• ベストアンサー
  • 困ってます

オルタネータとバッテリを接続した時の電圧の求め方

知り合いに、バッテリ電圧とオルタネータの発電電圧の関係について 質問した所、下のような説明を受けました。 オルタネータの発電電圧を上昇さていくと バッテリの方が『支配的』だから最終的にバッテリ電圧でクリップする。 そのバッテリ電圧が上昇しない代わりに、 電圧上昇するはずだった分のエネルギーが電流になって バッテリに流れることでバッテリは充電される。 説明を受けた時はそうなんだ~と思いましたが、今になってみると 『支配的』の意味がわかりません。 さらに、バッテリ電圧=発電電圧だと電位差が無いため オルタネータ→バッテリに電流は流れないと思います。 知り合いの説明は間違っていたということでしょうか? その場合、オルタネータとバッテリを接続した時の バッテリ電圧はどのように算出すれば良いのでしょうか? わかる方教えて下さい。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数682
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • xpopo
  • ベストアンサー率77% (295/379)

回答NO.3です。 回答へのお礼、ありがとうございます。追加の下記の質問について以下に回答いたします。 1) >ICレギュレータが無いときの発電電圧とバッテリ電圧の関係を説明して頂けないでしょうか? 回答>>ICレギュレータが無い場合はバッテリーが満充電に近づいてくるに従ってバッテリーの内部抵抗が大きくなってきますのでオルタネータからバッテリーへの充電電流も少なくなってきますのでオルタネータを無負荷で回した場合の電圧に近づいてゆきます。オルタネータの出力電圧は無負荷では完全にエンジン回転数に比例しますので、エンジン回転数が大きければその分、バッテリーの充電が満充電に近づけばオルタネータの電圧は大きくなってゆくでしょう。 2) >無負荷時状態でオルタネータの発電させた時の発電電圧と、バッテリを接続時のオルタネータの発電電圧は違いますよね? 回答>>上の1)でも説明しましたが、これはバッテリーの充電状態で異なります。バッテリーが空の場合はバッテリーの内部抵抗は非常に小さくなってます。この状態ではオルタネータの内部抵抗の方がバッテリー内部抵抗に比べて非常に大きいのでオルタネータからバッテリーへ流れる大きな充電電流によるオルタネータ内部での電圧効果が大きいのでこの場合(バッテリー充電が空に近い場合)はオルタネータの出力電圧は低くなります。  また、同じエンジン回転数でもバッテリーが満充電になってる場合はバッテリーの内部抵抗は非常に大きくなってますので、オルタネータが無負荷状態の時の電圧に近くなります。(ICレギュレータが無い場合ですが。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バッテリの内部抵抗は一定だと思い込んでいたのですが 充電率に応じて変動するんですね! 度々回答して頂いてありがとうございましたm(_ _)m 私が知りたかったことが全て分かりましたので この質問は締め切らせていただきます。 回答していた皆様,本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • オルタネータの発電とバッテリについて

    バッテリが満充電の状態ではレギュレータがオルタネータの発電制御を行い、過充電にならないようにしていると理解しています。 もし、もう一つバッテリを並列に接続しておけば、 過充電によるオルタネータの発電制御はなくなり、 (もう一つのバッテリも満充電になれば、発電制御されるのでしょうが、そうなるまでは) エネルギーの有効利用できるのではと考えているのですが、 そういうものなのでしょうか?

  • バッテリーとオルタネーターの電位差

    アーシングがブームですが、電位差なるものを自分でも計ってみました。 エンジンを掛けてバッテリーをつけた状態で各部の電位を測ると電圧が出るのですが、試しにバッテリーのプラスを外し(エンジンを掛けたままバッテリーが無い状態を再現)オルタネーターだけにしてみたところ、全てのポイントの電位差は0になってしまいました。どうしてバッテリーが存在する時にだけ出るのかご存知の方がいれば教えてください。結局アーシングは無駄なのかも知れないと思いました。

  • 入手した三菱製オルタネータの端子にC,F,G,Lとありますが、バッテリー電圧を監視する端子はどれでしょう?

