• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

著作権の保護期間について

教えてください。 著作権法第51条による保護期間を経過した楽譜などの著作物については、人類共有財産としての扱いとなるという考え方と思います。 しかし、例えば、楽譜出版社が出版し販売している楽譜で、作曲者がベートーベンとかバッハとか、いわゆるクラシック音楽のものが複数の人間の使用のために複製されるのは、少なくとも出版社の権利を侵害しているのではないかと思います。 現実に、通常は楽譜(海外のものを含め)に著作権表示があります。 一方で、例えば、著作権情報センターの見解では、著作権が消滅しているものは自由にコピーをとることができる、としています。 さて、この場合、出版社の権利は侵害されるのか、侵害されるとすれば、それはどのような根拠で対抗できるのでしょうか。 楽譜が売れなくなるのは侵害と考えられます。慈善事業になるのではたまらないと思いますが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数563
  • ありがとう数26

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • joy-net
  • ベストアンサー率49% (301/606)

No4です。すみません、参考URLのページは直接リンクできないようですね。 下のページの目次から、ページ下部の「出版者の保護」をクリックして下さい。 文化庁 著作権なるほど質問箱 トピックス ↓ http://www.bunka.go.jp/c-edu/tpx.asp 他にも関連ページを見つけました。 出版社は、著作権法上、著作隣接権者として保護されていますか。 ↓ http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000172  ※文化庁 著作権なるほど質問箱 著作権Q&A >英国、ドイツなどのヨーロッパのいくつかの国では、 >出版者に「版」の権利を与え、無断出版やコピーに対抗できる制度を >導入しているところがありますが、多くの国では >出版者に固有の権利を認めていません。 とありますので、日本では今の所、著作権保護期間の過ぎた著作物のコピーを禁じる権利は、出版会社にないのがわかります。 ※海外の著作物でも、日本で利用する場合は、日本の法律にのっとった保護をすればいいことになっています。だから本国英国では禁止されていても、日本ではコピーOKということになります。

参考URL:
http://www.bunka.go.jp/c-edu/tpx.asp,http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000172

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ヨーロッパと日本とで権利上の相違があるのは国際的な整合性上まずいですよね。とくにクラシック音楽などは日本側の輸入超過でしょうし。

関連するQ&A

  • 音楽の著作権について教えてください。

    たとえば自分のHPに音楽をつけるとしたとき、著作権を侵害しない音楽というのは著作権フリーの音楽だけなんでしょうか?音楽の著作権は発表から50年か作曲者の死後50年かで著作権が切れると聞いたきがするんです。だとすれば、ベートーベンやバッハなどのクラシック音楽は著作権フリーの音楽と同様に扱っても著作権侵害にならないのですか?

  • 図書館での楽譜の複写が許される範囲

    図書館情報学を勉強しています。 著作権法第三十一条の一で、『図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合』著作物を複製することができる。とありますが、楽譜の場合、ある作曲者(ベートーベンなどの古典的作曲者)の楽譜集の中から交響曲第○番の楽譜だけを最初から最後まで複写し(図書館が利用者に)提供する、という事は可能なのでしょうか。 ご回答、よろしくお願いします。

  • 保護の切れた著作権の取り扱いについて

    著作者の没後50年や公表後50年等で保護期間の切れた著作物の取り扱いについての質問です。 例えば福沢諭吉の「学問のすすめ」は言語の著作物としての保護期間は過ぎていると思うので,利用には許諾は必要ないと思うのです。しかし現在,それを利用(コピーなど)したい場合はどうしても現在存在している出版社が印刷・発行した「本」からでしかできません。仮にA社が出版している「学問のすすめ」という本を購入し,利用する場合には許諾が必要なのでしょうか?(いるとすればどこでしょうか?)「学問のすすめ」の著作権は消滅していても,A社の本として印刷・発行されている場合は著作権の取り扱いはどうなりますか?

