-PR-
解決済み

低圧側での地絡電流について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.972508
  • 閲覧数1020
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (6/6)

地絡電流が流れた時というのは瞬間的より、ある程度長い時間、ゆっくり(何秒間か)流れるものなのでしょうか?
雷やサージ電流なら一瞬にして大電流が流れるという想像は出来るのですが。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 69% (316/454)

地絡の原因は多様です。
漏電の場合は長時間に渡り流れますが、漏電個所の様相により断続することもあります(大気中の湿度やケーブルの水没など天気による影響がある)漏電遮断器の場合限時により保護協調を取ります。(末端は20MA3秒とするが、その上位は10秒とし、その上位は地絡保護は警報のみで遮断しないなど)

落雷の場合、架空送電線であれば雷電流が流れてアークが消えれば絶縁が自然に回復することが多いので長高圧送電線では数サイクルだけ遮断器を開放して雷電流を逃がし、その後再閉路して送電を続行します。


また地絡電流は零相を検出しますがひずみ波によっても生じるため、インバータなどの運転時に誤動作することがあります。
お礼コメント
caldinatz

お礼率 100% (6/6)

参考となるご回答真にありがとうございました。
投稿日時 - 2004-09-02 17:06:34
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