• 締切済み
  • すぐに回答を!

板厚50ミリのSKS3にΦ3の貫通穴をあける

板厚50ミリのSKS3にワイヤカットのスタート穴である Φ3の貫通穴を明ける場合に 50ミリもドリルの刃の長さがない場合でも 位置ずれすることなく、貫通穴をあけるには どのようなやり方があるでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数7
  • 閲覧数564
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

厚物のスタート穴加工は弊社でも頭の痛い問題です。 先の回答者のように細穴加工機があれば問題ないのですが…。 弊社では以下の方法をよく採用しています。 加工上面から、細いドリルで穴をあける。 反対側(NCの場合はミラー制御)から少し大きいドリルで穴あけ。 これで大抵クリアしています。 50mmの板厚ですと、加工面側がΦ2.5mm程度で25mm、反対側からΦ3mmで30mmかこうすればいけます。この深さなら一般的なハイスドリルでも対応可です。 加工面側Φ2.5mmとしたのは、Φ3mmの穴をあけられるとのことなので、逃し側(万一芯ズレしても影響のない側、例えば取り付け穴の面とか)の径を最大3mmとしました。 スタート穴の大きさの許す限りを下側の逃し穴に、小さい径を上側にすれば、自動結線時のトラブルも防げます。 逆はワイヤーの先端が引っかかるので注意が必要です。 >ファイ2.3の穴の範囲で中心だしがされるということでしょうか? 理論的にはそうなりますが、注意点として細いドリルはどうしても穴の垂直度に問題がある(ように思える)ので、裏からの逃し穴の深さをできるだけ深く(逆に言えばこの場合、Φ2.5mm穴の部分をできるだけ小さくする)しております。 場合によっては母材のコーナーを原点にします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 四角いワークをクランプしマシニングで目標の座標へまず2.5ファイの 穴を25ミリ開ける、 クランプを外し反対に向けてもう一度原点の設定をして 目標の座標へ今度はファイ3の穴を30あける。 ワイヤーカットで中心だしをする時は、ワイヤー線は3ファイの穴には あたらないので、 ファイ2.3の穴の範囲で 中心だしがされるということでしょうか? 訂正 ファイ2.3→ファイ2.5 ありがとうございます。 細い穴の部分の距離を出来るだけ短くすることによって 穴の垂直度が安定している部分によって中心だしをするという ことですね。

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

細穴放電加工機という手もあります。 ウチでは板厚100mmの焼き入れ材でも直径1mmの貫通穴をあけ、そこにワイヤー線を通して加工しております。 かなり位置精度・垂直度も出ますので、自動結線もほぼ問題なくこなせます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。細穴放電加工機がありません。 結構高いでしょうか?

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

もし、2MPa以上のの高圧スルースピンドル付きマシニングセンタを 保有されていれば、超硬ロングドリルが最適です。 一例を貼っておきます。 φ3でジャストサイズの17D用(溝長59mm/首下長60mm)があります。 ?φ3の超硬スタブドリルで下穴加工(深さ3mmぐらい) ?10D用超硬ロングドリルで中間まで加工(深さ30mm) ?17D用超硬ロングドリルでフィニッシュ(貫通) ノンステップの加工が基本です。 深穴加工の質問は定期的に寄せられていて、私も何回か回答させて 頂いておりますので、その他のノウハウは検索してみてください。 なお、ハイスドリルでG83深穴サイクルを使用する場合、ステップ毎に R点までの抜き差しを繰り返すことになりますが、10Dを超えるロング ドリルは、抜いた瞬間に振れ回りを生じるので差し入れたときに肩部の 損傷が発生する恐れがあります。 下穴をあけておいて、入り口から2mmぐらいの穴の中にR点を設定する ことが得策かも。 >ふれ回りとはどのようなものでしょうか? >ワークから抜くと、刃先がふれてワークの壁に肩が当たるのでしょうか? まさにその通りの意味です! ドリルをホルダに取り付けたときの振れ精度は0.02以下、可能であれば 0.01以下に抑えたいところです。 ハイスドリルロングドリルで仮に切削速度15m/minとすると、 主軸回転速度は約1,600min-1になります。 振れ精度を抑えてセットしても、細長い片持ちのドリル先端は 多少なりとも振れながら回転するので、G83の抜き差しの度に 肩が少しずつ傷むと推察いたします。

