• 締切済み
  • 困ってます

転造タップ加工について

アルミ(A5052P)にM3タップを加工したのですが、雌ねじ縮小の為、皿ねじが破損と言う事案が発生し、原因究明に困っております。 工程内検査では、問題なくゲージ(通り)は通っているのはずなのですが、脱脂後の完成品ではゲージがきつく、ゲージにカスが付着してきます。 下穴径2.74?、回転数2500で加工しておりますが過去こういった事例はありませんでした。 どういった原因が考えられるでしょうか? また、組立現場では皿ねじにロックタイトをつけているのですが、オーバーサイズで加工した方が良いのでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3385
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359

少し気になったのでザックリ調べてみました。。。 ↓参考urlからロックタイトの種類によっては小ねじの保証締付トルクを超えて しまうこともあるようですから、ねじ強度そのものの他に原因はありませんか? 私の場合SUS304にM3のタップ穴加工した後、ネジロック塗布し組み立てた所が 何度か分解・組立を繰り返す内にネジをねじ切ってしまったこともあるので、 もしかしてと気になりましたので投稿させていただいてみることにしました。

参考URL:
http://www.mmm.co.jp/tape-adh/adh/anaerobic/tl/ https://neji-no1.com/information/data/index11.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自動盤でのタップ加工

    自動盤でタップ加工した後ねじゲージで確認後、ねじゲージと同じ要領でタップを使いネジを通してみようと思いましたが固くて手ではできませんでしたが普通のことですか? ネジは下記のサイズです M3P0.5 sus304 深さ3ミリ貫通

  • タップ加工

    テーパータップの加工はどのように加工すればいいにですか?さっぱり見当がつきません。回転もいくらにしたらいいのか、わかりません。分かっているのは送りの求め方だけです。25.4/山数=送り でいいんですよね? インチねじ加工とテーパータップの加工法と、回転数の求め方のアドバイスをください。よろしくお願いします。

  • タップ加工でのバリ?について

    NC旋盤で下穴(袋穴)を開けてタップ加工をした際に、加工後の品質確認で通りネジゲージが入りきらないことがあります。 不具合品を切断して内部を確認したこところ、ねじは切れていますが、めねじ頂点近くのフランク部に軸方向のバリ?がついていました。大きいバリ?が付いていたところでネジゲージが止まっていたのでこれが原因だと思います。 この軸方向のバリ?は何故発生するのでしょうか。 タップで切削しているので径方向ならまだ分かりますが、軸方向なのが分かりません。 また、バリではなく切粉の溶着、圧着なのでしょうか?教えて下さい。 ワーク材質:suj2 タップ:スパイラル センターホール付き M10細目 P7 ホモ処理 その他:水溶性クーラント

  • 回答No.2
noname#230359

タップ加工は甘くなる不具合が多く、特にアルミできつくなるとは何とも 謎ですね クーラントは水溶性を使用していますか? 例えば油性クーラントを使用していると加工機内温度が無視できない レベルに上昇してワークも膨張、加工後に冬の寒さで収縮...といった ことも可能性はゼロではありません あとは、回答(1)さんご指摘の通り、下穴ドリルはできる限りメーカ推奨 に合わせた方が良いでしょう(特に問題が発生しているので) 下記参考は、オーエスジーの転造タップのカタログです 下穴径φ2.76~φ2.81と記載してあります ハイスドリルならφ2.78、超硬ドリルならφ2.80が良さそうです 使用している機械にもよりますが切削条件は殆ど影響がないと思います (M3の場合指令回転速度まで上がらずに加工が終わるので)

参考URL:
http://www.osg.co.jp/media_dl/flier/file/n_89.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359

下穴径φ2.74だと引っかかり率100%狙いになるのでかなりタイトな設定ですね。 6Hあるいは旧JIS2級相当で良いのでしたら下穴径はφ2.78くらいで良いと思いますが。 とは言え下穴径が小さくてもタップが摩耗していなければ有効径は変わらないはずなので、 たとえ過転造気味であってもそれが原因でおねじがきつくなる事は無いような気もします... あとは工程内検査で使用しているゲージが摩耗していたりはしませんか? 脱脂後の検査で付着するカスというのは、アルミでしょうか? それとも別の何か? 以上回答になっていなくてすみませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • タップ加工について

    はじめまして。タップ加工について教えてください。 機械は、森精機。型式は?、油性使用です。材質は、銅です。 PT3/8のねじ加工でハイスを使用したのですが、ねじ山が欠けたり、たぶん切れ粉によるかじりでうまく仕上がりません。下穴は貫通なので、これにあった回転数、送り等アドバイスをお願いします。  あと、回転数を上げたら送りも変えないと、ねじ山が二重になったりするのでしょうか? 今回、S150 F200で加工したのですが、もっと回転、送りを上げたほうがよいのでしょうか?

