• 締切済み
  • 困ってます

板金加工 薄板を巻いてパイプ製作

旋盤加工が難しいと思い、板金加工でできるか否か教えていただきたく 質問することにしました。 勿論、旋盤加工で可能なら旋盤加工も含めて総合的に検討したいと考えています。 パイプを造りたく、その寸法が 内径:φ12.0・・・・・・・・・・・・一番優先 外径:φ15以下 板厚:t1.2またはt1.5 長さ:80mm前後 板を丸めてパイプ状に加工することは可能でしょうか。 出来る場合、内径の円は歪になったりはしないでしょうか。 板金加工以外や購入品などであればいいのですが、 旋盤では難しいかと思いました。 勿論可能なら幸いです。 購入品では、内径、外径から希望する寸法のもが見つかりませんでした。 何か他に出来そうな加工をご存知の方がいらっしゃいましたら、 教えていただけませんでしょうか。 宜しくお願い致します。 大変失礼致しました。 材質は、SUS304です。 できれば、内径をバフ研磨したいです。 更に可能なら外径もバフ研磨を希望です。 宜しくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数169
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

それだけ少量生産なら私であれば市販の二次加工でほとんど研削でやります。 内径外形の公差が厳しい場合も対応できるからです。 市販のφ15×t2.0を外径からセンタレス研削 それに合わせて内径研削、(荒加工を切削で) ただしL80ぐらいなので両端から2パス加工。 研削仕上げなのでバフ研磨の仕上がりがより奇麗に早くなると思います。 お金と時間のことは考えずに仕上がり重視で考えてます。 仕上がりの精度に合わせて工程を削っていけばいいかと。 内研のクイルから砥石まで対応するものを業者さんがもっていること前提ですが・・・ 新しく外注先を探すのは困難でしょう。 生産数が多いのであればいいですが。 何故かというと内外径共に仕上がり精度を求められていますが、 外径を研削してから内径研削するときに、爪でワークをつかめない。(傷がつく) その為外径を面で固定する治具を専用に作ってその治具を爪でつかんで固定して振れをとって。。。 という工程が必要になってきますが少数の為にここまではやってくれないでしょう。 精度的に考えているのは高圧部品の摺動部並みの面粗度、真直度に仕上げると考えてです。 真直があまり必要でないなら内径から研削して外径仕上げでもいい。 内面研削は大体サイクルタイムに追われているはずなので、 懇意にしている業者さんで、尚且つ空いた時間にちょっとやってもらう。 このような形でないと厳しいと思われます。 ちなみに真円度、同真円度なども高精度となります。 ワーク精度をどこまで求めるかで加工方法が変わってくるでしょう。 ちなみに当方にはクイル等の工具も対応したものが揃っているので、 対応する工具は存在しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 追加質問になりますが、 >市販のφ15×t2.0を外径からセンタレス研削 >それに合わせて内径研削、(荒加工を切削で) 内径を研磨すると、大体の値段はわかりますでしょうか。 また、内径研削はそれ専門でやっている加工業者になると思いますが、 内径研削をやっている会社というのは、数多くあるのでしょうか。 もし、当社で内径研削をしたことがなく、これから新しく外注を探すとなると、 その探す時間がかかりそうです。 また、急にこういう加工をして欲しいと言っても、 簡単にやってもらえるのでしょうか。 勿論、加工の順番待ちはありますが、 そういうことではなく、 会社間での取引の契約というか、そういうものってないんでしょうか。 その辺は私は、わからない範囲ですが、、、 宜しくお願い致します。 詳しいご説明ありがとうございました。 参考に致します。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

パイプ成形の得意なメーカーに相談されてはいかがでしょう。 以下一例を示します。 http://www.technos-j.com/stainless-ultra_thin_pipe.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございまいした。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

数量が不明なのでサッパリわかりませんが、 値段を無視しましたらプレスでも旋盤でも可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >数量が不明なのでサッパリわかりませんが、 数量は1本や2本程度です。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

