• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

九州のおける大雨特別警報について

大雨特別警報について 九州で大災害が起こりました。 亡くなられた人のご冥福をお祈りいたします。 大雨は事前に予測されると思うのですがどうして 事前に避難できないのでしょうか? これまでに経験したことがない災害と言っていますが 命だけは事前に守ることはできないのでしょうか? バス会社も被害にあいバスが全て使えなくなりました。 バスは事前に遠い雨の影響がない地域に移動できなかったのは不思議です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数126
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • masaban
  • ベストアンサー率29% (28/94)

亡くなったかたのご冥福をお祈りします。 被害に会われて困窮されているがみなさんが心配です。 おっしゃる通り、事前に私の知る限り前日に大災害が予報されていました。 でも予報が生かされなかったのです。 また予報を聞かなかったとしか思えない行動をとる人も中にはいました。災害の真っ只中にいるはずなのに、大雨の中買い物をしに出かけ、自動車で川にはまったそうです。 溺れそうな状態で助け出されたそうです。 被害にあったほんの一部でしょうが当事者の中に予報を軽く見たり、自分自身に関係あると思っていない人がいるのでしょう。 予報に従って避難して、正当な行動をしても、社会が用意した避難場所がまだ安全には不足していました。 日本人の社会の不足と考えられます。 安全のためには経済効果などよりも余裕を2倍3倍ととって堤を作り、高台に避難場所を作らないと今回のような目にあうわけです。 バスや電車もできるだけの高台に事前に移動するべきでしょう もっと注意深い用心深い社会を作りたいものです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

極端なことですがバス会社のバスは東京の都心部に一時的に避難できたのでは? そうしなかった理由はは? コロナは突然かかりますが豪雨は前日には予想されるのでは?

関連するQ&A

  • 今起きてる大雨って何なんでしょうか?

    九州地方から東に向かって被害が広がっている大雨ですが、あれって何なんでしょうか? 台風というわけではないですよね? 今までの水害などは台風が原因だったと思いますが、今回のはただの大雨? 台風は進むのが早いですが、大雨はゆったり移動するのでこれだけの災害になってるんでしょうか? いったいこの大雨って何なんですか?

  • なぜ気象庁は「特別警報」を出さなかったのか?

    広島市北部で集中豪雨による大規模な土砂崩れが発生し、多数の死傷者・行方不明者が出た。 この大雨に対し、気象庁は雨に対する最大の警戒を呼びかける 「特別警報」 を発表しなかった。 もし特別警報が発表されていたら、広島市民や自治体の対応は変わっていたかもしれない。 なぜ気象庁は「特別警報」を発表しなかったのか? 謹んで今回の災害で亡くなられた方々のご冥福と、被災された方々にお見舞い申し上げます。

  • 「ご冥福をお祈り申し上げます」

    バスが人をはねて死亡させました。そのバス会社が「ご冥福をお祈り申し上げます」と。 おかしくないですか? 

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

停滞した梅雨前線から発生する戦場降水帯、これは予測が大変難しく気象庁でさえまともに予報を出すことが未だに出来ません。 言い換えれば、予測も出来ない積乱雲が、次々に湧いて出てくる感じです。 要するに、気づいた時には既に鉄砲水が発生しており、人吉市を流れる玉磨川の水は行き場を失い堤防を乗り越えたわけです。去年の千曲川の氾濫も同様です。結局は、北陸新幹線で使用する新幹線E7系電車10編成が床下浸水し廃車となっています。今回の球磨川の氾濫により、くま川鉄道の車両(全5両)が床下浸水、質問者様が仰るバスも浸水し、恐らく廃車になるかと思います。 ちなみに警戒情報は、やたらに発出する事はできません。これまでの気象データの元、ある程度の確証を得た時点で発出されます。しかし、今回はその確証を得る前に出来事が起きているわけで、既に発生した鉄砲水を防ぐ事はできません。なら何を一番優先すべきかと問われれば、車両でも家でもなく人命です。 質問者様は、優先度を間違えていませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • KGS
  • ベストアンサー率24% (1209/4851)

