• 締切済み
  • 暇なときにでも

天気のいい日には小説を書こう

確かこんなタイトルの本を探しています。著者は三田誠宏さんです。 どなたかご存じでしたら、出版社・タイトル・価格を教えて下さい。 それから、こんな所で申し訳ないんですが、 前回「バレンタインのお返しって?」に答えて下さった御三方、 私の操作ミスにより補足が書けなくてすみません。 答えが返ってきて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。 しかし……、意味ってバラバラなんですね。面白い……。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数58
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ryogoku
  • ベストアンサー率44% (16/36)

お探しの本は、『天気の好い日は小説を書こう』三田 誠広 著だと思います。 朝日ソノラマから1994年に本体価格(税別):\1,359にて販売されています。 ISBN:4-257-03405-Xです。 蛇足ながら…書店or図書館に頼む場合は、ISBNが正しければタイトル・出版者等があやふやでも何とかなりますので。

参考URL:
http://www.books.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

親切にありがとうございます。早速本屋に行ったら探してみます。 誠広さんの字間違ってましたね……。(^^;;

関連するQ&A

  • 安くて、手がだしやすい小説を探しています。

    お手ごろ価格で、どんどん読みいってしまうような小説を 探しています。オススメのものがありましたら、『本のタイトル』 『出版社』『著者』をご明記の上、感想やオススメの理由などを 書いていただけると大変ありがたいです。 ご回答待っています。

  • 源氏物語の漫画について

    どなたか源氏物語の漫画になった本のタイトル、著者(絵など)、出版社をご存知のかたいらっしゃいませんでしょうか? 出版社など一種類しかないということはないと思うので、どこの出版社でも結構です。よろしくおねがします。

  • リレーショナル代数

    本(著者名、署名、出版社名、価格) 出版社(出版社名。所在都道府県名) の2つのリレーションから成り立つデータベースがあるとして 東京の出版社から本をだしている著者を求めるのにリレーショナル代数を用いると ((本*出版社)[出版社.所在都道府県='東京'])[本.著者名]ですよね? ここで疑問に思うのですが出版社.所在都道府県って表現は所在都道府県でもよいのではないのでしょうか?データベースの中に唯一の属性ですし・・・ これは形式的なものなんでしょうか?

  • 「寝ている間に視力回復」というような本について・・・

    先日、FMラジオを聞いていたら(確か、坂崎さんの番組という番組だったような気がしますが)お医者さんが書いた本のことを話していました。読んでみたいと思ったのですが、これがちゃんとしたタイトルなのか、著者がだれだったのかわかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、正式なタイトルと著者、出版社など教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

  • 「先生のかばん」という本をご存知ですか?

    以前何かのブックレビューで知った「先生のかばん」という本を探しています。実はタイトルもあやふやで著者・出版社はまったく覚えていないのですが、それほど古くに出版されたものではなく今年の秋頃だったと思います。 どなたかご存知の方がいたらおしえていただけますでしょうか?

  • 次のような契約はフェアでしょうか。

    書店で本が売れた場合、出版社は、本の定価の70%を手にします。一方、本が売れなくて著者がそれを買い取る場合、著者は本の定価の80%で買い取らなければいけません。つまり、出版社は、本の定価の80%を手にします。 果たして、こういう契約は、公正でしょうか。それとも、不公正でしょうか。 回答 A 公正(フェア)である。 回答 B 不公正(アンフェア)である。 (補足) 添付した図表に間違いがあります。 200部売れた場合 ⇒ 140,000円+560,000円=700,000円 の収益です。

  • 不合理な事実を前提とした契約は有効でしょうか?

    私は、ある出版社と契約の履行を巡って揉めています。消費者契約法に基づいて契約の無効を訴えようと考えています。果たして、その訴えが認められるものかどうかについて皆さんのご意見をお聞かせください。 私が主張する契約無効の根拠は、以下の通りです。 その1 出版社が主張する覚書の解釈が合理性を欠く。不合理な解釈を前提にしているため無効である。 その2 出版社が著者の問い合わせに対して虚偽の説明をした。 (補足 その1) 出版社は、700部が採算ラインであることを理由としてそこに至らなかった売り上げの時に売れ残った本の買取りを要求しました。出版の契約を結ぶ時、そのことは合意しました。しかし、売れ残った場合の買取り部数についての解釈が出版社と私では食い違っていました。そのことを私は、売れ残った本の買取りを求められたときに気付きました。 私は、出版社に対して私の解釈の正当性を訴えました。しかし、出版社は、私が異を唱えたことを不合理であるとして非難しました。つまり、出版社の解釈こそが正しいという訳です。 しかし、出版社の解釈では不合理なところが生じます。それは、300部売れた場合に最高の収益となり、その後どんなに売れても収益は増えません。増えないところか逆に減少します。 これでは出版社が本を売ろうと努力するはずはありません。売れない方が出版社は、本を倉庫から出して発送する手間が省けます。売れなくてもその分は著者が買い取る訳ですので、出版社は損をしません。 出版社が私の解釈に基づく買取り金額を要求したのなら私は、何もためらうことなくその支払い要求に応じていました。しかし、出版社は、私の解釈を否定しました。そして、出版社の解釈が正しいと主張しました。私はそのことがどうにも納得できません。 (補足 その2) 添付した図表は、販売による収益よりも著者の買取りによる収益の方が大きいケースを想定しています。 販売による収益と著者の買取りによる収益が同じだった場合には、300部を超えてどんなに売れても出版社の収益はまったく変わりません。 著者が売れ残りを買い取るのは、売れなかった場合の出版社のリスクを補填するためです。出版社の解釈はその点で矛盾します。 (補足 その3) 300部を超えてどんなに売れても出版社の収益は増えない(逆に減少する)のに、担当者は「そんなことはありません。売れれば売れるほど弊社の収益は増えます」と説明しました。これが嘘であることは添付した図表から明白です。 その他にも虚偽と思える説明は多々あるのですが、それについては立証することはできません。

