締切済み

国防論の合理性

  • 困ってます
  • 質問No.9566194
  • 閲覧数111
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (518/518)

 国防論にも合理性が論理に必要だと思います。
 自衛隊を増強すべきでないと考える相手を説得するのですが、国防の大きさの目標と効率と経済について国防論を語るという先輩に尋ねたら、彼には答えが用意できていませんでした。
 彼には合理性が無く、他国例えば中国に襲われるという強迫観念という感情だけに突き動かされて国防論を話す人でした。
 国防論を豪胆とか、楽観とか、臆病とかの情念では語れません。

 論理には合理性がないとひとを説得も出来ぬと思います。
 そこでお尋ねします。
 日本の戦力はどの国とどの国の間に位置するべきか、どのくらいの費用とGNPに対する割合にするべきかお答えください。
 たとえば中国とかつて戦争状態にあった台湾が、いままた対中国外交に侵略、国家存亡の危機を迎えていますが、日本は台湾以上の戦力を持つのか同程度なのか、目標戦力の大きさはどうでしょう。

 たとえば戦力を比較したジェーン年鑑というのがあると聞いた覚えがあります。
 最適な情報源にはジェーン年鑑じゃないかもしれませんが、どの情報源を用いるか、どの尺度にするか、そして日本は現在何番目で、現状の情勢で戦力の大きさが何番目になるべきか、またはどの国とどの国の間に位置するべきか、どのくらいの費用とGNPに対する割合にするべきか、上記についてあなたのお考えaを聞かせて下さい。
 今の国防論にそういう観点が欠けているように見えます。

 ところで軍隊は社会に働きかける企業組織のひとつです。だから経済と効率を企業として自衛隊も日本軍も考えるべきでしょう。

 たとえばアメリカ軍では物量差、面積差、人口差、産業経済差、戦闘経験量という国力差で他国を圧倒しています。
 それら以上にアメリカ軍では最大効率をもとめて進化増強を毎年繰り返し、軍産学協力して軍の経営を行っているようです。
 クオリティを高める構造組織とそれを毎年行動に継続する力がアメリカにあります。
 これがアメリカには最強の軍事力がある理由の1つでしょう。
 アメリカ軍には物量差の様な日本にまねのできぬ部分と、クオリティ改善活動のような見習わねばならぬ部分があるのです。
 見習うためには合理的国防論をするために国防力規模の大きさの目標と効率向上の目指す仕組みと軍の経済について語らねばいけないとおもいます。
 それが上記aの問いの理由です。

 そして日本では守備力が必要とされています。
 日本に必要な戦力は以前の太平洋戦争時代の様な侵攻力ではありません。
 ところが日本の歴史には守備力の大きな組織が今までありません。
 たとえば自衛隊は天皇の部分に総理大臣と名が変わっただけで、太平洋戦争時のままの形態の組織です。
 
 天皇のために海外の他国を侵攻する兵はたくさんいて、かつては組織もあったのは確かです。

 侵攻力と守備力は軍の働きを二分するのですが、太平洋戦争後の日本は天皇ではなく、民衆を守らねばならないので、戦前の軍隊と組織の在り方、働き方とは全く別の目標と評価方法を現在の自衛隊には持たねばならないはずです。

 民衆を守り、海に囲まれた日本の輸送を守り、家族の命を守る専守の軍をどのようにして組めるのか、どのようにしてかつての侵攻に偏った軍隊様式から脱却できるのか、その専守防衛の精神を組織として維持されるように担保されるのか、自衛隊保持反対派に示すにはどのようにしたらよいか質問Bにお答えください。

 旧態の日本軍と同じ組織であれば、日本人の性状と群集心理の生み出す結果は、太平洋戦争時代の結果と同一にしかなりようがありません。

 旧態依然の軍隊方式では日本軍増強反対派を説得するのは無理でしょう。
 旧態の日本軍は民衆に危害を加え、丸腰の民間船を海に送り出しました。
 ただのいちども民衆や輸送船団の安全を守った事がありません。
 そして大将が戦線離脱、敵前逃亡しても大将は罰さえ受けず、捕虜に対しても、人間として扱わず、将のあるものは捕虜を狩りの対象として喰らったのです。
 断罪し、反省する組織、向上対策を生み出す組織に日本軍を変革できねば反対派を説得できません。

