• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

社会的存在にする教育とは?

  • 質問No.9708989
  • 閲覧数124
  • ありがとう数3
  • 回答数2

お礼率 45% (588/1284)

社会的存在にする教育とは何なのでしょうか?

例えば、生徒に寄り添う形の教員のドラマ「3年B組金八先生」から「GTO」の
様な教師や、水谷修や義家弘介(議員になり思想転向変な方向に今は行っていると
思うが)や尾木直樹、内藤朝雄等の生徒に寄り添う形の教師も、生徒を野放しにするのではなく、生徒を自立した社会で通用する人間に育てようとしているという事は
解るのですが、彼等は
例えば いじめや非行の問題があると、
1 人間としていじめはいけない
2 教師と生徒という関係はあるが、そこを超えて人と人という関係がある。
(このタイプの教師も尾木のように優しく諭すタイプや(教員時代は尾木ママも
 手こそ出さないが怒らせると怖かったといわれたという話もある)
 教師時代の義家や山口良治等の様に時には手を出す事もある。
 金八も鬼塚も昔の青春ドラマの教師も手を出す事もあるが)
 その優しさや熱意を生徒に伝え、それで社会的存在になる
 (いじめや非行の減少 底辺校の生徒にやる気を出させる)
 という事であると思います。
3 世の中不平等な事もあるが、その矛盾をできる限り薄める様にする。
 だから、野放しにするのではなく一定の秩序が守れば(いじめや非行が減少になる と)、理不尽な事は変えていっても良いという事であると思います。

もう一方で映画「ザ中学教師」やドラマ「女王の教室」や
戸塚宏等スパルタ教育的な感覚を信奉する人は
1 お上は絶対である。
2 その権限を強くして、何であろうと、そこに従わなければならない。
3 その権限により、人は従う、従っておれば、その枠組みでは「いじめ」も
 許容される。「いじめもなくならない 弱いから苛められる、でもいじめに
より「集団の秩序」を乱すとお上に背いたと罰則を受ける」
4 社会的存在にするといっても「所詮社会は矛盾だらけ」
 それを自覚しろ、それが嫌なら社会での上位を目指せ
 (戸塚ヨットスクールではいじめや喧嘩でスクール内でのボスを
 (所詮スクール内でのルールだが)
  それを少し薄め暴力的描写を除き、クラスが一丸と協力して行った
  「ザ中学教師」の駅伝大会の成功例(どちらかというとこれは「金八」や
  「スクールウオーズ」「GTO」等でも 教師が「お前たちにはできる頑張れ」  といい団結させるので、やっている事は変わらないとも思えるのですが)
  (その枠組みで部活動では「全国大会」を目指す 学力を延ばすという道が
  開かれてくるのだと思います。)

前者は道徳的に人間の育成
後者は国家や権力を教える形かと思いますが、
どちらかというと纏めて思うままに動かせるのは後者の方なのでしょうか?
ご回答お願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 10% (445/4069)

後者は、纏めて思うままに動かせるかも知れませんが、戦前教育でしかないと思いますけどね。。。

それと権限、権力を持つと人は変わりやすく
良からぬ問題が起きやすいと思いますけどね。

よは、政治家みたいな教師が増えるわけです。
その教師が人格者で、スパルタだけならまだしも
人格者じゃない教師もいるわけで、そんな人が
権限持つと色々な問題起きます。

現在でも特にこれといった権力や権限なくても
力と立場をふるい回して、献金やら生徒への
セクハラやら良からぬことをする教師はいるわけです。

そこに絶対的な思考を植えつけて支配したら
もっととんでもないことになるのが落ちでしょう。
お礼コメント
hati86424

お礼率 45% (588/1284)

ご回答有難うございました。
それと権限、権力を持つと人は変わりやすく
良からぬ問題が起きやすいと思いますけどね。

よは、政治家みたいな教師が増えるわけです。
その教師が人格者で、スパルタだけならまだしも
人格者じゃない教師もいるわけで、そんな人が
権限持つと色々な問題起きます。

確かに、纏まり統制は取れますが、権力を振りかざし、生徒をその配下に置き、
変な方向に導こうとしたり、政治的利用される形に成ると思います。
共産主義の国家が良い例かと思います。
投稿日時:2020/03/22 17:54

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (1649/8464)

私が、子供を育てる年齢の時に、
尾木さんが、テレビ寺子屋などに出ていて、それらを参考にしていました。

生まれたばかりの子供でも、一人の人間です。
その時の、子供の気持ちになって、対応すれば、良いと、教えられました。

さて、質問の回答として、
前者は、民主主義の考えのもとに教育。
教える側の、能力が高くないとうまくいきません。

後者は、共産主義社会の考えのもとに立っての教育ともいます。
現代の、中国、北朝鮮を、思い浮かべます。
力による、押し付けの、教育。

後者は、一人の、権力者のためのもの、しかし、権力者にとって、常に危険と隣り合わせで生きていかないといけません。
お礼コメント
hati86424

お礼率 45% (588/1284)

ご回答有難うございました。
前者は、民主主義の考えのもとに教育。
教える側の、能力が高くないとうまくいきません。

 その通りだと思います、教える側が常にわが身を顧みていく事が大切かと思います。
 唯、「言動不一致」であったり「根気に負ける」ことがあり、それが上手く行かないと思います。

後者は、一人の、権力者のためのもの、しかし、権力者にとって、常に危険と隣り合わせで生きていかないといけません。
 確かに纏まりますが、それが崩壊した時の危険性は前者以上に大きいと思います。
 だから、北朝鮮はじめ共産主義の国家等は余計に恐怖で支配しているのだと思います。
投稿日時:2020/03/22 18:00
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