解決済み

義理の母が所有する貸家の相続税優遇の適用について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.974225
  • 閲覧数110
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 46% (12/26)

私は、いま社宅に家族4人(妻、子2)と住んでおります。妻の母が自宅の裏に一戸建ての貸家をつくると言っております。貸家の場合、不動産の相続税優遇制度を適用できると聞いておりますが、今回、義理の子である私が、借主になっても、優遇措置を受けられるのでしょうか?
よろしくお願い致します。
(なお、わたしは、宅建の資格を持っております。
専門的な意見でも一応理解できることにはなっているつもりです。)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 62% (547/875)

ここでいう「不動産の相続税優遇制度」というのは、相続評価における「貸家」及び「貸家建付地」による評価のことを指しているのでしょうか?

上記の相続税評価でしたら、ご質問者さまと義母の間で賃貸借契約を締結することで可能です。この場合、賃料が周辺の相場(固定資産税の3倍程度が1つの目安)程度なら問題ありません。

固定資産税程度以下の賃料ですと「使用貸借」になります。使用貸借になりますと不動産の評価は減額がありません。(土地は更地、建物は固定資産評価額で評価されます)

また、義母には不動産収入が発生しますので、原則、確定申告が必要になります。(どなたかの扶養になっている場合には扶養を外れるケースもあります)
お礼コメント
yamayabb

お礼率 46% (12/26)

的確なご助言ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-25 12:05:05
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