• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

収入に応じた所得税、地方税(市民税、県民税)、厚生年金料、雇用保険、健康保険、などの算出方法は?

現在転職活動中です。 今一度整理したいのですが、年収に対して、所得税 地方税 厚生年金 など、それぞれどのくらいの割合で引かれるのか、教えて頂けますでしょうか。 出来ましたら、そのような算出方法が書かれたホームページを教えて頂けましたら、ありがたいです。 よろしくお願い致します。  所得税 地方税 厚生年金 雇用保険 健康保険  年収300万  400万  500万  600万  700万  800万  900万  1000万  お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数506
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#11476

まず社会保険では毎月の給与の支給額相当額の標準報酬月額というものを決め、それを一年間適用して標準報酬月額表にある保険料になります。 基本的には4~6月の支給額、初年度は見込みで決めます。 各月額表(健康保険、厚生年金)は下記のようになっています。 http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/top.html 雇用保険は毎月の給与金額の一定金額を差し引きます。これも上記URLに計算表がありますので算出してください。 所得税は毎月引かれる源泉徴収税により暫定的に差し引かれ、その後年末に過不足を年末調整で清算します。 源泉徴収では、 http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/2364/01.htm の税額表に基づいて計算されます。 年末には、所得税が計算されます。 詳細は、 http://www.taxanser.nta.go.jp/index2.htm の所得税の欄に詳しくありますが、簡単に説明すると、以下の手順で導出します。 ・「所得」=「収入」-「経費」  給与所得者では給与所得者控除が経費になります。給与所得者控除は給与総額により変わります。 ・「課税所得」=「所得」-「各種控除」  各種控除では、本人控除、配偶者控除、社会保険料控除、生命保険料控除など沢山あります ・「所得税額」=「課税所得」×税率  税率は所得に応じて異なります ・「納税額」=「所得税額」-「税額控除」 この税額控除には、現在定率減税というものがあり、みなさん受けられます。 住宅ローン減税も税額控除になります。 住民税については、前年1月1日から12月31日の分を翌年収めます。分割して直接収めるのを普通徴収といいます。これに対して会社経由で納めるのを特別徴収といい、毎年6月の支給給与から翌年5月にかけて分割して収めます。 住民税は確定してから納めることになりますので、源泉徴収はされません。 住民税の計算も所得税の計算とほとんど同じです。 ただし控除金額と税率が異なるので、その点は注意が必要です。 全国どの自治体でも同じ計算になりますので、どの自治体の計算を使ってもかまいません。 たとえば http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm など。 住民税は都道府県税と市町村税で構成されていますが、最終的な税額の算出までは同一で、税額の算出のときの税率に違いがあるだけです。 両方あわせて住民税として課税されます。 なおご質問では年収ごとに振り分けていますが、年収だけでは答えは出ません。 大雑把には社会保険料は年収に比例(大体12%程度)しますが、税金はこの比例関係もありませんので、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 所得税のことですが、厚生年金、健康保険、雇用保険は、引かれているのです

    所得税のことですが、厚生年金、健康保険、雇用保険は、引かれているのですが所得税が引かれていません。基本給は、18万弱です所得が低いせいですか?扶養あり、子供2人よろしくお願いします。

  • 所得税・地方税

    給与明細の所得税、地方税が急に上がってました。。先月(5月)は所得税6000円、地方税11000円ぐらいだったのが、今月(6月)は所得税20000円、地方税25000円ぐらいになってました。。。地方税は税源委譲であがるのはわかっていたのですが、所得税が大幅に上がってるのは何故でしょう?? 17年~18年で年収が100万くらいあがってるのですが、そのせいなのか、もしくは定率減税がなくなってるからでしょうか? いきなりあがってるのでへこんでます。 どなたか教えてください!!

  • 所得税が払われていないのに厚生年金と健康保険が引かれているのはなぜ?

