• 締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:機体の解析をしたのですが結果に困っています!)

機体解析結果に困っています!なぜ主翼のみの揚力係数が大きくなったのでしょうか?

このQ&Aのポイント
  • 機体の解析結果に困っています!主翼のみの揚力係数が機体全体の主翼より大きくなる理由を教えてください。
  • 機体の解析を行った結果、主翼のみの誘導抗力係数が機体全体の主翼の2倍近くになりました。この差が生じた理由を教えてください。
  • 機体の解析結果によると、主翼のみの揚力係数が機体全体の主翼より小さくなることが分かりました。なぜこのような結果になったのか、教えてください。

みんなの回答

  • hahaha8635
  • ベストアンサー率22% (800/3609)
回答No.1

絵も解析結果も何もないのでわかりませんが 世の中の事象をCAEはすべてを計算するわけでわないし バグがあるかもしれません 風洞実験との照らし合わしが必要です

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 解析ソフトを用いた航空機と主翼の解析結果について

    解析ソフトを用いてある機体とその主翼のみでの二つ解析を行いました.主翼のみは本来であれば胴体につながっている部分を機体の中心線まで延長したため面積は通常より大きくなっています.解析を行った所,揚力係数は機体全体>主翼のみ>機体全体の主翼の順で小さくなり,誘導抗力係数は主翼のみ>機体全体>機体全体の主翼の順で小さくなり,主翼のみは機体全体の主翼の2倍近くの大きさになりました.揚力係数の式より面積が大きくなると揚力係数は小さくなると思うのですがなぜ主翼のみの方が機体全体の主翼より揚力係数は大きくなったのでしょうか?また誘導抗力係数は面積増大によってアスペクト比が小さくなり揚力係数も大きいため大きくなるのは分かるのですが,どうしてここまで差が生じたのでしょうか?分かる方解答お願いします.

  • 翼の失速角について…

    翼の失速角について… 揚力係数の特性曲線を描くときに失速角というものがありますけど、どうしてその角度を超えてしまうと、空気が翼から剥離することになるのですか?? また、3次元翼を考えるときに揚力係数の失速角は大きくなるのですが、アスペクト比A=∞のところでなぜ失速は起きないのですか??下面から上面へと流れる束縛渦の吹き下ろしの影響があって、揚力係数がなかなか上がらないことは分かりますが…

  • 航空宇宙工学の問題ですがわかる人は教えてください。

    主翼の翼型が747A315、水平尾翼の翼型がNACA0006で質量が2Kgの飛行機がある。 主翼翼面積が0.1m^2、水平尾翼面積が0.01m^2、主翼のコード長が10cm、 重心から水平尾翼空力中心までの距離を0.2mとする。 機体全体の重心が主翼の前縁からコード長の35パーセントの位置にあるものとし、吹き下ろし角の主翼迎え角に対する変化は0.4、主翼迎え角がゼロ度の時の吹き下ろし角を0.5度とする。 この飛行機が高度1000mを時速150Kmで安定に(ピッチング運動しないで)定常水平飛行するためには、水平尾翼の取り付け角(トリム角)を何度とする必要があるか計算する。 1)定常水平飛行するために必要な揚力を発生するために必要な揚力係数 2)迎え角 3)水平尾翼容積 4)重心周りのモーメントをゼロとするためのC_m0 5)重心周りのモーメントをゼロとするための、水平尾翼取り付け角 をもとめよ。

  • 揚力・抗力計算について教えてください

    数値計算で翼まわりのシミュレーションを行っています. 無次元化したナビエストークス方程式で流速・圧力を計算していますが, その圧力から応力テンソルによって求めた揚力・抗力はさらに無次元化する必要があるのでしょうか? その場合,揚力係数・抗力係数にするには式ではρ×V×V×Sで割り2倍すると思うのですが,それぞれ無次元化する前の生値で行うのでしょうか?またSとは二次元の場合どこの面積を表しているのでしょうか? 完全に初心者からの質問ですみません. きっとすごく初歩的な内容だと思いますが,回答よろしくお願いします. よろしくお願いします

