• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

空気抵抗の計算

物を投げたり飛ばしたりしたときの、空気抵抗の大きさについて考えているのですが、僕は高校の物理IIくらいまでの知識しかなくてなかなか理解できません。 wikipediaの「抗力」の項目には、 (抗力)=(1/2)×(空気の密度)×(物体の速さの二乗)×(物体の代表面積)×(抗力係数) というような内容書かれていて、 抗力係数は、レイノルズ数、マッハ数、迎え角によって変化するそうです。 そこで疑問に思ったこがあるので質問をさせてください。 流体力学の教科書によるとレイノルズ数には流体の密度や流体の速度が含まれているのですが  空気抵抗は結局どういった式であらわされるのでしょうか。(レイノルズ数などをわかりやすい形になるようにした式でお願いします) また、物体の速度は何とかわかっても、流体の速度はとても計測できそうにないのですが現実で計算することはできないのでしょうか。 最後に、抗力とよく似た式で揚力というものがあるそうです。抗力が小さくなれば揚力も小さくなってしまうと思うのですが、できるだけ遠くに物を投げたかったらどのように計算すればよいのでしょうか。 流体力学については全くと言っていいほど知識がないため、もし意味の分からないことを言っていたらすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数6382
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

抵抗を受ける物体の速さによって、 2種類の抵抗が考えられます。 粘性抵抗(速さに比例) 比較的低速の場合、物体が表面付近の流体を 引きずるために生じる抵抗です。 流体の粘度×速度勾配×物体の表面積 に比例します。 半径rの球状の物体が粘度ηの流体中を速さvで 進むときの粘性抵抗は 6πηrv になります。 (ストークスの法則) 慣性抵抗(速さの2乗に比例) 物体の速さが大きくなると、物体の周りで流れが 滑らかにはならず、物体の後ろに渦ができるように なります。このとき渦のある物体後部に比べて、 前部の圧力は(1/2)ρv^2だけ大きくなります。 ρは流体の密度です。この進行方向と逆向きの力が 慣性抵抗で、物体の断面積をAとすると大きさは (1/2)Cρv^2A となります。Cは0.5~1の定数です。 また、抗力と揚力は別の力で、物体の進行方向と 逆向きに働くのが抗力で、進行方向と垂直に働くのが 揚力です。平らな物体を少し前上がりにして投げると、 上向きの揚力が発生します。球体では回転が無ければ 揚力は0です。 参考までに、砲丸投げ(7.2kg)の世界記録は23mで、 円盤投げ(2kg)の世界記録は74mです。 揚力の大きさは速さの2乗に比例して(1/2)C_Lρv^2S です。ここでC_Lは揚力係数、Sは物体の代表面積です。 C_Lは迎角や物体の形状によって変化します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 空気抵抗について

     空気抵抗について教えて下さい。  高校の物理の教科書に、空気抵抗は速度に比例すると書いてあったのですが、本当でしょうか。音速を超えた場合も当てはまるのでしょうか。係数についても,空気の密度、つまり高度と関係しているのではないでしょうか。  やはり、流体力学を履修してこいと言われるのがオチでしょうか。

  • 空気抵抗と流体力学

    流体力学を学ぶと途端に空気抵抗という言葉が使われなく気がします。 そのため、当方のようなものには理解しがたいですが、流体力学では 空気抵抗をどのように扱っているのでしょうか? 空気抵抗とナビエストークスの関係なども教えてください

  • 空気抵抗について

    空気抵抗について、自分なりに調べたのですが分からない所があるので教えてください。 空気抵抗 Fair=CD*A*(pU^2/2) で表せるそうですが 質問1:この式から得られる値の次元は何になるのでしょうか。 CD=抗力係数、A[m^2]=前面投影面積、p[kg/m^3]=空気密度、U[m/s]=速度 空気密度は28度C、一気圧下では1.17kg/m^3くらいみたいです。 質問:2 時速100km/hで走っている車が受ける空気抵抗の値を上の式で求められたとして この車が慣性走行(空気抵抗以外の抵抗、摩擦を無視)をする時に、空気抵抗によって落ちる速度の求め方を教えてください。 CD値は0.3と設定します。 ちなみに学校の宿題ではありません。宜しくお願いします。

