 平均電圧のほとんどはモータに加わる。 電流計1ではPWMのON期間の電流のみが計測され、 電流計2ではダイオードで帰還する分も併せて計測している。 このため概ねでは、電流計2 = 電流計1/PWM比 の値となると考えています。 電圧計*電流計1が電池の消費電力(入力電力)であり、 少なくともモータをロックしておけば、モータに加わる出力電力は(電圧計*PWM比)*電流計2となり、 電圧計*電流計1 = (電圧計*PWM比)*(電流計1/PWM比)が成り立つと考えてよいでしょうか? モータが熱として捨てる以外の損失が無ければという前提ですが。 実際に計測してみた値は、電圧計=11.6V、PWM比=10%、モータはロックにおいて 電流計1=0.26A、電流計2=0.48Aでした。 これに対し、直流安定な電源として、充電乾電池1本を繋いでモータをロックして計測した際に、 電圧=0.85V、電流=0.394Aより、巻線抵抗=2.16Ωでした。 PWMで計測した際の値で、平均電圧=1.16V、電流=0.48Aがモータに加わっていれば 巻線抵抗=2.42Ωのため充電乾電池による結果と概ね一致します。 しかし、電流計1の値をどのように読み取れば良いのかが分かりません。 私の考え方では、電流計1=0.048Aでなければ入力電力=出力電力が成り立ちません。 お手数ですが、どこに間違えがあるのか御教授いただきたいです。

  • 高校物理、電圧降下

    抵抗体Xの抵抗値を測定しようとして、電池、電流計、電圧計からなる回路をつくり、電流および、電圧を測定した。ただし、電圧計を流れる電流はないものとする。・ (1)図1のように接続したところ、0,48A,12Vであった。ここから抵抗体Xの抵抗値を求めよ。 答え12/0,48 (2)図2のように接続したところ、0,48A,7、2Vであった。ここから抵抗体Xの抵抗値を求めよ。 答え7,2/0,48 (疑問) (1)について、電圧降下をかんがえると、 xを流れる電流は0,48Aですから、0,48A×(xの抵抗値)+0,48A×(電流計の抵抗値)=12Vとなると思うのです。電圧計は12vを示していますが、電流計にも電圧降下が生じているからxの電圧は12vではないと思うのですが、いかがでしょうか?

  • pn接合について

    pn接合のエネルギーバンド図で、先生が、p型のフェルミレベルとn型のフェルミレベルに電流計(もしくは電圧計)をつないで、電流が流れるか流れないか(電位差が発生するか)。ということを話されていました。 結局逆方向に拡散電流が流れ、電流は流れないんですが、なんで、フェルミレベルに電流計(もしくは電圧計)をつなぐんでしょうか? お互いのコンダクションバンド(伝導帯)に電位差があるのでそこに電流計(もしくは電圧計)を接続してやればいいんじゃないでしょうか? なんで、フェルミレベルに接続なんですか?

  • 可動鉄片形電圧計、可動コイル型電圧計、電子電圧計可動コイル型電流計、熱

    可動鉄片形電圧計、可動コイル型電圧計、電子電圧計可動コイル型電流計、熱電対形電流計、それどれの適用周波数を教えてください

  • 電池の内部抵抗

    電池を抵抗値R[Ω]の可変抵抗を接続し、電池から流れ出る電流I[A]の電池の両端の電圧V[V]を測定すると,図のような電流と電圧の関係を表わす実線のグラフが得られた。破線は、実線の延長である。電流Iの値が0のとき電圧の起電力をE[V]とし、次の問いに答えよ。ただし、可変抵抗とは、抵抗の値を変えることができる抵抗器のことである。また、電流計の内部抵抗は十分に小さく、電圧計の内部抵抗は十分に大きいとする。 (1)図の結果を得るためには、電池、可変抵抗、電流計、電圧計をどのように接続すればよいか。( )内の電気の図記号を用いて回路を図で示せ。 可変抵抗の抵抗値を変えると流れる電流が変わるらしいんですが、よくわかりません。 確かにV=RIの関係から可変抵抗部分の流れる電流は変わりますが、それは可変抵抗を流れる電流であって電池から流れる電流自体は変わらないんじゃないでしょうか??

  • 可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

    内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません… ----------------- |     |      | |     |       RL ↑E   M1     | |     |       | |     |      M2 |     |       | ----------------- M1…測定用電圧計 M2…被測定用電圧計or電流計 RL…外部抵抗 E…電源

  • 抵抗測定

    電圧計、電流計の内部抵抗をそれぞれ、Ra、Rbとする。 この図の抵抗を測定をするには、電流計の値をIa、電圧計の値をVa とすると、 抵抗R = Va/Ia となるのでしょうか?電流計の内部抵抗による電圧降下を考えなくてもよいのでしょうか? 教えてください。