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b137j_wstar_mhs_20081016.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。スルースピンドルは付いていません。 ふれ回りとはどのようなものでしょうか? ワークから抜くと、刃先がふれてワークの壁に肩が当たるのでしょうか? 下穴を先にあけてR点をマイナスで 設定するわけですね。 ありがとうございます。 では触れ精度が0.02の場合 触れ回りで当たるにしても その0.02の範囲で 当たっているということでしょうか? 0.02であれば、 触れ回りで肩部があたったりとかは心配しなくてもいいのでしょうか? ありがとうございます。 小径で長くなるとそうなのですね。 それではG73の方がまだ良いでしょうか?抜けないから これはこれで切子の問題があるでしょうかね。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

>>Qはどれくらいでやっていますか? もれは0.5 50mmはちょっときついかな まあ、条件さえ間違わなければ大丈夫 まったりやりましょう >>ホルダから突き出している部分の長さが50あれば、50の貫通穴が 開くわけですね。 肩のところまでです 余裕があれば突き出し尖った所まで60ぐらいほしい 上面0で Z-55で貫通 Z-53ぎりぎり←たぶん貫通 Z-52だと微妙

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうですね。貫通だから 肩までで50以上は必要ですね。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

位置ズレの許容範囲が分かりませんが・・ NCフライス、マシニング等で空ける場合は 最初にエンドミルシャンクのショートドリルで刃長分、 SD、LSDで刃長が50なくてもステップ(G83)で穴あけすれば そんなに曲がる事はないと思います。(ストレートドリル) ただハイス鋼の場合(ノンコート)は刃持ちが悪いので穴数等にもよりますね。 ドリルのチップポケットにキリコを溜めすぎない事ですね・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 なるほど、 G83であれば、刃長が50無くても工具先端から ホルダから突き出している部分の長さが50あれば、50の貫通穴が 開くわけですね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

板厚50mmはφ3ドリルにて貫通可能です。マシニングセンターで加工を行うのであればセンタードリルでもみ付けを行い、φ3ドリルはG83(深穴ドリルサイクル)で加工を行って大丈夫です。しかし、気をつけなければならないのはφ3ドリルで50mmを貫通する事を考えると、ドリルシャンク部をコレットに差し込んだ時に、ドリル先端部からコレットまでどのくらい突き出す事が出来るかだと思います。(50mm以上突き出せるか)あまり出しすぎると芯ズレが起きて位置ズレが起こると思います。余裕が無ければφ3ドリルで深さ40mm位まで加工して、残りの10mmをφ3ロングドリルで加工するのが無難かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 G83を使えば、ドリル先端部からコレットまでが 50以上あればいいわけですね。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

G83で、あきます。 0.5~1くらい。 ノンステップであけるなら、ナチのAGスーパーロングドリル。 20Dは、あけることが可能です。真っ直ぐあきます。 この場合、刃長が50以上を使います。切子が、つまるので。 私の経験では、S45C材を2.5φで、深さ50の加工をしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

ありがとうございます。 Qはどれくらいでやっていますか?

関連するQ&A

  • φ3のドリルで穴をあけ 面取りはドリルでして ワ…

    φ3のドリルで穴をあけ 面取りはドリルでして ワイヤーでの測定値が2.6台 ss400のプレート6ミリに  φ3のドリルで穴を貫通させて 面取りは ボール盤で 面取り工具でなく 普通のドリルでしました。 その上でワイヤーカットの穴中心位置だしをすると 位置だし完了のあとの 結果がφ2.6いくつと 2.6台であり ドリル径に対して0.3いくつ 小さくなっていることになります。 ドリルが磨耗していることも可能性として考えられるのですが、 0.3も小さくなることは考えられるのでしょうか?

