アメリカの同盟国とは。

ニュースを見ていて、疑問に思うことがあるので質問させてください。 米国と日本は同盟国であり、その絆は非常に強いものがあ...

FM-8 さんからの 回答

  • 2005/03/27 14:24
  • 回答No.6
FM-8

ベストアンサー率 39% (65/164)

アメリカは,唯一の超大国ですので,
「なにかにたよらないとやっていけない」
つまりは,「同盟が必要」という存在ではありません.

かれらにとって,同盟とは「コスト削減」のための方法
の一つに過ぎないでしょう.
民族的には,アングロサクソンとユダヤ系は別格のようです.つまりは,イギリスとイスラエルです.
それにしても,もしも,アメリカに正面から逆らえば
同盟相手といえどもどうなるかわかりません.

どこかの政治家も言ってましたが,
「アメリカは日本がいなくてもやっていける」
でも,
「日本はアメリカがいなくてはやっていけない」
だから,
「日米軍事同盟」は必要だと言ってました.

ある意味では,ご質問者の見解の通りです.


ただ,日本の取っている政策は,軍事をアメリカに外注して,安く上げた分を経済にむけている,かしこい方法です.日本的に言えば,「損して実を取る」という.

日本がアメリカのようになるのは,まぁ,無理ですよね.だとしたら,今の関係は仕方ないと言えるでしょう.
お礼コメント
naokib

お礼率 73% (34/46)

確かに日本は経済的にも軍事的にもアメリカなしではやっていけませんよね。これまでは、日米関係は良好な状態が続いてきましたが、今後中国が対等することで、日本が米・中とどのような関係を築いていくことになるのか、大変心配ではあります。
投稿日時:2005/03/30 19:53
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 尖閣諸島ーーアメリカの陰謀,踊られてる我々 国際問題

    こんにちは、私はフランスに在住している日本人ですが、最近テレビで尖閣諸島など問題をみて、図書館で調べたところ、なぜ今になってこの問題を飛びしたか疑問に思った。 この問題、深く潜れば我々はアメリカのいいように踊されていることまだ気付かない。 第二次世界大戦後、1943年11月27日「カイロ宣言」並びに1945年7月26日の「ポツダム宣言」により、侵略した土地を戦勝国に返すと。ただし、アメリカは日本を軍事基地として利用するために天皇を残し、、フランス、イギリス、中国、韓国、ロシアなどの戦勝国が参加、サインすらしていない1951年9月8日の「サンフランシスコ平和条約」を調印しました。故に、それはアメリカの罠だった、 一つ目:日本をおとなしくさせるため。 二つ目:沖縄などを軍事基地として利用し、アジアの戦勝国韓国、中国を牽引するためです。 三つ目:アメリカの空母などを日本の高技術で低額か無料で修理させる。 「サンフランシスコ平和条約」は日本に管理権のみを与え、主権がないのはなぜでしょう。アメリカも分かってるように、尖閣諸島問題については条約を履行するけれでも、中立の立場を保つと声明した!もし最悪になっても、アメリカは日本に武器を売って、大儲けするだけでしょう。 従って、21世紀になっても、我々日本はまだ、アメリカがアジアにおいて1つの植民地であることを自覚してほしいです。なぜ法律、憲法などがアメリカの同意がなければ修正することすらできない! 今回の石原都知事の発言は我々国民の焦点を国内の金融危機から海外争島問題に移行させるための政治策です。 冷静に考えてください! 国内の経済まだ成り立たないうちに、島を購入するお金、貿易会社のトレード、製造会社の中国での工場などを無視し、争島問題を持ち出し、日中の関係が悪化させ、輸出入ができなくなり、国民の生活が苦しくなり、それは今の政治家が考えるべき問題ではないでしょうか!なのに、今になって尖閣諸島や竹島などあほらしい問題を持ち出すとは、いかがでしょう。 また、問題を可決しなければならないのは当たり前だけど、せめて、日本の発展が中国より大きく差がある時に強気で言うべきではないでしょうか。...

  • 【アメリカと韓国の関係】 政治

    【アメリカと韓国の関係】 アメリカ生活初心者です。政治・国際ニュースはど素人です。 これまで漠然と日本とアメリカは同盟国で、経済面でも 安全保障面でも、アジアの中ではアメリカと最も深い関係に あると思いこんでいましたが、アメリカの新聞を読んでいると、 よく韓国が登場します。最近は対北朝鮮の軍事面での協力 関係があるので、首相がやめたとかで登場するくらいの日本 よりは、ずっと存在感があります。 教えていただきたいのは2点で、 1.アメリカと韓国の関係の”深さ”について、日米と   比べてどうか。(平たく言うと、アメリカにとっては   もはや日本より韓国の方が大事なのか?)    2.日米は”同盟国”という関係にあると思いますが   (間違っていたらご指摘ください)、アメリカと韓国の   関係を表すとしたら、何と言えばよいのか?   (パートナーシップ?軍事の協力関係? とか) よろしくお願いします。...

