• 締切済み
  • 困ってます

SUS304とSUS304Lの絞り性の違いは?

現在、SUS304L(板厚5mm)でφ310xH200(パンチ頭部R310 パンチ肩R31 ダイR25) の絞りを行っていますが、材料をSUS304に変更しても絞り性・絞り後の 残留応力等に違いは出ないのでしょうか?(絞り後にツバ面をカットしますので、カット後に材料が歪みすぎるとNGになってしまいます) 試作をする前に情報を頂ければと思いまして、投稿しました。 宜しくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1415
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

後尾にLが付くものはいわゆるL(Lowの略)材と称して、カ-ボンの含有量が少ないという意味です。 普通のSUS304よりはプレスの曲げ、絞りはし易いです。その為に私が以前プレス金型を設計していた時計のバンドにもよく使用されています。機械加工もし易いです。 従ってSUS304に変更する多少条件が悪くなります。 L材よりカ-ボンが多いので絞り、曲げ加工硬化も大きいです。 参考 :逆に用途によってカ-ボンの含有量が多いH(Highの略)も存在します。 少し参考に成れば幸いです。

参考URL:
http://fac9999.web.fc2.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

聞く待ち時間で、SUS304LとSUS304の成分の差と、何故SUS304Lができたかを調べると、 SUS304Lの特色が解ります。 すると、元素等から他に応用も効ようになるので、できれば習慣つけしましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

回答:SUS304とSUS304Lでは、応力は大きく違います。 理由:残留応力は、大きく分けて?塑性変形により発生 ?組織の変態により    応力の発生があります。    更に ?その他いろいろな要因もあります。  ?塑性変形量は同じため、材料の違いは無いものと仮定します。  ?組織の変態とは、加工誘起マルテンサイト変態です。   オーステナイト組織fccから加工誘起マルテンサイト組織bccへと結晶構造が変化します。   このため歪(残留応力)の発生が変態部分的に発生してきます。    結論:加工誘起マルテンサイト変態を防ぐ絞り(温間絞り)を行えば、残留応力    は、低減できます。 質問 パンチ頭部 R310とは?    ツバ面をカット?→ フランジをトリミングする?    5mmの板厚で絞る?  ◎ 過去のログで、残留応力や温間絞りを書いてありますので確認するしてください。                    ◎参考 ?加工誘起マルテンサイト変態(以下変態と略す)と絞り性  変態誘起塑性は、オーステナイト組織 →(加工誘起)マルテンサイト組織へ変態することであり、深絞り性を上げる現象です。つまりこの変態は、深絞り加工には、優位な現象です。  SUS316などの完全オーステナイトステンレス鋼では、この変態がほとんど起きないため、深絞り性が悪い理由の1つです。  程よく変態するSUS304やSUS304L材が、深絞り性が良好な理由です。 ?変態量と時効割れ発生の限界値  SUS304の深絞り製品をフェライトスコープで測定し10%で5年後に割れ発生という文献が1つだけ見たことがあります。某県の工業試験場の指導でも、10%以下と指導していますが、私は、この数値は疑問と考えています。  変態量と時効割れの限界値は、参考値であると考えております。 ?SUS304で深絞りを行うには(教科書的で、ご存知のことかもしれませんが) ?.絞り比を2.6以下 ?.ダイRを板厚5~10倍程度(大きくして材料を流れ込み易くしない) ?.1STと2ndの工程をすぐに行う。 ?.絞り油は、塩素の入ったものは使わないこと ?SUS304で深絞りを行うための材料は ?.Niの多いメーカーを選ぶ ?. Crは少ない方が有利 ?.Cも少ない方が有利 ?.表面仕上げは、No2B<NoB<D(ダル) *BAは不可 ?.硬さは、出来るだけ柔らかいメーカーを選ぶ ?.絞り時、保護ビニールシートを使う。            今後の対応  SUS304材の成分は、JISで定められているが、メーカーにより差がある。  特にプレスの絞り性に影響ある 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ステンレス (SUS304)の加工後の残留応力の…

    ステンレス (SUS304)の加工後の残留応力の残りやすさについて 度々申しわけないですが教えてください。 SUS304などのステンレスで加工後の残留応力の 残りやすさについて化学成分の影響等を教えてください。 Cが多いと残留応力が残りやすい等化学成分と残留応力 の関係を教えていただけたら助かります。 いつも質問ばかりで申し訳ないですが、教えていただければと思います。

  • SUS321の磁化について

    ステンレスの丸棒にネジ穴を開けて、ある寸法に切断し、鉄板に溶接を行った所、磁石がステンレス材にくっつく現象が出ました。 文献を調べた所、ステンレス材を曲げたり、絞ったり熱したりの加工を加えると残留応力により磁化する事が有ると書かれていたました。 しかし、使用している材質がSUS304で同じ加工をしても同じ現象にはなりません。SUS321では磁化しやすくて、SUS304では磁化しにくい、何らかの要因が有るのでしょうか?