  • ヨットのヒールについて考えたいと思っています。

    ヨットのヒールについて考えたいと思っています。 ヒールはセールに発生する力によって起こるので、まずその力を計算より求めたいです。 私のみつけた本には 『セールに発生する力は航空機の翼と同じ原理で発生するので、 揚力=揚力係数*(密度*流速^2*代表面積)/2 抗力=抗力係数*(密度*流速^2*代表面積)/2 より求められる』 とありました。 しかし、この式は二次元での話ではないでしょうか。実際のセールは球のようなふくらみを持っているので、三次元の話になると思います。 このときの計算式はどのようなものになるのでしょうか? また、どこから導き出すことができますか? 高校程度の知識しかないので、どのあたりから勉強していけばたどり着けるかなど教えていただけると助かります。

  • 空気抵抗の計算

    物を投げたり飛ばしたりしたときの、空気抵抗の大きさについて考えているのですが、僕は高校の物理IIくらいまでの知識しかなくてなかなか理解できません。 wikipediaの「抗力」の項目には、 (抗力)=(1/2)×(空気の密度)×(物体の速さの二乗)×(物体の代表面積)×(抗力係数) というような内容書かれていて、 抗力係数は、レイノルズ数、マッハ数、迎え角によって変化するそうです。 そこで疑問に思ったこがあるので質問をさせてください。 流体力学の教科書によるとレイノルズ数には流体の密度や流体の速度が含まれているのですが  空気抵抗は結局どういった式であらわされるのでしょうか。(レイノルズ数などをわかりやすい形になるようにした式でお願いします) また、物体の速度は何とかわかっても、流体の速度はとても計測できそうにないのですが現実で計算することはできないのでしょうか。 最後に、抗力とよく似た式で揚力というものがあるそうです。抗力が小さくなれば揚力も小さくなってしまうと思うのですが、できるだけ遠くに物を投げたかったらどのように計算すればよいのでしょうか。 流体力学については全くと言っていいほど知識がないため、もし意味の分からないことを言っていたらすみません。

  • 下向きの垂直尾翼ってあり!?

    下向きの垂直尾翼ってあり!? 物理学は物理学ですが、航空力学なのでだいぶマニアックな質問になってしまいますが・・・ RQ-1プレデターにおける尾翼の取り付け方法の意図がまるで理解できません。 飛行機の静安定はロール軸、ヨー軸、ピッチング軸に分解して行われていました。「いました」と書いたのは、YF-23のように水平尾翼と垂直尾翼の機能を斜めの翼一枚で行う機体も出てきているからです。RQ-1も尾翼を斜めに取り付けています。 さて、一般的な機体において、三軸の中でヨー軸、ロール軸周りの静安定を担うのが垂直尾翼です。機体の向きが、進行方向に対して、ヨー軸周りのズレを生じたとします。このとき垂直尾翼の左右で風の当たりが変わります。このためズレと逆の向きの力が垂直尾翼に働き、機体は機体の向きを元の通り進行方向と同じくする。 一方、ロール軸周りにズレを生じると、主翼が生んでいた揚力も向きがズレます。このため重力に抗う力は主翼の揚力のcosin成分だけとなり、これまで揚力は重力と均衡していたのですから、機体は揚力不足で高度を下げてしまいます。この時、揚力のsin成分も機体に働くので、機体は横滑りする形で高度を下げることになります。この横滑りによって機体には横風が当たるようになるのですが、この横風が垂直尾翼に当たることによって、機体のズレが補正される。 ヨー軸周りの静安定を得るためには、垂直尾翼が上向きに付いていようと下向きだろうと特に問題は無いのですが、ロール軸周りの静安定を得るためには、垂直尾翼は上向きに付いていなければなりません。ですから、殆どの機体で垂直尾翼は上向きに取り付けられています。YF-23は垂直尾翼が水平尾翼を兼ねて斜めに取り付けられていますが、それでも上向きという点では同じです。 Do335や震電は尻餅事故を防ぐために下向きの垂直尾翼を持っていますが、これも基本的には上向きの垂直尾翼が主であって、主翼の上反角による安定力と合わせて、下向きの垂直尾翼が持つ不の安定力を相殺しているはずです。 という風に私は飛行機の垂直尾翼の働きを理解しています。 ところがRQ-1の垂直尾翼の取り付けはどうなんでしょう。垂直尾翼は下向き、水平尾翼も斜め下を向いて、ロール軸周りには不の安定力を持ちます。下向きに取り付けた理由は尻餅事故を防ぐためでしょう。RQ-1もDo335や震電と同じく推進式のプロペラ機です。ただ、この両機と違って、RQ-1には上向きの垂直尾翼がありません。 主翼には上反角が取り付けられているのでしょう。あるいは動的制御も行われているでしょう。しかし、それだけでこのマイナスを相殺できるのでしょうか。一体全体、RQ-1のロール軸周りの静安定はどのようにして確保されているのでしょう。 どなたかご教授ください。

