• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

強調構文と形式主語構文について

接続詞 that の場合は形式主語構文で、関係代名詞、関係副詞の that の場合は強調構文だと思うのですが、以前、「省略できる場合は~、できない場合は~」と教わり納得したことがあります。しかし、どちらの場合も省略できる場合があるような気がして~!どなたかお教えいただけませんでしょうか? It was too bad that you couldn't come.(形式主語構文) Who is it that you see.(強調構文) これらの文章はいずれも that は省略可ですよね!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数668
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hirosh
  • ベストアンサー率25% (12/47)

Genius英和辞典で調べると強調構文のthatは略式では省略できるとのことですが、正式なモノではないと思っておかれた方がいいのではないでしょうか。 私個人としては、強調構文のthatと関係代名詞は少し違うモノと考えてます。ですから、強調構文の場合の thatが省略できるなんて「20+ん年間」考えたこともありませんでした。 見分ける方法としてのご質問なら、 it +is + that を一旦はずして、 並べ換えて文が再構築できるモノは強調構文、 どうしても形容詞が余るモノが形式主語構文、 と考えられてはいかがかと… 例 (It) (waw) Mike (that) you saw here yesterday. ←元の文は You saw Mike here yesterday.で成立するから強調構文だったことが分かる。 (It) (was) too bad (that) you couldn't come. ←元の文は You couldn't come + too bad でtoo badが余ってしまうので形式主語構文だったことがわかる。 ちなみにWho is it that you see?の場合は、強調部分が疑問詞だからこんがらがるのでは? 本来の理屈の上では who は whom ですし、 Whom do you see? とならざるをえませんからね。 せめて疑問詞部分が主語ならば、 Who was it that saw you?という強調構文で Who saw you?と元の文に戻り、うまくいくのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁重なご説明いたみいります。そうでした、「it is that を取り去って考える」を以前どなたからか御指導いただいたことがあって、そのときはひどく納得したものだったのですが、すっかり忘れ去ってしまってました。それを実は確かめたかったのです。目からうろこです。ありがとうございます

関連するQ&A

  • 強調構文と形式主語構文

    強調構文と形式主語構文について確認させてください。 どちらもIt is~that ...「…は~だ」ですが, It is[was] と that を取り除いて文が成り立つときは強調構文。成り立たないときは形式主語構文。例として, It is ten days ago that she moved to San Francisco.  ten days ago she moved to San Francisco 成り立つ→強調構文 It is easy that she speaks English.  easy she speakes English 成り立たない→形式主語構文 文法書には強調構文の~の部分には,主語・目的語・補語になっている名詞,代名詞,または副詞の働きをする語句が入るとありますが,形容詞は入らないと考えてよいでしょうか。もしあり得るなら例文をいただければ助かります。 もしそうなら,It is~that ...の~の部分が形容詞なら,それは無条件に形式主語構文だと判断してよいでしょうか。

  • 形式主語構文?強調構文?

    Whether it is a textbook, a business plan, or an article that interests you, don’t let lack of comprehension of one part discourage you from reading the other parts. 以前、質問させていただいた文なんですが、it is~thatこの部分が強調構文だと理解?は出来たのですが、あらためて参考書を見ると、 「本文のように、It is a 物を表す名詞 that 名詞の欠落した文の場合は、強調構文ではありません。ただし、本文ではitの指すものがないので強調構文と考える」 この部分がわかりません。 いつも、強調構文か形式主語構文か見分けるには、it is~thatの~が名詞か形容詞か副詞かで見分けています。 a 物を表す名詞なので、形式主語構文になるとはわかるのですが、本文のitの指すものがないと書いてありますが、interests youを入れて形式主語構文とは考えられないのですか? 教えてください。

  • 強調構文と形式主語構文の違い、見分け方

    英語の強調構文と形式主語構文の違いというか見分け方がイマイチ分かりません。 あの it is ~ that ・・・ とかいうやつです。 お願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#41997
noname#41997

2つとも省略可能(な筈)です。 関係代名詞は目的格の時のみ省略できるのですが強調構文に関しては主格でも目的格でも省略できるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#85207
noname#85207

私自身うろ覚えなんで間違っているかもしれませんが…… Who is it that you see? は疑問文なので、分かりやすくWho→Mikeにして肯定文にすると It is Mike that you see. ですよね。ここでthatを省くと It is Mike you see. で文章として成り立っていません。 ということだと思うのですが……ちょい自信なし

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。しかし It's Mike you see. はなぜ成立しないのでしょうか? OK なような気がしますが?