 質問aとBにお応えをお願いします。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 21% (231/1054)

話ずれてすいませんが、陸海空の軍隊も大事だけど、
これからの(すでに始まっている)戦争はサイバーセキュリティ戦争ですよ。

日本の電気、ガス、水道、銀行、電話、軍隊のコンピュータネットワーク
その他の社会インフラから、サイバー攻撃を防ぐのが超大事です。

銀行のコンピュータネットワークがサイバー攻撃されたら、
それだけで経済にダメージでるし。

自衛隊のコンピュータネットワークがダウンしたら、戦闘機も空母も
ただの鉄の塊でしょ。
補足コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

 脅威には悪夢のなかの非現実を含め多数あります。
 脅威に対する策が、現実に意味ある行動で目的を持ってワンステップずつ、たった今から日程表に書き込め、そして中途の段階に数回達成度を確認し、目標に実際に達する行動が、国策には必要です。
 行動、確認方法、目的が現実にいま存在しないなら、空想にしかすぎません。
 お金をかけても空想は実現できないので国策にはできません。
 サイバー攻撃とは多量な無駄情報や雑音をネットの輻輳混乱を狙うのでしょう。
 それを防ぐにはどのような方法が実際にあるでしょう。
 方法が無いなら、その脅威は空想では存在するだけで、国策にはできません。
 なぜなら、いくら大金のお金を用意してもサイバー攻撃に対抗できる対策が買えないので無駄を許さぬ国策にはできないのです。

 人を納得させ説得するには論点をそらさず、合理的に正しい順序された論理が必要です。
 それとちがって論理で駄々をこねる幼児を説得するのは無理です。それは幼児がもともと論理を理解する能力をまだ獲得していないからです。

 いま先輩が唱えた国防論には第一に具体的な守備力の規模、例として具体的に世界の中の、軍備規模をどの地位に高めるか、順位が不足しています。そのため目標が具体的でないと軍備反対の世論を説得できません。
 あやふやな目標しかないので幼児の様な駄々をこねるわけにいかない私は軍備反対派に論破されてしまいました。

 次に第2の問題が通過できません。論破されてしまうのです。
 日本には今まで軍隊が国民を守備した事が無いそうです。
 小さな紙一枚の赤紙で父兄を連れ出され、出兵する前に命を失ったり、玉砕せよと激戦地では命を捨てられました。
 命のあるうちに助けられたことがないのです。
 食糧を用意しない長期の過酷な作戦では大将の無謀な作戦で兵を失ったのに大将には咎もなく恩給を受けます。
 私の父は召集兵なのに軍功を多く上げ昇進を重ねましたが恩給はありませんでした。不公平なままです。
 
 沖縄では米軍の弾幕に追われて死んだ民衆より、日本軍により殺された民衆の数が断然多かったのです。
 内地でも外地でも兵に敵に追われると、真っ先に軍は逃げ、追いつかれれば、立場の弱い家族の少ないものから選んで婦女子を敵将の接待に差し出しました。

 結局今国防に必要な守備力が旧態依然の組織の自衛隊や日本軍には備わっていないと分かります。
 すると国防を日本軍に期待するのは無謀で無理な期待と分かります。

 実績のない日本軍の守備力に民衆を守る力を期待する事ができません。
 日本軍の天皇の代わりに総理大臣を継げ変えただけの自衛隊の組織形式ですから、組織に改善もありません。
 同じ組織ならば、同じ環境におおかれれば、民衆心理や集団心理は同じに働くので、同じ結果が見込まれます。