仕事で被災地を調査することがあって、被災者と話すことがありますが今までは大丈夫だったとか、ここは昔から安全だと聞かされていた等々よく聞きます。 毎年のように繰り返される水害。 「これまでに経験したことがない災害」と言われても毎年聞かされるフレーズなので耳が慣れているのでしょうか。 50年、100年に一度の大雨と言われても毎年そんなことを聞かされていたらどうでしょうか。 危険だと聞かされていても、どこか他人事、今までが大丈夫だったから、自分だけは大丈夫など危機意識が不足していたことは否めないでしょう。 「治に居て乱らんを忘れず 」という言葉がありますが、正に平時から非常時のことを想定して対処しろということです。 これは本当に難しいことだと思います。 あのバス会社の社長さんも本当に気の毒ですが、物理的に浸水しない場所にバスの避難場所を決めていて警報が出たらバスを移動させるなど、気を付けていたら良かったのに。 と、言うのは簡単です。 もし、警報が出るたびにあれほどの台数のバスをいちいち避難させていたら。 避難させて、毎度何もなかったら社員はどう感じるでしょうか。 地震や津波被害もそうですが、災害から生命、財産を守るのは日ごろからの危機意識に尽きるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

九州における大雨特別警報ということではなくて、これから夏を越えて台風シーズンに入ったならば、一昨年よりも去年、去年よりも今年、そして、今年よりも来年という具合に、地球の温暖化が加速している以上、今回の九州の災害を皮切りに、今後、益々日本に大自然の猛威は私たちを襲ってくると思いますよ。 そして、これから起こるかもしれない多くの災害に対して、すべての事例に「想定外」、或いは、「~十年に一度」という文言が新聞の紙面を埋め尽くしたとして、それは当然のことでしかない。 去年の北陸新幹線が水没したように、もはや日常的といって差し支えない状況ではあるけれども、想定外の状況に対して、バスの移動を含めて、移動は出来ないと思いますよ。 想定外のことに対して事前の対策などある道理がないですからね。 今回の九州の集中豪雨は、これから次々に起こるかもしれない大災害の幕開けに過ぎない。 世界中の人間が何ら対策を採ることなく経済活動を継続する以上は、温暖化は一方的に悪化の一途を辿るしかないですからね。 もはや、人間のが対応できる能力を超えたところにまで気象は変化してしまったということです。 経済一辺倒の愚かな人間達のお陰でね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • a4330
  • ベストアンサー率24% (694/2841)

  今回は球磨川流域で寛大な被害がでました。 しかし2日前の予報では雨が降るのはもっと南の方が雨の中心だったそうです。 予報とのずれは50~60kmだそうです。 予報通りの場所が豪雨の中心であったなら球磨川流域は被害なしだったでしょう。 未来を予報するのだからこれが限界でしょう。 予報を信じて球磨川流域より50km南にあるバス会社が球磨川流域に避難してたかも知れない。 災害に対処するのは身を守り行為だでしょう、ダメもとで動けるのは身一つ 予測される地域から離れてても念のため高台に逃げるのが良いと思う  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 暴風警報が出ているときの対応

    国立研究開発法人の契約職員です。 台風16号が来た朝、大雨・洪水・暴風警報が出ていました。 前職の大手電機メーカーでは暴風警報が出た時は自宅待機することが行動基準で定められていたので、ホストの常勤職員にメールで警報が解除されるまでは、自宅待機すると連絡して、出所しませんでした。 翌日、出所するこの国立法人にはそのような定めはなく、台風が来た前日はほとんどの人は出所していたが、午後からは上司の許可を得て帰宅しても良いとの連絡があったそうです。  暴風警報が出ている時の自宅待機の定めがなくても、有休を取っても構わない、あるいは有休を取って出所はできるだけ控えるべきと考えますがご意見をください。 1.雇用主は従業員に安全配慮義務があるから、暴風警報が出てTVで外出を控えたほうがいいと注意喚起しているときに出所する必要はない。   事実大手電機メーカーには暴風警報が出ているときは自宅待機の定めがある。 2.暴風警報が出ていてもまだ風雨が穏やかなこともあるが、今後どうなるかは素人では予想ができない。気象庁の判断に任せるべきだ。 3.警報が出ているときは、避難勧告、避難指示が出ることがめずらしくない。避難勧告が出るのに出所することはおかしい。 4.本人が有休を取りたいと言っているのに出所を指示して災害に会ったとき、雇用主は責任がある。 また、暴風警報が出ている時、ほかの業種の行動基準はどうなっているか教えてください。