  • プロクソンのフライスで0.5ミリのドリルで10ミリの厚さの真鍮に貫通穴

    プロクソンのフライスで0.5ミリのドリルで10ミリの厚さの真鍮に貫通穴を空けれますでしょうか?

  • 板厚150ミリのワイヤーカット

    ワイヤーカットですが、 SS400 で 150ミリですが、 出来るのでしょうか? そんなに厚い板厚で カットした事ないのですが。

  • 穴加工

    旋盤での穴加工ですがФ10のSUS304にФ3.3をドリルで空けてリーマー で仕上げていますが細かいキズが残ってしまいます。何かいい方法は ありますか、バイトは小さすぎて困っています。ワイヤーカットも考えて いますが、方法がありましたらお願い致します。貫通は20ミリです。

  • ろう付け超硬ドリルで貫通穴をあける際の切り込みに…

    ろう付け超硬ドリルで貫通穴をあける際の切り込みについて ろう付け超硬ドリルで貫通穴をあける際、素材が25mmであるとすると、 ドリル先はどの程度抜ければ、いいのでしょうか? ドリル先の角度は150°です。 ドリル先には長さ15mm程度の超硬の刃が付いてます。 ドリル直径はφ26.0です。 ドリル先に長さ15mm程度の超硬の刃が付いている場合、 ドリル先から10mm貫通していたら問題ないでしょうか?