関連するQ&A

  • 形式主語構文と強調構文の見分け方

    it~that構文はほとんど形式主語構文か強調構文だと思うのですが どうやって見分けるんですか? 回答お願いします。

  • 強調構文と形式主語構文

    強調構文は副詞や名詞を強調するためになのはわかりますが、形式主語構文は何の目的であるんですか?また、この2つを見分ける方法を教えてください。

  • it is~thatの形式主語構文と強調構文の違い

    it is~thatの形式主語構文と強調構文の違いがわからないのですがどう違いますか?

  • 仮主語構文、強調構文について

    この2つの構文をふと思い出し、考えてみました。 いずれもIt is ~ thatといった形を取ると思いますが、 おそらく、訳し方は共に変わらなかった気がします。 言うなら、仮主語構文のほうは、It is thatを外して文を並べ替えたら、文が成立不可で、強調構文(cleft sentenceでしたっけ?) も同様にIt is thatを外して文を並べ替えたら、こちらは文が成立可といった具合だったと思います。 ただ、結局言いたいのはそれだけなんですか? 訳し方が共にそこまで変わらないなら、この2つをそこまで 並べて強調する必要はないのでは…と、ふと思ってしまいました。 何か他に、大事なことがあれば教えてください。

  • これは強調構文ですか?

    「It is ten days ago that she moved to San Francisco.」 強調構文と形式主語構文の見分け方として、 強調構文:that 以後が不完全な文または、「It is ~ that」 を取り除いて文章が成立する場合 と覚えました。私は、上記の文は形式主語構文のように思うのですが、 (It is) ten days ago (that) she moved to San Francisco. は完全な文だから強調構文だと言われ、混乱しています。 上記の文はどちらなのでしょうか?

  • 強調構文と形式主語構文の見分けについて

    強調構文と形式主語構文の見分けについては様々な英文法書で書かれているので分かっているつもりなのですが、そもそもそれらを見分ける理由は何かあるのでしょうか?(長文とかで、「これは形式主語構文だ!」だの「これは強調構文だ!」だのよくやるかと思うのですが、イマイチその見分ける意義が見つかりません。教えていただけると幸いです。

  • 形式主語と強調構文

    形式主語と強調構文を見つけるのが苦手です・・・・ どうすればいいでしょうか??(どこに着目すればいいでしょうか?)

  • 強調構文と形式主語構文について

    強調構文と形式主語構文の見分け方がよくわからないのですが、 見分ける方法ってありますか? また、見分けられないと大学受験において困りますか?

  • 強調構文で強調される名詞についての質問です。

    強調構文で強調される名詞についての質問です。 I saw a bear in the forest. で、見たのが熊だということを強調したいと思います。すると、 It was a bear that I saw in the forest. となりますが、これではthatが関係代名詞か強調構文かわからず、文脈判断になります。 今回はこのように元の文を考えてから、強調構文に組み立てたので(英語の本質から離れているかもしれませんが……)この文を強調構文と考えていますが、一般に It is a 名詞 that 名詞の欠落した文 で、これを強調構文と解釈すべき事例は1%程度、 It is the 名詞 that 名詞の欠落した文 で、これを強調構文と解釈すべき事例は99%程度あると習いました。 これはaやtheの特性や強調構文の成り立ちに起因すると思うのですが、何故でしょうか? ご教授お願いします。

  • 強調構文について教えてください お願いします

    It was Tom that bought this dress at Isetan two years ago.について thatは関係代名詞だから It was Tom.と It bought this dress at Isetan two years ago.と2つに分けると それはトムです、それは伊勢丹で二年前ドレスを買った となってItは分けると(それは)の意味になるのに (1)実際関係代名詞で一つにするとItの(それは?)の意味がなくなるのはなぜでしょうか? またitがthatの先行詞なのはわかりますが (2)何のItをthat以下が説明していると考えてよろしいでしょうか? (「それは」のit,形式主語のit,慣用句のit等のように答えてくれるとうれしいです) 以上の(1)、(2)について教えてください

専門家に質問してみよう