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • joy-net
  • ベストアンサー率49% (301/606)

>保護期間が70年になるようですが、その場合は、 >すでに保護期間が切れたものは再延長になるのでしょうか? さすがにそれはないようで、この法律が改正される前に、既に保護期間が過ぎたと認定されていたものについては、そのままでいいようです。 映画の著作物の保護期間を教えてください。 ↓ ※文化庁 著作権なんでも質問箱 

参考URL:
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000180

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • joy-net
  • ベストアンサー率49% (301/606)

編集著作権……確かに難しい所ですね。 法律や条例、又はそれらを集めた法令集は著作物ですか。これらを利用する場合は誰の了解が必要ですか。 ↓ http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000379  ※文化庁 著作権なるほど質問箱 著作権Q&A   >民間の出版者が編集発行した六法全書をコピーする場合、 >個々の法令をコピーする場合は誰の了解も必要ないが、 >六法全書の全部又は相当部分をコピーするときは >出版者の了解が必要になるということになります。 あの分厚い六法の相当部分ってどこまでだ?と思いつつ…… 例えば、出版会社が、「ドラマチックなバイオリン曲集」とか「独学で弾ける易しいピアノ曲集」などと銘打って、色々な楽曲を編集して楽譜本にして売りに出せば、編集著作権は認められるべきだと私も思います。 しかし、個々の楽曲の楽譜では、やはり無理ではないかと。総譜から個々の楽器のパート譜を取り出して並べたとしても、並び方は同じだし、独創性の表現には当らないと、私も思うので。 >ラフマニノフは1943死去ですね >国際的な整合性上 日本は第二次世界大戦に負けたので、実は連合国の著作物に関しては保護期間が10年程度延長されています。でも、勝てば官軍、相手の連合国側は日本の著作物に対しての時効の停止は認めていません。 ↓「戦時加算」について教えてください。 http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000179 ※文化庁 著作権なるほど質問箱 著作権Q&A ということで、アメリカに亡命したことのあるラフマニノフの著作物の日本での保護期間が過ぎたのは、今年に入ってからなんですよ。海外ではかなり前に切れていたので、インターネット上では、フリーの楽譜としてずいぶん前からアップされていたようですが。 著作権の切れたあと、各出版会社がラフマニノフ特集などと銘打ってキャンペーンをしていました。今まで著作物利用許諾を得られていなかった出版会社などからも発売されたので、それまで独占的に扱ってきた出版社も、慌てて、今までの価格の上にシールを張って安く売り出していました。 著作物の保護期間は、国によって差がありますから、インターネットが普及し、海外の渡航も簡単な現在、今後色々と問題になってくるのでしょうね。 実際に、映画の保護期間が公開後50年が70年になったのは、アメリカの強い要請に日本が抗えなかったからですし。 著作権の原則的保護期間が死後50年ではない国はどこですか? ↓ http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime3.html#5  ※(社)著作権情報センター 著作権Q&A 著作権の保護期間はどれだけ?

参考URL:
http://www.bunka.go.jp/c-edu/index.html,http://www.cric.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 大変勉強になります。 保護期間が70年になるようですが、その場合は、すでに保護期間が切れたものは再延長になるのでしょうか? 実務上は複雑になりませんか?

  • 回答No.7

パート譜はスコアから作るとすれば、編集著作権に当たるほどの著作性はないでしょう。それで、ブルックナーを例に出して校訂に係る編集著作権のほうを出したのですが。 版面権が仮に認められると、著作権者まで縛られてしまう、それが今問題になっていると思います。楽譜ではどうか解りませんが、仮にこれがライターの書く文章だとすると、営業で「こんな文章書いています」という意味で他の出版社に自分の書いた記事をコピーして渡すことすら、元の出版社の許可が必要ということになりますから(営業目的での複製は、個人利用に当てはまらないので)。そういったことを含めて、未だに版面権が問題になっていたと思います。出版社の権利を保護することで、原著作者の権利まで制限しかねないという矛盾に突き当たるので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど。編集の創作性ですね。 版面権というのは興味深いです。出版社にも創作性を認めることになるのでしょうか。作家によっては、ページ内での行毎に制限を設定し、それを守った文字数で書いたり、レイアウトまで決めた執筆をする人もいます。原著者も権利の拡張ができるようで。

  • 回答No.6
  • yeslets
  • ベストアンサー率31% (47/151)

