• 締切済み
  • すぐに回答を!

細穴放電加工について

細穴放電加工について教えてください。 厚み50のワークに対して ワイヤーの結線穴である φ2.1の 貫通穴をあけるのですが、 φ2.1位になるとドリルでは厚み50を貫通するドリルがなかなか なさそうなので、 放電加工で開けようかと思うのです。 焼きが入ったブロックのワークに φ3の貫通穴が二つあいています。 他にそのような穴が 開いていたら その穴を基準にして φ2.1の穴を放電加工であける位置を 位置決めするのでしょうか? それとも ブロックの端面で位置決めできるのでしょうか? 放電加工機をつかった事がないため このような場合どのようにして位置決めをするのか 教えて頂けない でしょうか?  

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

マシニングでドリル使用前提で ドリル長さの違うのを何種類使用 短いのからだんだん長くする

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ふにゃー 金型なら端面基準

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 よく考えると ワイヤーカットなら線が細いけど、 放電は開ける穴と同じ大きさの径だから 穴中心で位置決めなんて 出来ないですよね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

>>放電加工機をつかった事がないため 外注されるのであれば、図面とワークで先方と相談することが確実 でしょう。 HRC55ぐらいまでなら、マシニングセンタ+超硬ドリルで充分に加工 できます。 ドリル例(φ2.1×溝長75あり) http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b137j.pdf 内部給油が望ましいですが、ステップを行なえば外部給油でも使用 可能です。 加工の際には色々テクニックが必要ですので、工具メーカのフリー ダイヤルでご相談してみてください。 回答(1)さんへの補足を拝見しました。 超硬ドリルを使用すれば、一般的に穴径は0.1も拡大しません。 (拡大するようであればその前に折れます) AAA級のコレットチャックまたは焼嵌めホルダを用いて、ドリルの 振れを0.02以下にすることがポイントです。 また、同径で短いドリルでキチンとした下穴を加工することも重要 です。 φ2.1→φ2.6にドリルを変更すれば、信頼性も格段に向上すると思わ れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

標準ストレートドリルで全長55あるから、途中からシャンクに被るので切粉捌けに気を付け、(徐々に)ドリル掴みを減らしていけばギリギリで貫通は可能です。 但しボール盤の手加工に限定で、マシニングでそのような複雑なことはやらない。 >細穴放電加工 機械を買うのが大前提ですが、数百万。。。。 超高速と名付けるメーカ多く、φ0.3~0.5ぐらいはドリル以上に早い(太くなると遅い)技能、技術を要せず誰でも出来る。 焼入後に出来る(超硬も可能) 位置決めはワイヤーの端面出しと同じ方法。電極を少し出して接触感知させて半径を差し引く。電極振れがあるので精度0.01とかは無理で、それを狙う機械でもない。 工夫次第ながら、その必要性が無い加工です。 穴径の精度は電極振れが影響してドリルより悪い。逆に真直性は加工力が弱いので良い。 なのでワイヤー下穴にピッタリな加工。 ボール盤が無い? あっさりドリルが無いと諦めてはダメです。深さ50超でも逆から迎えにいく手がある(手順間違うと折れる)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >位置決めはワイヤーの端面出しと同じ方法。電極を少し出して接触感知させて>半径を差し引く。電極振れがあるので精度0.01とかは無理 ワイヤーカットの 端面出しよりも 精度は落ちますか? ありがとうございます。 ボール盤はあります。 >深さ50超でも逆から迎えにいく手がある(手順間違うと折れる) 丸穴ダイの加工ですが、刃口はΦ3 なので、 本当は Φ2.1以上の穴でもいいのです。 ドリル加工時のフレで Φ3以下におさまればいいのです、どのあたりに収まるか わからないので、余裕を考えてΦ2.1と書きました。 裏から迎えにいく場合は 刃口でない側だからΦ3をこえてもいいことになりますね。 それならば Φ3でマシニングで貫通できるぐらいの 深穴に対応したドリルもあります。 刃口側にくるD3以下の下穴は 深さ10ミリ位あればダイの研磨に対応できると 思うので、それくらいの深さで加工するなら十分マシニングで対応 できるので、 マシニングに掴んで D2.6のドリルで穴をあけたら D3を超える穴になってしまう事など マシニングの主軸が おかしくなっていない限り そこまで広がらないと考えられますか?

関連するQ&A

  • 細穴加工について教えてください。

    外形φ12、長さ41mmのSCM435の材料に両端よりφ0.8mmのドリルで下穴加工(貫通)を行います。 というのも内径の仕上げをワイヤーカットにて行うため下穴の処理として行うためです。 ※仕上がり径がφ1.2±0.01 下穴はφ0.8mmのドリルで両端からつなぎ貫通 そこで質問です。 私は以下の加工内容で実施しましたがなぜかドリルが斜めになるのです。 4回に一回くらいはまともに突けますがどうしても穴が貫通しないのです。 穴が貫通しないことにはワイヤーカット加工も出来ないので間違いがわかる方や、何か良い案があればご指導お願いします。 ※因みに旋盤のMAX回転数はS3500 ※センタードリルはアルプスの芯高調整コレットにて把握 ※φ0.8キリはユキワのコレットチャックで把握 ?端面加工 ?センタードリル (ポインティングドリル) φ1.5mmを0.4mm突く (先端90度) ※回転数S3500 送り0.01 ?ドリル (ハイス) φ0.8mmを21mm突く (先端118度) ※3回に分けて21mm突く ?1回目 3mm ?2回目 10mm ?3回目 21mm ※回転数S3500 切り込み幅0.5mm 引き抜き0まで 送り0.008 材料に対してドリル材質が悪いとか、条件が違うとかでも良いのでわかる方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

  • 卓上用細穴放電加工機

    ワイヤ下穴の開け忘れ時に使用できる、卓上用の細穴放電加工機はないでしょうか? タップ除去装置は知っているのですが、パイプ電極を使用できる卓上細穴放電加工機を教えて頂きたいのですが?

