• 締切済み
  • すぐに回答を!

端面溝入れ加工方法

溝の中心までがD220、溝の巾が14mm、深さが14mmと、そこまではいいんですが… 溝が60度のテーパになっています。 材質はSCMです。        __14mm__       端面に溝入れ      60度 / \   14mm          ̄ ̄ ̄ ̄ 30.2mm ↑のような感じなんですが… このような加工は初めてで、どのように加工したほうがいいのか分かりません。 加工の仕方や使用工具のアドバイスを教えてください。 よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

溝の入り口の幅が14mmしかないのに、 溝の奥から入り口にかけて、8mm以上もオーバーハングしているので、 普通の旋盤だとたぶん無理ですね. 溝の中を加工するだけで、大径側用と小径側用と最低2本必要になりますが、 それでも、バイトの首の部分が6mm以下で そこから径方向に8mm以上の突き出しいうのは尋常ではなく、 剛性的にちょっと不安要素です. 剛性を確保するには、相当特殊な仕立てになりますね. もしくは、深溝入バイトの先端をねじ切りバイトの様に仕立てて、 溝の中でバイトを傾斜させつつ中を仕上げる様な 特殊な加工になってしまいます. 開口部を作るなら、その後で マシニングで溝の中を仕上げるのが普通でしょう. それでも、φ14未満の首から先端がφ30.2まで拡がるので 仕上げ工具1本で行けるか微妙なところだと思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >普通の旋盤だとたぶん無理ですね. 旋盤で加工しようとしているので、不安になりますね。 他に方法があれば良かったんですが…。 >開口部を作るなら 開口部が後工程になっているので、マシニングで加工が出来ませんので 旋盤で仕上るしかありません。 >深溝入バイトの先端をねじ切りバイトの様に この方法で加工してみます。 アドバイスしてくださりありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

Dとあるので仕事としてお受けされたのでしょうか? 経験から想像すると端面の円周溝がアリ溝と思いますが どこか一箇所φ30.2以上の開口部があると思います この場合はアングルカッターを突っ込んで加工します 最初はストレートのエンドミルで溝を加工して下さい T溝のタイプの加工が多いがアリ溝だと面粗さが要求されることが多いので そのあたりにも注意してください。 開口部が無いなら完全に旋盤加工と考えるが使用目的が?? バイトを成形して加工するしか無い。 アサヒ工具 アンギュラカッター http://www.asahikougu.co.jp/asahi-hp/syouhin/catter/index.html まず、訂正 >Dとあるので仕事としてお受けされたのでしょうか?  Dとあるので旋盤仕事としてお受けされたのでしょうか? 本題 マシニングか旋盤どちらで加工するつもりですか? >加工数が多くてもアンギュラカッターで面粗さは大丈夫なんでしょうか?  これは材質次第と言った所です。 >ちなみにバイトを成形するとしたら、どんな形に成形したほうがいいのでしょうか?  必然的に汎用のネジきりバイトに近い形状になります。  1本では無理なので軸径と逃げ(シャンク)の違う最低2本は必要では? 私が加工するなら(マシニングは無いが)アンギュラカッターでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 まっ平らなところから加工するので、開口部も最初はありませんが加工して作ります。 加工予定として旋盤で溝入れ(60度含む)後マシニングで開口部の加工 でしたので説明が足らずスミマセン。 ちなみにバイトを成形するとしたら、どんな形に成形したほうがいいのでしょうか? 工具を調べてくださりありがとうございます。 アンギュラカッターが条件にあっているので早速検討してみます。 「アリ溝だと面粗さが要求されることが多い」←なんですが、 加工数が多くてもアンギュラカッターで面粗さは大丈夫なんでしょうか? 意味不明なことを聞いてるかも知れませんが、 よろしくお願いします。 早速の返答ありがとうございます。 >Dとあるので旋盤仕事としてお受けされたのでしょうか? 旋盤仕事として受けました。 また説明が不足していました。 度々スミマセン。 図面をよく見ると、開口部が後工程になっていて 溝加工後(60度含む)に開口部の加工をする事になっていました。 >必然的に汎用のネジきりバイトに近い形状になります。  1本では無理なので軸径と逃げ(シャンク)の違う最低2本は必要では? この方法で何とか加工してみます。 私の説明不足の所為でアンギュラカッターを調べてくださったのにスミマセン。 アドバイスしてくださり、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 端面溝入れ工具について