  • 暴風警報が出ているときの有休取得

    国立研究開発法人の契約職員です。 台風16号が来た朝、大雨・洪水・暴風警報が出ていました。 前職の大手電機メーカーでは暴風警報が出た時は自宅待機することが行動基準で定められていたので、ホストの常勤職員にメールで警報が解除されるまでは、自宅待機すると連絡して、出所しませんでした。 翌日、出所するこの国立法人にはそのような定めはなく、台風が来た前日はほとんどの人は出所していたが、午後からは上司の許可を得て帰宅しても良いとの連絡があったそうです。  暴風警報が出ている時の自宅待機の定めがなくても、有休を取っても構わない、あるいは有休を取って出所はできるだけ控えるべきと考えますがご意見をください。 1.雇用主は従業員に安全配慮義務があるから、暴風警報が出てTVで外出を控えたほうがいいと注意喚起しているときに出所する必要はない。   事実大手電機メーカーには暴風警報が出ているときは自宅待機の定めがある。 2.暴風警報が出ていてもまだ風雨が穏やかなこともあるが、今後どうなるかは素人では予想ができない。気象庁の判断に任せるべきだ。 3.警報が出ているときは、避難勧告、避難指示が出ることがめずらしくない。避難勧告が出るのに出所することはおかしい。 4.本人が有休を取りたいと言っているのに出所を指示して災害に会ったとき、雇用主は責任がある。 また、暴風警報が出ている時、ほかの業種の行動基準はどうなっているか教えてください。

  • 被災地・熊本と大分に伝えたい気持ち

    地震による大変な災害に見舞われている熊本と大分に伝えたい気持ち、ありますか? ---- 残念ながら、このたびの一連の地震に関連し、お命を落としてしまった皆様にお悔やみ申し上げます。 今は余震の被害をうけないように、安全なところへ避難されているかと思いますが、一日も早く日常に戻られることをお祈りしています。 あちこちで募金をさせていただきますので、義捐金が届いた際は遠慮なく活用してください。

  • 津波警報やり過ぎ?

    チリの大地震による津波ですが、 気象庁は各地に「津波警報」などを発令し、 気象庁の予測では軒並み3Mなどの予測でしたが、 実際の津波は、 大きい所でも、1m20cmなど。 ほとんどが数十センチでした。 更に、 その「警報」のおかげで、 電車や道路など、 さまざまな所が通行止めになりました。 私はちょうどその頃、 車で海沿いの道路を走っていました。 海のほうを見ると、どう見ても水平線のほうまで、 どこまでも 海はおだやかそのものでした。 (むしろ普段のちょっとした低気圧のほうが「しけ」なくらい。) それでも道路は通行止め、迂回路に回されました。 (おかげで何十キロもの大渋滞。) その後結局、その通行止めになった区間の津波は20cmでした。 このハイテク時代に、なぜ そんな誤差が出るのか。 気象庁のコンピュータがあてにならないなら、 飛行機でも実際に飛ばして、 実際の津波の正確な箇所や波の正確な高さ、正確な到達時間などを 特定できないものなのか。 そのおかげで、何十万人かの、 無駄な「避難指示」を受けた人や、 無駄な「通行止め」で大渋滞を喰らった人達。 五十年前のチリ大地震による、 津波の被害のことがあったのかもしれないが、 それにしても、気象庁、「おそまつ」すぎ。 これは、 後から何かあった時、気象庁が非難の的とならぬよう、 大げさにやっといて、 自分達の保身以外の何者でもないと思います。 こういうことを何度も行っていると、 それこそ『狼少年』のように、 本当に実際に大変な時、国民に信用されなくなると思うのですが。 これは本来、気象庁に言う意見ですが、 そちらにも言ってみますが、 こちらにも聞いてみたいと思いました。 よろしく お願いします。

  • 「予測」と「指示」は適切だったのか?