  • 傘にかかる風圧(抗力)の計算の仕方を教えてください。

    傘にかかる風圧(抗力)の計算の仕方を教えてください。 親骨によって分かれている部分が6つの、傘があるとします。(下の図は、その傘をしたから見上げた状態です。) そこに、風速Xmの風が、面に対してY゜(図の場合180゜)で、傘全体に対してZ゜(図の場合180゜)で、吹いてきました。 その時、(1)(ピンクの部分)(面積は0.086m2)にかかる風圧(抗力)はどれくらいか調べたいとき、どのように計算すればいいのでしょうか? 「D = CdAγu^2/2g ここに、D:抗力(kgf)、Cd:抗力係数、A:物体の面積(m2)、γ:流体の密度(kg/m3)、u:流体の速度(m/s)、g:重力加速度」 こういうやり方だと聞いたんですが、わかるところだけ当てはめると、Aは0.086(m2)、γは空気だから概略1(kg/m3)、uはX(m/s)ですよね? Cd(抗力係数)と、g(重力加速度)がわからないので、その求め方を教えてください。 本当に困っているので、どなたか回答お願いします。

  • 航空宇宙工学の問題ですがわかる人は教えてください。

    主翼の翼型が747A315、水平尾翼の翼型がNACA0006で質量が2Kgの飛行機がある。 主翼翼面積が0.1m^2、水平尾翼面積が0.01m^2、主翼のコード長が10cm、 重心から水平尾翼空力中心までの距離を10cmとする。 機体全体の重心が主翼の前縁からコード長の35パーセントの位置にあるものとし、吹き下ろし角の主翼迎え角に対する変化は0.4、主翼迎え角がゼロ度の時の吹き下ろし角を0.5度とする。 この飛行機が高度1000mを時速100Kmで安定に(ピッチング運動しないで)定常水平飛行するためには、水平尾翼の取り付け角(トリム角)を何度とする必要があるか

  • 材料力学の問題です。

    -問題- 同一材料からなる断面積が等しいはりの断面形状を円形断面、正方形断面、長方形断面(高さは幅の2倍)としたとき、どの断面のはりが応力に対して強いのか? 強さ(断面係数z)を円:正方形:長方形の順に比で表しなさい。 という問題ですが、考え方・解き方が全くわかりません。どうか教えてください。

このQ&Aのポイント
  • XK110プリンターを使用している際に表示されるエラーコード6900の原因についてご説明します。
  • XK110プリンターのエラー表示が出て印刷できない場合、エラーコード6900が表示されることがあります。
  • エラーコード6900が表示される場合、XK110プリンターの特定の部品に問題がある可能性があります。
回答を見る