回答 受付中

GI値が低い炭水化物は吸収率が悪いということ?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9586748
  • 閲覧数70
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 52% (9/17)

最近栄養学について興味を持ち始め、GI値について疑問を持ったので表題のような質問をさせてください。

まず、私はGI値を以下のように算出できると認識しています。
「GI値=(「試料」摂取時の血糖値上昇曲線の面積/「ブドウ糖」摂取時の血糖値上昇曲線面積)× 100」
[Wikipedia グリセミック指数 より https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8C%87%E6%95%B0 ]
つまりGI値は血糖値の急上昇急降下を判断できる値ではなく、血糖値がどれだけ長く・高く上昇したかを判断できる値と認識しています。
(測定方法は違えど日本GI研究会が示すような測定方法があることも認識しています。Wikipedia・日本GI研究会どちらに記述されている算出方法も血糖値の急上昇急降下を測れないとの認識です [日本GI研究会 より - http://www.gikenkyukai.com/protocol.html ])

また、人間が炭水化物を摂取したとき、以下のように吸収されると認識しています。
「消化の過程で糖質はブドウ糖になり、小腸で吸収された後、肝臓に運ばれ、肝臓から血液を通して各組織でエネルギーとして使用される。(肝臓から各組織へブドウ糖が運ばれる際に血糖値が上がる)」
[国立循環器病研究センター病院 栄養に関する基礎知識 より http://www.ncvc.go.jp/hospital/pub/knowledge/diet/diet01.html]

これらの前提から「GI値が低い炭水化物は計算上のカロリーはあっても小腸で吸収されにくいため血糖値が上がりにくいのでは?」と考えました。
よって「GI値が低い炭水化物はカロリーに対して吸収率が悪い」と思ったのですがこの考えはあっているのでしょうか?

(余談ですが低GI値食品によるダイエットが低糖質ダイエットと変わらないように感じています・・・)

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (391/1036)

 栄養の専門家ではありませんが、糖尿病の合併症の悪化は血糖値の乱高下が大きなリスクです。それを踏まえて、GIは血糖値の急激な上昇の起こりにくい食品群を評価するための指標として考えられました。したがって、正確には「吸収が悪い」と「吸収が遅い」の二つの要素があります。GIの意味から考えて特に後者が重要です。そうすればGI≠低糖質であることが分かるでしょう。炭水化物の分類や定義も理解しましょう。
お礼コメント
error503

お礼率 52% (9/17)

ご回答ありがとうございます。

「吸収が悪い」ことについては納得感があるのですが、「吸収が遅い」ことについてはまだまだ理解が及んでおらず、難しいなと感じております。まだまだ学ぶ必要がありそうです。
血糖値については糖尿病というキーワードから調べてみるのも新たな発見がありそうですね。
加えて、そもそも炭水化物とは?糖質とは?という点についてもちゃんと学んでみようと思います。
有益なご教示ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-02-13 21:02:11
たいせつな将来のこと。あえて、知らない人に聞いてみよう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