  • 第三次世界大戦必至 国際問題

    イギリスがEU離脱した。これは世界の経済に決定的な打撃を与えるでしょう。 キャメロン首相が日本の伊勢志摩サミットに出てる時には予想もしなかった 事態です。 これで、イギリスは政権交代を余儀なくされ、EU離脱の交渉に入る。それは 総じて世界の金融が変わってくる。という序章になったのです。 何が変わるか? まず、イギリスの元植民地で経済友好国のオーストラリア、インド、インドネ シアなどの南半球の国、それからアフリカ諸国、そしてカナダ、アメリカなど の兄弟国などの経済にも波及して物流の流れが一気に変わります。 すると、今までの輸出入に掛かる金額は全く別物になってくる。 これは、アジア諸国の貧困を生みアフリカの飢餓を生みアメリカのエネルギー の転換も視野に入ります。 もしこれに反発する国がヨーロッパ各国に宣戦布告したらどうなるか。 戦場は中東から東ヨーロッパに移り、アジアでは香港から中国の北朝鮮国境付近 に広がると思います。もちろん日本も参戦すると思いますよ。 どう思いますか。 第三次世界大戦はあると思う、無いと思う。両方の意見を求めます。...

  • 【AIIB】あなたはアジアインフラ投資銀行の本質を 国際問題

    【AIIB】あなたはアジアインフラ投資銀行の本質をちゃんと新聞やテレビニュースを見て理解出来ていますか? AIIB(アジアインフラ投資銀行)を説明しろと言われたら説明出来ますか? 言葉だけしか知らないで、本当の意味を自分では理解出来ていなくて、勝手な解釈をしている可能性があります。 中国が主導するアジアインフラ投資銀行と米国アメリカが主導するADV(アジア開発銀行)を比較して同じやつがあるから日本には要らない。日本は参加しなくて良いという意見を見てビックリしました。 アジア開発銀行とアジアインフラ投資銀行の目指す未来がそもそも違います。なぜ中国がアジアインフラ投資銀行と命名したかなぜインフラという文字が入っているのか理解していますか? 中国はアジアを1つの国にしようと壮大なアジア統一を目標としています。 日本はアジアを人を殺して戦争で統一しようとしましたが、中国はインフラ整備によってアジアを統一する計画です。 日本がアジアインフラ投資銀行に参加しなくても、アジア国設立に日本だけ爪弾きされるだけで何ら中国にとって問題がないです。 中国は東の開発を放棄し、西の統一に注力出来て開発費が半分に注力出来て逆に統一アジア実現に歯車が加速します。西はEUヨーロッパまでインフラを伸ばす新シルクロード計画が始まります。 西はアメリカに整備してもらうことになるのですが、日本は北朝鮮、韓国としか付き合えないちょぼい国に70年後にはなっていることでしょう。 第二次世界大戦前の世界の基軸通貨は英国イギリスの英ポンドでした。 米国アメリカの米ドルが世界の基軸通貨になったのはたった70年の歴史しかありません。 70年後に世界の基軸通貨が変わっていてもおかしい話ではないのです。 あと日本は第二次世界大戦でアジア諸国に進行し、侵略し虐殺したことをアジア発展のためには良かったことだと言っているので、中国人が統一アジア実現で邪魔になった発展途上国の日本に侵攻してきても快く受け入れてくれることでしょう。...

  • 第2次大戦の日本とドイツ 歴史

    日本は何故アメリカを攻撃する必要があったのですか? というのも日本が必要としていた南方資源、たしかにアメリカ領フィリピンがありましたが、そのほかのオランダやイギリスの植民地だけで十分だったのではないかと思います。 なのでわざわざアメリカに宣戦しなくともイギリス、オランダ、オーストラリア(イギリス)のみ侵攻すればそもそもの当初の目的である資源の確保はできたと思います。 大国のアメリカがいないだけで戦況は大幅に違っていたと思いますし、ヨーロッパでドイツが暴れていたのでイギリスも手一杯ですし、オランダはとっくの昔に本国がドイツに占領されてますし、当時のオーストラリア軍なんて弱くて相手にもならなく、楽勝だったと思うのですけど。 それともフィリピンには他の東南アジアの諸島にはない重要な資源があったのでしょうか? もしくは日本がイギリスに宣戦するとアメリカも自動的に日本に宣戦するという英米の何かしらの条約があったのでしょうか? そしてもっとよくわからないのがドイツのソ連侵攻です。 初めからドイツはソ連を狙っていたというのは聞いたことありますが、イギリスはまだまだ健在で十分戦力がある状況にも関わらず、東西挟み撃ちになる危険を覚悟でわざわざソ連に侵攻したのは何故ですか? 普通に考えても、ソ連侵攻前はソ連とドイツは共にポーランドに侵攻するなど同士的な関係だった上、とりあえず目の前の敵(イギリス)を葬り去ってから次の標的(ソ連)へと移行するのが普通の考えだと思うのですが。 ソ連領内にはドイツにとってどうしても必要な資源があったのですか? 詳しい方回答お願いします。...

ページ先頭へ