• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

地球上の植物の、酸素と二酸化炭素「収支決算」は

一般に、植物は二酸化炭素を吸収して酸素を創出しているので地球環境に良いと言われています。 しかし、酸素を創出するのは葉緑素のある葉や茎で、根は動物と同じく酸素を吸収して二酸化炭素を放出しているハズです。 地球の7割を占める海洋ではそれは海水にも溶けだし大気にも発散しているハズです。 すると、プラスマイナスの決算はどうなのでしょうか? もし酸素プラスとしても、どの程度なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数42
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

カンブリア紀は15%を越えていたと予想される二酸化炭素が、現在は1%にも届かない濃度です。収支としては酸素が多く排出されてきたと言えます。 しかし、重要なポイントが見落としがちです。二酸化炭素濃度が高いと、植物は元気になり巨大化しやすいところです。そんな時代ならば、酸素排出量は多くてしかるべきで、現在の二酸化炭素濃度が低い時代は、当時より元気がなく酸素排出量も少なめな傾向になると考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • okok456
  • ベストアンサー率43% (1778/4051)

光合成 「二酸化炭素が固定されてデンプンなどの有機物を合成し、その際酸素を放出する。」 ですね。 植物内に二酸化炭素は有機物として固定されているわけですから、 酸素はプラスですね。 植物が堆積した泥炭や石化した石炭も炭素の塊ですね。 >酸素プラスとしても、どの程度なのでしょうか? 私には分かりませんが 現在はCO2排出量より能力は低いようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> 現在はCO2排出量より能力は低いようですね。 というか、CO2排出量が増えたからでしょうね。 回答をありがとうございました。

  • 回答No.2
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4722/9943)

根と言わなくても、地上にある緑色の部分であっても、日光が当たらない夜は、酸素を吸収して二酸化炭素を出すという「呼吸」>「光合成」です。 1年中トータルすると、「呼吸」<<「光合成」です。 海中の藻類、植物プランクトンなども影響が大きい。 数値はちょっと調べないと分からないですが。 過去の地球では大気に酸素がほとんど無かったですが、今のように大量(約20%)になったのは、海中の藻類(シアノバクテリア)が原因です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうそう、夜間も逆でした。 誰か収支決算の計算をした人はいないものかと思います。 ただし、原始大気からここまで酸素を増やしたことを考えれば、酸素のプラス決算には違いないのでしょうが。

  • 回答No.1

とんとんだろう。数十億年の間、我々は酸欠で死亡していないので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございました。 マイナス決算でないのは、間違いないでしょうね。

関連するQ&A

  • 二酸化炭素・酸素について

    二酸化炭素→自然の中で大気中に二酸化炭素を供給しているのは、何のはたらきによるものか教えて下さい。 酸素→呼吸で使われる酸素は大気中にあるが、それを供給しているのは、何のはたらきによるものか教えてください。 簡単な質問かもしれませんが教えてください。。

  • 【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化

    【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、 物理学では物質には比重があると教える。 水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。 地球には海があり海水が広がっている。 海水の比重は幾らなんでしょう? 海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。 でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。 ということは海の海水の二酸化炭素の吸収が飽和している状態ってことなんでしょうか? それとも海の海水は二酸化炭素より比重が重くて、二酸化炭素を海水が吸収しているのは錯覚だったということになります。 海が二酸化炭素より比重が重くて二酸化炭素を吸収していないとすると今後も地表に二酸化炭素は積もり積もっていくわけで悲惨ですが、 海の海水が水と同じく二酸化炭素より比重が軽くて、海の海水に二酸化炭素が重くて沈んでいっているのにも関わらず飽和して地表に二酸化炭素が増え続けているのとでは意味が違ってきます。 どちらなんでしょうか?

  • 二酸化炭素の循環

     http://www.sizen-kankyo.net/blog/2007/01/000084.html  質問なんですが、この図で海に”93とけこみ”がありますよね。その後、”90放出”しますよね、それって溶け込んだものと放出するものは同じ二酸化炭素という同じ性質の物質なんですか?  どこかのHPに”化石燃料の消費などによって排出された、二酸化炭素は大気中には海の60分の1しか吸収されなくて、大気中にはほんの微量なので二酸化炭素は地球温暖化の原因ではない。なので、いくら二酸化炭素の排出を減らしてもいみがない”とありました。  しかし、上の図をみて、また二酸化炭素が海から排出されるのなら、海に溶け込む量(すなわち、人々が排出する量)を減らせば、海から放出する量も減るから、やっぱり二酸化炭素の排出を減らしたほうがいいのではと思い質問しました(もし、とけこみと放出が同じ二酸化炭素という物質なら)。  学生なので、よくわかりませんがよろしくお願いします。