 過去にアジアの人民の開放のためという他人のためでなく、兵は天皇のために外国を鋭く侵攻侵略した事実はあります。
 このため国防増強論は論破されてしまったのです。
 
 これから未来に国防のための軍備はもっぱら日本を守備するためでなくてはなりません。なぜなら他国を侵攻したり侵略したり、真っ先に開戦するつもりはないのですから。

 すると第3の論点でまた論破されてしまいました。
国防、守備力増強のために軍備を持つのなら、クオリティを毎年毎年確認し、最適化のための手段を持てと軍備反対派がいうのです。
 これにも今の自衛隊にもかつての日本軍にもない運営方法と組織なので合理的な論理による反論ができず論破されてしまいました。
投稿日時 - 2018-12-21 21:01:51
お礼コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

回答者は耳が速いですね。ありがとうございます。ニュースではサイバー攻撃と宇宙への作戦対象の拡大を聞きますが、いまはその話はおいて、設問abにお答えをお願いします。
投稿日時 - 2018-12-14 10:46:41
感謝経済
  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (36/148)

軍事行動(国防)に合理的や倫理的などは必要ありません。人格や性格などがポイントです。
良くも悪くも全て直感であり、結果を求めることなく全て迅速に臨機応変に対応しなければ任務を遂行することは難しいです。
つまり、この手には学問的な事は全く通用しないことを理解すべきです。
軍事行動に一番良くないのは、赤信号で真面目に停止してしまう教科書通りの行動を全て正解だと崇高していること。 また、時間費やして決断しても遅いのです。
間違っても何でも即決する指揮官なら下級指揮官が優秀なら正しい方向へ修正してくれるわけです。
即決すればするほど修正する時間が長くなるし、次の行動の準備が出来ます。

大体、何事にも迅速に行動する者は、全ての行動に関連性があり、合理的に行動することが多いですね。

時には、「おっ?これならは!」と状況を判断し信号無視を平気でやってしまうチャレンジャーは軍人に最適です。
過去に戦果を有終に飾った指揮官の殆どはキチガイが多いです。

前置きはここまで!
では、本題です。

まず、国を守る専門な組織が存在することが国防の基本です。
外国では、通常、「軍隊」であり、日本では「自衛隊」となるわけですが、軍隊なり自衛隊がいるわけですから、外敵となる他国の軍隊は攻めづらいわけなのです。
軍隊などの存在自体が抑止力なる土台ということを知るべきです。
そこに、核兵器なり弾道ミサイルなり空母なりを保有することは、それらを保有する能力が無いと保有することは不可能です。
保有不可能の場合は、現在の日本や韓国、台湾などのようにアメリカなど保有している国と軍事同盟を締結しておけば抑止力となります。
様々な国と軍事的な締結をやっておけば軍拡は必要なく最小限度の軍備で賄えます。
複数の国と軍事同盟を締結しておけば、自国で核兵器もミサイルも空母もいるかな?
現在の日本が正にこの状況です。
安部政権下で日本はアメリカ以外の他国と軍事的な締結をしました。
先見性の判断です。
この判断は正解に近いと思います。
日本には直接な軍事装備は必要ありません。必要なことは、法的整備と情報能力、外交能力、そして、何より重要なのは国民の国防意識改善です。
現在の自衛隊の状況ですが、かなりの人員減です。つまり、隊員不足と言うことです。その対策として年齢制限緩和で募集増加を図りましたが失敗です。その次に体重制限緩和や定年退職延長も検討中(マスコミは「やる!」と発表してますが、実はまだハッキリと中身は不透明な状態です)
隊員不足の自衛隊で軍拡は出来ません。装備増強しても扱う隊員が居ないのです。
合理的倫理的に考える以前に日本の国防に問題があるわけです。
その問題の対策はもう国内では不可能であり、他国の協力が必要となります。
自衛隊が中国解放軍やロシア軍との交流を盛んに行い、普段から友好関係を築いておけば正もない軍事的な衝突は避けられます。
マスコミは一切報道してません(1社のみ有り)が一度だけ、PKO関連ですが、中国解放軍と合同演習をやってます。現在、自衛隊は韓国軍やロシア軍との交流はありますし、両国軍の参謀クラスの将官を招いたこともありますし、また、自衛隊は積極的に中国解放軍との交流を図ってます。また、中国解放軍からの要請もあるようです。自衛隊を基軸に東アジアの各国軍隊での中での親善交流は盛んに行われており、現在のところは良好です。
北朝鮮と韓国が今以上に関係改善となって次々と様々と解禁となり、長い年月は必要ですが、北朝鮮の人民軍と自衛隊との交流も夢ではありません。
各国軍隊との交流の件を述べたのは、現場では、小競り合いを避けていることです。
自衛隊と韓国軍が今まで小競り合いが無かったことは、正にこの親善交流の成果です。
だから、安部政権は他国との軍事関係を強化したわけです。
安部政権のメンバーをご覧下さいな!
海外勤務経験のある自衛官出身が最多ではないですか?