    入手した三菱製オルタネータの端子にC,F,G,Lとありますが、バッテリー電圧を監視する端子はどれでしょう? 12Vバッテリーに過充電防止用で配線したいと思っています。 オルタネータは日産モコについていた三菱製2N型(12V60A)です。 端子の意味としてはLがインジケータランプ用、Gがグランド(アース)用と想定していて、ほかの二つはどちらかがバッテリーの電圧をフィードバックするための端子だと思うのですが、どちらなのでしょうか。 あと励磁電流を流すのはL端子でよいと思っているのですが合っていますか? よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • xpopo
  • ベストアンサー率77% (295/379)

 自動車のオルタネータにはちゃんと定電圧になるようにICレギュレータなるものが装備されてます。ICレギュレータが無ければ、エンジンが回転し続けてバッテリーの充電が一杯になってくれば電圧はどんどん上がっていってしまいます。それではバッテリーは劣化してしまいますし、車の電装品にも過電圧が加わってしまいついには壊れてしまいます。オルタネータについてはこちら(http://members3.jcom.home.ne.jp/230hb/jikken_kun/ic-alter.htm)を参照ください。  オルタネータのICレギュレータの制御電圧は大体13.8Vから14Vの範囲でメーカや車種により電圧は異なります。制御の動作はバッテリー電圧が充電されて規定の電圧を超えるとオルタネータを自動的にバッテリーから切り離すように動きます。バッテリーの電圧が下がってくればまた、オルタネータをバッテリーに自動的に接続して充電を行います。  ということですので「オルタネータの発電電圧を上昇さていくとバッテリの方が『支配的』だから最終的にバッテリ電圧でクリップする。」というのは間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 ただ未だに疑問が解けないので、一つだけ質問させて下さい。 >ICレギュレータが無ければ、エンジンが回転し続けて >バッテリーの充電が一杯になってくれば電圧はどんどん上がっていってしまいます。 ICレギュレータが無いときの発電電圧とバッテリ電圧の関係を 説明して頂けないでしょうか? 無負荷時状態でオルタネータの発電させた時の発電電圧と、 バッテリを接続時のオルタネータの発電電圧は違いますよね?

  • 回答No.2
noname#215107
noname#215107

自動車の鉛蓄電池の場合、充電電圧は14V前後です。 満充電されたバッテリー電圧は12.6Vです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりオルタネータの方が発電電圧は高くなりますよね。 回答有難うございます。

  • 回答No.1
  • yasuto07
  • ベストアンサー率12% (1343/10621)

エンジンかけて、端子にテスターを当てればわかるよ、、、12V台なら、オルタの故障、、、。 水も電気も高い方から、低い方へ流れる。 エンジンシドウジ、14Vなら、オルタノコショウジャないそうです、 修理費、1・2万円、、、トホホです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

実物はないので,オルタネータとバッテリをつないだ時の電圧を オームの法則とかを使って算出したいのです。 そういった観点でアドバイス頂けないでしょうか。

関連するQ&A

  • ちょっとバッテリー電圧で気になることが...

    BG5Aレガシー10年10万キロに乗っていますが、エンジン始動直後はアイドリング時14.6vあるのですが30分以上経つとアイドリング時、走行時も13.1v程度まで下がっています。また、夜間の信号待ち等のアイドリング時はライトやエアコン等、負荷をかけたままにすると11.5v程度まで下がります。(ライトが暗くなります)エンジン始動時(セルが回っているとき)の電圧は9.5v程度でした。バッテリーの電圧は時間が経つと(エンジン熱?)落ちるものなのでしょうか?また、どの程度まで落ちるとバッテリーの寿命、オルタネーターの故障になるのでしょうか?ちなみにバッテリーは1年くらい経っています。1ヶ月前くらいにバッテリーのインジケーターが要充電になっていたので充電し充電完了しましたが、現在は要充電になっています。バッテリーの使いすぎなのかオルタネーターの発電不足なのか、教えてください。よろしくお願いします。