    所得税が払われていないのに厚生年金と健康保険が引かれているのはなぜ? 中小企業に勤めて5年になります。ここ3年間は給与明細から所得税が引かれていません。 会社に聞いたら自分で申告して・・・でした。これから払わなければいけないのですが 私がわからないのは厚生年金や健康保険代は納税者だから入れるのですよね。またその額も 前年の所得を参考にして決めると聞いております。(正確には言えませんが)税金が払われて いないにもかかわらづ年金代や保険代をどうやって届け出ることが出来るのでしょうか? 支離滅裂ですいません。 私が知りたいことは ・過去3年所得税は払っていない でも 年金代や保険代は支払われている でも これらの算出は  前の給与の金額を基にしている なぜ税務署からおかしいと思われないのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

政府管掌健康保険の健康保険料率 は、参考URLの通りですが、 健保組合によっては、この料率が変わってきます。 儲かっている健保組合いの場合は、保険料が低いとか。 まっ、わずかですがね。 地方税も、市区町村によって違ってきますよ。 これは、役所で計算方法を聞いてみないと分かりません。

参考URL:
http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/kennkou.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 市県民税・所得税・厚生年金・社会保険

    私は、今月いっぱいで現職を退職します。 18年・19年・20年と3年にわたり社長からボーナス(年2回)で年間50万ほど上乗せさていました。 所得証明を取得して所得証明の総支給額と給料明細の総支給額の間に50万誤差がでます。その為、交渉したところ市県民税は支払うが所得税・厚生年金・社会保険については上乗せしても関係がないと言われます。 質問(1) 所得税・厚生年金・社会保険は前年度の所得で計算されるのでしょうか? 質問(2) 年間50万違えば市県民税・所得税・厚生年金・社会保険の税金は年間どれぐらい増えるのでしょうか?

  • 厚生年金・県民税(市民税)

    現在、24歳で実家近くの個人事業主が経営する中小企業に正社員として勤務して2年になる者です。(女性です) 給与明細を見ると、毎月、厚生年金・所得税・その他社会保険など毎月、企業側がきちんと負担してくれています。(社会保険事務所に加入年月・金額などきちんと確認したところ、間違いはありませんでした。) 昨年の今ぐらいの時期にも県民税・市民税の申告書というのが、自宅に届き企業に持って行ったのですが(今年も2日前くらいに届き、もうすぐ持って行かなければなりません)企業専属の税理士さんに依頼し、県民税・市民税を払わなくても良いように、私の年収を低く書き換え、提出したのですが、これって、後々年金などに大きく左右するってことはないのでしょうか?(社会保険庁に確認をしたところ、金額に間違いはありませんでした)また左右するとすればどの位、違ってくるのでしょうか?不安でなりません。 詳しくご存じの方、いらっしゃったら教えていただけないでしょうか?

  • 地方税(市民税県民税)

    昨年までの地方税と今年からの地方税の算定基準どのように変わったのか教えてください。本年から無くなった老年者控除が地方税にどのように影響するのでしょうか・ 昨年度(2005)地方税は 市民税:17400 県民税:10500 合計:27900 でした 同居の母親・・・なし 本年度(2006) 市民税:56700 県民税:36700 合計:27900 同居の母親 市民税:1500  県民税:600  合計:2100 所得税の申告では母親(89歳)を同居老人として扶養申告しています。また母親は認知症で要介護(1)に介護認定を受けております。