材質?? それが決定的要素なこと多し 旋盤加工が難しい?? ↑にもよるが、ムク材から出発すると時間は掛かるけど出来る。 仕上げ状態がよく判らないが、製造範囲に入れているパイプ専門業者   http://homepage1.nifty.com/ARAHATA/F3.htm 普通は市販品のパイプは内径を重視しないので、切削加工が必要でしょう。 偶々出てきたミスミの『厚肉研磨ステンレスパイプ』   http://jp.misumi-ec.com/ec/ItemDetail/10300230330.html 外形はh8にセンタレス研削、内径は肉厚1.5~2.0。これを切削加工。その他にも<このカテゴリにはこんな商品>『肉厚選択ステンレスパイプ 』 ミスミゆえセンタレス研削など付加価値を付けているが、パイプ素材は鋼材屋で安く買える。センタレスも依頼できる場合あり(内径切削のとき掴みやすい) 切削のあとの『バフ研磨』は三条周辺のステンレス磨き専門業者など。 加工精度が優れるのは『ホーニング加工』。しかしこのような細径をラインナップする所は見当たらない。工具としては出てくるので可能性はあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 材質を忘れていました。 SUS304です。 旋盤加工でも可能とのこと、それが実現可能なら幸いです。 旋盤加工でも可能というのは、一般的に旋盤加工をしている人なら、 できるレベルということでしょうか。 または、ある程度腕のある方でないと難しい加工でしょうか。 お手数ですが宜しくお願い致します。 回答ありがとうございました。 ミスミの薄肉パイプも検討したんですが、 今回のものには適合しなくて残念ながら使う事ができませんでした。

関連するQ&A

  • 板金加工の知識を付けたいです。書籍が少なすぎる・…

    板金加工の知識を付けたいです。書籍が少なすぎる・・・・・ 機械設計をしています。 板金モノを設計する時に、板金加工の知識が乏しい為に困る時があります。 当社では、ホッパーやカバーやシュート(漏斗)などを板金(SUS304やアルミニウム等)で造っています。 板金加工の知識が乏しい為に、どう寸法を入れることがベストなのかわかりません。たびたび板金加工の知識があればなーと思います。 勿論、勉強しようと書店に向かいました。専門コーナに行きました。 ですが、板金についての書籍が圧倒的に少ないのです。書店は都内の大型書店に行きました。 社内の人は板金加工は手作業が多いと言っています。 手作業だから機械加工に比べて、寸法出ないと言っています。 それが本当かどうかも確かめたいですし、なぜ板金加工は手作業なのか?についても知りたいです。手作業の場合どうやって曲げたりするのか? それがわからないと寸法の入れ方がしっかり理解できませんし、 形状が変わった板金モノになった時の応用が利きません。 皆さんは板金モノの書籍はどうされたんでしょうか? 数が少なく、困っています。 どう勉強されたのか是非教えて頂きたく思います。 宜しくお願いします。

  • パイプ材を旋盤で加工時、切削油流出防止

    外径φ5、内径φ3.98のSUS316パイプ材料を旋盤加工しています。 パイプ材加工は以前よりおこなっていますが、切削油が流れ出てきてしまうため後端側に栓詰めしています。 栓詰めしているのは、内径寸法に切削したもの・市販の専用ゴム・ティッシュなどです。 これらを使用していますが、もっと汎用的で何度も使えるものがないかと考えています。 いい方法がありましたら教えてください。

  • ジェラルミンの板金加工

    ジェラルミン A2017を板金加工(抜き、曲げ等)を行う場合何か問題発生 する事がありますでしょうか? 当方 材料が硬い為、曲げ加工時に折れるという話を聞いたことがありますので 板厚は1~2tです。

  • 板金加工における寸法公差の考え方

    各位、お世話になっております。 1点お世話になっております。 機械加工などの切削においては「加工寸法の普通許容差」という規格がありJISで取り上げられていますが、板金加工の場合については同じなのでしょうか?例えばL金具を製作して10mmで折り返したとします。その10の寸法許容差というのは加工業者サイドで言えば±どのくらいでOKと判断するのでしょうか?また、板の切削にしても100*200で切り出したとしてその寸法は、どのくらいで良しと判断しているのでしょうか?加工業者の癖にもよるとは思いますが、基本的な考え方を教えて下さい。弊社で板金加工図面においてコンマ代の公差を入れている図面を書く人がいるので、そこまで公差を入れても実際のところ加工は不可能ではないかと思い、その人に教えたいためです。何卒お願い申し上げます。