    以下のような端面溝を加工したいのですが、丁度良い切削工具が見つかりません。何か良いものがありましたら教えてください。殆どの工具が溝幅に対して、溝深さが対応していないです。 溝幅が2mm(2+-0.1) 溝深さが3.2mm(3.2+-0.2) 溝内径が33mm(33+-0.2) 材質はSCM415です。 一応現在は京セラのバイトとチップ(2mm幅)をグラインダーで加工して、深さが対応できるようにして使っていますが、手で加工するのでばらつきがあり、チップがかけたりしてしまっています。

  • 端面深溝加工について

    材質インコネル625、150パイの端面に小径70パイ、大径110パイ深さ46mm、大径側はテーパ形状で小さくなっていき、底部は5Rとなる(フランジの リング溝の変形のような形状)溝加工があるのですが、端面ミゾ入れホルダーではこの深さを加工出来ず、手研ぎ超鋼バイトで掘れるところまで加工、底部5RはMCでボールエンドミル加工をし、仕上げはNCでボーリングバイトと考えていますが、何か他の良い加工法等ありましたらご教授ください。どうぞ宜しくお願いします。

  • 端面の深溝加工について

    φ155からφ185の端面溝(溝幅15mm)を深さ51mmまで加工できる バイト&チップはありませんでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 幅1.75、深6.5の端面溝加工

    みなさまこんにちは。 現在下記条件の端面溝加工で行き詰まっております。 近いものを加工したことがある方など、 何かアドバイスいただければ幸いです。 溝小径Φ19.8(+0、-0.05) 溝大径Φ23.3(+0.05、-0) 溝幅1.75~1.80 溝深さ6.6 *実際は溝にたどり着くまでの製品高さ6.5があるので、製品の最高点から溝深さまでの距離は13.1 材質 Q235(S20C相当品) 毎月加工数 50000個~ 今まで2mmの端面加工チップを研磨などして加工を試しましたが、 研磨でコーティング取れるためかチップ寿命が悪い、 研磨寸法が一定しない ブレードも溝径に合わせて研磨しているので、チップともに強度が無い など加工が安定しません。 加工数量が多いため、安定する加工方案が確立できればと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • HPM38の端面深溝加工について・・・

    こんにちは、初めて書き込みます。 NC旋盤で下記のような条件で端面溝加工をしているのですが、加工途中に刃先がかけてしまい、こまっています。(切削音もかなりうるさい。何とかバイトは入っていくのですが・・・)工具の選定、良い加工条件などありましたらおしえていただけないでしょうか?よろしくお願いします。 使用工具 東芝タンガロイ CFGSR2020-4SA(ブレイド深溝タイプ) チップ FGC4(4ミリ幅) 材質 T313V、NS530 加工条件 V=50 送り F0.015 ステップ0.5、引き抜き1.0 加工内容 材質 HPM38(生材) 大径52ミリ、小径32ミリ、深さ18.0 端面幅溝加工

  • 端面溝切削

    NC旋盤にて端面溝加工しているのですが、どうしても溝端面にビビリ痕が残ってしまいます。仕上げ加工を横送りで仕上げているときに異音がします。溝加工のポイントや事例などなんでもいいのでアドバイスお願いします。ちなみに切削条件は下記のとうりです。 SUS304 溝幅 6.0ミリ(Φ150円周) 深さ 4.2ミリ 回転数 315 送り 0.08(端面・側面共) 切削速度 80 仕上げ代 端面0.2ミリ      側面 0.2ミリ ★工具 コーティング(Φ150からΦ500用)    幅4.0ミリ    横送り可能工具    最大深さ15.0ミリ

