• 締切
  • 暇なときにでも

セキュリティのために隠し(監視)カメラ?

  • 質問No.9626886
  • 閲覧数178
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

 ビルや商業施設などはセキュリティ上監視カメラが設置されていますが、監視目的で「隠しカメラ」を設置することってあるんでしょうか?
 例えばトイレの場合、通常その出入り口が映るようカメラが設置されていますが、中にある(まぁ個室はともかく)洗面のコーナーとか、鏡ごと映るようにしたりとかってあるんでしょうか。出来なくはないと思うし意義もあるとは思うのですが、問題ありでしょうし...ご存知の方よろしくお願いいたします。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 29% (5453/18502)

他カテゴリのカテゴリマスター
火災報知機と全く同じ形をしたカメラがありますよ。場所によってはカメラが存在することを知られたくない場合もありますからね。
あとは他の人も指摘するダミーカメラもありますね。10か所カメラが設置してあるけれど、そのうち本物は4個だけとかってよくありますよ。カメラも高いですからね。
見分けるのは難しいです。だってそんなに簡単に見分けられたら、火災報知機のフリをしたりダミーを使う意味がないですからね。確実にいえるのは、カメラがくるくる動いているのは本物で間違いないってことくらいですね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 47% (661/1406)

大手飲食店勤務です。
トイレって盗みがすごく多いんですよねえ……。
女性用トイレにはサービス向上のために生理用品とかメイク用綿棒とかも少数ですが置いております。
あと、季節物の小物とかも(観葉植物やクリスマスやハロウィンの飾りとかお子様用の品とか)
そういうのを取っていく人がいる。
生理用品とか綿棒ぐらいならまだ理解できる。
けど植物や鏡につけている飾りまで取っていく人がいる!(小さくないのに!)
ほんっとうに何でも盗まれるんですよ。トイレは盗りやすいのかもしれませんが、それでも店側は困るわけで少しでも対策をしたい。
だからプライバシーの侵害にならないように出入り口だけでもカメラを設置している場合があります。
あと、トイレに関しては子供さんが知らない人に連れ込まれた事件もありますからね……。
他人から見えない公共の場所というのは、どうしても犯罪の温床になりやすい場所なのかもしれません。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 26% (1454/5413)

 銀行のATM(現金自動支払機)は真正面に監視カメラが取り付けてあって、お金の出し卸しをする人の顔写真を撮っていますし、天井から監視カメラが提げてあって、預金の引き出しをする人を監視しています。銀行員が見ているモニターカメラに写真や映像が映っているのが見えるはずです。

 世の中は監視カメラだらけですよ。ビル街を歩いていると、どこかで監視カメラに撮影されています。ビル内に入ると必ず監視カメラに撮られています。コンビニやスーパーなどの店舗内にも監視カメラが付けられています。監視されていない場所の方が少ないぐらいですよ。

 一般住宅でも門柱、玄関などの入り口には監視カメラが付けてある例がほとんどです。私の家の門前にも監視カメラが付けてあります。今の世の中は監視社会になっているのです。法律で保障されている肖像権なんて有名無実です。

 監視と盗撮の区分けが法的な問題になっているわけで、ローアングルでスカートの中を撮ろうとする監視カメラの設置は盗撮になるので禁止されているようです。高所から見下ろす形の監視カメラは合法のようです。風呂、脱衣所、トイレなどのプライバシー侵害になる場所への監視カメラの設置は禁止されています。

 今後、ドローンや犬型ロボットなどを使った盗撮が今後、問題化する可能性があるでしょうが、すでに携帯やスマートフォンを使う盗撮が相次いでいる現実がありますし、監視カメラが無い社会の実現は不可能な時代になっているように思います。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (231/848)

勘違いしてしまう人も多いのですが、監視カメラと防犯カメラの目的が違います


防犯カメラはあくまでも「防犯」となりますから、犯罪の抑止力です

書かれているトイレの例は、防犯の目的となります

コンビニの天井にあるのは監視カメラですが、コンビニのレジの上にあるのは防犯カメラです

ご質問は意義(目的)ですから、監視目的と防犯目的を区別すると良いと思います

※実際、レプリカ(ダミー)のカメラを防犯として設置している場合がありますし、その場合は条例などは関係ありません
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (472/2124)

街頭防犯カメラであれば、設置・運用方法が「都道府県警」および「管轄公安委員会」によって定められています。
私有地や商業施設の場合には、個人情報保護法の18条(取得に際しての利用目的の通知等)の項目によって、情報の利用目的が明らかであると認められる場合を除いて、個人情報が取得される本人に利用目的を通知または公表しなければならない、と規定されています。これによりその利用法をポスターなどで、防犯カメラ作動中であることを告知しておく必要があります。
トイレや更衣室だと個人情報保護より軽犯罪法違反になるでしょうね。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