解決済み

なぜ竹中平蔵は民間企業に天下ったのに国の法律作成に

  • 困ってます
  • 質問No.9510994
  • 閲覧数84
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 60% (5188/8561)

なぜ竹中平蔵は民間企業に天下ったのに国の法律作成に介入出来ているのですか?

どういうルートで竹中平蔵の望むように労働法が改正されていってるのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (2572/7907)

社会 カテゴリマスター
政治というものは 政治家だけしかしてはいけないというものではないのです。
読売のナベツネなどは 自民党とがっちり結びついて 原発政策は 自民と読売の二人三脚のようなことで施策されていった。
政府のブレーンと呼ばれるような立場の人 (ブレーンとは脳のこと) 彼らは外郭団体の役職などについて税金から給与を受け取りながら 法律の作成などにも口を出すわけです。
竹中氏は 税金について 人頭税が平等な税金の取り方だという人ですからね。
(金持も貧乏人も同じ金額の税金を納める)こんな人が労働法に口を出されたら どんなものになることやら。
お礼コメント
america2028

お礼率 60% (5188/8561)

みなさんありがとうございます
投稿日時 - 2018-06-23 07:09:50

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 15% (4/26)

プロフィールを検索すればいい
どういうルートで竹中平蔵の望むように労働法が改正されていってるのですか?
そんな事実はありませんん。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