あと、日本の問題はマスコミです。
日本近海を他国の艦船が領海をどうのこうのうと騒ぐような報道をしてますが、報道するのは構わないが、今でも戦争が始まりそうな報道は過剰です。北朝鮮のミサイル報道の時は煽りすぎです。あの報道ぶりなら何時か必ず大した事が無くても国内がパニクりますよ。
現場では、マスコミとは裏腹に至って平常より少し違う感覚であり、そんな緊縛した状況ではありませんでした。

本当にあのマスコミの過剰報道ぶりなら、何時かは国内がパニクって、自衛隊の行動も邪魔するでしょうね。
日本のマスコミは危機管理には向いてません。

日本の軍備増強において、必要であっても現在は不可能です。まず、現在の自衛官定数を充足することが先決です。
まず、そこをクリアしないと先の問題次の課題などへ進みません。
もう一度言いますね。
隊員募集増加策が先決です。
補足コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

おっしゃる様子から見ると守備力に必要な要件を自衛隊は持っていないようですね。
投稿日時 - 2018-12-14 11:17:32
お礼コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

ご回答ありがとう。
おっしゃられた「日本には直接な軍事装備は必要ありません。必要なことは、法的整備と情報能力、外交能力、そして、何より重要なのは国民の国防意識改善です。 ・・日本の国防に問題があるわけです。
その問題の対策はもう国内では不可能であり、他国の協力が必要となります。」のご意見は参考させていただきます。
 質問abへの回答もよろしくお願いします。
投稿日時 - 2018-12-14 10:55:23
  • 回答No.2

ベストアンサー率 45% (309/672)

 国防費の決定に合理的論理が必要というお話は、もっともらしく聞こえますが、国防費に限らず国家予算の配分に合理的根拠はありません。あり得ません。
 多くの人々の感情の総和と少数の人の力関係で決まってきます。
 安倍総理はタカ派ですので、中国や北朝鮮の脅威を強調する論陣を張って、国防族の動きやすい環境を作り、国防費を増額しようとしています。
 もし、総理が変わり与党内の力関係が変われば国防費も変化してきます。
 そんなもんです。
 外国の脅威など数値化できるものではありません。
 東西冷戦のころ、ソ連の軍事状況について、いろいろな憶測が飛び交いました。
 冷戦が終わって正しい情報を知ることができるようになって冷静な分析が行われると、まあ大したものではなかったという結果になりました。
 他の方の回答の通り情報の収集に最大限の予算投下をすべきだと思います。
 あなたの先輩の方は、現実をよく見ている方かもしれません。
補足コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

おっしゃるように「外国の脅威など数値化できるものではありません。・・軍事状況について、いろいろな憶測が飛び交いました。・・正しい情報を知ることができるようになって・・まあ大したものではなかったという結果になりました。・・情報の収集に最大限の予算投下をすべきだと思います。あなたの先輩の方は、現実をよく見ている方かもしれません。」
ということですから、その要件をもたない自衛隊だから、それならば自衛隊では守備に適さないということですね。
投稿日時 - 2018-12-14 11:22:20
お礼コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