  • 梁の疲労寿命について、表面応力以外の影響はどのよ…

    梁の疲労寿命について、表面応力以外の影響はどのように考慮すれば良いでしょう 梁にかかる許容応力を求める際、材料から求めた’引っ張り応力’’疲労限度’’降伏応力’から疲労限度線図を用いようと考えます。 仮に梁の長さ方向に残留応力がある場合、負荷応力から残留応力を差し引きします。(圧縮残留応力なら、その分応力をマイナス、引っ張り残留応力なら、その分応力をプラス) そして亀裂発生は梁の表面から発生するので、表面の残留応力を考慮した疲労限度線図が疲労寿命の判断材料となると理解しています。 【質問】 梁の内部の材料状態は本当に影響因子では無いのでしょうか? 例えば梁が鍛造材で、梁の長さ方向に鍛流線がある場合と梁の厚さ方向に鍛流線がある場合だと結果は大きく変わるように感じます。 (表面層以外の深部の残留応力も寿命に影響するのでは?) 【前提条件】 梁材の表面の残留応力は表面切削仕上げに伴うもので、材料の鍛流線の方向に関わらず深さ50μm程の深さまで同等に残っています。

    • 締切済み
    • CAE
  • 残留応力

    単軸引張試験を行った際には、材料に残留応力は残るのでしょうか?私は残らないと思っておりますが、はっきり調べてないのでわかりません・・・

  • SUS材の加工方法について

    SUS304 0.3tの片面に0.02のビニール皮膜を張った材料(アルセット)を加工するのに洗浄が出来ないため速乾性の粘度のない油を使用しなければなりません。 月産ロットは数万個になるため、金型のパンチ、ダイで一番最適な材料が、知りたいのですが。

  • 切削による残留応力影響

    冷間鍛造素材(S12C)を旋盤にて仕上げ加工している部品が有ります。 表面の残留応力を何箇所か測定したところ、引っ張りで500~650MPaと言う値が示されました。 現品は冷間鍛造による加工硬化によりHv170~220程度の硬度分布を示しているのですが、上記の数値はこの硬度から推測する引っ張り強度と同じ位の値です。 【質問】 材料の引っ張り強度と同値の残留応力が掛かっている、と言う事はありえるのでしょうか? それとも、測定された残留応力は鍛造の影響ではなく、切削よる引っかきが原因で極々浅い層だけなのでしょうか?切削に伴う残留応力とはどの程度の深さまで達しているのでしょうか? 残留応力の測定にはX線を使用しています。 この場合表面層より数ミクロンの深さの金属原子間距離を計測していると理解します。 旋盤による切削加工はミクロの視点では工具で金属組織をむしり取っている様なモノと考えます。つまり切削加工自体により結果的に素材そのものが持っている残留応力でなく切削加工に伴う応力を測定しているのではないか? と危惧しています。 切削に伴う残留応力に関して、何パターンかトライを行ってみようと思います。 方向性が見えたらまた追記ます。チョット時間を下さい。 色々調べて見ると、切削に伴う残留応力は50μm程度の深部まで影響残っている様です。 その為、表面の残留応力上は素材の影響を反映しない様です。 一般には表面に掛かる応力で亀裂発生を判断する為、深部の残留応力は無視しても良いと聞きました。 しかし実際には表面上の残留応力が同じでも素材違いにより寿命は大きく異なります。この点が疑問です。

  • 残留応力と硬さの関係について

    お世話になります。 金属材料の残留応力とビッカース硬さの関係について詳しく教えていただけませんか? 今ねじ谷底の深さ方向の残留応力分布とビッカース硬さの関係について調べています。材質はSCM440です。

  • 圧縮残留応力の測定方法に関して

     残留応力の測定にはx線を使った実験的なものが一般的かもしれませんが,今回,大まかな強度の予想がしたく,質問させてもらいました.  材料は板状の金属材料で,半球状の圧痕が圧下された場合の材料に働く圧縮の残留応力の計算方法について,その半球状寸法から求める事は可能でしょうか?くだらない質問ですみません.

  • エポキシ樹脂の残留応力測定方法について

    一般的な樹脂や金属の残留応力の計測方法には、 熱弾性応力解析法(TSA)、光弾性法、X線による測定方法があると 思うのですが、 原理としてはこの3つの測定法とも、材料に発生しているひずみを 計測し、応力に変換して出力するものだと認識しております。 ここで、樹脂の残留応力を求める場合、 高温での硬化中には応力緩和が起こりますが、ひずみ量自体に変化はない ので、冷却後の残留応力をひずみから変換すると、 高温域で緩和されたはずの応力まで余計に計測してしまうということには ならないのでしょうか? ご教授よろしくお願い致します。

  • A2017の残留応力について

    こんにちは、課題の件につきまして教えて下さい。 NC旋盤でA2017材を切削加工を施したいのですが、外・内径の加工があります。この際、材料の残留応力により真円度が得られない場合があります。 A2017相当の材質で応力が少ない(真円度0.01を得たい)材料があれば教えて頂きたいです。宜しくお願いします。