  • オルタネータについて

    ある回転装置に、オルタネータをカップリングで装置の回転軸へ接続し、バッテリーを介し、 バッテリーから回転装置に付けている計測器へ、電源供給しようと考えています。 (計測器が増えて、直流電源の容量が足りなくなったので。) 電源供給自体は十分になったのですが、回転軸についているセンサーがノイズを拾ってしまいます。 色々、試していると、どうも、オルタネータのロータ軸に電圧(約5~10V位)が発生し、 回転軸→センサーへと電流が流れ、ノイズになっているようです。 何故か?発電を停止すると、ロータ軸の電圧も下がり、ノイズも消えます。 なぜ、発電すると、ロータ軸に電圧が発生するのか、ご存知の方が居ましたらご教示戴けないでしょうか。 (現在は、オルタネータは付けっぱなしですが、発電させず、別の装置から、直流電源を移植したので、問題は無いのですが)

  • 日立製オルタネーターの接続がわかりません。

    日立のオルタネーターについて教えて下さい。 今現在所有しているヤンマーの漁船の事ですが、 今現在、2つのオルタネーターと2つのバッテリーがあり、セルモーター用のメインバッテリーと電装品用のサブバッテリーとして利用しています。メインのオルタネーターとバッテリーは正常に(13.6V)機能していますが、 サブバッテリー用のオルタネーターの配線がわからなくて機能していません。 オルタネーターは2つとも日立製(LR135)で、端子はL,R,B,Eとあります。 メインオルタネーターは各自端子に繋がっていて全て機能しているようです。チャージランプも正常に作動しています。 問題のサブのオルタネーターの配線がわかりません。 メイン同様にR端子をチャージランプなどにつなががない発電しないのでしょうか? メインのオルタネーターにアイソレーターをつないでメインバッテリーとサブバッテリーを充電する方法も考えましたが、オルタネーターが二つあって各自のバッテリーを充電する方がもしもの時に安心かと考えて新品のオルタネーター(LR135-105. 128270-76200)を購入しましたが、もともとあった配線を繋いでも発電しませんので、新規で配線し直そうと思っています。 既存の配線は、 R端子からB端子 L端子は開放 E端子はアース B端子はバッテリーの➕ といった感じで、そのまま繋いでみましたが、 発電しませんでした。 どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

  • バッテリーの電圧とオルタネータについて

    シエンタのオルタネータをディーラーでリビルド品に一年半前に交換してあるのですが、あまり普段乗らないので、先日、四年使用していた、バッテリーがあがったのでカオスの80B24Rにディーラーで交換してもらいました。バッテリーの交換はこれで三回目なのですが、今までは交換後はバッテリー電圧がアイドリングでも14ボルトをシガーソケットに刺すタイプで表示してましたが、今回交換後はエンジンが冷えた状態でエンジンをかけてエンジン回転数が高いのもあるのでしょうが14.0~14.1ボルトを表示します。エンジンが暖まり一時間程信号の少ない道を走行しても14ボルトにならず、すこしずつ下がります。信号待ちで13.3ボルトくらいまで下がります。走行中も13.5~13.7ボルト位までしか上がりません。一時間位走行後、駐車場に停めてアイドリング状態の電圧は13.2~13.5ボルトしかありません。今までは14ボルト表示しておりました。ディーラーに相談してもリビルド品でオルタネータを交換しているから問題はないし、あるならインジケーターランプが点灯すると言われます。エンジンをかけた時以外は走行中も14ボルトまで上がりません。これは以上ではないのでしょうか?13ボルト以上あれば正常なのでしょうか?充電されているのでしょうか?今までが14ボルト表示していたので、どこか悪いところがあるのではないか不安なので詳しい方のご意見をお聞かせ下さい。純正のナビとレーダー探知器とドライブレコーダーくらいしか取り付けておりません。よろしくお願い致します。点検するなら、どこを点検してもらえばいいでしょうか?