#2です。 版面権はまだ制度化されていないようですが、 楽譜は編集著作(12条)にならないだろうか?というのが 私の出発点です。 楽譜の出版態様を知らないので、なんとも言えませんが、パート譜などは「編集」と言えないでしょうか? なお出版から50年というのは53条の規定です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 12条の編集著作物ですね。パート譜の創作性は難しいかもしれません。まったくの部分ですし。 編曲なら別ですが。 53条の団体名義についてですが、楽譜出版社には通常著作権は無いので、いかがなものでしょうか。

  • 回答No.4
  • joy-net
  • ベストアンサー率49% (301/606)

微妙な問題ですね。 個人的には、今まで儲けてきたから、ある程度は仕方がないのでは?と思います。 ちょうど特許法のカテですので(著作権は特許ではないですが)、それになぞらえて話すと、最近よくきくジェネリック医薬品などは、特許の切れた薬を、自由に製造・販売できる訳で。 確かにその薬を造った会社は莫大な開発費を使ったでしょうが、特許をとってから一定期間がたてば、その間に収益として回収できているだろうという考え方ですよね。 楽譜には著作権表示があるとおっしゃいますが、出版社が表示しているのは、著作権者に利用許諾をとっているものですという表示であって、出版会社自身が著作権を所有している訳ではないと思うのですけれど。 楽譜自体に何か独創的な工夫がされている(触ると音が出るとか、音程で色を変えているとか、)場合には、出版社に著作権が認められることもあるかも知れないですけれどね。それか、実用新案などかな。でもこれは特許庁の範疇で著作権ではないですね。 それに、保護期間が過ぎれば出版会社にもメリットがあるはずですよ。今まで支払っていた著作物利用料や印税を著作権者に支払わなくて良くなるのですから。 私自身は、ラフマニノフなどのとんでもなく高かった楽譜が、著作権が切れて安くなったので嬉しいばかりで、つい買ってしまいましたよ。安くなれば、コピーよりもちゃんとした印刷のほうが嬉しいですものね。 出版社は、「版」の製作には工夫があり著作権隣接権として、報酬請求権を認めるべきだという考え方もあるようですが、今のところ合意にいたってはいないようです。ということで、楽譜会社が著作権切れの著作物に対してもコピーするなと表示してあったとしても、現段階では法的には根拠がないということだそうです。 ↓出版者の保護 ※文化庁 著作権なるほど質問箱

参考URL:
http://www.bunka.go.jp/c-edu/tpx_detail.asp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。よくわかります。ありがとうございます。 保護期間と独占権とのバランスなのでしょうね。ラフマニノフは1943死去ですね。そんなにすぐ安くなるものですか。89条の著作隣接権には出版は含まれていませんね。 出版社は、かりに作曲者存命中のものでもコピーが多いので、ベートーベンのものでもコピーしてよいとは言わないでしょうね。

  • 回答No.3

#1です。 #2の方がおっしゃるのは、おそらく「版面権」のことだと思われますが、確か日本では、まだ版面権は認められていなかったように記憶しています。 今年の7月に「文字・活字文化振興法」が可決され、その骨子案に版面権のことも書かれていますが、まだ、権利として法の保護を受けるものではなかったように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。版面権を始めて知りました。 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/013/04093001/001/007.htm 文字・活字文化振興法には乗らなかったようですね。http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm 国際間の整合性のため、例の三極特許庁会合で統一すべきなのではないでしょうか。

  • 回答No.2
  • yeslets
  • ベストアンサー率31% (47/151)

著作権で保護されるのは、著作物です。 作曲家は、いわば「音の並べ方」に関する権利を持っています(うまい表現ではありませんが)。 楽譜の出版社は楽譜という「出版物」に関する権利を持っています。 作曲家が作った「音の並べ方」を自分で書いたとしたら、「作曲者の死後50年」が経過していれば、違法ではありません。ただし、出版された物を複製したら、出版から50年経過しない場合は違法になります。 他の例で言うと、「法律の条文」は著作権の対象にはなりませんが、「六法全書」という出版物から法律の条文をコピーしたら違法になりますね。それと同じ事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 出版から50年というのはどの法令・条数でしょうか? たしかに、法律そのものに著作権の主張はされないようですが、六法全書のコピーが違法かの根拠については、まさに質問させていただいた点です。もちろん法律には死後50年という制限はありませんが。