ご回答ありがとう。
おっしゃられた「国防費に限らず国家予算の配分に合理的根拠は・・あり得ません。・・少数の人の力関係で決まってきます。安倍総理はタカ派ですので、中国や北朝鮮の脅威を強調する論陣を張って、国防族の動きやすい環境を作り、国防費を増額しようとしています。」
はなるほど日本の現実でしょう。
 それでも対空ミサイルで潜水艦は撃てません。弾薬装備は相手の戦力の中心に合わせなければ無駄です。
 たとえば戦艦大和、戦艦武蔵という巨艦作成で国内に希少な燃料と鉄を無駄にした上に国民の生活を疲弊させた的外れな出費などが無駄の事例です。
 かっこのよさから大和や武蔵は好きですが、役立たずではしょうがありません。
 投資の中心を考えて、効率の向上を目指すべきです。
 合理性が無ければ国防の説得ができません。そのために欠かせない質問abの回答をよろしくお願いします。
投稿日時 - 2018-12-14 11:10:21
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (3739/13254)

他カテゴリのカテゴリマスター
まず、GNPで国防費を算定するという事自体に非合理性を感じます。
リスクに対するコストですから、GNPは関係ありません。
仮に、今の時点で中国が日本に侵略してきて制圧したとしたら、日本の工業力は壊滅的な打撃を受け、GNPなど最貧国レベルに落ちます。過去の例でもそうだったでしょう。日本には資源が無いので、戦争で破壊されたらGNPなど絵に描いた餅になるのです。
GNPで算出するのは、それが実際の支出の際には現実的だからであって、防衛のためのコストから算出された訳ではありません。
誰かさんが日本の負担をGNPを基準にして求めるのだって、要はカネがあるんだからその分出せというだけに過ぎません。それが実際に必要だからではないのです。

現状、日本を守っているのは何でしょうか?
三種の神器もあまり役に立っていないようです。まあ、問題はそれを使っている人なのだと思いますけど、w
自衛隊ですか?ホントにそうですか?
そりゃ、確かに抑止力やスクランブルもやってますが、北朝鮮の、あんなしょぼいミサイル数発でおたおたしてますね。そもそも、北朝鮮にどれほどのアセットがいるのでしょう?今は情報時代です。ハードウェアより情報の方がよほど重要です。真珠湾攻撃も空母を逃した事で決して大成功とは言えないし、ミッドウェーはご存じの通り惨敗です。何が悪かったか?情報を得られていなかったからです。今でも同じ。北朝鮮が何を考え、何をやろうとしているのか、ここの情報が最重要であり、イージス艦より費用をかけるべきなんです。戦車など全く出番はありません。イラク戦争ではっきり露呈したように、現代は戦車の使い道は丸腰の民衆を脅すだけです。丘の陰からの肩持ちのTV誘導ミサイルであっさり全滅します。まさにファミコンゲームそのままです。
イージス艦は、小さな漁船に衝突されればお終いです。ちょっと前にあったように。爆薬積んだ無線誘導のゴムボート一隻あればいいだけです。ゴムボートじゃレーダーだって捉えられません。目視した時は手遅れ。
ソフトウェアが大事なのです。ハードウェアは付けたしでしかありません。
それには人材を育てなければなりません。防衛奨学金とかあるか?ちょっとだけね。

さて、話がだいぶそれましたね。
今、活躍しているのは海上保安庁だけです。海上自衛隊も援護はしているようですが、もちろん戦端を開くわけにもいかず、傍観してるだけです。
海上保安庁の予算は2千億円。これで尖閣を防衛し、海上交通を整理し、遭難救助まで全部やってます。これで十分とは言いませんが、このぐらいのレベルで良いという事です。海上自衛隊は1兆1千億円。有り得ません。無駄遣いしすぎです。ゴムボートを買えば良いのです。ww
補足コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