  • タッピングセンターの転造タップでのねじ穴加工につ…

    タッピングセンターの転造タップでのねじ穴加工について はじめまして。このたび、社内のボール盤とタップ盤で加工していた ADC12にM3p0.5の転造タップでめねじの加工を、ブラザーのタッピングセンターで行うことになりました。 ところが問題が発生しまして、5000穴加工したあたりからめねじの有効深さが徐々に浅くなりまして、同じ刃物でもう5000ほど加工したら、0.5~0.8ミリほど浅くなりました。タップがチャックからひっこんでるわけではないのに、なぜ???と疑問だらけです。 タップ先端は欠けておらず、下穴ドリル深さは変化無しで、ワークの高さばらつきではないようです。これは単純に転造タップの寿命なのでしょうか? それとも、タップのシャンクをつかむコレットはタップ専用のほうがいいんでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスお願いいたします。 下穴ドリルは超硬Φ2.75でピンゲージで穴径確認すると2.725が入り 2.75が途中で止まるくらいです。 タップはYAMASAのロングシャンクのM3p0.5転造タップをミーリングチャックで掴んでいます。内部のコレットはBIGのベビーチャックです。 皆様、貴重なアドバイスありがとうございます。 すぐお礼のレスをつけたいんですが、このサイトが混雑しているため 一日一件しかつけれません。申し訳ありません。 皆様、貴重なアドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。 現在、タップを新品にしてクーラント濃度7%→10%にしたとろ大幅に 寿命が延びました。 最初、5000穴の時点でめねじ有効深さが変化しだしたのが、今回は10000穴時点で変化するようになりました。現在18000穴加工していますが、工具長補正による寸法調整は合計0.4ミリと前回の半分以下の量ですんでいます。やはり転造タップの刃先磨耗によるものが大きいと推測されます。 まだタップ寿命は延びそうなので、もうすこし様子を見ようと思います。 ほんとうにありがとうございました。

  • タップ加工について

    このサイトに初めて投稿する者です。 NCフライスにてタップ加工(ポイントタップ、貫通)した後、その雌ねじにハンドルでポイントタップを通してみても、もちろん切子は出ませんが、スパイラルタップをハンドルで通すと切子が出ます(粉状くらいのものですが)メーカー、ねじ等級も同じなんですが・・・こういうものなんでしょうか? 製品のクレームが出た関係もありましてその辺の事情を教えていただきたいのですがよろしくお願いいたします。

  • タップ加工について

    毎度、おおきに。はばかりさんです。 現在、下記の要領でM4×0.7のタップ加工をおこなっているのですが、 タップがすぐにポキポキ折れて困っています。 ?素材径φ8.0 材質=SK-4 ?M4×0.7深さ15.0mm(下穴深さ18.0mm) ?NC旋盤の回転工具(ミーリング)にタップを取り付けてワークを主軸にチャッキング  して、ワークは回転させずにタップを回転させて加工。 ?タップ加工はリジットで加工。 ?使用タップはOSG VP-SFT M4×0.7 OH2 ?タッピングペーストをワーク内部とタップに塗って加工していましたが、ゲージの  入りが悪いため、現在はハイプレッシャークーラントの水溶性切削油で加工。  (現在ゲージの通りは良好) ?切削条件は回転数S70 送りF0.7 以上のような条件で加工しましたが、加工ご10個ぐらいでタップが折れて しまいます。 何かほかにいいタップや加工条件などをご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ! 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • タップ加工について