  • 素人がホームページ内で書評を書くのはよくない?

    Amazonはじめ各出版社のサイトなどで、本の紹介の一端として、書評が掲載されているのを見かけます。 通常、「書評」と言えば、その分野の専門家によって書かれているケースが多いと思うのですが、上記のサイトの中には、Amazonのように、一般読者などがコメントしているのもあるように思います。 勿論、その本の出版社など当事者は、その本の宣伝の意味で、売り込み文句を出していることが多いと思います。 そこで質問ですが、一般の読者ないし、その本と同じ分野の関係者であっても学識経験者ではなく一実務者などの運営・管理するサイトの中で、本の紹介をする場合には、その本の概略(タイトル・著者・出版社・発行年・価格・目次など)くらいに留め、それ以上の個人的コメントなどは差し控えた方がよろしいでしょうか? 或いは、個人的見解などと断った上で、その本について少し突っ込んだコメントをしても、差し支えないものでしょうか? 又、書評を掲載する場合、その本の著者や出版社に一応連絡をとるべきでしょうか?

  • Macのエクセルです。単純に列を並べ替えたいのです

    Mac OS X10.4でExcel 2004 for Macを使っています。 1行目を項目名にしていて、項目が A列    B列   C列    D列  E列 発行日  出版社  タイトル  著者  価格 となっているのですが、これを単純に タイトル 出版社 著者 価格 発行日 の順番に列を並べ替えたいのです。 全体を選択して、 データ > 並べ替え 最優先されるキー=タイトル 2番目に優先されるキー=出版社 3番目に優先されるキー=著者 とやっても、何も変わらないのです。 どなたか方法をご存知の方いらっしゃいましたらご教授お願いいたします。

  • 不合理な事実を前提とした契約は有効でしょうか?

    私は、ある出版社と契約の履行を巡って揉めています。消費者契約法に基づいて契約の無効を訴えようと考えています。果たして、その訴えが認められるものかどうかについて皆さんのご意見をお聞かせください。 私が主張する契約無効の根拠は、以下の通りです。 その1 出版社が主張する覚書の解釈が合理性を欠く。不合理な解釈を前提にしているため無効である。 その2 出版社が著者の問い合わせに対して虚偽の説明をした。 (補足 その1) 出版社は、700部が採算ラインであることを理由としてそこに至らなかった売り上げの時に売れ残った本の買取りを要求しました。出版の契約を結ぶ時、そのことは合意しました。しかし、売れ残った場合の買取り部数についての解釈が出版社と私では食い違っていました。そのことを私は、売れ残った本の買取りを求められたときに気付きました。 私は、出版社に対して私の解釈の正当性を訴えました。しかし、出版社は、私が異を唱えたことを不合理であるとして非難しました。つまり、出版社の解釈こそが正しいという訳です。 しかし、出版社の解釈では不合理なところが生じます。それは、300部売れた場合に最高の収益となり、その後どんなに売れても収益は増えません。増えないところか逆に減少します。 これでは出版社が本を売ろうと努力するはずはありません。売れない方が出版社は、本を倉庫から出して発送する手間が省けます。売れなくてもその分は著者が買い取る訳ですので、出版社は損をしません。 出版社が私の解釈に基づく買取り金額を要求したのなら私は、何もためらうことなくその支払い要求に応じていました。しかし、出版社は、私の解釈を否定しました。そして、出版社の解釈が正しいと主張しました。 そのことがどうにも納得できなかった私は、出版社の解釈の問題点を探ってみました。そうしたところ、出版社の解釈はリスク管理という点で矛盾していることを突き止めました。 (補足 その2) 添付した図表は、販売による収益よりも著者の買取りによる収益の方が大きいケースを想定しています。 販売による収益と著者の買取りによる収益が同じだった場合には、300部を超えてどんなに売れても出版社の収益はまったく変わりません。 著者が売れ残りを買い取るのは、売れなかった場合の出版社のリスクを補填するためです。出版社の解釈はその点で矛盾します。 (補足 その3) 300部を超えてどんなに売れても出版社の収益は増えない(逆に減少する)のに、担当者は「そんなことはありません。売れれば売れるほど弊社の収益は増えます」と説明しました。これが嘘であることは添付した図表から明白です。 その他にも虚偽と思える説明は多々あるのですが、それについては立証することはできません。

専門家に質問してみよう