  • 厚生年金の所得税について

    厚生年金の所得税について教えてください。 昨日、年金事務所から「所得税変更がされたので云々」という葉書が来て、 源泉徴収される所得税(以後復興特別所得税を含む)が変更になると在りました。 金額は具体的に明かせませんが、かなり安く(低くなりました)。 本日、年金事務所に行き説明を聞いたところ、 扶養控除なり配偶者控除なりが出たので、安くなったと思われる、とのこと。 ズバリは分からなかったので、思い当たることを考えてみました。 昨年サラリーマンを退職しました。 現在63歳で、厚生年金の受給権はありますが、 これまでは給料があったので、厚生年金は全額差し止め、という扱いにされていました。 退職すれば給料が無くなるので支給が開始されるはずなので、 どのような手続きが必要かを年金事務所に聞いたところ、 まず、そのままでも支給が開始されるが、掛けていた厚生年金の期間が満了しているので、 「扶養控除申請」をすれば加給金までもが受けられると教わり、手続きしました。 思い当たることは上記のとおりですが、 これが本当に所得税が安くなった原因なのでしょうか。 一応、H/Pで「公的年金に掛かる税金」を調べたところ、 確かに、年金の税金に対し、控除される要素があり、扶養控除、配偶者控除等、 が在ることが分かりました。 ここからが質問ですが、 (1)これらの要素はどこから持ってきて(どんな根拠で)いるのでしょうか。 私は毎年(少しばかりの配当金と企業年金の収入があるので)確定申告をしています。 そこの要素が使われているのでしょうか。  →確定申告上の要素を色々当てはめてみましたが、行き着けませんでした。   税率も何%が適用されているか不明です。 (2)また、もし今回の葉書のとおりだとした場合、厚生年金の所得税は安くなりましたが、 企業年金についても何らかの手続きをすれば安くできるのでしょうか。 以上、宜しくお願いいたします。

  • 地方税(市民税,県民税)について

    タイトルのことについて教えてください。 先日、今まできたこともない配偶者に地方税納税通知書がきました。 配偶者はパートで100万円以下と年金の収入がありますが、課税所得はありませんので国税は無税です。 国税が下がって地方税が上がったことは存じていますが、生計を一にする所帯になぜ別に納税するのか理解できません。 もし、これが正当な通知であれば増税ですね。

  • 市民税、県民税について

    市民税、県民税について 似たような質問があるかもしれないのですが、、、 先日 市、県民税の通知書が来ました。 昨年は株の損益が出て確定申告により支払った所得税はすべて戻りました。 地方税も減額されると思っていたのですが、前年度よりむしろ増えていました。 株の損益は地方税には関係ないのでしょうか? どなたか詳しい方お教えください

  • 9月の給料で所得税・健康保険料・厚生年金があがりました。なぜ?

    9月の給料で所得税・健康保険料・厚生年金があがりました。なぜ? 9月の給料明細をもらったところ、7月8月と比較して所得税・健康保険料・厚生年金が あがっていました。 だいたい3000円ぐらいあがって、手取りが減りました。 基本給は変化していません。 みなさんもあがっていますか? 9月に何かあったのでしょうか? もし私だけなら、会社で確認してもらったほうがいいですよね。

  • 健康保険料や厚生年金や雇用保険は「税金」?

    第2号被保険者です。 基本的なことをお聞きしますが、 健康保険料や厚生年金や雇用保険は「税金」になりますか? 住民税、所得税は税金ですよね? 語尾に「税」が付くものが税金ですか? 「税金」のくくりがどこまでなのかよくわかりません。 ご回答よろしくお願いします。

  • 厚生年金受給者の所得税

    私は個人事業をしております。父はすでに定年退職し厚生年金受給者です。配偶者おり61才です。父は私の青色専従者で月5万支給しています。 厚生年金にはおよそ202万(年)までなら所得税がかからないことを知りました。 所得税はすべての所得の合計額に課税されるで合っているでしょうか?だとすれば、年金と専従者給与を合算して202万越えれば確定申告して所得税を納める必要が出てきますね。 また、父の給与支払時源泉徴収をしていません。年金とあわせて所得を計算し源泉徴収する必要が出てくるのでしょうか?それとも202万越えたら確定申告して所得税を納めさせればよいでしょうか?

  • お給料から引かれる雇用保険や所得税について・・・

    主人のお給料から毎月 健康保険 厚生年金 雇用保険 所得税で9万円引かれています 今回のボーナスから同じ様に引かれる様になりましたね かなりつらいです 9万円は私が働く1ヶ月分・・・より多い金額 普通こんなに引かれるのでしょうか???? 遅いボーナスが今日出まして つくづく思い質問致しました・・・