  • sus304パイプの外径加工 

    初めて質問させて頂きます。 sus304の外径100パイプ材長さ1100の厚み3ミリの材料の外径を皮むきしたいのですが そのまま加工するとビビリが出て削れないのですが 最適な加工は、あるでしょうか?ステンレスの変形や寸法は、そこまで重要ではありません できるだけコスト抑えてやって欲しいとの事です。 こちらが思い当たるのは、 内径に何か詰めて切削 外径だけセンターレス研磨 移動ぶりょうは無いので使えませんので  他に何か知恵を貸して頂けたらと思ってます 宜しくお願い致します。

  • ヒッチメンバーの板金加工について

    板金加工屋さんにお願いして、ヒッチメンバーを作ってもらう予定です。 ①6mm厚の鉄板を使用して曲げ加工で作ってもらう ②9mm厚の鉄板を使用して直角部分は溶接で作ってもらう。 (9mm厚の鉄板は直角曲げ加工が不可のため) 上記の①と②ではどちらが強度が高いと思われますでしょうか? 溶接をした場合の強度がわからないため、 詳しい方、宜しくお願い致します。 角パイプの部分にトレーラーを連結してトレーラーに乗せたボートを 車で牽引するつもりです。

  • 板金加工の精度が悪くて困っています。

    当社では、コストダウンのために従来はA2017S等の削り出しをしていた部品を、板金に移行する傾向にあります。(TOP方針)しかし、供給先から納入されてくる品物を受入検査すると、  ?直角度は出ていない。(図示なし)  ?穴⇔穴ピッチの精度は守られていない。(公差あり)  ?穴径の精度も守られていない。(公差あり)  ?バリも取られていない。(レーザーカットしたままの状態)(バリなきことの図示あり)  ?長物について反りや歪みが生じる。(図示なし) 等々の不適合の山に、受入担当者が日々修正を加えて、次工程へ配布しているのが現状です。 供給先へ返品して修正出来れば良いのですが、「図面に加工精度が図示(直角度、平面度等)していない」として、聞き入れてくれません。 設計にフィードバックしても「直角度など図示しなくても直角に仕上げてくるのが当然」と全く作る側の意見を聞こうとしません。 私は、板金加工と切削加工とでは図面の画き方が違うように思いますが、本当のところは良く解りません。 精度が必要な板金加工の図面のあり方を、ご教授いただければ幸いです。 当社でよく使用する素材は、t=1.03.2のSUS304ならびにSPCCです。また、完成品は省力化装置(自動組立機等)となります。宜しくお願いします。

  • SUS極細パイプ捜しています

    SUS極細パイプ捜しています。供給出来る所ご紹介下さい。寸法は、外径0.1mm 内径0.05mm。

  • 精密薄肉パイプの内径・外径研磨加工

    皆さんお疲れ様です。 早速ですが、タイトルにある薄肉パイプの内径・外径の研磨加工で困っております。 材質はSKH-9 硬度はHRC62 外径Φ30.000 交差+0~-0.005 内径Φ28.200 交差-0~+0.005 内径・外径との同軸度は0.005以内です。 製品長さは100mmです。 内径・外径ともに歪がかなり出ると思われます。 皆さんならどの様に加工されますか? ご教授願います。

  • SUS440C で 外径242 内径230 厚さ…

    SUS440C で 外径242 内径230 厚さ6 を作りたい SUS440C 外径242mm 内径230mm 厚さ6mm の丸いものを作りたいのですが・・・ 1)上記寸法に近い、材料SUS440Cのパイプが手に入れば非常に簡単に旋盤等で加工できるのですが、パイプが存在するようですが、わかりません。 ご存知の方、いらっしゃいませんか? 2)上記のパイプが手に入らない場合、SUS440Cの板をレーザーで外径・内径を切断し、旋盤加工でチャックに掴んだ場合、丸型は形状を維持できますか?(細いので) 3)レーザーで板を加工までは見積りを取ったのですが、非常に値段が高価で、安いと評判の材料会社はありませんか? 4)SUS440Cは現在焼入れを行ってないのですが、同じような他の材質でコストを押さえる為に、何か良い材料はありますか? お願いします。