• ベストアンサー
  • 困ってます

ステンレスパイプの造管方法

ステンレスの造管などの詳しい方からアドバイス頂けると幸いです SUS304のパイプをある有名商社から購入し、ミルシートを要求しました 薄肉研磨パイプという商品で、セミシームレスパイプを外径研磨したものと認識し購入しました SUS304 Φ2.0×t0.5mm 1000? φ2.0×t0.3mm 1000? 各1本です。(品番 SPLS2-1000) 私の知見だと、板厚が若干厚い板から巻きパイプにしてその後引き抜きを行い、最終的に 外径を研磨するという認識だったので、板厚が厚いミルシートが来ると思っていたところ、 共にt0.5mmの板とt0.3?の板のミルシートが来ました。 現状問い合わせ中ですが、私も造管にそこまで詳しく無い為アドバイスいただけると助かります よろしくお願いいたします

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数4
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ステンレスの造管などの詳しい方  は出ないと思われ素人の想像。 研磨しないパイプでも溶接継目がギザギザ残ることは無く、(引抜加工も軽く)綺麗なので、センタレス代は僅か、なので板厚はあまり変わらない、のストリーと思います。 >その後溶接個所を研磨なので、 全面をやらないと研磨パイプとは呼ばないはず。 センタレスでなくバフ掛けなら削りシロはさらに僅かで0.01位かも。違いは形状精度。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々とありがとうございます。 確かにおっしゃられる通り、引き抜き代センタレス代もわずかであると思いますので、その可能性もありますね。 参考になりました ありがとうございます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

一般鋼管では口径が小さくなれば電縫管より鍛接管で作られることが多い様子。 SUS304のパイプでもシームレス以外は上記同様に製造されるものと思われる。 従ってミルシートからも鍛接管として板材から製造されたのは疑いようがない。 そもそもシームレス管の存在意義は強度的な理由であることだろうと思われる。 量産品の規格ならば存在する可能性もあるが薄肉鋼管は需要が少ないのだろう。 製造の立場ではシームレス厚肉管の方が、どう考えても作りやすいだろうねぇ? セミシームレスパイプ・・・成程、鍛接して冷間引抜すれば安価になりそうだ。 特注でならシームレスパイプも可能だろうが、注文の仕方だろうと思う。 溶接の有無に拘られるのは、どのような理由があるのか逆にお聞きしたい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 溶接の有無にはこだわっていません。ミルシートが違うものが出てきていると思ったため、製造方法を確認したかったというのが主旨です。 メーカー・商社共にそのものミルシートで間違いないといわれたのですが下記の製造プロセスから考えると納得がいかず掲示板に記載しました 色々とご意見いただきありがとうございます。 >φ2のパイプを想像してもらうとわかると思うのですが、φ2に成形して溶接>すると、パイプにはなりえない(溶接で内径がつぶれる)と思っています。 >おそらく径がφ10くらいあれば成形溶接のみで行けると思いますが、基本的>には細径のパイプは、素管(目標寸法より大きい径・肉厚)を作って、ダイ>ス引き抜きを繰り返し、所定の径・肉厚に持っていく。 >これがセミシームレスの製作方法と認識していました。 >その為、板のミルシートの肉厚と、仕上がったパイプの肉厚が同じというの>がおかしいと思った次第です。 >メーカーに再度問い合わせてみようと思います >本当にありがとうございました

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

最近は日本も技術輸出し定着しているので如何か判りませんが、二十年か三十年前は、 形鋼のようなものは日本の独壇場でした。 その理由は、厚みを規格下限近くに設定できる生産技術があり、同じ重さの鉄鋼でも 大袈裟に記載すると十数%長いものを生産できていました。 形鋼は重量ではなく、長さで購入するので、そのメリットは大きかったのです。 さて、本題ですが、 > 外径を研磨するという認識だったので、板厚が厚いミルシートが来ると思っていたところ、 > 共にt0.5mmの板とt0.3?の板のミルシートが来ました。 で困惑しているとのことですが、材料に研磨があり、傷付けないでパイプにベンドし溶接、 その後溶接個所を研磨なので、困惑は不要です。

参考URL:
http://www.hsk.ecnet.jp/sus-kaisetu.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

φ2のパイプを想像してもらうとわかると思うのですが、φ2に成形して溶接すると、パイプにはなりえない(溶接で内径がつぶれる)と思っています。 おそらく径がφ10くらいあれば成形溶接のみで行けると思いますが、基本的には細径のパイプは、素管(目標寸法より大きい径・肉厚)を作って、ダイス引き抜きを繰り返し、所定の径・肉厚に持っていく。 これがセミシームレスの製作方法と認識していました。 その為、板のミルシートの肉厚と、仕上がったパイプの肉厚が同じというのが おかしいと思った次第です。 メーカーに再度問い合わせてみようと思います 本当にありがとうございました

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

例えばミスミの薄肉研磨パイプの例では http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/110302289460/ 「仕上方法 研磨(1.6μm)」 となっていますからミルシートには表れないでしょうね。 またシームレスパイプなら「シームレス」の表記が欠落することは無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 メーカー技術に問い合わせてみようと思います