  • 端面溝入れ加工に関して

    お世話になります。 端面の溝入れ加工で困っています。 溝径 φ383.0 0~+0.1、φ401.0 0~-0.1 溝幅 9.0 溝深さ 22.0 面粗さ指示 溝側面Ra1.6 材質S45C 溝深さに関しては、22.0?ですが、外周方向に段差があるので、ホルダーが内径側に逃げていることが条件です。 現状使用している工具ですと、寸法が安定せず、0.1?大きい時もあれば、0.1?小さい時もあります。 また、面も綺麗な時もあればむしれたようになる時もあります。 仕上げの取り代は、側面が0.2~0.6まで、底面が0.05~0.2まで、ノーズRは0.2~0.4まで試しましたが、どれも傾向が掴めませんでした。 今まで使用した工具は、 イスカル:HFAIR140C-4T30DG(ホルダー)、GRIP4004Y IC908(チップ) サンドビック:CXS-A20-10(アダプタ)、CXS-10F400-10030AR 1025(チップ) その他何点かは、外径用の物をグラインダで削り、干渉の無いようにして使用しました。 次回はミルコーナの、R152S-3225×25×4/300-∞(ホルダー)、MP-40 TNC150(チップ)を試そうとしています。 今まで試したものは全て、突き出しは干渉ギリギリの所で掴んでいます。 縦型旋盤を使用しており、切粉の掃けが悪いことから、ステップで加工していますが、それでも切粉が噛んで工具が破損する場合もあります。 長文で失礼しましたが、機械加工の部署を立ち上げて数年で、経験者もおらず大変困っています。 半年ほどこのワークで悩まされていますので納期もかなり遅れていますので、どんなことでも良いのでアドバイス頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。

  • キー溝加工のいい方法教えてください。

    30パイのシャフトに、キー溝7h8深さ4ミリ長さ19.5ミリを加工したのですが、加工方法、工具、加工条件など教えてください。材質はSCM435HRC2835です。宜しくお願いします。

  • 端面が真っ直ぐ削れないのは機械の狂いでしょうか?

    大型ターニング(NC縦旋盤)のオペレーターです。端面が真っ直ぐ削れず悩んでいます。 例えばx1500→G1x100というふうに端面を真っ直ぐ削るだけのプログラムで真っ直ぐ削れません。工具にダイヤルを付けて確認すると100分の3ミリほどのテーパーがついています。 x1500のところを0とするとx100の所は-0.03なので、チップ磨耗ではありませんよね?毎回テーパーがつくわけでなくて、真っ直ぐ削れる時もあればテーパーがつく時もある、という状況です。 毎回テーパーがついていればx1500z0→G1x100z0.03とプログラムで対策ができるのですが、そうはいきません。これは機械の狂いでしょうか? 端面の幅の計測で、マイクロメーターなどで計測できるのは一番外側だけで、x1500の部分は計測できても、x100の部分の幅なんて計測できません。 端面が真っ直ぐかどうかは工具にダイヤルをつけてハンドルで動かして確認していますが、この確認の仕方はおかしいですか?

  • 焼入れ鋼の端面加工

    NC旋盤での端面切削加工やポケット加工での底面切削で、中心部がどうしてもきれいに仕上がりません。というより、中心部に突起が残ったりチップが割れたり、ワークがむしれるような感じになったりしてしまいます。私は放電加工も担当しているため、どうしても放電に逃げてしまいます。旋盤加工において、焼入れ鋼(SKD11等)の中心部に至る端面加工は無理なのでしょうか。それとも世間では当たり前のように旋盤加工されているのでしょうか。初心者ですのでよろしくお願いいたします。 大変申し訳ございませんが、追記させていただきます。質問で、(SKD11)と記載し、大変参考になる回答をいただきましたが、例えば、他の材質(生材)(M9)(SKD61)等でも同じ回答を頂けましたのでしょうか。(HRC)でいう所のいくら位の硬度までならば、中心部の端面切削が可能なのでしょうか。ぜひ回答をよろしくお願い申し上げます。