    前に質問したらちょっと論点が伝わりづらかったみたいなので再質問です。 わかりやすくするため箇条書きにします。 ・日本を含め10m級の津波は何度かすでに観測されている ・今回の地震後の津波警報では「高さ10m以上」またはそれに近い数字が表示されていた ・にも関わらず気象庁や報道は「3階建て以上の建物に避難 近くの高台に避難」という指示 ・3階建ての建物は屋上でも10mは無く、指示通り避難したたくさんの人が避難後に被害にあった (高台も低めの高台が飲み込まれた例もあると思います) 避難し遅れて被害を受けるのはどうにもならないことですが、 「指示通り避難し終わった人が飲み込まれる」というのは絶対あってはいけないことだと思うのです。 高台に逃げようと思えば逃げられたのに指示通り屋上という逃げ場を選択した という被害者が生まれるからです。 結果論だとか言い出す人もいますが、 災害はこれで終わりではなく今日にも次の地震・津波が起こる可能性があります。 論理的な予測と的確な指示は常に考えなければならないことです。 3階建てが飲み込まれることを予測出来なかった または指示がそうするしかなかったという事実があるのであれば、 論理的な説明をお願い致します。

  • 地震、噴火の気象の事で。

    過去の大震災がある前、確か、必ずと言って予兆が出てますよね? 変わった形の雲があちこちで見られるって言われてますよね。 地震観測で事前に異常を観測出来ない時でも、空の雲で予測出来れば、実際に災害が起きた場合、速やかな避難が出来ると思います。 実際に起きるかは別として、発見した市民らが雲の異常を知らせる→各都道府県の気象観測所(気象庁)【異常観測を報告】⇔気象庁・行政【緊急警報を出す】→各都道府県→警察・消防・自衛隊・地方行政機関【避難場所等を確保し、緊急体制に入る】→各自治体→施設や市民に避難場所を知らせる。【災害に備える】 これだと、災害発生時に役立つと思いますが…。ただ、予兆を示す雲を知って置く必要があります。 どこに言って良いものか(異常な雲の事)分からなかったのでお尋ねしました。

  • 映像で判断できない人

    栃木県、茨城県を襲った大雨は東北の宮城県をも被害をもたらしました。これは 50年に一度の大雨災害だそうです。 いち早く避難すれば命が助かることもありますが、ヘリコプターで命からがら助 かった人たちは生きたここちがしなかったでしょう。 これは、避難の大切さを重く伝える教訓にもなりますね。 話は変わりますが、心霊DVDで収録されている悲惨な映像を、作り物だと思いこみ 難くせをつけている連中がいます。 女性が飛び降り自殺をして頭蓋骨が割れて顔が歪んでいるにも関わらず、顔が映像に 映っているのはお約束だと決め付けています。 そうじゃないだろう、頭が割れているのにそんなことを言ってる場合ではない筈です。 それから、呪文を唱えて店長を殺人未遂と自殺にに追い込んだ犯人を「分からないが、 面白いと思う」と書いている。これは面白いなどという範疇に入らない犯罪なのに。 こういう現実を見極めることができない人は、実際の災害に対しても盲目なものです。 家の前が水でいっぱいなのに「これは錯覚だ。夢を見ているんだ」いい続けるに 違いありません。 こういう人間をどう思いますが。イザという時助けなくていいでしょうか。

  • UFO否定論者に聞きたい

    UFO否定論者の学者さんに是非聞きたいことがあります。 宇宙規模の大災害が予測できた時は正直にテレビでその旨を伝えますか?。 例えば、隕石落下。 ロシアに落ちた隕石はソニックブームと言われる衝撃波をもたらしましたが あの程度の被害と言っても甚大ですが、人命が失われなかったことを考えれば あの程度かもしれません。 同等か、それ以上の隕石が落下する危険性がある場合は事前に知らせてくれるの でしょうか。 それともUFO否定論者の学者さんは「我関せず」でしょうか?。

  • 私の町の災害対策について

    只今大津波警報が発令されていて 避難勧告されているのですが、その避難場所に 仮設トイレも、水も、食糧も何も用意されていなく 只その場所に待機しているだけなのです。 海辺の町でこのような非常事態も事前に予測できるはずなのに 町は何も備蓄などしていなかったのです! これって大問題ではありませんか? どうすれば町に危機感をもたせられますか?

  • つゆは本当に明けたのですか???

    7/24現在毎日雨が続いており、山口、九州などは大雨で、 天気図を見るとまだ西日本には前線がある。 つゆ明け宣言後であるが、現実はまだつゆで、 つゆ明け宣言前よりも大雨が続いているという皮肉な状況です。 気象庁はあきらかに間違ったと考えられるので、 つゆ明けをすぐに訂正し、今後の予測を発表すべきと考えます。 訂正しないから気が緩み、災害に結びついているのではないでしょうか。 よく分からないが、気象庁が訂正しているのであれば、 関東はいつ頃、本当につゆが明けるのでしょうか?