  • 2.0ミリのステンレスに穴を開けたい

     2.0ミリ厚のステンレス板に電動ドリルを使って何カ所か穴を開けたいのですが,どうしてもうまくいきません。  使っている道具は「RYOBI ドライバドリル CDD-1020」で,刃はメーカーは解りませんがステンレス用の物を使っています。  最初,百均で売っている3.5~4.0ミリ経の鉄鋼用刃を使っていたのですが,30分以上試して,刃を2本折った上に結局開けることが出来ませんでした。反対側を見ると,穴は開かずに,ボコッとへこんでいるような感じになっていました。  そこで,ネットで色々調べ,ステンレス専用でないとダメなのかと思い,ステンレス用の刃を買ってきて何とか開けることは出来たのですが,ボコッとへこんだ状態の穴を貫通させるのに,30分以上かかったので,百均の刃と大差ないような気がしました。  刃は,お店の人に「良いメーカーの物は確かに良いんだけど,普通の人が厚さ2ミリに何カ所か開けるくらいならステンレス用の物でありさえすれば,何にしたって別段劇的に変わるってことはないよ」と言われたので,5本入りで800円くらいの刃にしました。  その後,もう一カ所チャレンジして何とか開けることが出来たのですが,それも結局40分くらいかかったと思います。  あと7~8カ所開けたいのですが,もう既に手が裂けそうになるくらい痛いですし,また,ドライバー本体も刃もおかしくなりそうで怖いです。(現に百均の刃は2~3本折ってますし・・・)  そして何より,そんなに頑張ってやっているのに,穴がちっとも開きません。  開いたとしても,1つの穴に30分も40分もかかるのでは,私の体力もドライバーも持ちません。多分,何かやり方を間違えているのだと思いますが,何を間違えているのかが解りません。  ネットでは,ステンレスの穴開けに関しては「素人には絶対無理」「コツさえつかめば百均の刃でも簡単に開く」等の情報が錯綜していますし,刃を買いに行ったお店の人にも「ドリルドライバーで開けることは出来ない。インパクトドライバーがないと無理」と言われたり「2.0ミリは素人がどうこう出来る厚さじゃない」と言う人がいるかと思えば,「RYOBIのそのドライバーでステンレス用のキリを使えば2ミリくらいなら簡単」という人がいたりと,もう何がなにやらです。  ただ,現に穴が開かないので,どなたか正しいやり方を教えて下さい。  私が特によく解らないのは以下です。(疑問だらけですいません) (1)送り  ネット情報では,ステンレスの時は「回転数は遅めで,送りは多少早めにしろ」とあったのですが,そもそも「送り」って何ですか?  頭の中が文系人間なので,難しい計算式や見たことのない単位(πnRとか,m/min,rpm,rad/sとか?)が理解できず,調べたけどいまいちよく解りませんでした。具体的に「送りを早くする」って言うのは,どうすることなのでしょうか? (2)回転数  回転数は遅めにするの,「遅め」って,具体的にどれくらい遅いのですか?  「グリグリグリ…」と,目で見ても遅いと思うくらいゆーっくり回すのか,「ぐいーん」くらいの,回っていることは何とか目で追えるけど,手で回すよりかは速いくらいなのか。それとも「ぐあーん」くらいの,目では追えないくらいの早さ(私の持っているドライバのLOWの最速。カタログでは1分間に300回転くらい)なのか,「ギャイーーーン」くらいの速度(HIGHの最速。多分1分間に1000回転くらい)の回転数でも,プロから見たらまだ遅い回転数と言うことになるのか。「遅め」の意味が解りません。 (3)角度  全然掘り進めないことに嫌気がさして,直角に当てていた刃をグリグリしたりすると,パチパチという音がして削ってる感じがする時があるのですが,このグリグリ作戦はやって良いのでしょうか? (4)回し方  ネットでは「休み休み回せ」という記述もあるのですが,常に一定の速度で回すより,車でポンピングブレーキを踏むように,数秒間隔で回したり休めたりを繰り返す方が良いのでしょうか?こういうのを「インチング」というのでしょうか? (5)切削油  今は,クレ556を吹き付けながらやっているのですが,ネット上では2ミリくらいなら切削油は要らないという記述と,ないと刃がすぐにダメになると言う記述があります。どちらが正解でしょう?  素人考えでは,油がない方が抵抗が増えてよく削れそうな気もするのですが,そもそも,ドリルというのはヤスリのように削って穴を開ける道具ではなくて,刃の形状から考えても,えぐり取るようにして穴を開ける道具なような気もするので,抵抗は少なくする方が良いような気もします。よく解らないので,教えていただきたいです。 (6)道具  買った時には,「インパクトドライバーは衝撃(インパクト)を利用したドライバー(ネジを回す道具)だから『強くネジを締める道具』。ドリルドライバーはドリル(穴を開ける道具)にもなるドライバーだから『穴を開けたりネジを締めたりする道具』」だと言われて穴を開けたい私はドリルドライバーにしたのですが,別の店員さんは「打撃を利用してドリルドライバーより力(トルク)を強くしたのがインパクトドライバーだから,単に強いか弱いかだけの違い」と言っていました。ドリルドライバーではステンレスには穴を開けられないのでしょうか? (7)刃  ネットでは,鉄鋼用の刃でも上手くやればステンレスにも穴が開くという人もいます。もしそうなら,百均で買えて安いし,近所で買えるので助かります。やはりステンレスにはステンレス用でないとダメなのでしょうか?  また,プロの人はドリルの刃も研ぐようなのですが,素人でも研げるのでしょうか?特に,ステンレス用の刃を研ぐことは出来るのでしょうか?ドリル刃の研ぎ機というのもあったのですが,それは鉄鋼用でした。  また,ネットの動画ではグラインダーを使って研ぐようですが,リューターを固定して研ぐことは出来ないでしょうか?研ぐ必要があるなら,私にはそれくらいの方法しかないのですが・・・ (8)時間  1つの穴を開けるのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?  道具も技量も違うので比べるのは変ですが,プロの大工さんなどはぐっと押しつけて,20~30秒もあれば開けてしまうような気がします。  私は40~50分くらいかかっています。いくら何でもかかりすぎだと思うのですが,それとも,素人の腕と道具ならそれくらい仕方ないのでしょうか? (9)押しつける力  最初は作業台にバイスで固定して上半身の体重を預けるような感じで押しつけていたのですが,ちっとも刃が食い込まないので,今は地面にどうでもいい木の板を置き,その上にステンレス板を乗せて足で踏みつけて固定して,全体重をかけてドライバを押しつけている感じです。(多分,私の体重を考えると50~60キロの圧がかかっているのだと思います)  今,穴の反対側はボコッとへこんでいるのですが,押しつける力が強過ぎなのでしょうか? (10)経  私は,穴が開きさえすれば良いので,刃の直径は何ミリでも構わない状態です。何ミリくらいの穴が一番開けやすいのでしょうか?3.5~4.0ミリ位が良いのかと思うのですが,「ただ開けるだけならもっと大きい経の方が楽だよ」などがあったら教えて下さい。 (11)削りカス  私がやると,粉のような削りカスが出るのですが,時々にょろ~っとしたカスも混じっています。もしかしたらこういうカスが出るようにやるのかもしれないと思うのですが,上手い削り方というのは,そういうカスが出るものなのでしょうか?何で粉だったりにょろ~のカスだったりするのでしょう?  ネットで家庭用のドリルで穴開けをしている動画でもあれば解るのですが,そういった動画も見つからず,近くにこういったことに詳しい人もいません。  色々試して結局うまくいかないので,疑問だらけになってしまって申し訳ないのですが,どなたか教えていただけると助かります。  このままでは,ドリル刃だけでなく,私の手の方も折れてしまいそうです(T_T)