 人を納得させ説得するには論点をそらさず、合理的に正しい順序された論理が必要です。
 それとちがって論理で駄々をこねる幼児を説得するのは無理です。それは幼児がもともと論理を理解する能力をまだ獲得していないからです。

 いま先輩が唱えた国防論には第一に具体的な守備力の規模、例として具体的に世界の中の、軍備規模をどの地位に高めるか、順位が不足しています。そのため目標が具体的でないと軍備反対の世論を説得できません。
 あやふやな目標しかないので幼児の様な駄々をこねるわけにいかない私は軍備反対派に論破されてしまいました。

 次に第2の問題が通過できません。論破されてしまうのです。
 日本には今まで軍隊が国民を守備した事が無いそうです。
 小さな紙一枚の赤紙で父兄を連れ出され、出兵する前に命を失ったり、玉砕せよと激戦地では命を捨てられました。
 命のあるうちに助けられたことがないのです。
 食糧を用意しない長期の過酷な作戦では大将の無謀な作戦で兵を失ったのに大将には咎もなく恩給を受けます。
 私の父は召集兵なのに軍功を多く上げ昇進を重ねましたが恩給はありませんでした。不公平なままです。
 
 沖縄では米軍の弾幕に追われて死んだ民衆より、日本軍により殺された民衆の数が断然多かったのです。
 内地でも外地でも兵に敵に追われると、真っ先に軍は逃げ、追いつかれれば、立場の弱い家族の少ないものから選んで婦女子を敵将の接待に差し出しました。

 結局今国防に必要な守備力が旧態依然の組織の自衛隊や日本軍には備わっていないと分かります。
 すると国防を日本軍に期待するのは無謀で無理な期待と分かります。

 実績のない日本軍の守備力に民衆を守る力を期待する事ができません。
 日本軍の天皇の代わりに総理大臣を継げ変えただけの自衛隊の組織形式ですから、組織に改善もありません。
 同じ組織ならば、同じ環境におおかれれば、民衆心理や集団心理は同じに働くので、同じ結果が見込まれます。

 過去にアジアの人民の開放のためという他人のためでなく、兵は天皇のために外国を鋭く侵攻侵略した事実はあります。
 このため国防増強論は論破されてしまったのです。
 
 これから未来に国防のための軍備はもっぱら日本を守備するためでなくてはなりません。なぜなら他国を侵攻したり侵略したり、真っ先に開戦するつもりはないのですから。

 すると第3の論点でまた論破されてしまいました。
国防、守備力増強のために軍備を持つのなら、クオリティを毎年毎年確認し、最適化のための手段を持てと軍備反対派がいうのです。
 これにも今の自衛隊にもかつての日本軍にもない運営方法と組織なので合理的な論理による反論ができず論破されてしまいました。
投稿日時 - 2018-12-21 21:08:17
お礼コメント
masaban

お礼率 100% (518/518)

ご回答ありがとうございます。
おっしゃられた「自衛隊ですか?ホントにそうですか?・・朝鮮にどれほどのアセットがいるのでしょう?今は情報時代です。ハードウェアより情報の方がよほど重要です。・・何が悪かったか?情報を得られていなかったからです。今でも同じ。北朝鮮が何を考え、何をやろうとしているのか、ここの情報が最重要であり、イージス艦より費用をかけるべきなんです。・・爆薬積んだ無線誘導のゴムボート一隻あればいいだけです。ゴムボートじゃレーダーだって捉えられません。目視した時は手遅れ。ソフトウェアが大事なのです。・・それには人材・・今、活躍しているのは海上保安庁だけです。・・海上保安庁の予算は2千億円。・・このぐらいのレベルで良いという事です。海上自衛隊は1兆1千億円。有り得ません。無駄遣いしすぎです。ゴムボートを買えば良いのです。」
はそのとおりですね。
 守備の目的に合った装備と組織、クオリティの向上のための運営方法が日本には必要ですね。
投稿日時 - 2018-12-14 11:29:06
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