• 受付
  • 困ってます

温度があがると含むことができる水蒸気量が増える訳

  • 質問No.9677027
  • 閲覧数23
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 37% (124/331)

暖かい夏の方が、冬よりも大気中に含む水蒸気が増えるのは何となく理解できる、というか常識だとおもっていますが、なぜでしょうか?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 0% (0/2)

とてつもなく大雑把に言うと、熱量が増えるとエントロピーが増大するわけで、エントロピーが増大するとちょっとくらい他のものが混じってても気にならなくなってくるということです。
お礼コメント
mathematiko

お礼率 37% (124/331)

回答ありがとうございます。
もしお願いできるのでしたら、どういう分野を勉強したらわかる、というか来会できるでしょうか。
投稿日時:2019/11/10 22:31
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (563/2465)

かなり大雑把で簡単に説明しますと気体や液体は温度が上がると密度が低くなり下がると密度が濃くなります。
密度が低くなると言うことは分子と分子の間の隙間が広くなると言うことで逆に密度が高くなると言うことは分子と分子の間の隙間が狭くなると言う事です。
隙間が広くなるとその間に他の分子が入り込む余地が出来ると言うことになります。

空気の温度が上がれば水蒸気などを低いときと比べるとより多く含むことが出来ます。
水よりお湯の方が砂糖などが溶けやすいと言うことと同じだと考えてもらえば良いと思います。
お礼コメント
mathematiko

お礼率 37% (124/331)

回答ありがとうございます。
もしお願いできるのでしたら、どういう分野を勉強したらわかる、というか来会できるでしょうか。
投稿日時:2019/11/10 22:30
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