  • 空気抵抗の式について

    空気抵抗は次式で求められるそうですが、なぜ2で除すのか理解できません。       F=P*C*S*V^2/2 F:空気抵抗、P:空気密度、C:空気抵抗係数 S:投影面積、V:速度 私なりに考えますと、投影面積(S)に速度(V)をかけてさらに空気密度をかけることで移動した空気の質量が求られ(S*V*P)、その空気は毎秒静止状態から速度Vまで加速されるので加速度がVとなり、力は質量と加速度の積より空気の密度*加速度となり(P*S*V^2)、結局Fは空気抵抗係数を式に加えることで、       F=P*C*S*V^2 となり、2で除する必要がない気がするのですが・・・ 宜しくお願い致します。

  • レイノルズ数の計算

    流体力学の基本から勉強しています。 レイノルズ数の計算で、動粘性係数が出てきます. 大気圧下(20度)では空気の動粘性係数は15.01×10^(-6) [m^2/s]ですが、 これがP倍の圧力下では、15.01×10^(-6)×P [m^2/s] でよいのですか? P気圧化でのレイノルズ数を計算して、 層流か乱流か判定したいのです. 回答よろしくお願いします

  • 深海魚は海水との大きな摩擦抵抗でも泳げる理由

    船を前進させるには断面積に比例する抗力と摩擦抵抗と造波抵抗に打ち勝って進むと考えています。水中では造波抵抗は無視しても抗力と摩擦抵抗が残ります。 抗力は粘性と密度と形状と速度の2乗で決まることも理解できます。 わからないのは摩擦抵抗です。表面面積に摩擦係数と圧力をかけて速度をかければ、前進するための出力(電力W、馬力)が計算できるように思うのですが、魚のことを考えるとふと不思議な気持ちになります。 浅い海に泳いでいる魚は船や私たちが泳いで居るときと同じような感覚で考えることができます。つまり水の摩擦抵抗でなかなか前へ進めないこともわかります。 しかし何千mという深海にいる魚がもし船と同じ摩擦係数を持つとすれば圧力が何百気圧と大きいので前進するための摩擦抵抗力は大きく桁違いの大きな力が出せる体力が必要だと思います。しかし映像で見ると結構スイスイ泳ぐように見えます。 いったいどうやって抵抗力に逆らって泳ぐことができるのでしょうか。 よろしくお願いします。 ちなみに私は流体力学は素人です。

  • ジャバラ管の中を流れる空気の抵抗は・・・

    ジャバラ状の管の中に空気を通すと、ジャバラ部分に空気がぶつかり、 乱流(渦?)が発生して流れを遮る抵抗(流動抵抗?)となると思うのですが、 その乱流の発生は、流速が速いほど強くなる(大きくなる?)のですか?流速が速いほど抵抗が強くなり、遅いほど弱くなるというのは、 あっていますか? 流体力学などぜんぜん理解できていない初心者で、 考え方がぜんぜん違うかもしれませんが、わかる方、 よろしくお願いします。

  • 空気力学?流体力学?

    空気力学?流体力学? こんばんは。 装置内のガスの流れ方を真面目に考えようと思い、 流れなのだから流体力学を勉強しようと思いました。 知人からガスの場合は流体力学よりも、空気力学の方では?と言われました。 そこで空気力学に関しての本を探したのですが、"空気力学"で探すと どうも航空機に特化した航空力学や、レーシングカーのウィングなどを 扱うような本が出てきてしまいます。 装置内のガス流(層流、乱流、チャンバー内でガスはどこをどのくらいの流速で流れるのか)を 考えたい場合、どのような本を探せばよいのでしょうか? 流体力学は空気力学を含む幅広い学問のようなので、まずは流体力学の本を読むべきでしょうか? よろしくお願いします。

  • 圧力抵抗係数について

     流体力学についてなのですが、円柱を使った時の圧力抵抗係数の理論値は積分して出すと0になりますが、測定結果は0になりません。これはいったいどのような原理のもとでこのようになるのでしょうか?教えてください。

  • 空気中で回転する円筒の物体が受ける抵抗の式

    電気系専攻の大学院生です。 空気中を非接触で回転する円筒の物体が受ける空気抵抗(粘性抵抗?)の求める式を教えてください。 力学は専門でなく高校物理レベルまでしか知らないのですが、ネットで調べてみたところ、 半径R の球状の物体に対する粘性抵抗の大きさはF = 6πηRv (ストークスの法則) ηは流体の粘度 粘性抵抗の例:小さな雨滴が受ける抵抗(小さい雨滴は落下速度が小さい) という説明を見つけました。しかし、例として雨滴が落下することがあげられていますが、円筒の物体がただ回転するという条件にも当てはまるのでしょうか? もしくは、別の数式で表せるのでしょうか? 専門の方ぜひご教示ください。