    はじめまして! よろしくおねがいします。 早速ですが、我が社ではアルミダイカスト品のタップ加工を施しているのですが品質が厳しく当然ですがネジゲージで通り・止まりできない物はすべてNG扱いで処分しています。 もっと効率よく生産性を上げたいと考えていますが上記品質を保証するためにはタップの消耗が激しいように思えます。 やり方が悪いのか?お知恵をお貸し下さい。 使用タップM5*0.8 ハンドタップ  1000~1500タップでゲージアウト 以前 スパイラルタップを使用もハンドタップより生産性が悪い(ゲージNG)ので今も状態に変更した。(タップ面が荒れ切屑の排出不具合と思う) 切屑の除去は水溶性切削油を流動させている。(濃度 1:10) タッピングM/Cの回転数560min タップ加工深さ15mm 通常3000タップできると思うのですが、アドバイスお願いします。

  • ノリルへのタップ加工でタップが減る

    こんにちは!!!!! 現在ノリルという樹脂にハンドタップでねじをたてています。しかしタップが減るのかすぐに加工しずらくなり、ゲージも入りずらくなります。切れなくなったタップを顕微鏡で見てみますと、山の角が減っているようです。タップのミゾを研磨して加工しますとまた復活するのですが、すぐに切れなくなります。タップはM11のピッチ1mmで0.05オーバーサイズです。 聞くところによりますとノリルにはガラスの成分が入っているそうなので、やはりこの様な状況は仕方ないのでしょうか?なにか刃物が長持ちするような方法を知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • アルミ(5052)のタップ加工がうまくいきません

    アルミを専門に加工しているのですが、タップ以外の加工では問題はないのですがタップ加工をした時にM2のロール、M3スパイラル、M4HL等すべて加工後ねじゲージでチェックすると‘とまり‘のほうがはいってしまいます。これが頻発するので実際の品物を加工するまえに、実際の品物を加工するプログラムと同じ条件(下穴、回転、送り等すべて)で、品物に影響のない場所で試験加工をするのですが試験の時は、この様な不具合はおこらず、いざ本番をしてみるとタップがおおきくなってしまいます。試験であけたタップをねじゲージでチェックしても特に問題はないので、加工条件に問題はないと思うのですがなぜ本番だけ失敗するのか悩んでいます。なにか良い解決策をおしえていただければ幸いです、お願いいたします。補足で加工条件をいれておきます(例)M4ヘリサート、6.センタードリルS7000G81Z-2.6R0.F300→4.3GドリルS4000G73Z-10.R0Q2.F300→M4HLタップS400G841(リジッドタップサイクル)Z-8.R2.F280(ピッチ0.7)使用機械は日立精機のVS40です。

  • タップの止まりゲージが入る

    MCでねじ加工行ってるのですが、 2級のねじゲージの止まりの方が 止まったり、途中まで入ったりします。 タッパーを使用しています。 何が原因なんでしょうか? ちなみに使用しているタップは YAMAWA ハンドタップ 精度はP3 下穴径は基準よりプラス

  • タップ加工の不具合

    M36のタップをラジアルボール盤で、トルククラッチ型のタッパーを使い 加工しましたが、ねじ山が正規のものよりも山が薄くなり、止まり側ゲージが入ってしまうという不具合が起きました。 このような現象は、どういうときに起きるのか、またその対策をご存じであれば教えて頂ければと思います。

  • アルミ板材への転造タップのネジバカ

    初めて質問させて頂きます。 現在、アルミ(A5052 t=1~2mm)薄板への転造タップ(M1.4~M3 2級)で散発的なネジバカ(下孔が大きくネジが締めれない)が発生しています。 加工方法は高速タップを使用し、多軸で数十箇所を同時加工しています。加工時には加工油を針先端に毎度吹き付ける構造です。転造タップを立てる箇所はバーリング加工し、高さも問題ありません。またその下孔も異常はありません。 発生箇所は特定では無く、一定の箇所が連続し発生した後、良品に戻るというのをさまざまな箇所で繰り返して発生します。 原因は恐らく、転造時にタップ針にカス(焼きつくのかは不明)が巻きつき、 山の成形を阻害し、下孔が大きくなると推察しています。 対応としては針の種類を変える、油の塗布量を増やす、回転数を上げる、下げるなどの処置をしていますが、根本的な解決に至っていません。 この散発的に起こるカスの巻きつきを解決するにはどのような方法などありますでしょうか?(切削タップへは切り替えはできません) 転造タップの回転数は2000rpmでした。 (これが高速との呼称が正しいのかは不明です)