  • ワイヤー放電加工での歪み

    お世話さまです。 ワイヤーカット加工の際、(残留応力の影響だと思いますが)ワークが歪んでしまいます。  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |        |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 上図を         ↓  | ̄ ̄|_____  |        |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ↑平行度0.02 データム省略  | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |     | 20.mm  |  |     |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ にしたいのですが、平行度が出ません。 ワイヤでL字にしたり、MCで加工したり、MC後ワイヤで さらっと加工したりもしましたがダメでした。 0.025~0.05くらい歪みます。 L字側も下も両方加工したのですが、 初めに加工した面はまっすぐなのですが、もう一面加工すると歪みが出ます。 sus440c生です。時間がないので、炉に入れたいが。。。という状況です。 皆様方、歪み対策はどういったものを使って加工してらっしゃいますか? また、後工程でワイヤが絡むので、ワイヤでの歪み対策だとなおうれしいです。 ちなみにワイヤー放電加工は、端面からの加工(スタート穴がない加工) には向かないのでしょうか? 歪みやすくなるのでしょうか?  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |        |  |        |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 上図を  | ̄|    | ̄|  | |____| |  |        |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       このように端面から入って加工する場合です。 あわせて回答よろしくお願い致します。

  • 穴加工

    旋盤での穴加工ですがФ10のSUS304にФ3.3をドリルで空けてリーマー で仕上げていますが細かいキズが残ってしまいます。何かいい方法は ありますか、バイトは小さすぎて困っています。ワイヤーカットも考えて いますが、方法がありましたらお願い致します。貫通は20ミリです。

  • ドリル穴加工のあるワークのカット

    ワイヤー放電加工初心者です。 ソディックのAQシリーズを使っています。 先日、トリルで裏加工(貫通していない逃がし穴)のあるワークを切ったのですが、1stのとき、穴の部分の段差に差しかかったところでワイヤーが行ったり来たりして、食い込んでしましました。。。 穴加工のある個所がフィレットの所なので、場所も悪いのかなぁ・・・。 対策として条件を落とすしたり、サーボを上げたりしたのですが、何度やっても同じ個所で同じ現象が起こってしまいます。 ハンチング(ワイヤーが行ったり来たりすること?)は何が原因で起こるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • ワイヤー放電の穴加工について

    金型の放電加工製品部にワイヤー放電穴加工を行なってますが、どうしてもばりが出ます、また加工チップの付着もおこります。何かいい加工方法を教えてください。使用機械はソディックのリニヤで、油使用です。メーカーに問い合わせて加工条件を教えてもらい試し加工を行ないましたが、あまり良い結果がえられませんでした。

  • ワイヤー放電加工冶具

    ご教示下さい。 ワイヤー放電加工機のクランプ冶具を製作したいと考えています。 図面のようなLアングルを製作し、ワイヤーと水平な面にワークを取付 加工を行いたいと考えています。 その場合、?の直角度をいくつにしたら良いでしょうか? ワイヤー放電加工機のワイヤーとベース(FL)と同じ直角度またはそれよりもシビアにしてあげればよいのでしょうか? ご教示下さい。

  • ワイヤ放電加工機の結線時の不具合について。

    ワイヤ放電加工機を使っているのですが、結線すると、写真のように、電極線がのびのびになってしまいます。また、その際、ワイヤのちょうどガイド部分にあるところ、折れたような形になってしまいます。どのような原因が考えられますか?

  • 放電加工で途中から加工しなくなる原因は?

    お世話になっております。 汎用の放電加工がありまして、 大きさ・・・名刺程度 深さ・・・20ミリ(始めの10ミリはテーパー付き・後半はストレート) 銅電極に、直径5ミリのガス貫通穴あります。 SKD11のワークには、貫通穴は無いです。 それで何故か、仕上げの段階で、地底に近づき、電極がスッポリ収まり始めると、加工しなくなるのです。 (よく見ると、ほんのわずか加工してるようですが、いくら時間がたっても全く下がる気配ありません) 途中で、0.2、3ミリ戻ったりもして、加工不安定になります。 途中、ポケットの中に溜まったカスを掃除してあげても、同じでした。 噴流は、適度に手前からのみ当ててます。 そこで、 ・ワークに貫通穴は、必須でしょうか? ・電極の材質に何か変化があったのでしょうか?(外注に依頼) ・当該形状に、不向きな材質とかあるのでしょうか? ・逆に、噴流は必要ないのでしょうか? ・加工しなくなったら、その都度、電極をペーパーで軽く磨いてやるのでしょうか? (デコボコになりそうで、余計不安定になりませんか?!) 恐れ入りますどなたか心あたりございましたらご教授頂けないでしょうか。 何卒宜しくお願い致します。

  • 深穴加工について

    はじめまして、ステンレスの加工をメインにしています。 4ミリで深さが150ミリ貫通なんですがなかなかうまくいきません。10穴程度で折れます。 ドリルはナチのGロングで加工しています。 切削条件は回転数800(10m)送り0.05ステップ1ミリです。 お勧めのドリルとか条件のアドバイスを宜しくお願いします。