締切済み

強調構文と形式主語構文

  • すぐに回答を!
  • 質問No.112561
  • 閲覧数151
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 22% (22/98)

強調構文は副詞や名詞を強調するためになのはわかりますが、形式主語構文は何の目的であるんですか?また、この2つを見分ける方法を教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 24% (92/378)

英語は文の途中に文が埋め込まれた構造は苦手です。
主語+動詞という構造の中(具体的には主語の中)にさらに主語+動詞という
構造が入ることを嫌うのです。
ですから、It + 動詞 + 真主語という形にして
主語+動詞という構造をまず完成させてしまいます。
それから埋め込まれた主語+動詞について触れます。

形式主語構文は最初のうちは覚えてしまうのが手っ取り早いです。
というのも形式主語構文を取る語句は決まっているからです。
It is easy to ~
It is necessary to ~
It is important to ~
などなど。

英語力がつけば、長文の中では
(おおげさではなく、ほんとに)it を見た瞬間に
形式主語構文かどうかわかります。
なぜなら、it の指すものが前にないからです。

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 40% (24/59)

見分け方は昔習いました。
あんまり自信はありません。間違ってたらごめんなさい。(汗

強調構文は、that以下の何か(強調されているもの)が欠けていて
形式主語構文は、欠けてない。

で、ほとんどの場合は
見分けられたと思います。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 24% (92/378)

補足です。
強調構文も it の指すものが前に無いですが、
長文の中では文脈で it を見た瞬間に
強調構文か形式主語構文かほぼ判別できます。
  • 回答No.4

形式主語構文の目的は、英文が頭でっかちにならないためです。主語(主格)をそのまま頭に持ってきたら、形容詞節(関係代名詞節など)をぶら下げて長くなってしまい、肝心の述語である主節の動詞があとの方に来てしまいます。そのためにitという形式主語を用いるのです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