  • (自動車)オルタネータで発電した電力はバッテリー…

    (自動車)オルタネータで発電した電力はバッテリー以外はどこへ? 単純な興味本位なのですが 自動車のオルタネータで発電された電力は バッテリーへ充電されますが バッテリーが蓄えられる電力は限られていると思います. 電装品で消費されず バッテリーが蓄えられなかった電力はどこへ行くのですか? 熱として排出されるのでしょうか?

  • オルタネータについて

    落差10m 水量5L/sec で発電できる小型水車を作って、発電機として24V出力可能なオルタネータを使い24Vのバッテリーに電気を充電しようと思ってますが可能ですか? オルタネータはトラック、もしくはフォークリフトのを使用するつもりです。

  • オルタネータの出力を算出する式について

    現在私は自動車に搭載されているオルタネータの勉強をしています。 そこで分からないことがあるので質問させてもらいます。 分からないことというのは、 オルタネータ単体(ボルテージレギュレータが接続されていない状態)の出力を算出する式です。 具体的に知りたい式は下の2つです 1,回転数と励磁電流から、オルタネータの出力電流を算出する式 2,回転数と励磁電流から、オルタネータの出力電圧を算出する式 上にあたる式をご存知の方は教えてもらえないでしょうか? or 参考になるURL等を紹介していただけないでしょうか? オルタネータと言えども、ボルテージレギュレータがなければただの発電機だと思うんですが、 調べ方が悪いのか、中々所望の式を見つけられません。 お願いします。

  • オルタネータとバッテリーに詳しい方に質問

    エンジンがかからないので バッテリーの電圧を疑い、 テスターで測定したところ11.5Vでした。 放電終止電圧の10.5Vより若干余裕があるので 今回交換はしないで急速充電して12.7Vにしました。 バッテリーの1セルあたりの起電力が約2Vなので これで満充電状態になっているんでしょうか? オルタネータでしばらく充電しておく必要はあるんでしょうか? 車とバッテリーを接続する作業を翌日にしようと思っていますが 電圧はどれくらい変化するでしょうか? 充電停止直後12.9Vだったものが1時間後12.7V、 3時間後12.66Vになっていました。 自己放電は電解液の比重と温度が高くなるほど多くなり、 経過日数が増すにつれて1日当たりの自己放電量は少なくなるそうですが 充電後の電圧変化で12.6V以下まで下がるのはどれくらいの時間でしょうか?

  • オルタネーターの制御

    オルタネーターの制御により燃費をかせぐ仕組みに興味があり、いろいろ検索していたところ、過去にこの様なQ&Aがありました。 http://okwave.jp/qa/q3405545.html ここで、オルタネーターの発電を抑制する為に、 「S端子に15Vほどの電圧を与えるとオルタネータは発電しなくなる」 「単3乾電池(1.5V)を直列に入れるとできるような気がする」 との回答が寄せられています。 実際のところ、例えばシガーライターソケットに15Vかけたりすると、オルタネーターの発電が抑制されるのでしょうか。 市販されているソーラーバッテリーの仕様を見ると、動作電圧が公称15V以上の物があります。 ソーラーバッテリーを接続したまま走行していると、オルタネーターが働かなくなる、って事もあり得るのでしょうか。

  • サブバッテリーの充電方法について

    サブバッテリーの充電方法として サブバッテリーチャジャーは有効ではない とのものを見ましたが 理由は 長い時間走行しなければ 満充電のはならない との事でした 仮にオルタネーターが80Aで 搭載バッテリー130は新品で サブバッテリーが120で11Aまで電圧が下がった状態からサブバツテリーが満充電になるのにかかる時間はどの位なのでしょうか? オルタネーター80Aだと960W分の発電能力があると計算したのですが エンジンがかかっていれば サブバッテリーの充電の方にも電気がいく位あると思うのですが  それとバッテリーを並列につなぎスイッチで切り替えたら と考えましたが どうでしょうか オルタネーター は常時発電しているのでしょうか 

専門家に質問してみよう