• 締切
  • すぐに回答を!

SCM435の焼き入れ

  • 質問No.9458371
  • 閲覧数10731
  • ありがとう数1
  • 回答数5
?リニアブッシュ(リニアボールベアリング)をスライドさせるシャフトとして、他の機能上
SCM435の材料を選択しました。
それで図面ではスライド部は焼き入れ後、研磨指定をしたのですが、
加工業者から焼き入れ方法はどうしましょうか?と連絡をうけました。
一般的な高周波焼き入れでいいものでしょうか?

?ちなみに材料は調質材を指定しています。
このサイトにも質問がいろいろでていますが、SCM435Hのことですよね。
ちょっとわからないのはHがつくと焼き入れ性を保証した形になるということですが、これはあくまで調質するという意味での焼き入れ焼き戻し処理がなされているということで、今回のようなリニアブッシュのスライド部に使用する場合にはやはり加工後、焼き入れする必要があるという考え方でいいでしょうか?

質問が2点になりましたが、ご回答していただけると助かります。
宜しくお願い致します。

回答 (全5件)

  • 回答No.5
SCM435の浸炭焼入れに関しては、この森のNo.17093を参照下さい。
また、その他は、以下を確認下さい。
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/other/scm/scm435.html

さて、SCM435を使用して、硬度を上げるには、窒化処理等が良いでしょう。
<SCM435は炭素量が多くてもS45Cと同程度の硬度、良く比較されます>
以下が参考資料です。
http://www.parker-sn.co.jp/process/nr.htm
http://www.parker.co.jp/netsu/pal_n_00.shtml
http://www.tohkenthermo.co.jp/thermo/Cgas.htm
  • 回答No.4
リニアシャフトは SUJ2 +高周波焼入れ=HRc60 というのが定番で、耐摩耗性、焼入れ歪み、疲れ強さが良いトコ尽しになります。
また当然外周研削、ときにはハードクロムを施して所望の精度、面粗さを得るには専門業者から購入する方が良いです。

既にそこから外れているので、

●SCM435H で高周波焼入れすることは可能だが HRc52 程度が限界と思われる。
硬さが不充分となるが、予圧すなわちブッシュとの勘合を甘くしても構わない、高速で使わない、の使用条件なら使えないことはない。

●それでは硬さ不充分なら浸炭をして高周波焼入れ。
  • 回答No.3
リニアブッシュ(ボールベアリング)をスライドさせるシャフトは、
そのカタログに使用シャフトの硬度指定があります。

SCM435を焼入れ焼き戻ししただけでは、その硬度になりません。
<SCM435 H材相当の硬度と思って下さい。>
以下の資料の“クロムモリブデン鋼鋼材”[材料特性]を参照下さい。
http://www.forming.co.jp/database/index.html

焼入れ/焼き戻し、硬度指定、研磨指定ですよね。
SCM435は、前述の様に、焼入れ/焼き戻ししても、あまり硬度は
上がりません。<バイト等で切削できる硬度です>

さて、結論から云いますと、
☆ リニアブッシュのカタロクに記載の硬度指示をする
☆ SCM435材が、前述の硬度になる熱処理を指示する
ですが、小生の経験上、SCM材を使用するなら、SCM415を選択
浸炭焼入れ(深さ0.8程度)HRC58~63の指示とします。
お礼コメント
noname#230358
SCM415の浸炭焼き入れが広く使われているとはネットでよく聞くのですが、
SCM435や440の方が炭素量が多くいから高周波焼き入れにした方がより硬度がでるのでは?
と思ったりするのですが、考え方が間違ってますか?

ちなみに435などで浸炭焼き入れってできないものなのですか?

初歩的なことばかりですみません。
投稿日時:2008/08/12 11:50
  • 回答No.2
参考になれば・・・
SCM435HのHはHardenability(焼入性)の頭文字で、焼入性を保証した鋼と
しての意味合いです。ではSCM435とSCM435Hの違いはなにか?鋼種の生まれ
としては先にSCM435が市場流通して、そのSCM435のジョミニー試験のCP値から
焼入バンド(Hバンド)が出来ているそうです。だから通常のSCM435を購入
してもJISでいうHバンドはクリアーできます。だたH鋼の場合、製鋼メーカーでの
圧延上がりの材料で、実際にある頻度でジョミニー試験をして、Hバンドに硬さが
入っている事を検査してから出荷されています。だから保証鋼としてのSCM435Hとして販売できるのです。
 少し長くなりましたが、SCM435Hの材料を使用する側が、製鋼メーカーから御社に入ってくるまでの間に焼入・焼戻し処理の仕様を提示してあげないと
圧延あがりに近い状態で物が入ってきてしまいますよ。

参考になれば幸いです。
  • 回答No.1
SCM435H に付いてなのですが、一般的にはこの場合はHバンドつき
鋼材としての記号です。焼き入れ性を大まかな幅(バンド)で補償しています。
調質については マルHが通称の呼び名であり少し意味が違ってくると考えて下さい。
高周波処理の前処理として、マルH(焼き入れ・焼戻し)は是非追加するべきです。
材料 JISで調べればすぐに理解頂けるはずです。
又、高周波焼き入れ・焼戻し実施後、硬度は53~57HRcにされる事を
お薦めいたします。

高周波 業者 (技術担当)
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