• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

トラックの衝突による家の塀の破壊

  • 質問No.9701465
  • 閲覧数132
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 22% (4/18)

1 トラックが家の塀の左側(門の左側)に衝突し、塀を破壊しました。
2 次ぎに示す要領で修復経費の一般的な算出方法を教えて下さい。
 案-1 左側の塀のみ原状復帰経費+慰謝料
 案ー2 左右の塀の原状復帰(新築から15年経過しているので同じ仕様の塀無し)+慰謝料
 案ー3 塀の原状復帰のみで慰謝料は無し

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (84/276)

物損で慰謝料請求は原則として認められない

損害は、修理費用または事故当時の物品の価値である時価額等で損害額を算出し、金銭で損害賠償されるだけです。これは、物損事故の賠償については、財産的損害が回復されることが目的であり、財産的損害が回復されることにより、被害者の精神的苦痛も癒やされるのが通常であるとの考えから、物損に関して別途、慰謝料請求は認められないというのが理由です。

ただ過去にはこのような事例があります。
墓石が倒壊した事例
霊園内で走行していた車が、運転を誤って、墓石に衝突したことにより、墓石が倒壊したのみならず、納骨されていた骨壺等が露出するなどした事案で、裁判所は、墓地等が先祖や故人が眠る場所として通常その所有者にとって強い敬愛追慕の念の対象となるという特殊性を考慮した上で、被害者に対して慰謝料として5万円の支払いを認めました(大阪地裁平成12年10月12日判決)。
お礼コメント
za6tikng37

お礼率 22% (4/18)

誠に有難うございました。貴回答を参考にして交渉中です。
投稿日時:2020/01/21 13:44

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 22% (2101/9222)

相手が手配する業者は拒否しましょう。
ご自分で納得出来る業者に手配をする旨相手の保険会社へ伝えましょう。
保険を使わず運転手の自腹で修復させるかも知れません。
すると安くあげようとしてとんでもない素人が工事するかも知れまん。
注意して下さい。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 32% (6115/18597)

他カテゴリのカテゴリマスター
人間は痛みがありますので、その痛みを損害とした慰謝料がありますか、壁が壊れても、壁は痛みを感じないとするのが普通ですので、壁などの物に対しては慰謝料は発生しません。

直すまでの間見た目が悪いなどは、慰謝料になりません。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 22% (1163/5080)

他カテゴリのカテゴリマスター
壊れたところを直す費用だけです
慰謝料は取れません

見積だけ取って、その金額だけ振り込んでもらって直さないのは構いません
見積より安く自分で治しても構いません
  • 回答No.3

ベストアンサー率 18% (76/403)

その事故が原因で、不安から不眠症になった。
などであれば色々取れるのではないでしょうか。

被害者が損をする制度が私は嫌いなので、工夫するのは良いことだと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (3274/8540)

他カテゴリのカテゴリマスター
交通事故の損害賠償として請求できるのは壊れた部分の修復費用ですから、工務店などに頼んで修理費用の見積を出して貰い、その見積額を相手側に請求する事になります。
塀が壊れただけの場合は、裁判をしても慰謝料が認められないケースが多いです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