  • 回答No.1

>しかし、例えば、楽譜出版社が出版し販売している楽譜で、作曲者がベートーベンとかバッハとか、いわゆるクラシック音楽のものが複数の人間の使用のために複製されるのは、少なくとも出版社の権利を侵害しているのではないかと思います。 「著作権」というのは、この場合、作曲者の権利です。ですので、「出版社の権利」というのは、この場合、おかしいのではないかと思うのですが。出版社がシューマンなりワーグナーの子孫にお金を払っているわけではないですよね? 出版社に権利があるとすれば、それは楽譜の校訂を行った場合の権利でしょう。例えばブルックナーの場合だと、改訂版は権利が消失していてもノヴァーク版は権利が消失しているわけではありません(ノヴァークに対する二次著作権が発生します)。ベートーヴェンだと、最近のベーレンライター版はジョナサン・デル・マーの校訂によるものである以上、彼にも著作権が発生するわけです。しかし、これがベートーヴェンが出版した当時の楽譜そのままの楽譜を版に起こしただけの出版楽譜なら、ここに発生する権利はベートーヴェンの権利だけなので、とうに著作権が切れている以上、コピーは自由です(出版社に著作権などありません) 事例が楽譜だからややこしく感じるわけで、これは作家と出版社の権利関係と同じなのですよ。夏目漱石の著作権はとうに消失していますから、誰が漱石の作品をコピーあるいは出版しても問題はありません。夏目家にお金を払う必要はないわけです。当然、出版社も夏目家にお金を払っていません。ここで、何らかの校訂を施し、詳細な註が入れば、その校訂者には権利が発生しますが、なにもない場合はコピー配布は自由になります(出版社には、権利がありませんから)。楽譜もそれと同じです。 漱石の著作権が切れ、多くの出版物がコピー配布自由になったからといって、岩波文庫なり新潮文庫の漱石が売れなくなるわけではありませんよね。少なくともこういった出版社がそういう主張はしていませんよね。 コストを考えた場合、コピーして製本して、というより、初めから楽譜を買う方が安い場合も多く、必ずしも「売れなくなる」とは言えないと思いますよ。第一、出版社はベートーヴェンにお金を払わずに商売しているのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。 出版社に著作権が無いことは理解できます。 死後50年を経過していても、作曲者の子孫が出版権を継承している場合があるようですが、これは一般人が知ることはできませんね。

関連するQ&A

  • 著作権

    個人でミニコミ誌を作っています。 無料で配布しているもので、利益は全くありません。 その紙面に、あるマンガのイラストを内容の説明の一部として著作権表示をした上で掲載したいのですが、その場合その権利を持っている出版社などに許可を取らなければなりませんか?

  • 倒産した出版社の版権は?

    この何年か出版社の倒産が相次いでおります。 そこで質問なのですが、倒産した出版社の著作物の著作権は、いったいどうなるのでしょうか。 例えば、外国の出版社が翻訳版を出したい場合とか、コンテンツ会社がその著作を原作に映像化したい場合とかは、交渉相手は著者になるのでしょうか。 つまり出版社が破産宣告した時点で、その出版社の保持していた著作権は消滅し、著作者自身のものに、自動的になるのでしょうか?

  • 出版権 複数の社に設定可能か?

    お世話になっています。 素人でヘンな質問でしたら恐縮です。 いま話題、出版社に著作隣接権を付与するという話題についていろいろ呼んでいたのですが、その資料のQ&Aのなかに、 著作権者がある本を出版社Aから出していたが、そこを引き上げて出版社Bから出版したいと考えているがA出版の許諾がいるか という設問がありました。 これは、解答では、同一作品(著作物)であっても異なる出版物であるため、A、B両社から異なる別個の出版物として出版されればそれぞれに隣接権が成立する となっていました。 隣接権の解釈はともかく、この「複数の社から出版する」ということが、できるんだっけ?というところがひっかかってしまいました。 著作権者が出版権を設定すると、出版社には独占的に出版する権利が生じ、著作権者自身の複製権も制限される、と読んだ記憶があったからです。 ということは、A・B両社に出版させるということはできないのでは? と混乱しています。 詳しい方、教えてください。 よろしくお願いします。 設問の内容が説明不足で分かりづらかったら申し訳ありません。