  • 細穴放電加工について

    細穴放電加工について教えてください。 厚み50のワークに対して ワイヤーの結線穴である φ2.1の 貫通穴をあけるのですが、 φ2.1位になるとドリルでは厚み50を貫通するドリルがなかなか なさそうなので、 放電加工で開けようかと思うのです。 焼きが入ったブロックのワークに φ3の貫通穴が二つあいています。 他にそのような穴が 開いていたら その穴を基準にして φ2.1の穴を放電加工であける位置を 位置決めするのでしょうか? それとも ブロックの端面で位置決めできるのでしょうか? 放電加工機をつかった事がないため このような場合どのようにして位置決めをするのか 教えて頂けない でしょうか?  

  • 材料ガイドのピン穴は不完全部も残さず完全貫通にす…

    材料ガイドのピン穴は不完全部も残さず完全貫通にするか 材料ガイドのピン 例えば4φですが、 ダイプレートの厚みが30ミリだとしてφ4 のリーマー工具の不完全部が5ミリだとした場合に リーマ加工のZ指令でマイナス 材料板厚30プラス5以上とし 完全に板を貫通させるか それとも Z指令材料板厚分とか 材料板厚+2ミリとか 不完全部を わずかに残すのか どちらが一般的なのでしょうか?

  • 貫通穴に対するセンタースルーの効果は?

    はじめまして、こんにちは。 A6061-T6材にてΦ8、深さ100ミリの貫通を加工します。 面粗度3.2Z、真円度0.005で穴の途中には何ヶ所か溝があります。 この穴を下穴、中仕上げ加工後にバニシング・リーマにて仕上げを行います。この刃具には先端へまっすぐにセンタースルー用の穴が明いています。穴は刃先端側へ斜めに明いていませんので、油は下穴に沿って空中へ放出されています。 そこで質問なんですが、取り代がほとんど無い貫通穴において、このようなセンタースルー形状は効果はあるのでしょうか? あまり意味がないのなら、先端部へではなく刃具の割れている部分へ穴位置をもってきた方が良いのではないかと考えているのですが、どうでしょうか?

  • Vカット 埋め込み穴 工具 

    裏面がVカットになったスワロフスキーを埋め込みたいのですが、 このような形状の穴が開けれる電動ドリルの刃?や工具はありますか? また、V型でなくても 穴を開けきらずに(貫通させずに)円形の溝だけを作るような工具も ご存じでしたらお願いします。