関連するQ&A

  • 板金加工 薄板を巻いてパイプ製作

    旋盤加工が難しいと思い、板金加工でできるか否か教えていただきたく 質問することにしました。 勿論、旋盤加工で可能なら旋盤加工も含めて総合的に検討したいと考えています。 パイプを造りたく、その寸法が 内径:φ12.0・・・・・・・・・・・・一番優先 外径:φ15以下 板厚:t1.2またはt1.5 長さ:80mm前後 板を丸めてパイプ状に加工することは可能でしょうか。 出来る場合、内径の円は歪になったりはしないでしょうか。 板金加工以外や購入品などであればいいのですが、 旋盤では難しいかと思いました。 勿論可能なら幸いです。 購入品では、内径、外径から希望する寸法のもが見つかりませんでした。 何か他に出来そうな加工をご存知の方がいらっしゃいましたら、 教えていただけませんでしょうか。 宜しくお願い致します。 大変失礼致しました。 材質は、SUS304です。 できれば、内径をバフ研磨したいです。 更に可能なら外径もバフ研磨を希望です。 宜しくお願い致します。

  • ステンレスパイプの圧縮強さの計算方法

    長さ50mm、外径10mm、内径9.0mmのSUS304のパイプの強度を知りたいのですがどのような計算式があるのでしょうか?。 同じ材質同じ肉厚のパイプでも外径によって強度は変わるのでしょうか?。 上記パイプで何キログラムの物体を押し上げられるか?、ゆっくり押し上げるときとたたいて押し上げる際では必要な強度は違ってくるのでしょうか?。 宜しくお願いいたします。

  • SUS304 バー材 パイプ形状加工

    はじめまして! この度、SUS304のバー材を使って、長さ約200mmの長さで、外径Φ16h6、内径Φ10H7に加工する仕事が舞い込みました パイプ材を使わす、無垢からの加工で、後工程研磨なしの旋削仕上をしなければなりません これだけの長さで、薄肉パイプ状に加工する仕事は初めてで、びびりや真円が出ない、長さを数回に分けて加工すると、ミスマッチが出たり・・・とかの懸念があるのですが まだまだ経験が浅いため、どうしたらいいのか分かりません 何卒、アドバイス、よろしくお願いします

  • 外径3mm SUS薄肉パイプの調達

    お世話になります. SUS304(磨き)で外径3.0,肉厚0.3,長さ2000mmのストレート薄肉パイプを探しております.必要本数は10本程度で,小売りをしてくれるところをご存じの方がおられましたらお教えいただけましたら幸いです.

  • パイプの反り/ひねりの修正方法について

    お世話になります. 軟鋼丸パイプ(外径φ100~150板厚t2.3~3.2mm)および角パイプ(200×100板厚t3.2mm)長さ6000mmのパイプの反り/ひねりについて, 機械での修正もしくは熱による修正方法を探しております. 全長に渡って,反りは2mm程度、ひねりは1度程度が目標値です. もしくは,最初から反りやひねりが極めて少ない部材をご存知でしたらご紹介願います。 以上

  • ステンレスの薄肉パイプ加工について

    いつもお世話になります。 今回、薄肉のステンレスパイプにエグリ加工をすることになりました。 直径が40mmぐらいで、板厚が1?無いぐらいなのでそのままの加工は難しいらしく、中に鉛を詰めた状態で加工するそうです 薄肉のパイプをエンドミルで加工した時に剥がれたり破れたりしないかが心配ですが、加工に対してのアドバイスをいただきたいです また、エグリの形状が歪なのでマシニングにて加工しようと思いますが、切削液(水溶性)に鉛が溶けたりして害になることはありませんか?

  • パイプシャフト ステンレス材を探しています

    SUSパイプシャフトをさがしています 【1】外径Φ10 内径Φ3程度 【2】長さ500mm程度 【3】材質プリハードン材 上記内容のシャフトを在庫しているメーカーさんを御存知でしたらご教示願いますでしょうか。宜しくお願い致します。

  • SUS304パイプ 外径Φ5.5 内径3.0

    お世話になります。 SUS304パイプ 外径Φ5.5 内径3.0 L590が必要なのですが、 どのようにして作ればよいでしょうか?少量です。 外径外径Φ6.0パイプからの加工は可能でしょうか? 電縫ではなく、引き抜きがよいです。 ご存知のかたは、お手数ですが ご教授いただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • ステンレスパイプの曲げについて

    手動式油圧ベンダー(16t)で、ステンレスパイプ(肉厚2mm x 外径30mm x 長さ1500mm)を曲げる事は可能でしょうか?曲げ方は両サイドを200mm直角にしたいのですが・・・。ご教授願います。

  • 精密薄肉パイプの内径・外径研磨加工

    皆さんお疲れ様です。 早速ですが、タイトルにある薄肉パイプの内径・外径の研磨加工で困っております。 材質はSKH-9 硬度はHRC62 外径Φ30.000 交差+0~-0.005 内径Φ28.200 交差-0~+0.005 内径・外径との同軸度は0.005以内です。 製品長さは100mmです。 内径・外径ともに歪がかなり出ると思われます。 皆さんならどの様に加工されますか? ご教授願います。