  • 偽契約をする出版社

    出版物を発行した出版社が、 著作権者が名乗り出ても取り合わず、 許諾を得ていない第三者を著作隣接権者として契約。 また二次著作物契約に於いて 「原著作権者と契約をしている」 を伝え契約。 この出版社はどんな罪に問われ どんな刑を受けるのでしょうか。

  • 肖像権・著作権の二重基準

     週刊誌を発行している出版社に主に当てはまる事だと思いますが、週刊誌ではよく芸能人のスキャンダル記事を写真付きで報じています。スキャンダルが商売を左右する芸能人からすれば明らかに肖像権の侵害だと思うのですが、一方で文芸作品等で著作権を巡って争う事があります。  肖像権については、芸能事務所としても「訴えて騒ぎを拡げたくない」とか「名前が売れる」といった理由から黙っているというのが予想できます。著作権についても、訴訟を起こすのは作家側が殆どなので出版社は主体でないともいえます。  しかし、出版社は週刊誌・文芸作品の発行双方に関わっていますから無関係ともいえないと思います。利益を得るために、一方では他人の権利を侵害し(肖像権)、他方では自己の権利を主張する(著作権)のはダブルスタンダードだと思うのですが、出版社側は二つの行為を正当化する論理を、建前としてでも、持っているのでしょうか?

  • 本の作曲者の間違い・・・・

    楽譜を買ったのですが、作曲者の人があきらかに違う曲がたくさんあるんです。書き間違いみたいなものですが、この事を出版社に伝えれば謝礼なので何かもらえるんですか?教えてください。

  • ぬいぐるみの写真と著作権

    他の方の質問ですが、こんな質問が立っていました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481842 私は、著作権侵害には当たらないと回答しました。 どうも写真撮影が著作物である「ぬいぐるみ」の複製権を侵害するとは思えないからです。 しかし、他の方の意見ではおおむね違反するということのようでして、一方では根拠を示されている方がいらっしゃらないので自分が間違っているのかどうかよくわかりません。 そこで質問です。 1、キャラクターが保護されるのは不正競争防止法とかなのではないかとおもうのですが、著作権法上、著作物たる「ぬいぐるみ」をはなれてキャラクター自体が著作物になるものでしょうか?もし成るとして、著作権法の条文を読む限りでは例示に入っていないのですが、判例・学説等根拠を教えて下さい。 2、「ぬいぐるみ」の写真撮影は著作権法上の複製権を侵害しますか?類似の判例等があれば教えて下さい。 参考文献も教えて頂ければ嬉しいです。

  • 出版社と作家

    小説家と出版社についてですが、 著作権・複製権・出版権・二次使用権と、たくさん聞きますが、実際に作家さんから小説原稿をもらって出版社が商業出版するのには、一体どの権利がどこにあるのでしょうか。 また、作家の小説原稿を出版社がもらって出版するには、どの権利が必要なのでしょうか。 一般的にどこまでの権利を出版社に帰属しているのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 楽譜の版の違い

    楽譜って、いろんな出版社から出ていますよね。 版によってアーティキュレーションや強弱記号の違いなど、色々あると思うんですが、 特に、この作曲家のこの作品はあの版がいい! というのはあるんでしょうか? 私はピアノを弾いているので、ピアノ限定でお願いします。 私の周りのピアノを弾く人の楽譜を見ていると、 作曲者によって使う楽譜の版は様々です。 たとえば、バッハならヘンレ版、 ショパンならパデレフスキ版、もしくはコルトー版。 最近はエキエル版も見かけます。 そしてドビュッシーは、音楽之友社が多いです。 基本的には、外国の出版社から出ている楽譜を持っている人が多いように思います。 けれどツェルニーやモシュコフスキーや、ドビュッシーは日本版を持っている人が多いんですね。 何故なんでしょう? あと、それぞれの版の特性など、ありましたら教えてください。

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?