• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

昆虫(蛾???の仲間)の名前を教えて下さい。

  • 質問No.9557860
  • 閲覧数76
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (573/573)

 写真の昆虫(蛾???の仲間)の名前を教えて下さい。

 6月16日に、札幌市近郊の森林公園で撮影しました。キク科のアキタブキの葉に止まっていました。大きさは、写真では分かりにくいかも知れませんが、ちょうど10mmです。

 蛾の仲間だとすれば、マダラガ科の「ブドウスカシクロバ」、あるいは「オオスカシクロバ」当たりか(私の使用している図鑑から(*^_^*))、とも思ったのですが、他種の可能性も含めて確信が持てません。

 なお、私の使用している図鑑では、「ブドウスカシクロバ」は、27mm前後、「オオスカシクロバ」は、21mm前後と記載されており、質問の写真の個体とはかなり差があります。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 70% (939/1339)

生物学 カテゴリマスター
画像の印象から恐らくは「ブドウスカシクロバ (Illiberis tenuis Butler,1877)」で間違い無いかと思います。もう1つの候補である「オオスカシクロバ (Illiberis psychina Oberthür,1880)」の方は、もっと全体的に色味がくすんだ茶色っぽい様な煤けた感じで、この画像の個体の様に吸い込まれる様なクッキリとした美しい黒色にはならないので。

またこの画像の個体の胴体や胸部などにチラチラと金属光沢のある美しい瑠璃色(青色)が見えていますが、これもブドウスカシクロバの特徴でオオスカシの方には全くその様な美しさが出ませんね。またオオスカシの羽根は他の蛾に比べれば透き通っていますが、スカシバ種の中ではいまいちというかこの画像の個体の様に完全に透明になりません。言葉は悪いですが全体的に薄汚れた感じがします。

- ブドウスカシクロバ http://www.jpmoth.org/Zygaenidae/Procridinae/Illiberis_tenuis.html
- オオスカシクロバ http://www.jpmoth.org/Zygaenidae/Procridinae/Illiberis_psychina.html

あとこれは自分は詳しくないのですが、確か口吻の色が「白:オオスカシ、黄:ブドウスカシ」では無かったかと…。この画像の個体は黄色いので、それが正しければやはりブドウスカシクロバという事になりますね。またいずれの場合でも、触覚の形状からこの画像の個体はオスであると思われます(触覚が全体的に櫛状になって大きく開いている)。

どちらの種も北海道に分布生息し、同じく果樹園のブドウの葉を幼虫が食害する害虫ですね。野外のブドウ科植物(ヤマブドウなど)に発生する事はほとんど無く、人間が育ててる果樹園のブドウで大発生します。他にも似た感じのスカシクロバの仲間は幾つか居ますが、どれも南方産種だったり翅脈の形状が異なるので違うと思います。

P.S.
一般的な図鑑に記載されている「鱗翅目のサイズ表示」は "胴体のサイズでは無く羽根を開いた時の最長の長さ(開帳サイズ)" である事が多いので。その辺の "業界の慣習(笑)" を知らないと混乱すると言うか、普通は胴体基準で考えますよね…。

自分も前々からアレは変だなあと思ってるんですが、100年以上前からそういう事になってるので、逆に今更変えたら研究者間で無用の混乱が生じるのでそのままなんだと思いますが…その辺の事をよく知らない素人が、専門家のテキストをコピペしただけの市井の図鑑本を見た際に間違ったイメージを抱いてしまうのは良くないんじゃ無いかと思うのですが…

ですのでブドウスカシもオオスカシもどちらも胴体基準だと1cm前後のサイズ感です。
お礼コメント
kamotokogamo

お礼率 100% (573/573)

ありがとうございました。

「蛾の仲間」は、「マダラエダシャク」の複雑さを知ったとき、どうにも手の付ける気がしなくなり、今日まで眠らせたままになっています。(*^_^*)(*^_^*)今でも、「蛾にまでは手を出さない方が」とも考えるのですが、……。迷っています。(*^_^*)(*^_^*)しかし、蝶のほうは、よほどチャンスに恵まれないと、カメラには納まってくれません。

質問の写真も、フォルダの名を、とりあえず「カゲロウの仲間???……私の知識レベルです。」としていたのですが、それらしいものが見つからないので、面倒だけど、「蛾の仲間」かも知れないと思い直し、ページをめくって、この2種にたどりついたのですが、たかだか2000種にも満たない紹介種の図鑑で、しかもいくら「昆虫あるある」といっても、大きさが、かなり異なるし、いったん、「他にもあるのでは???」と思い出すと、疑心暗鬼が募るばかりで、……(T_T)(T_T)(T_T)

最近は、今年、この図鑑をもとに、自分で同定してきた種も幾つかあるのですが、昆虫のことを教えてもらえばもらうほど、また知れば知るほど、それらも、「再度見直しをしなければならないかなぁ……(T_T)(T_T)(T_T)」と。まぁ、世の中がひっくりかえることでもないから、いいか。

写真の昆虫も、金属光沢のある美しい瑠璃色(青色)と触覚の形状が全体的に櫛状になっていることから、「ブドウスカシクロバ」のオスかも知れないなぁ……というおぼろげな印象は持てたのですが。恐らく、これからも永遠に解決しないと思われる「確信を持てない」という課題ぶちあたってしまいます。

"胴体のサイズでは無く羽根を開いた時の最長の長さ(開帳サイズ)" である事が多いので。……(*^_^*)(*^_^*)そうですか。まったく知りませんでした。「羽根を開いた時の最長の長さ」ということになると、捕まえて、測定しないと目視では無理ですね。飛ぶ昆虫はなかなか捕まらないし、……とはいっても、そもそも昆虫は「飛ぶ」ことが大きな特徴でもあるようですし、……困ったものだ。(*^_^*)
投稿日時:2018/11/15 14:17
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