  • 二酸化炭素が増えれば逆に地球への赤外線の侵入も減る

    地球から宇宙へ向かう赤外線が、二酸化炭素に吸収され、二酸化炭素はすぐにまた赤外線を放出するので、その一部が地球に戻り、地球の放熱の効率が落ちて温暖化になると聞きました。しかし二酸化炭素が赤外線を放出する際は、全方位に向けてだと思います。ならば、太陽からの赤外線も二酸化炭素が吸収し、赤外線を全方位に向けて再放射するはずですから、二酸化炭素が増えれば太陽から地球への赤外線の侵入も減り、温暖化はしないのでは?

  • 酸素と二酸化炭素についてお聞かせ下さい。当方アホでして、先日まで『酸素

    酸素と二酸化炭素についてお聞かせ下さい。当方アホでして、先日まで『酸素が毒』とは知りませんでした。鉄の酸化や人間が老いるというのは酸素の酸化と聞きました。そこで疑問ですが、人間は酸素を取り入れ、二酸化炭素を放出しています。植物は二酸化炭素を取り入れ、酸素を放出していると学校で習った気がしますが、酸素を毒というなら、二酸化炭素は毒ではないのでしょうか?生物学的に話になってしまうのでしょうが、何卒アホにもわかるようお願いします。

  • 二酸化炭素の重さ

    よく、「二酸化炭素○○万トン排出」とか表現されますが、ぴんときますか? もちろん、二酸化炭素は植物の光合成で使われたり、海洋に溶け込んでいくので大気が二酸化炭素でいっぱいになってしむわけではないのは理解していきますが、「あの発電所は毎年○○万トンも二酸化炭素を排出している」とか聞くと、普通乗用車○○万台も二酸化炭素がでているのか、とものすごく悪いことしているような・・・。 大気中における二酸化炭素の重さ、をどのように理解されていますか?

  • 二酸化炭素の同化

    発生酸素量(見かけの光合成量):14mg 呼吸量:2mg の植物の二酸化炭素の同化量を求めたいのです。 ですが、求め方がよくわかりません。 なぜ、発生酸素量の数値から、同化のために吸収された二酸化炭素も 14mgであると判断してはいけないのでしょうか? 酸素は2mg呼吸のために「吸収」されてますよね? なのに 14+2=16mg として、 呼吸のために「吸収」された酸素量が、なぜ真の光合成量で「放出」した酸素量として 加算されているのでしょうか?

  • 地球温暖化 二酸化炭素

    二酸化炭素が増えると、太陽エネルギーや赤外線が地球の中に溜まって地球温暖化につながるんですよね? 何故、二酸化炭素が増えると溜まってしまうのでしょうか?

  • 地球全体の二酸化炭素の固定量

    生物IBの教科書を見て疑問に思ったことです。 地球全体では毎年1700億トンの有機物が生産されていて、 そのうち陸地で3分の2が、海洋で3分の1が生産されている。 このことから計算すると地球全体で毎年約2500億トンの 二酸化炭素が植物によって固定されていることになる。 ……と、だいたいこのようなことを書いてあるのですが‥ 何をどう計算して有機物から二酸化炭素の固定量を 出したのかがさっぱり分かりません。 回答お願い致します。

  • 二酸化炭素から酸素を除くと・・・?

    あるテレビ番組で細菌の実験をしていました。 牛のルーメン(反芻の為に一時的に食べたものを貯めておく袋)の中の細菌の活動を観察するのに、ルーメン中には酸素がないということなので、次の操作をしていました。ルーメン中の液体を入れる前の試験管の底にガラス管で二酸化炭素をボンベから送ることで、まずは空気を追い出していました。そのとき、二酸化炭素に含まれるわずかな酸素も何かの装置(水酸化カルシウム?)で取り除くとのことでした。 疑問なのですが、二酸化炭素ボンベの二酸化炭素から酸素を取り除いたら何が残るのでしょうか?その装置を通した後も気体なのですから炭素の単体と言うことはないですよね?ボンベの中にも窒素などが存在しているのでしょうか?また、炭素はどのような状態になっているのでしょうか? よく理解できないのでご教授頂ければとおもいます。 よろしくお願いします。