締切済み

カテゴリデータの集計について(複数回答の場合)

  • すぐに回答を!
  • 質問No.971253
  • 閲覧数72
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 3% (6/172)

こんにちは。アンケートをとりましたが、その集計をどうすればいいのか良く分からなくて質問させていただきます。
今読んでいる本では、年齢別好きなお酒を複数回答してもらう例を見せていますが、その%の計算の方がどうしても理解できません。生データでクロス表を作成したのが。。

    全体 | ウィスキー | 日本酒 | ビール
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全体 | 10  |  5  |   4 | 6
20代 | 3 | 2 | 0 | 2
30代 | 4 | 2 | 2 | 3
40代 | 3 | 1 | 2 | 1

これの%計算したのが、

    全体 | ウィスキー | 日本酒 | ビール
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全体 | 100 |  50  |  40 | 60
20代 | 100 | 66.7 | 0.0 | 66.7
30代 | 100 | 50.0 | 50.0 | 75.0
40代 | 100 | 33.3 | 66.7 | 33.3

ですが、この数値は何をベースにどう計算されて出た結果でしょうか。

よろしくお願いいたします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 73% (1113/1519)

#1です。

>お酒のところの%です。なぜ、50%、40%、60%になったのでしょうか。

それは回答者全体の人数が10人、その中でウイスキー、日本酒、ビールを好きと回答した人が、それぞれ5人、4人、6人だからです。それぞれを回答者全体の人数で割ると50%(5/10)、40%(4/10)、60%(6/10)となります。

>合計のところが100%になってないところも理解できないです。

このアンケートは複数回答可ということですから、例えば全ての人が3つとも好きと答えることもありえます。その場合、全回答者数10人のうち10人が好きだということで、割合は3酒種とも100%(10/10)ということになります。全部足すと300%になりますが、複数回答ありの場合そういうことはありえます。

もしこれが三者択一で「一番好きなものを(必ず)一つ選びなさい」ということであれば、1つを選ぶとその他の酒種は選択できませんから、例えば全体で10人の場合、5人と4人と1人など、足すと全体の人数になります。その場合、各酒種別割合の合計は100%になります。

なお、同じ三者択一でも「一番好きなものを一つ選びなさい。ただし、どれも好きではない場合は無記入のこと」という場合もあります。その場合、無記入の人がいれば、例えば全体で10人で、どのお酒も嫌いな人が6人いた場合、酒種別人数は1人と2人と1人など、その合計が全体の数よりも少なくなり、これも割合を足した場合に100%にはなりません。

足して100%になるのは複数回答なし、どれか一つを必ず選択する、という場合のみです。
感謝経済、優待交換9月20日スタート
  • 回答No.1

ベストアンサー率 73% (1113/1519)

>この数値は何をベースにどう計算されて出た結果でしょうか。
下の方の表は
それぞれの年齢の全回答者数を100とした時の、各お酒の好きな人の割合
を表しています。
例えば、20代について言えば、
全回答者数が3人、ウイスキーの好きな人が2人、日本酒が0人、ビールが2人ということで、それぞれの割合が「そのお酒が好きな人数÷全回答者数」ということで、66.6%(2/3)、0.0%(0/3)、66.6%(2/3)となっています。
複数回答ありということなので、その合計は100%になるとは限りませんので、そのあたりが混乱されている所でしょうか。
補足コメント
hlyoon75

お礼率 3% (6/172)

一番混乱な所は、
お酒のところの%です。なぜ、50%、40%、60%になったのでしょうか。
それと、そうですね。
合計のところが100%になってないところも理解できないです。
投稿日時 - 2004-08-22 13:53:41
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