• 受付
  • 困ってます

タナトフォビア

  • 質問No.9676967
  • 閲覧数107
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5

お礼率 0% (0/5)

こんばんは。
16さいの高校生です。
私はいまタナトフォビアに近い症状で悩んでいます。

といっても自分はまだ軽い方でお医者さんにもかかっていません。
ただ、ふとした時に死に対して考えてしまったり、死んだあとにどうなるのか考えてしまって体中をさすったり息が荒くなってしまったりします。

具体的に言うと死んでからの永遠がこわいんです。
永遠はよく聞く言葉ですが、果たして終わりがないというのはどういうものなのか、死んで、生まれ変わって、死んでを繰り返して果たしてそれはどこまで続くのか、宇宙の終わりなのかそれはいつなのか……と、こう考えてしまうんです。

こうなるともう止められなくて友達と会話していても家でご飯を食べていてもなにも頭の中に入ってこなくなってしまいます。

まわりに相談しようにも相手を困らせてしまうし、ネットで調べて理解しても感情がついていきません。

いちどどこかへ相談すべきでしょうか?

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 22% (706/3150)

悩むこと自体を是とし、日常は自分のなすべきこと、高校生なら多分大学受験に集中して生きて下さい。

青春の間悩むことは通過儀礼であり、自分の成長に絶対必用な経験です。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 12% (705/5643)

不安なのは今生きていることなのでは。今できることを丁寧にやってみる。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 3% (1/31)

死んだら何もかも終わり。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (260/531)

他カテゴリのカテゴリマスター
貴方の主観、自意識のみを問題にするならば「死んでからの永遠」などはありません。何もないんです。
人間の自意識というのは、全て脳の中の電気信号によって成立しています。それが停止し、復元できなくなるのが死です。
いえ、正確に言えば永遠という物自体はあります。この宇宙自体は貴方の生死とは別に存続していくわけですから。ただそれを「貴方」は見聞きする事はできまん。感じる事も考える事もできません。
感じられないのですから、それに対して恐怖する必要はないのです。
それが死ぬという事です。

とまあ、こうした程度の話であればカウンセラーの方々であればソツなくこなすでしょうし、それで楽になれるかもしれません。
ただ個人的には、誰かに相談するよりも古今東西の「哲学」や「宗教」が貴方が抱えている疑問や恐怖にどう取り組んできたかを知るのがいいと思います。そうして貴方なりの回答を見つけるのがいいでしょう。

ウィキペディア程度でも色々と面白いですよ。まずこれを一読してみて、気になる考え方があればそれを個別に掘り下げてみてみると色々と楽になるかもしれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB#哲学と死の受容
  • 回答No.1

ベストアンサー率 13% (54/396)

セオリー 精神科
番外編  ブラックジャック
まあオナッて風呂入って寝るだわな
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